定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

ビオトープは生き物の楽園

カルガモ一家は引越したカモ

 昨日の夕方から姿をみていない。1時間おきくらいにみているが、出てこない。気になるので先ほど様子を見に行った。慎重に居場所のあたりに近づくが気配はない。この前、コガモたちを隠していたヤブの隅に近づいてコンコンやってみたが、やっぱりなんの反応もない。どうやらいなくなったようだ。
 ちょっと離れたところにヤマカガシがいた。捕獲道具が届かないところだったから捕まえられなかったが、その他はとくに異常なし。あたりには羽根なども散乱しておらず、襲われた様子はないが、襲撃者によっては痕跡を残さないから無事と断定はできない。調べると、カルガモは一度に10個ほどの卵を産んで育てるというのだが、うちに来たときには3羽だった。昨日は2羽しか確認できなかった。大手町の三井物産横とは違い、このあたりは野生動物の本場、お母さんはより安全なところを求めて、コガモを連れて旅に出たのかもしれない。こちら、老夫婦は意外なほどの喪失感に襲われている。ここは比較的安全だし、ドジョウも放したし、それを目当てにまた戻ってきてくれるかもしれない。来年も待つことにしよう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

カルガモたちの現在

0615母ドリ11
 毎日、トリたちの様子を見守っている。母親は時々姿を消すが、4号田んぼの向こう側の定位置に戻っている。子どもたちはなかなか姿を見せない。今日の昼前、ポンプのスイッチを止めに彼女たちのそばに行く必要があった。行くとお母さんは大慌てである。子どもたちをすばやく物陰に隠し、自分は田んぼの中を水しぶきを上げて逃げる。おそらく自分が囮になって子どもたちから離そうと考えているのだろう。申し訳ないので、早々にスイッチを切って退散した。
 ところで、なんとか写真を撮りたいと思うのだが、定位置は家から50mほど離れたところだ。田んぼの方に出ようとしただけで警戒して姿を隠してしまう。さっき母親だけは撮れた。家からだと、手持ちの古い一眼の望遠ではほとんど姿を捉えられず、双眼鏡の映像をスマホでとるなんていう方法もやってみた。それが下の写真。

0615母ドリ2
ほぼ中央部に母鳥がうずくまっている、右上にポンプのスイッチボックス(白)あり


 先程、双眼鏡でみていたら子供が2羽しか確認できない。当初は3羽いたのだが。田んぼの向こうにはイタチなどのケモノ、ヘビ、夜になるとフクロウ、それに野良猫などがいる。なんとか無事に育ってほしいものだ。
 

カルガモ情報

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

水鳥(おそらくカルガモ)のその後

 到着した昨夜の21時頃に、切っていたポンプスイッチを入れるため田んぼの方に出たら、少なくとも2羽のトリが田んぼから飛び立った。いつも母鳥がいる4号田んぼの向こう側には何もいなかったが、直ぐそばの山への出入り口の向こうでザワザワと生き物の気配がしたので、巣がそちらにあるのかもしれない。あまり怖がらせてもいけないので、昨夜はそれで終了。
 今朝は母鳥と少なくとも1羽の子供が4号田んぼの向こう側にいるのを確認した。ただ、今日は出穂前45日位で肥料を撒く予定だったので、朝ポンプをとめて硫安30Kgを撒いたり、その後ポンプスイッチを入れたり、トリたちにとっては迷惑だったと思う。今(昼過ぎ)は姿が見えない。

0613ドジョウ放流

 しかしこの週末の間、実はトリたちへのプレゼントを仕込んでいた。ドジョウを買っておいたのである。500gと少ないが、小小にしたので数は相当多い。今宅急便で届いたところだが、上の池・1号田んぼ・下の池にそれぞれ1割位放流した残りをトリたちの居場所である4号に放した。トリが食べなくても増えるだろうと期待している。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

水鳥の来訪

0610水鳥a

 いねを育てている間、日常的に家の中から田んぼの方を見るのだが、棚状の田んぼの一番下(4号田んぼ)の向こう側に変なものを見つけた。茶色いそれは生き物のようで、双眼鏡で確認してみるとトリ(カモの仲間?)だった。数日前、そのあたりに1羽の水鳥がいるのを見かけたし、昨夜雨が降り出す前にポンプのスイッチをとめに出たとき、2羽の水鳥が飛び立ったのを確認していたが、今日は一日のほとんどをその位置から離れず、どうも巣を作って抱卵しているのではないかと思われた。それにしても、卵ではなくもう孵っているのだ。一体どこからやってきたのだろうか。近所に巣を作っていたのだろうか。それにしては現れ方が突然だ。
 先程、一瞬姿が見えなくなったので、様子を見に行こうと田んぼの方にでていったら、向こうの方で飛沫が上がり、どうやら慌てて戻ろうとしているようだった。こちらも慌てて引き返して双眼鏡で観察したら、なんと一羽だけではなく小さな子供(少なくとも3羽)があとをついて歩いている。カミさんも双眼鏡で確認した。
 そのあたりは家から一番遠いところになるが、川から水を上げるポンプのスイッチが有る場所に近く、普段は自動運転だが雨降りのときなどに私が行って操作しなければならない。どうも驚かせることになりそうで始末が悪い。ケモノやヘビにやられそうな場所でもある。子供はヘビに飲み込まれる大きさではないと思うが。
 色々謎はあるが、楽しみでもある。2日ほどこの場は離れるが、帰ってきたあともまだいるといいんだが。実は田んぼの中には餌がまだ少ない。今の居場所のそばにはドジョウが棲む池もあるので探検してみてほしいものだ。(子供の鳥の写真は撮れていない)
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ドジョウの移住

0502ドジョウ      3回目


 田んぼも田植えが完了したから4ヶ月強の間水を張りっぱなしにする(中干しはしない)。うちでは田んぼの上と下に年中水がある池を配置しているが、下の池には秋のイネ刈り前に逃げ込んだドジョウがいるらしいとわかっていたので、捕まえて上の池に移住させることにした。上の池は素掘りで泥の底だから繁殖には適している。ただ、すぐに新天地を求めてパイプ経由で田んぼの方に降りてしまうので、ここで冬越しするドジョウも数少ない。だから田んぼに水を入れるまではここには入れられないのである。

0502セルビン

 時々川で魚を獲ったりするときに使うセルビンがあるので、これを使うことにした。ただ、餌に使用した「どじょうの主食」が正解だったようで、小さな池にもかかわらず100匹くらいのドジョウを確保した。どんどん子供を産んで田んぼがドジョウだらけになると良いんだが。ついでに、メダカも10匹ほど捕まえて上の池に入れてある。田んぼを泳ぎ回るメダカも可愛いものである。

0502どじょうの主食

0502ドジョウ2      2回目

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

メダカの越冬

0314メダカ活発


 去年夏頃からメダカを増やすということをやっていて、上の池とガラス水槽、それと瓶の3種類の越冬方法を試していた。冬の間は中断気味だったが、ここへ来て暖かくなったため、瓶のメダカが元気になってきた。餌をやると、水面に集まってくる。
 ガラスの水槽は、やはり寒さが響いたようで、瓶のメダカに比べ体の大きさがかわいそうなほど小さい。冬の間に差に気づき、上の池や瓶にかなりの数移住させた。なので、上の池にも泳いでいるメダカを見ることができる。

0314メダカの瓶

 もう一つ、ドジョウについてはまだ泥の中にいるようだ。一度、下の池の泥をすくったら小さなドジョウがいたので、もう少し暖かくなったら調査してみよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

カエルの産卵

 今年は寒かったせいだろうか、早いときは1月のときもあるヤマアカガエルの繁殖活動が今日になったようだ。ちょっと前に少数のカエルが出てきて卵を産んだ形跡はあったが、大掛かりなものは今日までなかった。一応昨夜の雨につられてでてきたらしいが、田んぼには水が溜まっておらず、上と下の池や田んぼごとの水口あたりに集中して卵だらけになってしまった。

0301カエルの大騒ぎ2

 ちょっと迷惑なのが燻炭を作る凹地で、ここには雨水がたまったので卵を産んだやつがおり、池に移すという私の手間が発生してしまった。この地域には、かなりの数のヤマアカガエルがいるのだが、今年はうちだけでは足りず、隣の沼地にも押し寄せたようだ。

0301カエルの大騒ぎ3


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ドジョウの救出

 時折激しくなる雨の合間を縫って田んぼに出た。水は結構溜まっており、下の田んぼに流れ下る水音も聞こえる。そろそろと中にはいってドジョウをさがす。いたいた、と時々見つかるが簡単には網に入ってくれない。救い出そうというこちらの意図は汲んでくれるわけはないわなあ。2つの網を向かい合わせて挟み込むという方法で、3回に1回位は取れるのだが、逃げられる方が多数だ。

0917ドジョウ救出作戦

 4枚の田んぼをざっと回り、最後はヘッドライトが消えて真っ暗に。予備のライトで戻ってきたが、採れたのは6匹だけ。やる前は確保したドジョウをどこに入れようかと思っていたのだが、このくらいだと玄関のドジョウ水槽に入れられる。で、一応入れておいた。明日朝、もう一度見て回るが昼間は潜っていてあまり見つけられないので、今回はこの程度だ。これで来年にはつながるだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

いろいろいるんだねえ

0902すっぽん1

 台風の影響で雨水を抜くために田んぼ回りをしていたら、変なものに気がついた。泥の塊が動いているのである。持っていた鍬で持ち上げ、井戸のところまで持っていって洗ってみたら立派な「すっぽん」だった。

0902すっぽん0

 いたのは一番下の4号田んぼ一番奥の、川に降りるあたりだったので川から上がってきたのだろう。そのあたりでは以前イシガメを見つけたこともある。ちょっと食べてみるかという気持ちにもなったが、コメを食べるわけでもないし下の池に放しておいた。ここにはソーラーで汲んだ水が通年行くようにしてあるので、居心地が良ければ住み着くのではないかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

メダカの楽園作り

0714メダカの新天地

 今週、弟から不要になった水槽を持ち込んだが、水曜日に水を入れて、ついでに肥料とGS酵素を入れてみたら、すぐにグリーンウォーターが出来上がり、新しい大型稚魚槽として使えるようになった。今日の午後などは緑が強くなりすぎた感じだったので、水草・巻き貝・生きたミジンコをいれて少し植物性プランクトンの勢いを弱めようとしている。

0714瓶

 また、これまでオタマジャクシに占領されていた瓶も空になったので、ここに稚魚を入れ始めた。これで元々のトロ箱に成魚を入れて卵を産ませ、稚魚を他に移すというカタチが出来上がった。ただ、肝心の成魚がほぼ毎日1匹ずつ死んでいる。原因は不明だが、仲間割れのストレスじゃないかと思っている。それなので、産卵数や稚魚の発生は少々低迷する気がする。
 もう50匹は超えたと思われる今の稚魚が成魚になったら、瓶に移してそこを産卵場所に変えるのがよさそうだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ