定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

ビオトープは生き物の楽園

カブトムシ幼虫またまた発見

6fa588bb.jpg


 燻炭の収納用に堆肥BOXの中の残りを出して畑に撒いたのだが、中からごろごろと幼虫が出てきた。ここの堆肥は米ぬか・落ち葉・ワラなどを混ぜて作っているのだが、栄養がいいらしくて丸々と太って大きな幼虫である。この大きさはカブトムシ以外には考えられない。

9d1ccc68.jpg


 これでかなりの数がそろったので、直売所に来るお子さんたちにプレゼントすることにしよう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

パパフクロウの特訓はまだ続いている

 燻炭の様子を見に外に出たら、北側の森からフクロウの鳴き声が聞こえた。普通の鳴き声に続いて、たどたどしい鳴き声も聞こえる。前に紹介した親子とみられる2羽のフクロウのやり取り(教育)がまだ続いているらしい。
 録音用のタブレットをとりに家に戻りすぐに外に出てみたが、残念ながらやり取りは終わって再び静寂の夜に戻っていた。子フクロウの鳴き方は、以前に比べると若干うまくなった気もするが、その後の時間経過を考えるとあまり優秀な生徒とは思えない。パパもいい加減いやになってすぐに終わらせるんじゃなかろうか。
 
 前に録音した親子の鳴き方教育の様子は次の記事でお聞きください。ヴォリュームを大きくしないとよく聞こえないかもしれません。
 フクロウの鳴き声教育(解説・分析編)
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

当農場とドジョウのかかわりについて

 「ドジョウ」は当BLOGの頻出ワードの一つである。もともとうちの田んぼは、田んぼのないところに作ったものだし、ほかの川や水路とはつながっていない閉じた場所である。このため、足や羽のあるカエルや虫など以外の魚たちは存在することはできない。それも寂しいので、2010年の4月ごろに川魚店から購入して放したという経緯があった(ドジョウの種まき)。その後、うちの敷地下を流れる川(養老渓谷)で獲ったしまドジョウなども放したことがあるが、今田んぼにいるドジョウたちのルーツは2010/04のドジョウたちだといってよいだろう。
 年によって差はあるが、初夏のころになるとドジョウの稚魚を田んぼのいたるところで見かけたりするのだが、秋にたくさん出てくるかというとそうではない。いったいどこに行くかと思うのだが、多くは毎日のように来ているアオサギの胃の中に消えているのだと思う。また、イネ刈り後に水が抜けてしまった田んぼの泥の中に潜り、そのまま死んでしまうものも少なくないと思われる。
もともとは増やして食用にしようという下心もあったが、3年以上もつきあっていると食べることに躊躇がないわけでもない。顔をみると、これがなかなか可愛いのである。まあ、うちの田んぼを囲む生態系の中で定着して増える状態になれば当初の目的も実現ということになるだろう。

56867d18.jpg


    玄関そばのコンクリート上で発見したドジョウ
    下の写真の向こうに見えるトロ函から脱出したもの
    1日1匹ほどは逃げ出す、表面が湿っている間は死なないようだ

59173454.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

 

ドジョウたちは今

 田んぼを干すことが条件となるイネ刈りという重大な環境変化があったので、田んぼを住処にしていたドジョウやメダカたちは大変な目に遭ったに違いない。何とかしてやりたいとは思うが、コメ優先にせざるを得ない。ただ、米の田んぼそれぞれにバケツを埋めたりして避難所は作ってあるので、運のいいヤツは助かっている。

391f5567.jpg

      20㎝位あると思っていたが、測ったら15㎝、でも結構大きい

 ドジョウは、田んぼを干しても泥の中に潜って生き延びているようで、毎年イネ刈り後に水を戻すとどこからともなく現れる。今年も毎晩田んぼ回りをしているが、水を張り直した田んぼでは必ず姿を見ることができる。水を張ったあとは耕耘するため、見つけたドジョウは池に避難させることにしている。

f3f3e257.jpg


 ドジョウを探しているのは私だけではないらしい。最近は常連のアオサギだけでなく、先日はシラサギも来ていた。本来なら秋にはドジョウがたくさん穫れるはずなのだが、アオサギたちは執拗にドジョウをとっているらしく、我々の口に入るほど穫れないのが残念である。
 
cb86dd9e.jpg

      何かを咥えているように見える 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

何かの幼虫のその後のまたその後

 このBLOGは動物や虫の話題が多いが、名刺にも書いてある通り、「生き物とともに作るコメ野菜」がモットーだから、どうかお許しください。今日はしばしば取り上げるカブトムシの幼虫編だ。

 今月の初めごろ、堆肥置き場で何かの幼虫を発見し保護しておいた。その時はカブトの幼虫かもしれないし、そうではないかもしれないし、結論は出せなかったのである。今日、久しぶりに堆肥を掘り起こしてみたら、かなり大きく育っていた。どうもカブトムシの幼虫に間違いはないだろう。

  関連記事
    堆肥置き場で(大?)発見
    何かの幼虫のその後

 確認したのにはきっかけがあった。お盆休みにやってきてカブトムシのつがいを捕まえて飼っていた甥っ子一家の虫たちが卵を産んでそれが孵ったんだそうだ。20匹ほどいて全部は飼育できないから、この連休に来るので農場で放したい、といってきた。だれか欲しい人がいたら譲るという申し出もあった。

72e23bf3.jpg


 さっそくカブトムシを飼いたがっている高校時代の友人一家に連絡をしたら、ぜひ送ってほしいという返事。そんな経緯からうちの幼虫も確認していたのだった。両方の幼虫から選抜し、本日宅急便でマニアのお宅に向かっていった。こちらにも置いてあるが、探せばまだ見つかると思う。ただ、飼うというよりは野にいっぱいいるのでありのままがいいのかもしれない。


 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウの鳴き声教育(解説・分析編)

292f7bce.jpg


 昨日 動画サイトyoutube にアップしたフクロウ親子の録音は、月あかりはあっても真っ暗になってしまうが、音だけでいいだろうと手抜きをしたのだが、せっかくだからフクロウがやってくる山の写真をセットにして再アップロードしてみた。写真の方は夕刻のもので、実際に鳴き始める時間はもう少し後である。

 ところで、内容(鳴き声)を確認してみた。
 
 8秒目から、親が「ほ ほ ボロ着て奉公」と鳴く
 15秒目から子が「ホーホーボロ着て奉公」とたどたどしく鳴く
 同時よりちょっと遅れて親が見本を聞かせるように鳴いている
 そのあと、小さな声で「ホッ ホッ ホッ ホッ 」と
 親が鳴いているが、これは笑っているんじゃないかと思われる
 25秒目から子が、「ホーホー %$&#」と鳴く途中から間違えているようだ
 
こんな様子で、親が子に鳴き方を教えている微笑ましい様子が聞き取れる。何らかの原因で親に教えられない子はうまく鳴けないんじゃないかと心配してしまう。

フクロウのいる位置までは20m程度離れており、鳴き声は小さめである。どうぞボリュームを大きめにして聞いてみてください。




 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウは後継者育成中

 最近、フクロウがしょっちゅう鳴いているが、今日はいつもとちょっと違っていた。YouTube に2本アップしたので聞いてほしいのだが、どうやら巣立った子供に鳴き方を教えているのではないかと思われる。どちらもフクちゃん(と勝手に決めつけている)と、たどたどしい仔フクロウ(とかってに決めつけている)が、掛け合いのように鳴いている。
 外に出ると明るい月の光でライトもいらないし、半袖じゃ寒いくらい涼しいし、フクロウはこんな風に鳴いているし、家の中には入りたくない感じ。








 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今日もフクロウが鳴いている

 今日は暗くなってすぐ、19時ごろから鳴き始めた。道路を隔てた反対側(南側)の山の上の方にいるらしい。聞いていると、さらに南の山の方から鳴き声が聞こえる。そちらの方はどうも2羽分の鳴き声ではないかと思った。終わってすぐ鳴くし、ちょっと調子というかリズムが違う気もする。ということで、もう一度録音してみた。



近い方は、「ホーホーッ ボロ着て奉公」タイプ、遠い方の1羽は「ホーホーッ ゴロスケホー」型のようだ。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウが鳴いている

 実は3月にフクちゃんが逗留して森に帰ってから、いつも気にしていたにもかかわらずフクロウの鳴き声を聞くことはめったになかった。せいぜい聞こえたような気がするていど。2週間ほど面倒を見て、けがも回復して帰ったのだが、やはりうちの田んぼの脇で紐に絡み瀕死の傷を負ったから、やっぱりいやなのかもしれないと思っていた。
 今日は珍しく1時間ほどうちの周りで鳴いていた。最初は、北側の休耕田脇の川の方から聞こえ、次にうちの山で一番大きな椎の木のあたりで鳴き始めたのでデジカメを持って出ていき、真っ暗だが撮影した。フクロウは、その後南の山で鳴いていたが、まずこのあたりを縄張りにするフクちゃんに間違いはないだろう。ようやく帰ってきてくれたのかもしれない。うちの山で鳴いていたあたりにはフクロウの巣箱を2つ設置してある。来シーズンは使ってもらえるかもしれない。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

(フクロウの)フクちゃんだろうか

 鴨川からの帰り、林道から勝浦ダムを抜け県道に下る道の途中で、道の真ん中に止まっていた鳥が飛び立った。ふわっと浮くように飛び立ったのはフクロウだった。うちから直線距離で1キロ半くらいのところ、山の向こう側だがフクロウならあっという間に飛んでいくだろう。実は昨日の夜、うちの山で「ごろすけほー」と鳴いていたのだが、春にうちに舞い込んだフクちゃんの元気な姿だったのかもしれない。

70b356c0.jpg

いろいろフクロウの写真は見るが、うちにやってきたフクちゃんほどかわいいフクロウはいない。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
l

ドジョウすくいは相当面白い

7d5fa63c.jpg


 4号の水抜きをよくしようとバックホーに乗って竹藪側の端に行った。水は結構抜けていたが、以前は深かった越冬池の部分(田んぼの端)は浅くなっており、メダカがなんとか泳げるくらいになっていた。深くしようとバックホーのバケットで底の泥をすくい、脇にあげたら泥の中からドジョウがとび出た。バックホーから降りて捕まえようとしたが、意外にすばしっこくあっという間に泥の中に潜ってしまった。何杯も泥をすくったがときどきドジョウがいるので、一旦戻って道具を一式持ってきて、本格的にとることにした。

9ad85a30.jpg


 納屋から見つけ出したのはふるいである。網の大きさは3種類くらいあったので、最適と思われるものをセットした。田んぼに戻って泥すくいを始めた。すくったら少しずつ泥を取り出し、ふるいの中をじっと見る。ドジョウがいるとすぐにわかるので、掴んでバケツに入れる。これをどんどん繰り返す。やっていると安来節を思い出す。本当にあの通りにやるといいようだ。1時間ぐらい楽しんで屋敷に戻りいつもの樽に入れてみた。

07158adf.jpg


 数えてみると25匹くらいはいるようだ。これならドジョウ鍋分はありそうだったが、当家の料理人が拒否したし、来年の豊漁を期待して上の池と下の池に半分ずつ放流した。おそらく田んぼのあちこちには相当数のドジョウがいるはずだが、これから田んぼを乾かしてイネ刈りをするため、残念ながらドジョウと付き合う時間はなかなか取れそうにないな。しかし、釣りよりも数はとれるし相当面白い遊びであることはわかった。何とか暇を作り、またやってみることにしよう。

8576530c.jpg


5084ffe6.jpg


 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
l

何かの幼虫のその後

2411c089.jpg


 昨日発見した幼虫(カブトムシではないかと思われる)を、本日点検した。一応、穴を開けたバケツに堆肥を入れそこに移すことにして全部を出してみたのだが、幼虫は全部で10匹、昨日はまだ生きていた雌の成虫は死んでいた。

34fc48ed.jpg


 その後いろいろ調べていたが、カブトムシの幼虫であればもっと頭が黒っぽいような気がするので、クワガタかコガネムシではないかという気がしてきた。堆肥の中には母親が3匹ほどいたが、今が産卵の時期でもうちょっとすると孵化して本当のカブトムシの幼虫が生まれてくる可能性がある。これからも経過を観察したい。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

堆肥置き場で(大?)発見

2ee8415d.jpg


 今日は、昨日に引き続き冬野菜用畑の耕耘をしたが、その前に堆肥を撒いた。堆肥は、3月に置き場を作って積んで置いたものだ「堆肥置場の整理と畑の拡張計画」。2年物のトン糞+モミガラ+ワラ+米ぬか+落ち葉を混ぜたものだが、半年もたっていない割りにはよく分解が進んでおり、ちゃんとした堆肥になっていた。午前中出かけるついではあったが、これがあるのを思い出し堆肥は買ってこなかったが正解だったようだ。

2ea9672a.jpg


4c0914ef.jpg

 
 ところで、この堆肥をとりだすときにこんなものを見つけた。以前、ワラ置き場から見つけたカブトムシの幼虫に比べると小さいが「なぞの幼虫、多数発見」、1か月ほど時期がずれているからこんなものだろう。幼虫だけでなく産卵中らしい母親が見つかったし、役目を終えたカブトムシ♀もほかに2匹ほど見つかったから間違いはないだろう。

ad0a15b1.jpg


堆肥をとりだしながら見つけた幼虫の数は10匹ほどだったが、一応堆肥とともにバケツに入れてある。この置き場にはパレットとビニールで蓋をしておいたが、ちゃんといい場所を見つけるものだ。ただ、確かに良好なエサになるが我々が畑にまくことは想定外だったようだ。農場内にはまだまだ産み場はあるので、ときどきチェックしてみるつもりだ。

5f8b100a.jpg


 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今日みかけた虫たち

ebabe586.jpg


 4号田んぼが干上がりかけていたので、臨時で朝から川水を揚げることにした(今は夜間8時間揚水中)。スイッチボックスの前にでかいクモが巣を作っている。かわいそうだが他に移動して貰うことにした。あとで調べたら「コガネグモ」という最も広く知られているクモのひとつ(wikipedia曰く)らしいが、私は初めて見たような気がする。

88a70d35.jpg

 
 もう一つはシオカラトンボたち、前にオスはシオカラトンボ、メスはムギワラトンボと聞きかじりで書いたが、玄関先でこんな状態になっているカップルを発見。なるほど、シオカラトンボとムギワラトンボの組み合わせであった。
 
 まったく、虫のことも何も知らないのに等しいようだ。草花樹木も知らないけれど。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ナマズ捕獲、次の作戦

d26636bd.jpg


 今日は本当に久しぶりに釣具屋に行ってきた。少なくとも5年くらいは足を踏み入れていない。釣り場にもいっていないのだが。それで、置き鉤(つけ鉤)用のウナギ鉤と木綿糸を買ってきた。写真には撮っていないが、このほかにサナギのミンチやサナギも買ってきた。エサについては、サナギのほかにアブラハヤやミミズも使ってみようと考えている。とりあえず鉤を糸につける作業をこれから始める。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ナマズ捕獲作戦の結果

 二日連続で川にワナを仕掛けナマズをとろうとしていたが、今朝見に行ったところ、次のような結果に終わり残念ながら失敗にだった。秘蔵のおさかなキラーまで持ち出したにもかかわらず、一昨日から昨日の成果にも届かなかった。

166f157d.jpg

   イモリ(1匹)、ヌマエビ(2匹)、ドジョウ(2匹)、アブラハヤ(1匹)、沢蟹(1匹)

 とりあえず今週は明日で終わりだから、来週までに態勢立て直しを考えよう。やはり釣具屋に行ってサナギでも買ってみることにする。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

賑やかなお客さんたち

 今日は草刈りの日ということにして、カミさんは畑の周り私は田んぼの周りを刈払機でガンガン刈った。暑い昼の間は一休みの昼寝の時間だが、すだれの外がずいぶんにぎやかで起きてしまった。

99398dff.jpg


 のぞいてみるとツバメがすぐ外の電線に止まっている。ツバメはいつも虫を探して飛び回っていて、こんなにかたまってじっととまっているのはちょっと珍しい。巣立った子ツバメたちと一緒にいるのだろうか。

4e372682.jpg


 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今日もナマズ狙い

617be003.jpg


 今日も昼休みに川まで降りていった。セルビン2本に加えおさかなキラーという道具も持って行った。エサは、昨日調達したスルメと貝ひもと、昨日も使ったイカの切り身である。イカ切り身はかなりにおいがきつくなっており、集魚効果は期待できそうだ。また、今晩一晩置いて明日引き上げる予定。

ed91b423.jpg


 次は、昔田舎で当時中学生の叔父が使っていたつけ針(はえ縄)を作って大物を狙おうかと考えている。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今日のトンボ、今年3度目

fe2aab2a.jpg

       オニヤンマと思われる

 今年は、これまでトンボについて2回記事にしている。
     「田んぼにはトンボがいろいろ」 
     「本日のトンボ」 

b1b3a2d0.jpg

    シオカラトンボの雌=ムギワラトンボだと思う

今日も新顔がいたのでデジカメで撮影した。例のスマホ+デジカメ(Galaxy Camera)だが、21倍ズームのせいか、こういう昆虫などは得意技らしい。

cabbff5f.jpg

      川岸にいたハグロトンボ

トンボではないが、トノサマバッタも撮影したのでついでにアップしておこう。
6b297b70.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日のガサガサ記録(前編)

37e6b6dd.jpg


 午後から農作業を休みにして、ペットボトルで工作をした。セルビンとかビンドウなどと呼ばれている魚用のワナである。何度も作っているので、あっという間に2セット作成、冷凍庫からイカの切り身を探し出し、納屋で米ぬかと油粕を混ぜた団子を作り、一式持って川に降りていった。

4461b3fe.jpg


 とりあえず、川の中に並んだ石の影に1カ所、橋の上流側の深くなったところに1組を設置した。ぬか団子を入れたからセルビンの中は白く濁っており、すぐに周りをアブラハヤと思われる魚の群れが泳ぎ回っていた。このまま明日の朝まで漬けておくつもり。

6e977bac.jpg


 その後は川岸をガサガサしたり、流れの中の石をめくったりしていろいろ捕ってみた。川岸の茂みのあたりはヌマエビしか取れなかったが、石めくりは結構好調で、大小のドジョウを捕獲したが、期待していたナマズは穫れなかった。獲物はいつもの池に放流した。明日の朝、仕掛けたセルビンを取りに行くので、後篇はそれから書こう。
 

セルビンを入れたらすぐに魚たちが集まり始めた、期待したい。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ナマズの研究開始

 facebookの友達(先輩)のLINKが参考となり、農場でのタンパク質確保の対象として「ナマズ」が有効ではないかと思い始めた。昔は田んぼ周りの水路や川に沢山いて、繁殖期には田んぼに入ってきて卵を産み、田んぼがゆりかごのような状態だったらしい。うちの田んぼは外部とはつながっていないけれど、先日高校時代からの友人一家が訪ねてきた際に、下の川で石を持ち上げながら網で探っていた友人の奥さんが「ナマズ」の稚魚を1匹捕獲したし、川でガサガサやれば稚魚の調達、もしかしたら成魚も捕獲できるかもしれない。参考記事「今日は来客・夏の遊びいろいろ」

1279c2b1.jpg

    この前のナマズ

 入れておく沢水を受ける池は1.5~2立米程度の小さい池だから、ここで多くを収容するわけにはいかないが、数匹の成魚を入れておいて産まれた卵や稚魚が下の田んぼに流れるようにしておけば、数の確保もできるだろう。それに、ウナギよりも成長は早いらしい。これまではドジョウを放流して秋にドジョウ鍋をやろうと考えており、残念ながらアオサギに妨害されていたが、早速川にいってナマズを捕まえ、かば焼きを目標とすることにしよう。しかし、アオサギ対策を考えないと同じことになってしまいそうだが。
 
 そういえば、2009年4月という入植直後の記事「納屋の中の昔(5)筒仕掛け」に、納屋の天井にしまってある泥鰌筌のことを書いていた。これを使えばナマズ・ドジョウだけでなく、ウナギまで穫れたりして。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日のトンボ

 今日は身近にいたトンボを撮影した。田んぼに出なかったので2種類のみ。

09d2b9d1.jpg


 これはハウスの中に入っていたもので、トンボ図鑑によるとムスジイトトンボらしい。背中の模様が6個に分かれているためについた名前らしいが、筋もはっきりしているし、かなりきれいです。

832d4f44.jpg

 
 もう一枚はシオカラトンボ、前に同じトンボを撮り「シオヤトンボ」ではないかとしたけれど、よく調べたところではシオカラトンボのようだ。しかし、オスはシオカラトンボ、メスはムギワラトンボだということを初めて知った。

cd61a8af.jpg

    ムスジイトトンボも儚げできれいだが、猩々トンボの赤もなかなかである。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

これは何の卵だろう、もしかすると

b4f67c51.jpg


 借り畑に出かけて草刈りをしていた時、灌木の枝にこんな卵の殻を見つけた。なんとなく、ヘビの卵だという気がしてならない。ヘビの卵で画像検索したが、確証には到達しない。しかし、マムシは胎生らしいから、ヘビだとしても別のものだ。ということで、少し安心した。ただ、草刈り中に長靴に入った山蛭が2匹、このぐらいなら大したことはない。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼにはトンボがいろいろ

 農薬を撒かない田んぼをやっているからか、田んぼの中にいるヤゴも多いし年々トンボの種類と数は増えている。今は田んぼに入って草取りをやっているので、落とすのを警戒してデジカメを持って入らないから写真になかなか撮れないが、大きめのトンボは2種類写真に収めた。
 
1a3153b6.jpg

 
 これは赤とんぼ、しかし赤とんぼにもいろいろあるらしい。ナツアカネとかアキアカネなどのアカネ類が多いのかもしれないが、うちの田んぼにいたこれは猩々トンボのオスではないかと思う。
 
dcb7a074.jpg

 

19e08e0e.jpg


 シオカラトンボにも似たものがいて、これはシオヤトンボかもしれない。
 
 トンボといっても奥が深く、体色だけでなく羽の模様や頭の色などの判断材料がいろいろあるらしい。また勉強のネタが増えてしまったようだ。
 
 
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウ様お席・設置

 田んぼの草取りをしているとき、2号と3号の間の土手から水が漏れているのをカミさんが発見した。土手の土もぶよぶよになっているというので、直ちにそこに急行し調べてみた。そのあたりの畦には手が楽に入るほどの穴が開いており、草対策のために水位を高くしていることもあり、水が流出していたのだった。明らかにモグラの穴だ。
 その場所に畦波を打ち込んで水は止まったが、モグラ対策を考えなければならない。このあいだ捕まえたイタチを逃がすときも、ネズミやモグラを捕まえて例をしろよと言い聞かせて放したのだが、そういえばそのイタチは最近姿を見せない。フクロウのフクちゃんを放すときは、あっという間だったので言い聞かす時間はなかったが、まあフクロウの仕事はネズミやモグラ取りと決まっているので、もうちょっと働いてほしいと思う。

1a8678a8.jpg


 ということで、田んぼを見下ろす上の畑の縁に柱を立てた。フクロウはどうやらこういう木にとまるのが好きらしいからだ。ついでに、ワイヤレスチャイムも1台仕掛けておいたから、夜中に警報が鳴ったら、間違いなくフクロウのフクちゃんの来訪である。たまには元気な姿を見せてほしいものだ。
 
 
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

謎の卵が落ちていた

64395895.jpg


 玄関前のコンクリートの上に小さな卵の殻が落ちていた。中身は入っていない。殻は薄く、外側には模様が入っている。ウズラの卵に似ているので、コジュケイとかヤマドリなど、野鳥の卵だろうと思う。落ちていた場所の上には電線が走っており、そこにとまったカラスが中身を食べて落としたというのが私の推理だ。

b3aba0ce.jpg

 
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

あちこちに小動物がいて・・・・

 春先のカエルから始まって、田んぼや家の周りにはいつも何かがウロウロしている。あまり歓迎できない長いヤツもいるが。大きなものとしてはガマガエルがいる、普通のカエルよりもうんと大きい彼らにはアオサギなども天敵とならないのか、いつも悠々としている。彼らにとっては我々人間はじゃまな侵入者に過ぎないので、逃げたりするわけでもなく我が物顔であたりを歩いている。こちらは、誤って踏んづけるわけにもいかないから、いけいけと足で追い払ったりしている。とくにガマガエルがいそうなときは、車を出すときにも下を見たりしている。つぶしたガマを片付けるのも愉快な仕事ではない。

e81397d2.jpg


85a01f5b.jpg



 昨日はこんなヤツが門のそばにいた、アカハライモリだ。まだ子供のようだが、居場所の田んぼから遠征してきたようだ。この連中はアオサギのターゲットだから、あるいは逃げてきたのかもしれない。しかし、ウロウロしていると踏みそうなので田んぼに戻してやった。田んぼの方に出ると、ちびガエルだらけでこれはもう避けようがないくらい多いのだが、5月ごろの茶色いカエルから、最近はアオガエルのちびに変わりつつある。「カエル誕生中」 こんな具合で、会所農場では生き物との共生が前提である。
 
9af3cc65.jpg



 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

マコモを伐採

b23d196f.jpg


 生命力旺盛なマコモは、一度根元で切ったことはあるのだが、もうすでに背丈くらいまで伸びている。前にも触れたように防獣対策のためにこの場所からなくすつもりで、伸びたら何度でも切ることにしている。そろそろサルも来始めているので、刈払機のアイガモンを外してマコモを伐った。地下茎は残っているのでまだ何度も出てくるはずだ。一部は上の池の岸に植えて存続させようと考えている。
 
9cb21458.jpg


 マコモの中にモリアオガエルが卵を産んでいた。この中で卵からオタマジャクシが孵り、下の水に落ちる仕組みらしい。今年はこの種類の卵が少なかったので、マコモは刈ったけれどうまく下に落ちる場所に残してある。

91b5fed9.jpg



 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

正体不明の卵

c212f0ba.jpg


367bc979.jpg


 1週間ほど前に、ハウス内の水タンクに上の池から卵が流れてきた。卵本体がカエルの卵のようにモヤモヤしたものに囲まれているので、カエルの卵かと思ったが、大きさが小さすぎる。このタンクは、水の入れ替わりは早いし、何より畑に撒く水だから、一部を取り出して容器に入れ、行く末を見守ることにした。

af307d7b.jpg


 今週帰ってきたら、どんどん卵から孵り始めている。ちょっと眼にはオタマジャクシのように上半身が丸いが、よく見るとおなかに栄養の袋がまだ点いているようだ。それがしぼんでくると、どうやらサカナの形になってきている。メダカなのかドジョウなのか、それとも他のサカナだろうか、もう少し見守るつもりだ。

1f79aba5.jpg


 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

カエル誕生中

e1aa20c2.jpg


 手作業で田んぼの代掻きなどをやっていると、色々なものが目につく。今日は足が生えたオタマジャクシやミニチュアのカエルがいるのを見かけた。2月の初めに産卵していたヤマアカガエルの子供に違いない。
 今の時期はアオガエル(モリアオガエルやシュレーゲルアオガエル)の産卵時期らしく、柄の割に大きな鳴き声があたりに響き渡っている。この3か月ほどの間に、カエルの産卵は4~5回はあったから、田んぼのなかのオタマジャクシもいろいろ混じっているだろう。

bb825486.jpg

 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

マコモを退治中

2e3ad0c5.jpg


 もともと自分で植えたものだから「退治」はないんじゃないかとも思うが、マコモという植物の生命力は尋常ではない。イネ科は大体生命力が旺盛だが、稲の中でも原種に近い古代米は普通のうるち米よりも元気で力強い。しかし、稲よりも先に日本に入っていたか、あるいはもともといたかもしれないマコモの強さはそんなものではない。昨年秋にはケモノの隠れ場所になるからと地上部を刈ったりしたけれど、地下茎で増殖するらしいこの植物は、春になってから稲よりも一足先に生い茂ってしまった。
 今週初めに刈払機で地上部を刈ったが、それだけでは不十分だからマイクロユンボで根を掘り始めた。ただ、クローラが潜りそうで全部は取りきれないだろう。今シーズンこの場所は、稲も植えられずにときどき刈ることになりそうだ。

0f34a087.jpg

 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼで発見したケモノの正体は

 昨夜遅く、見回りで田んぼにでていたとき、向こうの畦に白く光る眼を見つけた。こちらをずっと見ている。まっすぐそちらに向かうと山の方に逃げると思ったので、上の畑から大回りして山側に降りた。逃げる方に回られたため、向こうはじっといている。そこで一気にケモノの方に走った。逃げる方向には屋敷があるため、ケモノは少なからず慌てたはずだ。結局、家の方には向かわず田んぼの縁を回って隣の休耕田側に逃げたが、一瞬ヘッドライトの明かりの中に姿をとらえた。色は薄茶で体長は30cm+尾20cm程度に見えた。体は細めで尾が太いように見えた。家に戻って狩猟読本で調べたが、イタチ・タイワンリス・テンのいずれかだろうと思われたが、決定には至らなかった。
 今日は来客があったが、家の中で話をしているときにちょうど田んぼの方を小さな獣が横ぎるのをカミさんが見つけた。みんなで廊下に出て明るい中で確認をした結果、どうやら「テン」だろうということになった。何もないはずなのに、昨日も今日も田んぼの周りをうろうろするとは不思議である。捕獲も考えたが、特に悪いことをするようでもないので自由にさせることにした。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

マコモの新芽が出てきている

 マコモはイネ科の植物で、晩秋には根の部分がマコモダケという珍しい食材になることから、2年前から4号田んぼの西側(これまで深くして池にしていた)部分で栽培していた。しかし、2m近くに成長するためにケモノたちの隠れ場所になるという問題があり、昨年も刈払機で何度か葉を切っていたため、マコモダケもほとんどできなかった。このため最後は地上部(水上部)も焼いて栽培をやめることにしていたのだった。

5ae82175.jpg


 春になってから、マコモを植えていたあたりには新芽がたくさんでき始めており、しかもかなり元気がよい。株分けでも増えるらしいが、かなりの数だから気づかないうちに種ができてばら撒かれていたらしい。このマコモという植物、私はどこかの直売所で偶然数株手に入れたのだが、タネも株もなかなか手には入りにくい。育てるには田んぼかまたは湿地のような場所が必要になるが、今日ものある方には新芽をお譲りするのでご連絡ください。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウ・フクちゃんの痕跡

9c0685f3.jpg


 山に入ろうとパレットフェンスのゲートを開けて山の方に踏み込んだら、傍らのトタンの上に変なものが載っていた。あまりアップで見るものではないが、これはフクロウが鳥を食べたあとに残す固いところの塊(ペリット)だと思われる。ほかの猛禽類(例えばトンビなど)が同様の習性を持つのかどうかは不明だが、一応フクちゃんがこのあたりで食事をしたと思うことにした。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウ・フクちゃん 元気に山に帰る

65a3f42a.jpg


 本日夕方、そろそろ大丈夫じゃないかとカミさんと相談し、小屋から外に出して置いてみた。すると、それほど高くはないけれど力強く羽ばたいて、隣の家を超えて100m位先の雑木林まで飛んでいった。一応軽トラで追いかけたが、そこからさらに飛んでいき、林の中に消えていった。



 先週のトライでは数mしか飛ばず、飛んでいった先でこちらが抱き上げるのを待っていたんだが、今日はもう調子がよくなったらしい。面倒を見ていたものとしては、エサをちゃんととれるかどうかなど心配なところもあるのだが、飛べさえすればそのあたりは何とかなるだろう。これで、先月20日からのフクロウとの生活も終わりを迎えた。あとは、私が夜の見回りをしているときにあいさつに来てくれるとうれしいんだが。
 
  
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクちゃん動画アップ

 最近何も書いていなかったが、フクちゃんは相変わらず飄々淡々と毎日を過ごしている。小屋の屋根を開放しても飛ぶ気配はないので、今日の夕方にでも外に出してみようと考えている。もし飛び去ったらそれで終わりということになるが。
 アメリカにいる娘(といっても子供ではなく大人)から、動画がないよと文句が来た。ほかの内容だとがっかりするというのである。仕方ないので1本撮影してみた。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウフクちゃんのリハビリ計画

2fe18dec.jpg


 昨日、数メートルとはいえ飛んだことから、森に帰す手順を考えている。昨日は、まず数m飛んでそのあとはこちらの様子を見ていた。飛べたぞという得意そうな顔なのか、おいおいどうしたらいいんだという心配顔なのかはわからなかったが、一応私が近づくのを待っていた。そしてもう一度納屋の方に飛んで、1.5mくらいの物干しざおにとまった。今度も、どこかに飛び去るわけではなく、こちらが近づくのを待って抱き上げたらおとなしくしていたから、まだ本調子ではないのだろう。
 ということから、もうちょっとちゃんと飛べてエサも自分でとれるようになるまではできる限りサポートする方がよさそうだ。満足に飛べない今の状態だと、ほかの猛禽類(トンビなど)、カラス、タヌキなどと闘ったときにやられるリスクが大きいと思われる。そうした状況なので、水曜日からは毎日外に出して飛んで行ったらそれでよし、こちらが近づいてつかめる状況なら、エサなどをやることを継続してみよう。また、小屋に入れるのではなく、山から巣箱を降ろしてきて、そこに入れることもやってみる価値がある。ほかに飛んでいけばそれで終わり、住み着けばそれでもいいと思う。

fcb0bbf5.jpg

    我々が横浜に来ている間、お隣のご主人が面倒を見てくれる
    今週で最後かもしれないと伝えてある
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウのフクちゃんは回復中

fce701be.jpg


 夕方、エサをやって寝かす前に(向こうはこれから起きる時間かも)動画でもとってみようと小屋から抱き上げて外に出した。そうしたら羽ばたいて10mくらい先のビールケースまで飛んで行った。しかしそれ以上は飛ぼうとせずにこちらを見ている。もう一度後ろから抱き上げて下におろすと、今度は物干し竿にとまった。しかし、今回もそれ以上は飛ばずにこちらを見ている。どうやら飛べるようにはなったが、まだ本調子ではないようで、水平で10m前後高さは2mくらいまでが今の限界のようだ。この状態ではまだ敵となる動物と闘ったり、エサをとるといったことにはまだ不自由だろう。しかし、心配していたように飛べなくなるということはないように見える。嬉しいような哀しいような複雑な気持ちである。だが、またうちの山に戻りパートナーとともに子供を育てるならこれは大変にめでたいことに違いない。もう少し面倒を見てちゃんと回復させて野に帰そう。


 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウの仲間が!

f4e4f5ad.jpg


 今日は一日出かけたが、いつも同様おとなしく待っていたらしい。ただ、出かける前に水を入れてやったのだが、帰ってきたら底の新聞紙が水浸し、水浴びでもしたのかもしれない。
 

 
 ところで、先程(20時ごろだった)田んぼの方に出てみたら、ちょっと先を鳥が横ぎった。どうやらフクロウのようだった。連れ合いさんがいるだろうとは思っていたが、探しに来たのだろう。うちのフクちゃんの羽の垂れ下がりは直ってきつつあるが、飛べるようになるまではもう少し時間がかかると思う。しかし、探しに来ているのであればなんとか会わせるくらいはしてやりたいものだ。
 このあたりはネコやイタチ、タヌキなどがうろついており、いかに箱に入ってはいても夜じゅう外に出しておくわけにはいかない。私の作った箱は安物の網が弱点で破られかねないのである。明日の夜までには何とか工夫してご対面を実現させよう。仲間に会ったらよくなって早く戻ろうという気持ちも強くなるんじゃないだろうか。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクちゃん動画「ビタミン剤等摂取」

99f33be6.jpg


 納屋に入れておいたのだが、なんだか様子が気になったものだから玄関の土間に連れてきた。せっかくだから寝かせる前に(奴は夜じゅう起きているかもしれないが)ビタミン剤を飲ませることにした。ビタミン剤動画は2本目だが、今回は夜の暗い中である。



 まだ物足りないようだったので、続けてカミさんが水を飲ませた。結構水分を摂るのは好きらしい。

 



          怪我をした野生のフクロウを保護したので、
          千葉県自然保護課と協議の上、
          飛べるようになるまで預かっています。 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農場にチェックイン

f8f3ced8.jpg


 本日は昼前に到着し、早速フクロウを迎えに行くと、お隣さんはみなさん出てきていろいろ話をしてくれる。。フクちゃんは相変わらずすましている。留守中は基本的におとなしくしていたようだが、どうも人が見ているとおとなしく、ネコをかぶっているらしい。時折羽をバタバタさせていたときもあったらしい。見ると、左の羽もブラブラした状態からかなり体に近づいてきたから、次第に回復してきているんじゃないかな。また、網の一部がこじ開けたようになっており、ネコが狙っていたんじゃないかという話もあった。

3926719f.jpg


 ネコ対策のため、連れ帰ってから早速ネットを二重にして張り足し、合計三重にしたからもう大丈夫だと思う。今日はどうも眠そうなので、あまりいじらずに納屋に入れて暗くした状態で休ませることにした。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクちゃん動画「止まり木大好き」

 基本的にジーッとしているので移動は人が行う。移動といってもこちらの都合で、、食べさせたりするときにバナナの箱に移したり、屋内用のかごから納屋にいてもらうときの小屋に移したりすること、またその逆が時々ある。

69ce0b8f.jpg


 最初は箱の底にうずくまるだけだったが、元気になってきて止まり木には自分で移動するようになっている。ある時、止まり木に乗っているフクちゃんを抱き上げようとした時に撮影してみた。この時はどちらかというと具合が悪い左の羽のチェックが目的だったが、抱き上げられたりするのが気に入らないのか、ぎゅっと止まり木をつかんで離さない。さすがに猛禽類で、足は頑丈そうである。無理せずにそのままにしておいた。
 元気にはなっているが、まだ暴れたり向かってくるような様子はない。しかし用心のため、手袋は絶対するし顔を近づけたりもしないようにしている。
 




 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクちゃん動画「じっと見ている」

昼間はお休みタイムだと思うので、カバーをかけて暗くしているのだが、ときどきどんな様子かのぞき見をしてしまう。そうすると、「いつもと同じだよ!」てな感じで反対にじーっと見られてしまう。これはなかなか楽しいんだが、次の動画を見てもらえばちょっと納得してもらえるかな。



今日は横浜で直売所店員や散歩のおじいさんなどをやっていたが、預かってもらっているお隣さんや、用があってお隣を訪問した農機具店nakakaneさんから、「元気だよ」という連絡が入った。フクちゃんは、きっとじーっとしているに違いない。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウにビタミン剤を飲ませる

c33d47c5.jpg


 facebookの友達からいろいろメッセージが集まり、動画を増やしてほしいとのことなので、今日は朝ビタミン剤をやった時の動画をアップした。これは千葉県から紹介された動物病院で出してもらったもの。かなり元気になってきた。ただ、怪我をしている羽根はまだ回復しておらず、自分ではほとんど移動しない。床から止まり木に乗る程度。



          怪我をした野生のフクロウを保護したので、
          千葉県自然保護課と協議の上、
          飛べるようになるまで預かっています。 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日の作業(フクちゃん対応)

e3bef411.jpg


 相変わらず「おおわらわ」の状態が継続中だ。横浜に連れて帰ることをやめることにしたので、留守中は納屋に入れておくことにして、新たに小屋を作った。昨日材料は買っておいたが、何しろ考えながら作るものだからほとんど一日仕事になってしまった。

8cbbf21c.jpg


 住人の方だが、今朝起きて覗きこんだら、かごの下に敷いておいたマットをボロボロに破いていた。元気になったということなのか、それとも外で飛び回れないからイライラしているのか、そのあたりは不明である。しかし、顔つきもしっかりしてきて元気になっていることは間違いがない。しかし、かごの天井を開けたりしても一向に飛び立ったり逃げたりする様子がない。それが肝心なんだが。
 
 夕方になってから隣のご主人が電話してきた。横浜に戻っている間預かってもいいよ、ということである。エサをやったりするのは結構大変だよといったが、烏骨鶏を飼ったことあるし大丈夫といっていた。明日詳細を相談することにした。

feebcd0a.jpg

      昨夜、赤外線カメラで撮ったフクちゃん
      本日から納屋の小屋なのでちょっとつまらない

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

会所農場とフクロウの接点を振り返る

70b356c0.jpg



昨日までのBLOG記事からフクロウ関連のものをチェックしてみた。その中で、うちの田んぼエリアで姿を見かけたものなどをリストにしたものが下の通り。巣箱の記事を除くと、フクロウらしき姿を見たのは今回を除き4回だったようだ。

    何かいる

    フクロウ用巣箱の組み立て

    本日の生き物

    フクロウ情報

    真夜中、フクロウを撮影

    会所農場での出来事

    フクロウ関連の調査結果

    フクロウの滞在は、ちょっと長引くかも


途中の「真夜中、フクロウを撮影」では、真っ暗であったがライトで照らし、何とか撮った写真をアップしている。その写真を見たり、見たときの記憶を辿ってみると、やはり今回のフクロウは4回ほど見たヤツ、うちの山に棲み着いている個体に間違いがないと思われる。夜中に見るフクロウは「夜の帝王」という感じで(飲み屋にいるようなヤツとは別)、羽を大きく広げてフワッと飛び去る様子を見ると、畏敬の念すら感じるものだった。
おそらく、ウサギや畑ネズミ、その他のいろいろな小動物を狩りながら暮らしてきたはずだ。繁殖時期の前にとんだ目にあわせてしまったものだ。今朝の食事時間の様子は前の記事に動画でアップしたが、先ほどの晩ご飯のときは、カゴから出すときに怒ったり、戻したときに止まり木にとまったり、明らかに元気が増しているのが嬉しい。飛べるようになれば別れが来るのだが、またうちの森に戻ると思えば大きな楽しみである。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ふくろう・フクちゃんのご飯

93b3a57f.jpg


 鶏肉やレバーを口に入れてやれば食べることがわかったので、我々はかなり気が楽になったし、フクロウ(フクちゃん)もどんどん元気になってくる感じだ。今朝の食事の様子を撮ってみたので、どうぞご覧下さい。
 


 食欲は旺盛のようだ。ただ、まだ完調ではないようだから、こんなバナナの箱に入れたままにしていてもじっとしているし、つかんだりしてもあまり怒ることもない。ずいぶん扱いやすい。まだ左の羽根も不自由な感じだが、ちょっとは動かせるようになった気もする。
 状態を観察しているが、二本足で2時間以上も車に乗るということを考えると、横浜に連れて行くのはちょっと厳しいかもしれない。しかし、逆に二日間絶食させることも気になる。場合によっては、9月のイノシシ戦争の時のように私だけ残るという考え方もある。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウの滞在は、ちょっと長引くかも

ebaaeb7c.jpg

      左の羽根は垂れ下がっている感じ

 昨夜県のHPから連絡したが、返信がないのでこちらから環境生活部自然保護課に電話をしてみた。担当者は、「野生のものだし外に置いて飛ぶかどうか試してみたら」と言っていたけれど、元気はないし片方の羽根はダラーンとたれている状態だから、それはちょっと無理そうですと回答。それにカラスやトンビが上空を飛び回っているし、そんなところに弱っているフクロウは出せないと説明。では、県から動物病院を紹介するから診てもらってから相談しましょうということになった。

82d0eea0.jpg

      診察中:普通はこんなにおとなしくないそうだ、具合が悪いんだろう

 紹介されたのは千葉県指定獣医師である鴨川の動物病院、ここはなかなか親切に対応してくれ、羽根の様子はレントゲンで確認してくれた。しかし、骨や関節に異常はないし肩も触診でとくに異常はないとの見解。ただ、やはり左の羽根はほとんど自分では動かせないようだから、腱が切れている可能性もあるとの診察結果だった。その場合だと完治しない可能性もあるらしい。ということで、対応は親切だったが状態についてははっきりしない部分が残った。しかし、昨日から食べなかった肉も、「動かしながら顔の前に持っていくと食べるんですよ」、といいながら先生が食べさせてくれた。それに、ビタミン剤を注射器で飲ませる方法も教えてくれた。これは大いなる進歩である。結局、かなり弱っている様子なので、体力が回復するまでうちで保護し、飛べるようになったら野に放すということがいいだろうとなった。それで、野生動物だからということで診察代はなんと無料。

 県の担当者には結果を報告し、それでは当面元気になるまで保護して下さいという結論になった。ただ、障害が残ったりして手に負えなくなったときには、鳥獣保護ボランティアの方を紹介するので申し出てくださいとのことだった。

02ed5a74.jpg

      止まり木を作ったが、なかなか使ってくれないみたい
 
 保護するのはいいが、元気になってくるとバナナのダンボール箱に入れておくわけにはいかない。ホームセンターに行って材料を買い、適当なケージを作ることにした。ホームセンター内をぐるっと一回りした結果、作るよりは適当なものを買おうということになって、イヌを飼う時用のカゴを購入。帰宅後、それに止まり木や簀の子の敷き込み、米袋を使ったン防寒カバーなどを作成し、現在はもう新居に入ってもらっている。横浜往復に使うのにはちょっと大きいが、何とか積んで帰らねばならないだろう。それと、先ほど鶏のレバーを結構食べた。私よりはカミサンの方が数段食べさせ方がうまく、モリモリ食べていたのでちょっと安心である。何とか元気になって野山に飛びだしてもらいたいものだ。
 
20ff64fc.jpg

      割とよく食べる、ちょっと安心している
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼの周りは結構賑やかだ

b14bc2d7.jpg


 今朝は田んぼの方からカエルの鳴き声が聞こえてきた。この間ヤマアカガエルの繁殖活動は終わったはずなのだが、参加できなかった連中がいたんだろうか。それでカエルを狙ってトンビが何羽もやってきて上空を飛び回る。時折急降下している。

789801f4.jpg


 そんな中で田んぼに入って米ぬかを撒いていたら、4号田んぼでオタマジャクシが孵っているのを発見した。この時期だから例年はもっと時間が掛かっていたと思うが、ここのところちょっと寒さが弛んでいたからだろうか。


 今年は4枚の田んぼすべてに水を張っているが、おかげでこのように賑やかだ。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ドジョウの転入

980cdc4f.jpg


 BLOG更新は1日空いてしまったが、どうも移動日で到着が夜になったときなどは書けないことも増えてきた。そろそろ話題も一巡したからだろうか。それで今日は一昨日と似たような話題である、ドジョウだ。
 一時帰国中の娘が携帯に代わるものとしてモバイルWIFIを使おうとしているのだが、まだ050プラスがうまく働いておらず(家の無線LANでは使えるが)、設定して大多喜の街の中心部(?)まで出かけてテストした。その際に立ち寄ったスーパーでドジョウを売っていたので、少しだが買ってみた。200gで約800円、頭数でいうと50弱である。冬に向けて放流してもどうかなあという気もしたが、送料程度で買えるからダメ元である。

4dc9fbd9.jpg


 一応、沢水が流れ込む上の池に放流した。ここには一昨日メダカも放してある。放すときにのぞき込んだら、先住者のドジョウの姿が見えた。今回の真ドジョウとは違い、シマドジョウだから川から捕ってきて放したものと思われる。来年の秋こそはドジョウ鍋を食べたいものである。

1532905a.jpg

 これは、秋に作った新越冬池である。ユンボで穴を掘り遮水シートを敷いて作った。ビニールは異質だが、長期間水が流れ込まない状態でも干上がることはないので、最下流の池には必要な仕掛けである。中には藻を入れてあり、メダカはその中に潜っているようだが、今のところ元気そうだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ