定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

田んぼの生命線・用水計画

代掻き一応完了、しかし

 今朝起きてみると、夜中ずっと水を出していたが4号の3分の1程度しか水が溜まっていなかった。水量はかなり多いはずで、田んぼ全体で平均しても6cm、4号の半分の面積で割ると30cmにはなるはずだから、すごい勢いで水を吸っているわけだ。

04074号完了

 とにかく泥をこねないことには水をどんどん吸うから、1~3号に溜まっている水を落とし、川からの水を直接4号に入れて様子を見た。しかし、一番広い田んぼなのでなかなか水は優勢にならない。溜まっているところを終わらせたあとは境界領域を狙って作業を進めていく。結局3時間位かけてようやく殆どが水没した。後半は代掻き用具を使って走ったので均平作業もかなり進んだ。

0407継ぎ手破損0

0407継ぎ手破損


 しかし、そのときにトラブルが発生した。本来の持ち場から外して4号に直接入れたホースをつなぎ戻すためにポンプを一度止め、再起動したら水が出てこない。電気的な故障かと思ったが、メーターの回転盤は回っている。川の方に降りてみるとパイプの継手部分が外れていた。傍に行ってよく見ると、外れたのではなく継ぎ手が破損していることがわかった。そのあたりは、塩ビ管が崖を駆け上がるところで、ONOFFの際のショックで疲労骨折したものと思われる。一応継ぎ手を1個増やして無理なく接続した上でロープで緊結しておいたが、1シーズンは持たないかもしれない。古いポンプについていたサクションホースを使ってやり直そうと考えている。
 今日は一日合羽を着て作業した。代掻き作業に雨は問題ないのだが、その後の配管修復作業は雨はかなり困る。崖の上下・中腹での作業だったので何度も滑りかけた。それに、長靴の中に今年はじめて山蛭が入ってきていた。雨が降って気温が上がったので出るだろうとは思っていたのだが。秋の彼岸頃までヤツらとの戦いが始まる。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼへの給水開始

0405新旧バルブ

 先週の点検で発見した負圧破壊防止弁の異常は、やはり弁に使用しているゴム(5mm厚)の破損が原因だった。色々延命のための工夫をするつもりだったが、消耗品と割り切って再発したら簡単に交換できるようパイプを長くすることにした。壊れたら切って新しい弁装置をつければいいと考えた。本当は上下を逆にするとか、ゴムの弁が大きく開きすぎないような仕掛けを作るとか、アイデアはいくつかあったが、複雑になったり周辺のパイプを交換する必要が出るなどのデメリットが見込まれたからだ。写真の上が作り直した弁ユニット、下が壊れたユニット。サイド弁が壊れたら、下のように切って新しい弁に交換する。

0405新旧バルブ2

 田んぼの方は一通り耕耘したので1号から注水を始めた。満水になったら代掻きに移るつもりだったが、暗くなる方が早かったので諦めた。あす再開だ。水は昨年よりも多い気がする。シーズンオフ中にポンプ本体に入っていた砂利などを取ったからだろうか。簡易な計測では12㎥/毎時程度だ。去年の計測では10㎥程度だったような記憶がある。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼへの給水準備(点検)

0402大噴水

 午後になってから、川水を田んぼに給水するポンプや配管のチェックをやったのだが、スイッチを入れて田んぼに水が出るのを確認して川まで降りようと思ったら、配管の途中からまるで大きな噴水のように水が噴き出している。川から20m以上も揚げているのだが、ポンプが停まるたびに水が川まで戻るため、縦配管の塩ビパイプが負圧で凹んだり割れたりするため、そういう際に空気を入れるための自作バルブをつけてるのだが、それに使用するゴム弁が損傷しているらしく、勢い良く水が噴き出しているのだった。

0402空気抜き弁

 ポンプをとめて弁を外したが、中のゴム弁(ゴム板)は折れてなくなっている模様。これを作ったのは、BLOGによると2年前だったらしい(高揚程配管の負圧破壊防止弁について)。確か2組作ったような記憶はあるが、もう一つは見つからなかったので横浜で材料を買って早々に作り直すことにした。弁はゴムの板を切って作ったのだが、2年しか持たないとは残念である。これの仕組みと働きは問題がないので、弁については何か工夫をしてみることにしよう。

0402再製作


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

水抜き栓など順調

0203水抜き栓

 先日、凍結防止対策で2箇所に水抜き栓を設置した。内1つはハウス周りの配管終端に私が設置したものだ。低い位置に設置しなければ意味が無いから穴を掘ってその中に付けたのだが、畑の中のハウスの壁際だから土に埋もれる心配があった。色々探したら、納屋の中に昔からあった太い塩ビ管を切って埋め、それで土を防ぐことにしたのだった。今の時期はハウス内で水を出すときのみ水抜き栓を閉めて給水栓を開けるのだが、氷点下でもトラブルフリーである。
 並行して業者さんが外便所の給水栓水抜き栓をつけたり、私が自分でやった4号田んぼのバイパス配管の温度収縮対策も、いずれもうまく機能しているようだ。もともと凍結低温対策は想定していなかったので色々なトラブルが発生したが、これで落ち着くのではないかと思っている。
 
0203バイパスパイプ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

配管工事の進行状況(日曜現在)

 日曜は横浜に出発する直前まで作業をしていた。一応、田んぼ側からの分岐と水栓設置は早めに終わったので、ハウス側には水が行かない状態で古い配管を撤去し、新しいパイプを敷設した。ハウス北側を走る準幹線(VP20)と、1号ハウスの給水栓(南北)、2号ハウスの給水栓(北側)、終端の水抜き栓まで終わったので、あとは2号ハウス縦断配管(VP13)と南側水栓をつければ完了する。すべて終わってから通水試験を行い覆土するのだが、溝の底にも凹凸があるのでモミガラを入れた上に土を被せようと考えている。凹凸があって土被りが少ないと継手部分に力がかかり、外れることも結構多い。

0122分岐部と水栓分岐部と水栓



0122終端部と水抜き栓終端部と水抜き栓

 水抜き栓の位置は、ハウスのあたりで最もレベルが低いはずだが、埋設済み配管の延長なので穴を掘って栓を露出させただけ、何かで土を留めないとすぐに埋もれてしまいそうだ。分岐部の水栓はVP20用ボールバルブだが、冬季はここに水が残りそうだ。実はこの部品、凍結した状態で無理に栓を回して壊すことが多い。何か工夫がいるようだ。

0122ハウス北側準幹線ハウス北側準幹線

 これはあと一日もかからず終わるので、次は4号田んぼをバイパスする配管(U40)の防寒対策に取り掛かろう。これは、田んぼに水を入れていないときに下の池に水を送るためのものだが、仮設的なものであるため、継ぎ手を接着していない。このため、寒い時期にはほぼ毎日外れて水が漏れてしまうのだ。ここは50mほどの長さがあるため、理論的には5cm/15℃くらいの伸縮がある。何かを使って伸縮継手を作ろうと思う。黒ポリかライト管50Φでなんとかなると思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

パズル配管を是正中

0121配管混乱

 ハウス配管更新工事を開始しているが、既存配管の埋設箇所が非常にわかりづらく、(もちろん)自分自身のせいだが苦労している。ハウスへの給水は2013年4月に開始しているが、そのときは上の池に流れ込む沢水を引いたものだった。沢水を廃止した際にVP13という細いパイプで井戸水を延々と引いて、給水栓も含めてやり替えたのが2015年3月、更にその年の8月に増設した2号ハウスへの給水を開始している。しかし、図面化していないし目印もないので、かすかな記憶を辿って掘り起こしながら作業を進めている。新設の配管も同じような場所を通すので(径は拡大)、古い配管の位置を確認してよけて掘らないと、割れて欠片は散乱するし再利用もできなくなるのだ。寒いしのんびりやっているが、今日はハウス北側の準幹線配管約10間の溝を掘ったのみで終わってしまった。のんびりすぎる気がしないでもない。
 今日の施工部分は埋設するので、接着を慎重にやろうと思っている。南北方向の枝線はハウス内を露出で流すのだが、この部分については熱膨張収縮を吸収するような工夫をしようと思う。ちなみに、南北に長い方の1号ハウスでは、パイプの長さは14.4mとなる。15℃ほどの温度変化を想定すると、1.5cmほど縮むことが予想される。一応、継手部分の接着をしっかりすることと、パイプ自体が動くようにしておくことで逃げられると考えている。
 今週は明日で終わりなので、完成は来週になりそうだ。あまり寒くないといいのだが。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハウス周りの配管更新について

 前から書いているが、露出部分が多い塩ビの配管では寒さによる不具合が頻発している。これは、塩ビ管の線膨張係数が約7×10‐5/℃と大きく、例えば温度変化10℃に対して、長さ10mあたり 7mm伸縮するというかなりの変化量であることに因っている。もちろん接着してはいるが、初期のいい加減な接着方法では度重なる伸縮で接着部が毀損して外れてしまうということも多い。埋設することも当然考えなければならないが、地中での割れや継ぎ手外れがあっても気付きにくく、すべてを埋設とするわけにはいかない。。
 今週農場に来てみたら、ハウス周りで3箇所も外れがみつかった。先週はこの部分で継ぎ手が割れたところがあり、カミさんの提案で接着せずに嵌めただけのところもあったので当然なんだけれど、そろそろ何とかする必要があり、検討図を書いてみた。
 
0120ハウス周り配管更新
 
 ハウス周りの配管は、いろいろな経緯がありツギハギである。一部出ないところもあるが原因がわからないという困った状況も発生している。このため基本的には全てやりかえる。ソーラー井戸ポンプから出ている幹線配管が田んぼ脇を通っているが、ここから分岐して水を取り出す。この分岐部には水栓を取り付ける。ハウス北側部に準幹線を通してハウス内北側部に立ち上がり水栓を設置する(ここまでVP20)。南側部分にはハウス内露出配管を通して南側水槽への配水を行う(枝線はVP13)。
 ハウス周りで一番レベルの低い2号ハウス北東部に水抜き栓を設置する。(この部分は埋設してあるので地面に穴を開ける必要がある)。冬の間は水抜き栓を開けたままにしておき、使用する際に水抜き栓を閉じて給水栓を開けるという操作を行う。

0120田んぼ排水管外れ

 と、こんな感じ。田んぼへの配水系統も含め、まだまだ配管関係については問題箇所が多いはず。田んぼ周りでは、無理に曲げて接続していたVU65の接続部が外れたところがあり、先日直したところだ。まあ、手直ししながら使い、時折大改修あるいは更新を続けていくことになるだろう。
 
0120田んぼ排水管外れ修正
ここではエルボを2個使う方法で解決した

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

配管トラブル頻発

 先週は水回りで色々なトラブルが発生した。記事に記載したとおり、凍結で屋内の水(ボイラー経由)やソーラー井戸水が出ないということもあったが、もう少し厄介なこともあった。それは塩ビ管の継ぎ手が外れるという現象だ。上の池に行くソーラー井戸水幹線から1号田んぼに延びる枝線(埋設)とハウス内に水を送る枝線(露出配管)で発生した。原因は2つあって、一つはは配管の低い部分に溜まった水が凍結して破裂したケース、もう一つは配管敷設時の接着が不完全で外れたケースだった。一応継ぎ手を新しいものに替えて接着剤を多めに使って復旧したが、水抜きの方法を考えないと根本的な解決にはならないだろう。特に細い(VP13)パイプを使っているハウス周りは今シーズン中にやりかえよう。井戸からの幹線はVU40(だいたい露出)を使っているが、凍結はするものの破裂や継ぎ手の外れは起きていない。まあ、経過観察だな。
 
0111枝管更新工事

1号への枝線の継ぎ手ハズレ(緩み)は、上をモミガラ満載の軽トラが通ることとも無関係ではないだろう。今回は、パイプ周りに砂を入れて上には板を置き、その上から土を載せるようにした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼ配水系統の整備

 耕土充実も山を越したので、次の課題に移行しつつある。いろいろある実施項目のうちの一つに、田んぼ回りの配管メンテがある。今わかっている箇所は3つ、一つは川から田んぼまでの揚水配管の変更だ。ポンプから10mほど伸びているVU50をVU65に変更して揚水量をあげることと、一部の配管接続部の変更だ。

1223VU65外れ

 2つ目は、田んぼの向こう側のVU65管の継ぎ手が外れているところをつなぎ直すことだ。ここの配管はカーブしており、継手部分に無理な力がかかり、結局外れてしまったものだ。これはVU管を曲げて直すことにしている。

1223ライト管破損

 3つ目は2系統(VU65とライト管50)のうちのライト管埋設部をバックホーで割ってしまったので、これも直さねばならない。直角に曲がっている部分もあるが、修正部はVU40で直すことにした。ライト管は入手が面倒なので、なるべく使わないようにしているためだ。
 このところの暖かい陽気で山蛭が湧いた可能性もあるが、来週は横浜なので明日やらないとだめだろう、寒くなってからはあまりやりたくない仕事だから。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

4号田んぼの不思議な水

1112田んぼ

 現在の田んぼは、ヒコバエやイネの切り株を刈払い機で始末したので、とてもきれいな状態である。ついでに田んぼ周りの草も刈ってある。ところが、ちょっと不思議な現象が起きている。4号田んぼの東側(家側)に水が溜まっていてなかなか乾かないのだ。雨は時々降っているが、他の田んぼと比べて明らかに状態が違う。ソーラーが汲む水は上の池に入れており、それが各田んぼの東側を通って最終的には下の池に流れ込んでいる。1~3号には一部分流れ込むがすぐに下流に出ており、田んぼ内には流れ込んでいない。4号田んぼはバイパス配管で迂回しており、全く流れ込まない。普通は、この系統からの漏水を疑うのだが、チェックしても問題はない。それに、周囲から流れ込んでいるような感じではなく、湧いているようにも思える。

1112田んぼ4号の不思議な水

 この田んぼは3枚の中で最も低く、家のレベルよりも下になる。昨年暗渠を掘った際には田んぼから60cmほど掘り下げたが、その際に水が湧き出たりはしなかった。もしかしたら、雨が多かった夏から秋の気候の関係で地下水が増えたのだろうか。原因は謎である。ソーラーで汲み上げている浅い方の井戸は、GLマイナス4m位の水位だったが、そのあたりで変化があるかどうかを調べて見る必要がありそうだ。井戸を掘るという新しい面白そうなテーマができるかもしれない。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします


livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ