定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

軽トラ(DA63T)

雨漏り補修(二回目)

 先週、えすかる号の入り口まわりの漏水については対策を講じたが、カーペットをめくったりベッド下の収納部をのぞいたりしてみると、実は床の各所に滲みが見えていた。そこで、今日は外壁を剥がして様子をチェックしてみた。

0216しみができている

 そうしたところ、壁にも水が伝わったところが残っている。どうやら窓の周辺がああしい。更には天井と壁の取り合い部もあやしいと思われたので、色々なところにシールを打ちまくった。これから先使う年数を鑑みても、これで大丈夫と思われる。
0216屋根壁接続部

0216窓まわり
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ようやく問題解消

0210復活2

 朝から後ろ2ヶ所のクランプを付け替えた。後ろ左側はドアの丁番側で、ドアを外さなければだめかと思っていたが、なんとか無理やりやっつけた。

0210後ろの横パイプ

 修理完了後の載せ替え作業では、えすかる号が荷台に着く前に、押したり引いたりして位置の微調整をやってみたが、パイプ関係はしっかりしていてなんの問題もなかった。荷台の大きさに合わせて作っているから当然だが、余裕は10~20mm程度しかなく、載せるときの調整は必要なのである。
 載せ替えに必要な時間は1時間半ぐらいだったろうか、結構な作業である。しかし、今日の感じだと今後載せ替え時のトラブルは無いだろう。専用の軽トラを買おうかと思ったくらいだが、それはちょっと遠のいた。安全装置が軽トラにつくかどうかは分からないが、そうなったら買い換えよう。

0210復活1


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

仮受け装置の改良

 朝から補強金物を買いにホームセンターに出かたのだが、これまで使っていた垂木クランプよりも適当なものを見つけた。下の写真で、左側がこれまでのもので取付プレートは片側だ(変形している)。

0209クランプ比較

今回変更するのは右のもので、コの字型のプレートで2×4部材を挟むように取り付けることができる。プレートの間隔は45mmで39mmの2×4材では隙間があくので、適当な鉄板を挟み込んだ。

0209改修後1

 これだと2×4材と中心が合うので変な力もかからず、うまく受けられるのではないかと思う。2回も買い物に行ったので(2回目は鈍ったドリルの刃を買いに行った)、前2ヶ所を替えたら夕方になってしまった。後ろ2ヶ所は明日だ。おそらくこれで載せ替え時の問題は回避できると思う。

0209改修後2

0209改修前1
これまでは偏心してクランプがとびだしていた


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号載せ替え時にトラブル発生

 軽トラに乗っていたモミガラを燻炭作りの場所に降ろし、モミガラだらけの軽トラを掃除してから、えすかる号を載せようとジャッキアップし始めた。ところが、普段載せている架台の単管パイプから離れるとグラリと後ろに動く。ジャッキの上の単管パイプも傾くのである。これまでになかったことで、心配なので載せ替えをやめて架台に載せ直した。

0208症状1

 チョックしてみると、以前からアキレス腱だと思っていたパイプを止めるクランプに異常が見られた。この部分については、より危ない左前部と右後部は金物で補強してあったが、補強していなかった右前のクランプは、取付部が若干ではあるが反時計回りに回転したようだ。

0208症21

 補強してあった右後部は、クランプ自体が歪んでしまっていた。
 
 やはり重量に比べて4個のクランプでは役不足ということかもしれない。明日、補強していない2箇所を補強し、ジャッキが倒れないようにパイプなどで抑える仕掛けを考えることにした。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号の補修

0203補修状態

 雨のあとに、入り口扉の足元床に水が滲んでいることは前に書いたことがある。中から見たときに扉の枠まわりに隙間があり、これが原因だろうとは考えていた。横浜で補修材料を買ってきたので、本日作業を行った。シリコン系のシールを隙間に充填したのだが、本来ならちょっと納まりを考えて作るべきだったろう。今度の雨のあとに効果を確認しよう。

0203雨漏りの原因

0203漏水状態
外側の壁板を外したら、一番下が湿っていた。そこから水が回っているようだ


 ついでに、出入りの際の踏み台を残材で作ってみた。これまではプラスティック製の踏み台と日本酒の通函を使っていたのだが、結構不安定で危なかったものだ。今月後半になったら、また軽トラに積み込んで何処かに出かけてみるつもりだ。

0203踏み台
  次は左側の踏み台も作り換えよう


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号は温かい

0125雪とまりんちゃん1

 今週は犬姫が来ているので、その対応が最優先。まだ雪が残っているし、仕事はやれる状況ではない。時々散歩に行くが、それ以外は家の中にいるしか無いのだが、寒い。全館暖房とはいかず、ファンヒーターとホットカーペットでしのいでいる。しかし、犬姫は1部屋だけでは物足りないようで、対象範囲を広げると温度が著しく下がってしまう。

0125バッテリー更新
左は古いもの、右は今回購入

 昨日届いたバッテリーをえすかる号にセットし、試験的にひざ掛けをAC100∨につないで様子を見たのだが、流石に新しいバッテリーは強力で、ひざ掛けくらいつないでもびくともしない。しかし、扉を閉めて人が入っているだけで室内温度は上がり、18度になったのでひざ掛けのスイッチも切った。家の中から犬姫を連れ出し、一緒に中にいると居心地がいいらしくスヤスヤと眠り始めた。なので、このまま16時過ぎまで中にこもっていた。断熱塗料を塗っている割りに陽の光であつくなるようで、いいことなのか悪いことなのかわからないが、夏は使わなければいいということだろう。まあ、冬は立派に居場所になることが確認できた。
 ところで、試運転の際に役立った Anker PowerHouse だが、現在不調で様子を見ているところだ。使えないことはないが、ACから充電するとき、ときおりビープ音が3回鳴って充電状態とならない時があるのだ。すでにサービスには連絡して返送用ラベルも送ってもらったのだが、先日の雪のため使う可能性が出てきたので、送らずに様子を見ているのである。雪も一段落して、えすかる号のサブバッテリーも新しくなったので、明日発送してチェックして貰う予定。PowerHouseとサブバッテリーが揃えば、電気については怖いものなしとなるはずだ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

仕事モードへ

 昨日の車中泊場所(道の駅・鋸南町保田小学校)では、夜になってから風が強くなり、朝まで吹き続けた。えすかる号は結構揺れるので、倒れるんじゃないかとか転がったらどうやって復旧しようか、などと寝ながら考えていた。やっぱり狭い箱だから家の中で眠るのとは随分違う。シェルターとしては少し劣るということだ。
 今日の帰りは、ソーラーからの電気を止めて車の発電機でサブバッテリーを充電してみたが、晴れ日のソーラー並みに充電できていたようだ。ソーラーと発電機の併用は強力で、外部からの給電がなくても問題はない感じだ。使用電力量にもよるが。

0119分離作業

 昼頃帰宅して、えすかる号を降ろす作業を始めた。念のため、サブバッテリーや諸々の装備品を降ろして仮柱の負担を減らしたので、全く問題なく作業は終了。しかし、2時間はかかった。色々仕事に使ったあと、2月の後半にはまた載せてみることにしよう。
 
0119仕事態勢

0119休養中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

再びテストラン

夕方前の出発でテスト走行に来ている。幸か不幸か非常に暖かく電気毛布や先日買ったカセットヒーターは、なくてもいい位。用をなさないような感じだ。今日の目的地は 、鋸南町になるのかな 、保田小学校と言う 道の駅だ。廃校になった小学校に手を入れてかなり大きな施設となっている。駐車場も広く、今日は私の他にも数台キャンパーが来ているようだ 。暮れは足柄サービスエリアのぷらっとパークに行ったのだが、今回は道の駅。 道の駅は悪くはないと思うが、残念なことに付属のレストランなどは夕方早めに終わってしまうので 、夕食の場所は別に探さなければいけない。 今日は、すぐそばに 保田漁協がやっているばんやと言う レストランがあって、そこで海鮮丼を食べた。 農場から1時間ちょっとで着いたので時間があまり、館山あたりまで遊びに行って帰ってきた。それでもまだ10時前、仕度をしてこれから寝るんだが、今日は寒くて目が開くというようなことはないんじゃないかな。明日は、のんびり帰って殻を降ろして仕事用軽トラに変身だ。
IMG_20180118_165019-1
IMG_20180118_165304

生活体験(雨漏り確認できず)

 今日は、朝から雨が降り始めて、昼前に一旦上がったけれど、その後降り続く状況。タブレットなどを抱えて2時間ほど中で過ごしてみた。少し気がかりだった雨漏りは殆どないのだが、前にも気づいた入口部床付近の滲みがあるようだ、カーペットが湿っている。前回は特段の対策を講じなかったのだが、明日は何らかの補修をしてみよう。雨の中休みに車ごと動かしたら、水が流れ落ちた。平らな屋根には結構水が溜まるようだが、屋内には落ちてきていないようだ。

0117中の様子

 中の居場所だが、物入れに座ると反対側の窓下に作ってある簡易テーブルがちょうどいい具合。物入れの上で寝るときに使うマットを重ねると座り心地も良くなる。座卓や座椅子も買ってあるのだが、使わなくても良さそうだ。若干ながら軽量化できる。

 下に写っているカセットボンベ熱源のヒーターは、狭い空間には十分で、昨夜試したときには瞬時に暖かくなった。ただ、一酸化炭素中毒には気をつけなければならないようだ。

 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号の重量について

  キャリイの後ろサスペンションは、3枚の板バネ。えすかる号を載せるとかなり下がるので、板バネを1枚足すかどうかを考えている。製作途中で見当をつけたことはあったが、あらためて重量を確認してみた。まあ。概数ではあるが。

えすかる号の場合、大部分が木材である。
壁グループ
横方向 1.4m×1.8m×0.035m=0.0882立米
縦方向 1.4m×2.2m×0.035m=0.1078立米
床天井グループ
床+天井 1.4m×2.6m×0.021m=0.0764立米
骨格グループ
      30m×0.04 ×0.09  =0.1080立米
    
合計で木材関係は0.38立米程度と推定できる。壁と床は3番目の数値が板厚合計で、全て2面分となっている。例えば、天井は0.04×2、床は0.04+0.09である。骨は別。骨格グループのメインは2×4材で、だいたい20m使用。その他の骨格材を含め30mとみた。木材の比重は含水率によって異なるからややこしいが、少し重めに0.6程度と考えると228Kgというところだろうか。金物やネジ釘等は無視できると思う。
その他の装備品で大きいのは、28Kg程度のサブバッテリーを含む電気系統で、トータル60Kg位、その他の装備品(サブベッドなど)は40Kgくらいか。ということで、トータル330Kgが概算値。
揚げ降ろしの際には降ろせるものを除外するから、電気関係30Kgと装備品のうち半分20Kgを除くと、280Kgが空荷状態のえすかる号の重量になる。軽トラの積載重量は350Kgなので、範囲内である。
なお、上げ下ろしに際しては単管パイプ(タテ)+クランプ+ジャッキを4セット使って支えるが、おそらく規格としては200Kg/ヶ所くらいと思われるので、手間以外の問題はなさそうだ。

0117えすかる号定位置
降ろしていないが、軽トラ置き場としてはここが都合がいい


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ