定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

コメ作り

ソーラー回路のその後

 先週、いろいろ組み替えたソーラーのコントロールシステムだが、月曜日に横浜に戻る際に点検したら、電圧や電流を表示するLEDが点灯していなかった。雨でソーラーからの電力も不十分だし、十分確認することもかなわずに出発したのだった。
 昨夜戻って上の池をみたら水が明らかに少ない。いない間ポンプは稼働していなかったらしいことが判明。今日、テスターで計測したところ、高圧回路の入力には27∨ほどの電圧がかかっているが、出力端子間は0∨だった。やっぱり中華だった。といっても、設置当初はなかなか使いやすかったので、返品して再注文。土曜日に届くのでそれまではACアダプターで水を汲むことにした。実はアリババに別の降圧回路を一つ注文してある。中国のものは安くていいのだが、今回のように信頼性はもう一つ。予備を用意しておくのは仕方のないところだ。

0625降圧回路


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

井戸用ソーラーポンプの交換

 10日ほど前にソーラーポンプに異常が発生していて応急措置をしたが、回路がショートしていたので、念のために3日ほど前ポンプ本体も取り替えた。そのときに降圧回路などを外していたのだが、注文していた新しい回路が届いたので、コントロールボックス内の配線などを整理した。

 一応、各段階の電圧を計測してみた。
 ソーラーパネルからの入力は、結構高圧だ。
 0621ソーラー出力

 バッテリー電圧と負荷電圧は、
0621battery電圧

 高圧回路後のポンプに掛かる電圧は
 0621ポンプ電圧

 今回の高圧回路は、出力電圧と電流を調整できるので、24∨+に設定してある。

0521stepdown

 
 ところが問題があった。先日交換したポンプは、どうやら出力が少し小さいらしく、2.4A程度くらいしか上がらない。前のポンプは3.8Aくらいにはなっていたのだった。終端の「上の池」まで上がることは上がるが、出始めるまでの時間が延び、水量も少なめだ。なので、明日別のポンプに交換することにした。
 
0621ポンプ本体交換
 



中華の回路も最近は格好いい。(降圧回路)
0621降圧回路


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

水のトラブル(復旧)

0530水が停まった田んぼ
         水が停まった田んぼ

 今朝になって、昨夜発見した水関係のトラブルを相次いで修理・回復させた。一つは川から田んぼに水を揚げている配管だが、奇しくも昨日昔の写真をアップしたあたりの継ぎ手が外れていた。ある時期から、継ぎ手の接着には特段の注意を払うことにしていたのだが、この部分はそれ以降のものだったはず。ここは、シーズン中は1日に12回ほどポンプのオン・オフがあるので、そのショックが積み重なったものとみられる。これは単なる継ぎ手接着で、慣れたものだからすぐに復旧した。

0530継ぎ手外れた
  古いパイプが残っているのでわかりにくいが、上の方が現役。縦パイプ下で外れている。

 もう一つの養液栽培の循環ポンプだが、昨日新しいポンプに交換したにもかかわらず、今朝再び停止していた。最近交換した変圧ACアダプターは単なる直流電源だから問題ないはずだが、一応従来型のアダプターに戻すことにした。そのうちアリババでオシレーター買って調べてみることにする。

0530ポンプ4台

 さて、壊れた小型ポンプが4台あり、いろいろ点検したのだが、大きな問題点が見つかった。最近、電線の接続にはリングスリーブを使うのだが、養液栽培槽の場合、その接続部分が水中に入ってしまうので気になっていた。今回、水没部分のテープをめくって中をみたところ、中の銅線が緑青で青くなっており、断線箇所も発見した。ACアダプターではなく電線の接続部のトラブルの可能性がある。ハンダ付けの復活や樹脂でカバーするなど、何らかの対策を考えることにした。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

水のトラブル(2件)

 事務長業務もあって、2日半農場を離れていたのだが、先程戻ると動かしていた養液栽培のポンプが停止していた。すぐにバックアップのポンプに交換したが、停まったものを分解整備しても復活しない。前回はたしか新しいものをつけたと思うし、定格の24∨を大幅に下回る12∨で運用していたので、壊れるとは不思議である。
 もう一つ、田んぼの一部分の土が出ていた。川からの揚水ポンプを動かしたが、水は出てこない。代わりに川に続く竹やぶの方から大きな水音が聞こえる。どうやら配管のトラブルらしい。明日の午前中は配管修理になりそうだ。
 田んぼが稼働中のときは、農場を離れるのは2日くらいにとどめておいたほうが良さそうだ。

0529負圧防止弁

川水揚水配管の一部、真ん中の縦配管は「負圧防止弁」、これがないと30m以上(高低差16m)の塩ビ管(VU65)が、割れたりぺちゃんこになってしまうのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田植え後の田んぼ

0515田植え後の田んぼ

 田植えが終わったので、その他の仕事に取り掛かっている。例えばハウスやかぼちゃシェルターの中の植え付け、その前の準備などだ。いつも思うのだが、米を作っているのはイネで、我々は周りでウロウロしながらヤキモキしているだけである。まあ、ケモノが来ないようにしたりは我々がやらなければならないけれど。
 今年は途中で田植え機が壊れるというハプニングがあったが、かえってよかったかもしれないと思っている。今年はだいたい6割ほどは田植え機が働いた。しかし、抜けが多かったので補植に3人日くらいはかかった。その時間を考えると、機械で1日で全部植えても補植に6人日かかるとすると、時間差はあまりないということに気づいたのである。来年までじっくり考えよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ソーラー井戸ポンプ、突然の故障

 今朝、上の畑に上がったら、池の水が空っぽになっていた。上の池には、屋敷脇の井戸からソーラー電源の水中ポンプで、明るい間はずっと水を汲み上げているのだが、電源系統のどこかにトラブルが発生したのだった。2018年6月以来、久しぶりのトラブルだ。

0512コントローラー1
上の右のボードはバッテリー過放電防止用のもの、ICが焦げている

 一応、上流のソーラーパネルから順次点検するが、充電コントローラー以降の制御関係のどこかにまず間違いがない。テスター片手にいろいろ調べるが、なかなかわからない。過放電防止用の基盤のICが焦げてパンクしているが、それではないようだ。結局、制御系の最後のタイマーがおかしいということが判明した。このタイマーは、ほぼ同じ形のものが予備であるのだが、セット方法が今まで使っていたものと違っており、50分動いたら10分休むといういつものパターンになっていない。注文したタイマーが届く明後日まで、手動で動かさざるを得ないようだ。

0512タイマー1
タイマー交換後


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田植えが終わった

0505田んぼ2号
    2号田んぼ

 本日、田植え終了。今日は実働4時間強というところか。昨日の1号と今日の2号は、補植はほとんど必要なし。やはり手植えの出来は素晴らしい、と自分で褒めておこう。久しぶりだったが、手植えはなかなかいいじゃないか、と思った。

0505田んぼ1号
    1号田んぼ


 ただ、機械に頼った3号と4号は補植が必要だ。合間の時間で3号はほぼ終わったが、4号にはまだ手がかかりそうだ。

0505よく見ると
    定規のマス目に植わる苗が行儀いい(1号田んぼ)
 
 しかし、田植えが終わると一段落と感じる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田植え2日目

 思わぬ展開となった昨日に引き続き、本日も田植えが続く。5=6年ぶりの手植えで体に堪えるんじゃないかと思ったが、残りの半分強が終わってみると、意外に大丈夫。

0503田植え手植え編1


 午前中、田植え定規を使って目安をつけ、二人がかりでボチボチやったが、1号田んぼ400平米のうち6割ほど終了(実働時間2時間半)。午後の作業で残りも終わり(効率低下、今回も2時間半)。

0503田植え手植え編2


 明日は午前中まで雨らしいが、上がったら続きで2号田んぼ310平米を片付ける予定。久しぶりだったが、手植えだと補植もほとんどないため、悪くないんじゃないかというのが私とカミさんの印象だった。しかし、全部手植えだと25時間、5日位はかかる。そう考えると機械も混ぜたハイブリッド田植えがいいかな。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日、田植え

 昨日夕方、水を止めて水出口を下げて田植えの準備に入った。一晩でまあまあ排水も進んだので、昼前から作業開始。全体の4割と最も広い4号田んぼから始めた。昨年は、平均で100平米10分だったようだが、今年は順調で800平米を50分、5割早い。

0502田植え機故障


 昼食を挟んで次の3号を9割方終了したところで突然田植え機が停止。エンジンは生きているが、全く何も動かない。どうもベルト切れのようだ。農機具店さんに連絡すると、合うベルトの在庫がないらしい。普通ではないGWの真っ只中で、部品の手配も今は不可能とのこと。仕方なく、通販で最も早いものを探して注文、早いといっても6日発送だから農機具店手配と変わらないか遅いくらいだろう。田植え機の復活は来週中頃になりそうだ。(その後、通販購入はキャンセル)

0502田植え定規

 仕方がないので、残りの4割は手植えにすることにした。とっくに退役してハウス内の道具棚になっていた田植え定規を現役に復帰させ、明日から手で植える。また、苗はいつも同様で根の張りが弱く、植え終わった3号と4号でも欠株がかなり多い。補植もかなり手間がかかりそうだ。当初の予定では、本日で田植え完了、補植が1.5日程度と目論んでいたが、あと3日くらいだろうか。

0502完了4号
全体の4割を占める4号、これが終わると本当は一安心なんだが・・・・


0502壊れる直前の田植え機
4号を植え終わった田植え機、このあとトラブル発生


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

コメ作りを振り返る(4:収穫)

0428収穫

 ちょっと間ができてしまったが、次に進もう。スタートからいきなり収穫に跳んでしまったが、やはりこれまでの11回のコメ作りを引っ張ってきたのは、収穫の喜びだった。「収穫の喜び」とはちょっと陳腐な表現と思わないでもないが、コメの収穫には他の作物とは明らかに違うインパクトが有る。特に1年目の収穫の際の達成感は、きっと死ぬまで忘れないだろう。
 2008年末に農地(現在の農場)を購入したのは、60歳の定年を迎えたときだった。当面再雇用という形で仕事は続けるのだが、それまで全く経験のない農的生活、特にコメ作りに重心を移すのは、思い出してみるとなかなか痛快で興味深いことであった。田んぼ予定地は10年近く使われておらず、むかしの田んぼは全く姿を消していた。入植後まずやったのは田んぼの計画だった。そして3月に2週間の休暇を取り、重機を借りて一気に田んぼの造成を行なった。その後、水を引っ張り、苗を植えて初めての田植え、そのあとは全く筋書きのない出来事とそれへの対応があとからあとから続く。それこそ無我夢中でやった結果、ついにコメができた。わけわからないから、相当変なこともやっていたのだが、イネというのは実に間口が広い生き物で、私の邪魔を跳ね返してコメを作ってくれた。この感動が今まで続く原動力だったと思う。
 それまでの半生の中では、農的生活に飛び込むなどとは思ってもみなかったのだが、やってみるとまるで昔からやっていたような感覚だった。もちろんわからないことだらけだが、ゆっくりと進む時間の中で、調べて対策を考えて実行するのは全く無理のない話だ。おそらく、DNAの中に経験値が刷り込まれているんじゃないかな。
 毎年毎年イネはコメを作ってくれるが、田んぼの状態も苗の出来具合も、そして天候の移り変わりも違っている。仕事なのか、趣味なのか、遊びなのか、はっきりしないけれども、始めてからこれまでずっと楽しみ続けているのは確かだ。あと何年できるかわからないけれど、きっと最後まで楽しめるだろう。そうそう、いい忘れているが、自分で作ったコメの美味さは格別だ。

0428初めてのコメ

0428脱穀中

0428初めての籾摺り












にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

疎開は続く

0423最終代掻き中

 甘く見ると殺されるから帰ってくるな(娘=ドクターからストップ)なので、農場にこもっており仕事が進む。1週間後予定の田植えに向けて最終の代掻きを行なっている。12回めのコメ作りだが、未だに田んぼには多少の不陸があり、均平装置の角材をトラクターで引っ張っても直せず、最後はレーキで均すという重労働も含まれる。これで夜も熟睡できる。

0423手でも代掻き

 しかし、3日に一度くらいは買い物をする必要もあり、今日の夕方担当の私はでかけてきた。勝浦まで行くのだが、幸いなことに店もレジもガラガラで、密とは縁がない。一応感染対策には気を使っており、当たり前だがマスク着用、スーパーの出入り時にはアルコールで消毒する。これでかなり手が荒れている。問題といえばその程度、疎開先は平和である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

川までの高さ(確定)

 今日は腕時計(SUUNT CORE)を使って、田んぼのレベルから川までの高さを計測してみた。その結果は16M、昨日のレーザー距離計を使った測定と同様の結果だった。

0423高低差

 写真の左側は、一番下の4号田んぼのレベル、右が川のレベルである。

0423性能曲線
 
 高さが気になるのは、ポンプの能力を評価するためだった。この図のKTZ22.2のカーブが、使用しているツルミの2.2KW水中ポンプのもの。実際に吐き出しているのは一番上の1号田んぼで、ここの高さは2m+の18m程度である。性能曲線では0.35立米/分=21立米/時であるはずなんだが、かなりアバウトな計測結果ではそのだいたい半分の10立米/毎時である。川から田んぼまではVU65という太めの塩ビ管を使用している。抵抗となるエルボは8箇所ほどある。これらの抵抗が半減の原因である。経路や配管方法の見直しで吐出量を増やせる可能性はありそうだ。

養老渓谷の源流から汲み上げる
0423養老渓谷源流


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

川と田んぼの高度差

 前に買ったボッシュのレーザー距離計(2代目)は、単に距離を測るだけでなく他に色々な機能があって、その中に高さを測るというものがある。いわゆるピタゴラスの定理によるもので、これで川から田んぼまでの高さを一度測ってみようと思っていたのだった。かなりの高度差があるが、田んぼの水はほとんどこの川から揚げているのだ。

0422川までの高さ1

 この頃は、タケノコ掘りの関係で川に降りる崖によく行くので、今日ようやく測ってみた。しかし、柵を入ってすぐのところではエラーになる。公称50mなんだが、川の辺りまではそれを超えているらしい。少しずつ降りて測ったところ、川まで33m、俯角が25.4度となり、高さは13.9mだった。その位置は4号田んぼのレベルから2m程度下がっているので、だいたい16mというのが田んぼから川までのレベル差らしい。

0422川までの高さ2

 しかし、正確性についてはまだ疑問がある。なので、別の場所から測定してみた。そこは、うちの門から100m程奥、敷地の一番遠いところだが、ここから川面を見下ろせる。ここから測ったところでは、川まで43.4m、俯角が34度。高さは24mとなった。竹やぶ入り口との高度さは8m、そんなものかもしれない。

0422スント高度計

 それで、もう一つの方法を思いついた。最近はほとんど身に着けないのだが、スントコアという腕時計を持っている。これには高度計の機能があるのだ。気圧を読んでいるから、同じ場所でも結構変動するのだが、川まで上がり下りすれば高度差は計測可能だろう。明日早速挑戦だ。
 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田植え機の試運転

 二度目の代掻きをする前に、田植え機の状態を確認しておこうと引っ張り出した。ガソリンを入れてキャブにガスを送り、チョークを引っ張ってリコイルを何度も引いたが、エンジンはうんともすんともいわない。

0422田植え機のトラブル

 プラグを外してみたが、全く濡れていない。匂いをかぐと、揮発成分が飛んだガソリンの匂いがした。どうやら電気系統ではなく燃料系統だろうと思いながら、エアクリーナーを外してキャブレタークリーナーを吹き込むと、一瞬エンジンが掛かってすぐ停まった。ああ、これはキャブレターだな、手におえなそうだ。ということで、農機具店に連絡。

0422キャブレター

 午後になって農機具店さんがやってきた。色々世間話をしながらキャブを外して、どこかの細かい穴に荷札の針金(?)を突っ込んで通し、再び組み直した。リコイルを引っ張ると無事エンジンがかかる。さすが農機具店、そしてシブトイ農機のエンジン。おかげでまだ当分田植え機は働いてくれそうだ。
 田植えまであと1週間から10日くらい、早めにチェックしておいてよかったなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

水鳥がやってきた、しかし

 先ほど雨がやみ加減になったので、田んぼの水をチェックしに出た。田んぼの脇に着いたら向こうの方から鳥が飛び立った。お尻が大きめなので水鳥と思われた。確認できたのは3羽と半端だが、まだ他にいるのかもしれない。水鳥といえば、以前カルガモの親子が現れ、おそらく子ガモが全滅して母ガモが(悲しみの中で)姿を消したことが思い出された。

4020苗の被害

 そのあと苗を見に行ったんだが、何かおかしい。よく見ると、何箇所か押しつぶされたあとがある。さらに探してみると、トリのフンが落ちている。ドジョウを探しにアオサギは毎日のようにやってきているが、いつもの行動パターンを考えると犯人ではなさそうだ。してみると、先程の水鳥があやしい。

0420苗防衛対策

 カミさんを呼んで、ファイバーポールと防鳥ネットで周りと上を囲っておいた。イネの苗は過去にシカに食われたことがあったが、鳥は初めてだと思う。毎年、ビニールやネットで囲っていたが、今年はそれをやらなかったのでやられたようだ。

今回の水鳥の足跡
0420鳥の足跡


アオサギの足跡は

0420アオサギの足跡

 カルガモは何度か現れている。このBLOGを「カルガモ」というキーワードで検索してみた



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号農場に戻る

 ずっと横浜に置いてあったえすかる号だが、農場発着よりも早く楽だからということだったけれど、いろいろ邪魔されてほぼ働かずじまいに終わった。極めつけが昨今の外出自粛で、結局半疎開中の農場に置くほうが使いみちがあるだろうし、6月には車検(最初)もあるから、本日農場まで持ってきた。

0416苗の状態

 今日も風があり、アクアラインの橋部分では真横から10M/Sの風が吹いており、えすかる号はヨロヨロと渡ってきた。気になっていた苗だが、水も十分だし全く問題はない。横浜に帰ったのは半月ぶりだったが、またこちらで半疎開が続く。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

苗を田んぼに移動

0414苗を田んぼに移動

 昨日は、ハウスの中で育ってきたイネの苗を田んぼに移動させた。40数枚の苗箱は、生え揃ったものが25枚ほどで、普通に田植え機で植えた場合の必要量程度。残りはマダラで、補植用に育てる。なぜばらつくかと考えてみたのだが、どうも買ったモミの方が不良で、うちのモミのほうが揃っていたようだった。写真では、手前側がいい苗、奥は不揃いの苗で、手前側から使っていく。

0414カミさんケルヒャー

 プールに使用したビニールシートは、折れ目にヒビが入り漏水し始めている。農場にいる限りは毎朝水を入れれば大丈夫だが、来年は何らかの対策を考えないと。カミさんは初ケルヒャー。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼの水

0413今日の田んぼ

 昨日14時過ぎに川の水中ポンプを止め、連続停止状態にしたのだが、昨夜からの雨で田んぼは満水状態になっている。今年の注水開始時は7時間/日(昨年の平均)、不足気味だったのですぐに8時間/日に増やして様子を見ていたが、完全な満水状態になったのはこの雨が降ってからだった。

0413満水の田んぼ

 現在は、川からの揚水の4割ほどを1号に入れ、残りを3号に入れており、2号は1号から流れてくる水、4号は3号からの水で賄うつもりだが、2号・4号は不足気味。もう一度代掻きしてよく練ることで調整するはずが、アグリカのトラブルで先延ばしになっていた。アグリカは土曜に帰ってきているが、今週は横浜に行く予定で、明日ハウスの苗を2号に移すから2度目の代掻きは来週かな。調整手段としては、2号の栓を開けるという手段もあり、月末予定の田植えに向けて色々試していこう。

0413現在の揚水プラン


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

暗転

0406今日の稲
         苗はもうちょっと、バラツキもある

 7時間注水で、2号と4号が水少なめだったので、今朝は4号を角材均平して、1号から順に下側の畦際を耕耘して漏水対策を行っていた。2号の作業中に、シート経由でお尻に軽い振動が伝わってきた。それはちょっとずつ大きくなり、一回少し大きなショックが伝わった。クローラを駆動する歯車の外れのように思えたので、ロータリーを上げてソロソロと田んぼから脱出した。

0406現場
  この田んぼ右側が現場

0406泥の塊
  引っ張り出した直後はこの通り


 すぐに泥の塊のようなアグリカをケルヒャーで洗ってみる。私が見る限りは(左の)クローラ関係はあまり問題がないようだったが、そのうちに声をかけた農機具店さんがやってきた。一応、クローラを外して足回りをチェックするとのこと。工場に持ち帰ってしまった。今日明日くらいはこれで頑張ろうと思っていたので、若干喪失感発生。冷静に考えてみると、ベルトの緩みというようなことも疑うべきかもしれない。まあ、1週間ほどは余裕があるといってあるので、チェックしてもらうことにしよう。

0406掃除済み
  久しぶりにきれいになった、ケルヒャーは大したものだ

 明日は、ずっとやりそびれている刈払機の作業に取り掛かろう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

代掻き(1回目)終了

0405今朝の4号
    今朝の4号田んぼ

0405代掻き中
    代掻き中の4号田んぼ

 本日午前中で、一通りの代掻きが終わった。2日に起こして、注水後順次代掻きを行い、2日半で終了。今回はかなり順調で、漏水も少ないのではないかと考えているが、ポンプ稼働時間は、一応去年の延長(7時間/日)にしておいた。まだ田植えまでには時間があるので、状況によっては角材を引っ張って漏水対策を行うつもり。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼの仕上がり状況

0404今日の田んぼ

 今日はほとんどアグリカ(乗用管理機)に乗りっぱなし。陽気もいいし、田んぼの代掻きには絶好だった。ただ、スピードは水の入り具合によるから、今日片付けた3号田んぼと4号の3分の1位というのは効率は今少しかな。いつも最後の4号は簡単には行かないが、さっき見に行ったら半分くらいまで水が溜まっていたから、明日中には片付くと思われる。

0404アグリカ1

0404アグリカ2
  一通り終わると均平用角材を引っ張る

0404苗の状態




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

蘇る田んぼ

0403田んぼ1~2

 今日から田んぼに水を張り始めた。1号と2号は一度目の代掻きまで終了。回っているとまだ冬眠中のカエルがノコノコ出てきてトラクターから逃げていく。間に合いそうにないことも多く、そんなときは待ってやることになる。

0403寝ぼけガエル

 そのうちに別の参加者、トンビが加わった。山の方の樹の上に留まっていて、突然田んぼまで舞い降りる。そして、器用になにか掴んで飛びながら食べている様子。泳いでいるアオガエルをなんとなく見ていたら、背中の方から降りてきたトンビが一瞬でさらっていった。冬眠から覚めてまだボーッとしているカエルはあっさりやられてしまうのだ。

0403トンビ


 虫も参加してくる。水の上を歩く蜘蛛、泳いでいるのはオケラらしい。まだ水は茶色に濁っているが、さっそく色々な生き物がやってきた。そのうち上の池からおたまじゃくし・ドジョウ・メダカも加わるはずだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

川からの揚水(復活)

0403埋もれたポンプ

 長靴を塩水に浸けて(山蛭対策)、川に降りていった。ポンプの状態を見て驚いた。水中ポンプの下半分が砂に埋もれていたのである。そもそもここの川床は基本岩で、普段砂は少ないのだが、なぜか川全体が砂で埋まっていたのだ。

逆流中

 倒れかけた旧ポンプ小屋の軒裏のスイッチを切って川に入ると、揚水パイプの中の水が逆流して砂を巻き上げている。これで問題解決かとも思ったが、ポンプ本体を引っ張り出して砂の上に置き直した。1号田んぼの水出口に戻ると、処置前の3~4倍の水が放出されていた。

0403復活

0403戻った水流


 3相200∨2.2Kwの水中ポンプは、安くても9万円程度する。5年で償却とは高いなと思いつつも、状況によっては注文しなければと思っていたが、今回は大丈夫だった。
0403弱い水流
    復活前の弱い水流


0403一晩でこれだけ?
    一晩でこれだけ?


前回交換はちょうど5年前だった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田起しと注水

0402トラクター借り上げ

 天気が回復したので、借り畑の家からトラクターを借りてきて、田んぼを一気に起こした。まあ2反だから、うちのアグリカでも大丈夫なんだが、馬力5割増の威力ですぐに片付く。ずっと置きっぱなしであまり使わなかったのですべて土まみれ、使ったあとケルヒャーで洗うほうが時間を要したかも。

0402田起し1

一通り終わったあとは川から水を揚げ、うちのアグリカを引っ張り出して待機させるが、どうも水の量が少ない。2代目の水中ポンプは5年間使ったが、そろそろ交換時期が来たのかもしれない。明日朝、川まで降りて様子を見るが、場合によっては交換も必要かもしれない。

0402注水

 一応連続で水を出したままにしているが、明日の朝になったら溜まっているだろうか。ある程度たまらないと代掻きできないんだが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

苗の状況

0329今日の苗

 先週末は、蒔いたばかりの苗箱の面倒を見るため、私は農場に詰めて横浜に戻らなかったが、その後の発芽は比較的順調で、2〜3日離れるのは問題がなさそうなので、今週は横浜に戻っている。とっくに夏タイヤに替えていたから、南岸低気圧による雪の予報は気になったが、幸い大したことはなく無事帰り着いた。

0330トラクタバッテリ

 明日の夜には農場に戻るが、気温は低めでハウスの中の温度もそれほど上がらず、不織布とアルミ蒸着シートの下で発芽はもうちょっと進むと期待している。今週は、田んぼを起こす予定。先週は、借り畑のトラクターを借りて起こすつもりだったがバッテリーが上がっていた。バッテリーテスターでは「要交換」となったが、充電したらエンジンが始動したので、交換は次の不具合時に延ばすことにした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

籾蒔き終了

0321籾蒔き1

 本日、モミ蒔きをした。モミは購入したミルキークイーン2Kg、あとはうちでできたモミを3Kg弱用意しておいたが、実際に蒔いたのは3Kg強。出来上がりの苗箱は42枚だったので、例年の100g/枚より若干薄い80g/枚ほどになる。

0321籾蒔き3

 苗マットが39枚あり、それに培土で作ったものを3枚追加したところで、暑さのため終了となった。今日は暖かすぎたのでハウス内は蒸し風呂状態だったのである。これでGW前後の田植えまで大事に育てよう。

0321籾蒔き2



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

苗代の準備

0318苗代1

 例年通り、ハウスの中でイネを育てることにしている。昨日、2号ハウスの中にモミガラを撒いて耕耘し、ビニールシートを敷いた。浸種中のモミ自体はまだ膨らみが十分ではないので、土曜か日曜に播くことになりそうだ。

0318苗代2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

種モミの準備(浸種)

 0311浸種開始

本日、種モミを水に浸け始めた。去年は3/20だったので、10日ほど早い。まあ、季節はすっかり春だから遅いくらいかもしれない。今年もミルキークイーンで、買ったものが2Kg、昨年の自家採種が2Kgである。赤い袋がうちのモミだが、浮いているものが多い。
 目標積算温度を120℃とすると、水温が15℃程度の井戸水だから8日ほどでいいはずだ。昨年うまく行ったのはハウス内の温度管理が良くできたからで、今年も温度計などを活用して頑張ろう。raspberry Piを使うつもりだったが、間に合わないかも。

0311農場入口付近

 回覧板を届けに隣の牧場まで歩いてでかけたが、暖かくて明るい気持ちの良い夕方だった。

0311トラクターゲート付近

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

燻炭を田んぼに

0219田んぼ3号に燻炭

 先週作った燻炭を3号田んぼに撒いた。軽トラ2台分(4立米)のモミガラは、今回の場合容積で半分程度に減ったが、3号田んぼ400平米にちょうどくらいだった。撒いたあと、次の燻炭のためにモミガラを取りに行った。

0219燻炭開始

 イメージとしては、2台の燻炭器を使って2つの富士山状の山を作るのだが、今日のモミガラは崩れやすくて8分目くらいで煙突の先が隠れてしまい、そこで盛るのをやめた。夕方5時頃に点火して、ただいま製作中である。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

稲架の盛替え

 竹で作った稲架を使っていた最初の数年間、台風などで必ず倒れて苦労したのだったが、単管パイプで作ってから以降はトラブルは画期的に減った(実はそれでも倒れたことはあったんだが)。

2014乱杭状態
    よく見ると乱杭状態だとわかる

 一度建てると年中そのままだから手間がいらない、結局うちの田んぼの収穫が十分収まるほどの長さとなり、かなり楽になった。しかし、3段掛けにしているので稲束が濡れたときなど、柱に掛かる重量は半端ではないらしい。柱は、1.5mの単管杭に2mの柱を組み合わせているのだが、杭先端が尖っているので次第に沈下してくる。結局、悔いが完全にもぐったり、上にパイプを継ぎ足したりしてなんとかごまかしていたのだが、今回潜った柱を中心に盛替えることにした。

0214ポンチ絵

 これは沈んだ柱の復旧計画のポンチ絵だ。左は当初の設置状況、真ん中が沈んでいる状態、右が復旧方法だ。杭を抜いたあとの穴に砂利と砂を入れ、尖った杭ではなく普通の単管パイプに打ち込みキャップを取り付けて、そちら側を下向きにしていれる。そして大ハンマーで叩いて終わり。一応試験施工したが、穴が大きくなっているので、底だけでなくパイプの回りも砂利や砂を入れて突き固めている。

0214曲がった杭

 大変な曲げ力がかかったようで、土の中で曲がっていた杭もあった。

2014テコで杭を抜く
1m以上も土の中に潜っているパイプを抜くのは容易ではない。
4mパイプ利用のテコを使うのだが、2本使いしたこともあった。



0214杭と柱
いつもやっている方法、自在クランプで杭と柱をつなぐ

 今回の改修で、3段→2段変更をなるべく行い、鉛直荷重を少しでも減らそうと考えている。ただ、その分、サルが来る方向の山側に伸ばさねばならないので、防獣(サル)対策をよく検討することにしよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

コメ作りを振り返る(3:スタート)

 田んぼや水の見通し付きつつある中で、次は苗作りだ。ハウスもなかったので、苗は農場よりも温かい横浜で育てたが、詳細は覚えていないのでカミさんに聞いてみた。納屋の中に残っていた育苗器を横浜に持ち込み、カミさんが毎日水をやりながら育てていたようだ。当初の3年間、私はまだサラリーマンだったし、そのあたりはずっとカミさん任せだった。そのうちに軽トラや苗を載せるコンテナを揃えるのだが、最初はそんなものないから、ステーションワゴン(初代フィールダー)の後ろに発芽してちょっと育った苗箱を載せて、農場に運んで田んぼに並べて田植えサイズに育つのを待ったのだった。

0119最初の田植え後
    最初の田植え直後、山側はノーガードだった

 最初の年の苗は少し遅めだった。そのせいもあって、田植えは5月の最初から最後まで、ほぼ1ヶ月間かかった。苗が小さい最初の頃は手植え、最後に一番大きな4号田んぼをやるときは、田植え機を使用。機械の能率を思い知らされた。そこから秋まで、イネを育てる期間が続くのだが、何も知らない初めてのコメ作りは波乱万丈という感じだった。田植えが完了した直後、大雨が降ったせいだと思うが、3号田んぼの土手が決壊したし、1号田んぼに植えた小さなイネがシカに食べられるというハプニングもあった。西側の山裾は、当初なんの防獣対策もしていなかったが、このシカによる食害がスタートとなって、数年にわたるケモノとの戦いが始まるのだった。

0119土手決壊









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

稲架の復旧

0120部分陥没した稲架

 現在の稲架は4m単管パイプで56本、総延長では224mとなっている。去年は収穫量が若干少なかったこともあり、これで十分足りた。支える柱は27本、それぞれ1.5mの単管杭を打ち込み、2個の自在クランプで鉛直に補正しながら2mの単管パイプを継ぎ足している。稲を掛ける4mのパイプは、基本三段としている。

0120稲架リスト

 単管杭は2種類使っているが、どちらもその先端は尖っており、三段のイネの荷重によっていくつかの柱が陥没している。稲自体も相当重いはずだが、大雨が降ったりすると、杭が受ける力は更に増えるはずだ。上の現況図のピンクで囲ったものが陥没したものである。一番ひどいケースは40cmほど潜っていて、杭の先端が2個のクランプごと土の中に埋没している。昨日、4mの単管をテコのように使って引き抜いてみた。1.5mのパイプと土の接着力が抵抗だが、なんとか引き抜きは可能である。ピンクの6本の杭については、一旦全て引き抜いて穴に砂と砂利を入れ、杭を単管に替えて下端に「打ち込みキャップ」を被せて穴に戻し、それに柱となる2m単管を取り付ける方法をとることにした。

0120単管杭先端

 一番上の掛けパイプは、これまで2m弱の高さだったが、作業的には少々厳しくなってきたので、2段に減らして1.8m程度に下げることにする。作業性の問題もあるが、2段に減らすことで荷重は3分の2となり、稲架自体もかなり楽になるだろう。ただ、陥没を防いでも転倒する可能性がある。天日干し中の突っ飼い棒を増やして防止しよう。
 使うのは秋だが、再組立作業には結構スペースが必要。田んぼの起こしなども早めに始めたいので、この稲架の復旧を一番最初に片付けることにした。

0120一段延長
  去年は2ヶ月近く干し、その間雨なども多かったので
  著しく陥没した柱もあった。本の柱に更に1m継ぎ足していた


てこで引き抜く様子(自在クランプが肝)
0120てこで抜く


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

コメ作りを振り返る(1:前夜)

 今年の米作りについては先日まとめてみた。今回は、これまでの11回目の米作りを全体的に眺めていこうと思う。

0109収穫

 そもそも、私は植物と触れ合うような農的暮らしには全く興味を持っていなかった。カミさんの方は、ここに来る前の週末拠点〔三浦半島津久井浜)付近で市民農園を借りるなど、以前から一貫して農的志向があったが、私の方はというと、力仕事が必要な際にちょっと手伝う程度で、ほとんどタッチしていなかったのだった。ただ、カミさんが市民農園と並行して、横浜の家の屋上で古代米を育てており、それをみて稲の不思議さには少々興味を抱いていた。
 定年を迎える2008年末に向けて、当時の週末ぐらしの拠点から、さらに飛躍しようということになり、関東エリアを幅広く探し始めたのだが、私は定年をきっかけとして、どうせなら米を作るような暮らしに転向しようと考えて、田んぼをやれそうなことを選択の条件に入れることにした。この源流は横浜の屋上田んぼだったのである。一番手軽な道、三浦半島あたりでも探したが、田んぼ適地はおろか、農地も適当なものが見つからない。山梨や茨城にも足を伸ばしたが、どうも農地を探すこと自体が当時の一般的な不動産流通(田舎暮らしを含む)経路からはかなり難しかったようだ。
 毎週物件を探して、週末に現地に行って確認するということを2~3ヶ月くらいはやったと思う。そして今の場所にたどり着いた。だいたい300~500坪が標準の田舎暮らし物件の中では、農地を含む3000坪という広さは目立つものだった。そして、どうやら昔は田んぼだったことも判明、しかしその当時の持ち主は農業をやらず、田んぼも畑も草原に姿を変えていた。それに、携帯はつながらず、イノシシ・シカなどのケモノ、山蛭まででる一種とんでもないところということもわかった。カミさんは、そんな状況や広すぎる農地を理由に消極的だったが、なんとかここに落ち着いた。現地視察は2008年12月の紅葉の頃、その後契約などの手続きを進め、実際に入居したのは翌2009年1月末だった。仲介業者の案内で一度見て、決定する前にもう一度出向いたが、そのときには地域の人達がやっているもみの木庵(蕎麦)に寄ったり、散歩しているご近所さんと話をするなどで、カミさんの不安もかなりの程度解消し、決してリサーチは十分とはいえなかったが、とにかく購入が決定した。(続く)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

米作りのMatrix

 今年の収穫量が確定した。終盤は、イネも元気だしもっと採れると思っていたが、意外に少なかった。しかし、質的にはこれまでの最高だった。まあ、自分で作ったコメだから、うまくないわけがないけれど。11年目の今年から新たな気持でやっている。色々見直してジャンプしよう。とりあえず10年後の80歳を目指して!
 
         田植え    落水日   稲刈り    脱穀始  収穫量
2019年  05/09~05/09  08/22   09/04~09/06  09/13   565Kg
2018年  04/30~04/30  08/23  08/31~09/08  10/18  604Kg
2017年  05/11~05/18  08/26  09/09~09/15  09/21  530Kg
2016年  05/12~05/14  08/28  09/10~09/17  10/07  660Kg
2015年  04/30~05/11  09/02  09/15~09/23  09/24  280Kg
2014年  05/16~05/17  08/25  09/04~09/18  09/16  747Kg
2013年  05/16~05/22  08/31  09/07~09/22  09/22  560Kg
2012年  05/17~05/24  09/08  09/20~09/30  10/05  400Kg
2011年  05/27~05/28  08/30  09/10~09/18  09/30  130Kg
2010年  05/15~05/29  08/30  09/10~09/23  09/22  600Kg
2009年  05/02~05/31  09/13  09/18~09/27  10/17  320Kg

1005稲たち頑張った


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年の米

 どうもよく訳がわからない状況だ。今年はよくできたという印象だが、収穫量がどうも少ないようなのだ。これまで、全量のほぼ3分の2を籾摺りして、玄米は350Kg出来た。この計算だと、あと残りを籾摺りしても合計は500Kg台前半に留まる。少しイネ刈りのタイミングが早かったのかもしれないと思っているが、先に延ばしたら台風15号でとんでもないことになっていただろう。その他に思い当たることはないんだが。
 今年は皆さんのご注文が多いので、その3分の2はほぼなくなってしまった。質についてはこれまでにない良い出来だったが、リピートにはなかなか応えられないかもしれない。また来年の米作りに向けて研究課題が出来た。

0928籾摺り風景
    籾摺り中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

再び天日干し

0925天日干し追加

 脱穀を済ませてバインダー袋に収まった籾は、一度籾摺り機にかけたのだが、若干水分が多いようだったので、少しやって中断していたのだった。本日シートの上に籾を広げて追加の天日干しをやった。よく晴れて日差しが届き、少々風もある今日は絶好の日和だった。計測では16.5%くらいだったが、午前と午後の2回、各2時間ずつで22袋を干して15%程度まで乾かした。15時頃からの3度めで残りの7袋を干したが、この回は16%止まりでもう一回、明日かな。すべて干し終わったら籾摺り作業を進めていく予定。

0925水分量

0925追加天日干し

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年のお米

 昨日、籾摺り作業を行った。作業を始めると、籾摺り機に細かいクズがくっつくので水分量を測ったところ16.5%とちょっと高め。本当はこのくらいのほうがうまいと思うが、念のためもう一度籾を天日干しすることにした。来週の天気のいい日に干してから籾摺りを行う。

0921ツヤツヤ

 1俵ほどは玄米にしたので、本日さっそく試食してみた。うちで作っているのはミルキークイーンで、もちもちした食感が特徴である。今年もうまい米だと思う。秋の長雨で1ヶ月半近く干したままになっていた去年の米に比べ、見た目もとても綺麗である。収穫量はともかく、これまでの11回で一番出来がいいかもしれない。

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年の米作り終了(かなり長い)

0915一段落の田んぼ

 米はまだ籾の状態で、収穫量もわからないが、作業としてはほぼ終了した。今年のイネはスラリとよく伸びており、背が高い。頭は下がっていたが、少々の雨風では倒れることもなかったから、骨格がしっかりしていたと思う。それに、イネ刈りをした段階ではずっしりと重かった。稲束の折れ曲がりやカラミがなかったから行儀がよく、干しやすかったし干すときの密度も高かった。11年目にしてようやくうまくいった、という感じを持っている。
 その要因として考えているのは、苗をこれまでになく大事に育てたことだ。ハウスの中で発芽から幼苗まで育てたが、温度管理をかなり力を入れてやった。もう一つの要因が肥料だ。例年、穂が半分以上出る「出穂」は8月初め頃なので、その40日前に肥料をやった。2反歩に、いわゆる化成肥料20Kgだから多くはないが、これが有効だったと思う。あとは獣害防止かな。最近は、イノシシ・シカは入ってこないので主なる敵はサルだが、ハグレザルではなく群れもやってきたのが今年の特徴だ。しかし、被害は最低限に留まった。
 天日干し中の最後には台風15号がやってきた。房総半島全域に深刻な被害をもたらしたが、心配した稲架の倒壊などはなく、無事に脱穀も終わった。しかし稲架は、倒壊はしなかったものの杭が部分的に沈下し、哀れな状態となってしまっている。この冬の重点作業は稲架の建て替えと決まった。

0915ワラはご近所に

 稲わらもできが良かったが、ご近所さんから希望の声もあり、自家消費分以外のうち半分くらいはもらっていただいた。処理が面倒だということで、カミさんはかなりのワラを燃やしたが、ご近所さんは、しきりにもったいながっていた。ただ、去年のワラもハウス内やトラクターゲート脇の小屋(新設)に入れてあり、ワラについては十分な量を確保できている。
 田んぼが終わったので、昨日1号と3号田んぼに畑を作った。どちらも100㎡程度。今週行ったら2号と4号も耕耘・畝立ての予定。昨シーズンはまあまあの出来だったし、肥料分が残るのか残渣のせいか、あとのイネがよく育つので、少し拡大して今年もやってみる。とにかく、連作は無関係だし草も少ないし、かなり育てやすいというメリットもある。
 これまでは、失敗項目を翌年にフィードバックすることが多かったけれど、今年はうまくいった点をフィードバックできるということがありがたい。いつまでたっても新米という感じだが、それでも10年というのは大きな区切りかもしれないな。



軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

脱穀終了

 明け方、短時間だったようだが雨が降ったらしい。水分量を測ると16.9%、微妙な数字だ。ただ、明日がかなりの雨になること、それ以降も前線と熱低(台風)の影響で天気は芳しくなさそうなので、午後まで待って脱穀作業の残りをやることにした。

0914脱穀風景

 残りは1号田んぼの分で2割強といったところ、ハーベスターのエンジンはなんとか掛かるが、キャブは燃調を殆どやっておらず、ガス混じりの排気ガスの中の作業である。昨日よりはちょっと湿っているからか、一度藁屑などが詰まってモミが出なくなるというトラブルがあったり、燃料を足したにもかかわらずガス欠になったり、すんなりは行かないがなんとか終了。
 今年は最後までサルが狙っていた。昨日は私も侵入を目撃したが、10匹以上いたようだ。これまではだいたいはぐれの1匹しかきていなかったが、群れに出会うのは初めてだった。これからは大して狙われるものはないのだが、餌場と思わせないようにしよう。

0914今年のイネ

 今年は稈が長くスラッとしたイネだった。しかし結構重かったのだが、終わってみるとバインダー袋33袋で、それほど多くはないかもしれない。あと、脱穀したあとの稲わらにシイナが殆どついていないのがいつもとは違う。よく育ったのだろう。

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

脱穀の続きは・・・・

IMG_0401

 今朝起きたら地面が濡れている。雨が降ったようだ。調べてみると、未明から今朝にかけて数mmの雨が降ったらしい。何とか動くバインダーも気がかりだし、何より明日の日曜日は大雨らしいので、午後までかわかして終わらせることにした。乾燥不十分ならブルシートに拡げて乾かそう。IMG_0402

  チェックに出たカミさんが、警報器がならないこと、すでにサルが来て引っこ抜いていたことを発見。警報器は電池切れだった。とにかく脱穀作業再開までイネを護る必要があるので、再度ベビーえすかる号を移動させ、中にこもって警戒にあたることにした。ポータブルバッテリー、ファン、ロケット花火などを持込むと、狭い室内はいっぱいになる。あっ、晴れてきた。

IMG_20190914_105919

大変な脱穀作業(長い)

0913合格水分量

 昨日夕方、今日から脱穀作業開始ということで、ハーベスタ(脱穀機)の点検をしたところ、燃料コックからキャブにつながるホースからガソリンが漏れていることに気づいた。いつもの農機具店に電話をしようと思ったがこちらの電話は携帯も固定も不通。仕方なく、車で電話が活きているところまで出たのだが、電話をしてもつながらない。相手もつながるエリアにいなければダメということだ。
 さあ困った、どこかのホームセンターで燃料ホースを見かけたことはあったが、かなり特殊なものだ。一応、農機具店と連絡が取れないこともあり得るから、自分でできるだけ努力することにした。とりあえず大多喜町まで出かけていく。途中はずっと携帯不通、信号も点灯していない。不通の道路もある。うちでは気づかなかったが、容易ならざる事態である。大多喜のホームセンターには燃料ホースなし、茂原のカインズ(大型店)には電話で確認したが、あることはあったけれど小型の機械用程度。そこで再度農機具店に電話したら、今度はようやくつながった。そして来てもらうことになった。
 本日朝、農機具店さんが来てくれて、問題の燃料ホースを交換してもらった。しかし、本当の問題はそれからだった。修理完了したハーベスタを田んぼに持っていき、色々準備してエンジンをかけようとしたら動かない。イヤというほどスターターを引っ張るがかからない。ガソリン臭はするから燃料は来ているので、火が飛ぶかどうかを確認しようとプラグを外し、スターターを引っ張ったら、プラグの穴からガソリンが飛び出した。そういえば焼き付いたようにスタータが動かないこともあったから、どうやらシリンダーにガスが溜まっているように思えた。

09132本のプラグ
  プラグは、何故かギャップが狭かったので、運搬車のものと一応交換した
  しかし、原因はプラグではなかった

 もう一度農機具店さんに電話、また来てもらう。どうやらキャブのトラブルでコックを開けている限りガソリンがエンジンに入っている状況らしい。さて、困った。昼の間にはサルが集団でやってきて追い払ったし、明後日くらいから雨も降るらしい。なんとか今日明日で脱穀を片付けたい。結局、部品などもすぐには揃わないし、エンジンが掛っていればガソリンが溢れることはないんじゃないかということで、そのままだましだましだが強行することになった。
 必要以上にガソリンが入っているから、いってみればチョークを引いたままエンジンを動かしているようなもの。排気ガスはガソリン臭くずいぶん早くガソリンも空になるが、なんとか動いて全体の4分の3くらいは終わらせた。休憩の際もコックをちゃんと閉めておけば再開は可能だった。明日残りをやるのだが、サルの群れが来る可能性は極めて高いので、ワイヤレスチャイムを4台ほど置いてある。警報が鳴ったらロケット花火で追い払う。ということで、トラブルはあったけれど、まあまあ順調が続いている。

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

サルは来ているらしい

 今朝、カミさんが期待しているスイカ(黒)を確認して、かぼちゃハウスに袋を取りにいって戻ったところ、そのスイカがなくなっていた。僅かな間にサルが盗っていったらしい。

0908散らばるイネ

 今しがた、嵐前の最終点検で見回ったところ、干してあるイネの一部がハザの下に散らばっていた。まだ干したばかりなので、紐が緩んでいるわけでもない。これもサルの仕業だろう。落ちているイネは一握りぐらいで大した量ではないが、うち半分くらいは籾がなくなっている。

0908集めたイネ

 少ないからいいというわけではなく、餌場になっているということを受け止める必要がある。春のタケノコから始まって、じゃがいもや夏野菜を狙っていた奴らに違いない。今週は横浜に帰らず、脱穀までは終わらせようと考えているので、案山子小屋や警報装置の設置などで、餌場でないことを認識させよう。
 
0908警戒部分



軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

超ピンポイント

 起きたら青空が見えていたので、4日に刈ったイネの脱穀ができるんじゃないかと思ったが、朝ごはんを食べたりしていたら急に厚い雲が出てきて雨が降り出した。カミさんは慌てて洗濯物をしまう。

0907雨1

 しかし、よく見ると青空も見える。すぐに雨はやんだけれど、短時間に結構な量の水は落ちてきた。復活した太陽光を受けて木の葉の水玉が光っている。午後になったら水分量は測るけれど、今日の脱穀は見送らざるを得ないだろう。

0907雨 (2)

 雨雲の様子を調べてみたら、なんとこのあたりだけ雨雲があったみたいだ、見事にピンポイント。こんなこともあるんだなあ、天気に邪魔されたような感じだ。


軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈り終了(バーチャルイネ刈り付き)

9896イネ刈り終了1

 今年のイネ刈りが終わった。3日間で終了したが、うち一日は横浜の友人夫婦の応援を得た。累計8人工だが正味は5~6人工というところだ。今年は田んぼの状態が良く、手刈りは両端の転回部分と草が多い両脇部分の1割程度で留まり、ほとんどバインダーで刈ることができた。

0906イネ刈り中

 イネはよく育っている感じで、特に稈(かん)がしっかりしており、バインダーで束ねてもパスタのようにスッキリしている。刈る前に頭の下げ方が足りないように思ったが、しっかりした稈のせいらしい。籾が少ないという可能性もあるが、全体的には束は例年より重い。
 出来具合は、3号>2号>4号>1号となっており、冬に野菜を作った2・3号が良くできている。1号と4号は例年通りだが、1号は草の影響を受けて4号に及ばなかった。病気や害虫の被害はなかったが、食べられたあとは若干見つかった。サルや小型動物と思われるが大した被害ではない。
 まだ収穫量は確認できないが、総じてうまくいったと思う。雨が続いて1ヶ月半も干したままになってしまった昨年のようなことがなければ、かなり良好な結果が出ると期待している。

0906バインダー

 最後の4畝を刈る様子を動画で撮ってみた。わずか2反歩の田んぼだが、11年間天日干しを中心とした昔ながらのやり方で米を作っている。イネ刈りはバインダーを使う。一定量のイネを刈って麻ひもで縛るという単純な作業を行うが、なかなか優秀で、結び方は片蝶結びである。イネの状態が良かった今年はトラブルも少なかった。来年は田植え機の様子なども撮り、バーチャルコメ作りをいろいろ体験してもらおう。
 


軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈り進行中(2日目)

 今日は横浜から友人夫婦が手伝いに来てくれた。毎年、田植えとイネ刈りには来てくれるありがたい友達だ。山梨にある別荘では野菜などを作っていて、うちから管理機OB(ウルトラポチなど)がいっており、手伝いだけでなく情報交換なども大きな目的になっている。

09052~3号完了

 おかげで、今日は2号と3号が片付いた。昨日が全体の4割、今日も4割ということで、明日は残りの2割を片付けてイネ刈り終了予定。ただ、週末に台風15号がくるというから、明日の作業終了後、干し場の単管につっかえ棒を取り付けよう。
 ところで、友人が作業を始めた途端、今年は重いと一言。私も感じていたが、客観的証言が得られた。2号3号の野菜を植えていたあたりは、バインダーの一束が9~10株。4号ではその2~3割増しの株数だった。今年も田んぼで野菜作りをしよう。


軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日の田んぼ

0904田んぼ全景

 アトサキになるが、イネ刈りを始めたので今日の田んぼ(イネ)の状況を記録しておく。全体写真のとおり、1~4号とも同様に黄色くなっている。葉などはまだ若干緑が残っているが、籾はだいたい黄色くなっている。

0904籾の状況

 生育状況については、例年比較的悪かった2号と3号がよく育っている。おそらく、冬の間の野菜作りが影響しているのではないかと思う。水を落としたのは8月22日で、2週間弱経過している。その間、このエリアでは雨は少なめ、そのため田んぼの状態はかなり良い。イネ自体もほとんど傾いていないので、条件はこれまでの最高ではないかな。

1号田んぼ
0904田んぼ1号

2号田んぼ
0904田んぼ2号

3号田んぼ
0904田んぼ3号

4号田んぼ
0904田んぼ4号


軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈りを開始(1日目)

0904イネ刈り01

 明日からの予定だったが、今日は久しぶりに気温も低めなので、イネ刈りを始めることにした。どうせならということで、一番大きな4号たんぼに挑戦。ガソリンを入れてエンジンのテストを終わらせてあったバインダーを引っ張り出して刈り始めた。ところが、結束用の麻ひもがたびたび切れる。ヤンマー純正の紐がなくなっており、ホームセンターで買ったノーブランドのものだったからかもしれないと、慌てて注文、あとで取りに行くことにした。

0904イネ刈り02

 しかし、それからは比較的順調。午前中の3時間半ほどで4号田んぼのイネを全部刈った。イネの状態は良く、例年だと必ず出てくる刈り残しや倒れもない。そもそもこの4号田んぼは、なかなか水が引かずぬかるんだ状態で刈ったり、刈り残しが出たこともあったのだが、暗渠を設置してからは一番刈りやすい田んぼになった。これで全体の4割強を刈ったことになる。

0904イネ刈り03

 午後いっぱいかけて干し場に架けたが、4m単管パイプで17本分となった。この割合だと残りを全部かけても40数本、昨年は50本だからそれより少ないという計算になる。

0904干したイネ


 ところで、私は夕方バインダーヒモを買いに出かけたのだが、その間にサルが出たらしい。カミさんが作業をしていたんだが、そのそばまでやってきて刈り残しのイネを頬張っていたという。どうも、カミさんは見くびられているような気がする。


軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ケモノ侵入(未遂)事件のその後

 「ケモノ侵入痕発見」のその後である。2日間の横浜ぐらしから先ほど戻ってきたが、ケモノが入ったかどうかを早速確認してきた。まず、田んぼは異常なし。更にイネの頭が下がっているが、倒伏しているところは今のところ見当たらない。まだ、実入りが少ないのかも。

0903侵入口は?
 
 田んぼ向こう側の竹やぶ入口に行ってみたが、あとの合板追加が奏功したのか、ここからは入った形跡がない、一安心。念のため、北側の隣地境界側の柵をチェックしながら戻ってきたが、どうやら今日までは大丈夫だった。いまのところ5日からイネ刈りを始める予定だが、台風の襲来も懸念されるため、できるだけ早く終わらせよう。それまで、警報装置なども総動員してイネを護る。
 

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ケモノ侵入痕 発見

0901田んぼ全景

 イネ刈り秒読み段階(今週後半からの予定)になると、田んぼの周りではイネの体臭(?)を感じることができる。これはなかなかいいもんだ。しかし、いいと思っているのは我々だけではない。

0901ケモノ侵入痕1

 昨日、4号暗渠の排水口を開けていなかったことを思い出し、それがある竹やぶに出ようとしたら、竹やぶ出入り口のワイヤーメッシュの下を掘っているやつがいる。竹やぶ側にはパレットを並べてあるので猪・鹿などの蹄のあるヤツは入ってこれないと思いたいが、正体はわからない。パレットとワイヤーメッシュの間の30cmほどの隙間に入り込んで掘っているようだし、メッシュ下の穴はせいぜい10数センチほどだから、大きなイノシシでは通れない、アナグマかもしれない。

0901侵入痕対処1

 まあ、とにかく対策が必要。地面のえぐれている部分にはパレットを斜めにして配置。手前側にはもう一枚のパレットを並べ、全体を紐で縛った。更に、そばに置いてあるベビーエスカルにスマホを取り付けて監視カメラにした。この状態で一度横浜に向かいかけたのだが、また2日間離れることになるので、戻って合板を3枚ほど差し込んでおいた。これなら大丈夫だろう、絶対とは言えないが。

0901侵入痕対処2

0901侵入痕対処3

 ところで、今日監視カメラを呼び出してみたら、つながらない。上の畑に(大)えすかる号を置いたときは全く見えなくなることはなかったが、場所的に無線LANを利用できる点が違った。多いときには3台つないだから、その点も違う。ということで、イネの現状は確認できないが、5日からのイネ刈りまでなんとか無事にいてほしい。

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈りの準備(落水)

 先日、これまでの収穫に向けた作業日の実績をまとめたところだが、イネやモミの状態をみたところ、そろそろ水を止めて良いと思われたので、今日の午前中から川からの揚水をやめた。4~5日は水が残り、そのあと7~10日くらいで刈り頃になるはずだ。7月末の出穂以降の積算温度は630℃、累計1000度は9/5頃という計算になる。

0822今日の田んぼ

 数日前のイネは、頭だけ下がっている感じだったが、日に日に重くなっているようで、腰から曲がってきつつある。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ