定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

軽トラ(DA63T)

えすかる号がメディアに登場

 これまで、我々がやっている農場や農的生活がメディアに取り上げられたことは何度かあった。しかし、世の中の変化や団塊の高齢化により「定年帰農的生活」も下火となり、ことさらに取り上げられることもなくなってきつつあるようだ。ところが、例の「えすかる号」にちょっと光があたっている。

0103えすかる2

 一つは価格ドットコムマガジン(価格ドットコムのサイトから入れる)で、基本は11月のキャンパーフェス2019を取材したものだ。最初の写真はイベントの主催者さんの車だが、すぐあとの「モバイルハウスって、どんなもの」の段落にある写真がえすかる号だ。法的制約などを勘案し教科書的に作ってあるので、導入部のこの位置に載っているのだろう。もちろんえすかる号の他にも、仲間たちのいろいろな車の写真や紹介記事が載っている。

0103えすかる1

 もう一つは、デジモノステーションという雑誌の2020年2月号だ。この雑誌のライターさんがフェスの会場に来ていて取材も受けたので、そういえばどうなっているのだろうと思って調べたら、2月号の巻頭特集「モバイルハウスの世界」という記事になっていた。ここでも最初の見開きページの次にえすかる号の写真がある。「荷物扱いなので、改造車検などは必要ない」のところだ。あとは、CASE7の記事では、千葉県の停電のときも役に立ったということで、夫婦の名前や数枚の写真で紹介されていた。この雑誌そのものを買おうと思ったが、Amazonにはkindle版しかない。もしかしたら、電子書籍特化になったのだろうか。
 
 両方の記事を見ていただくとわかるが、皆さん自由に作っている。えすかる号は、どちらかというと法律などの制約条件いっぱいに作っており、面白みはないものの一つの典型としては取り上げやすいのかもしれない。まあ使ってみても、横風に弱く強風は怖いけれど他に問題はなく、寝袋やめて羽毛布団(普段使っているもの)を持ち込めば、かなり寒くても寝るのに問題はない。それで寒ければ積んである電気毛布が助けてくれる。定年後の老夫婦の旅行手段としてコスパも含めてこれ以上のものはないと確信しているのである。




追記
 実際の書籍が本当にないのかを、近くの蔦屋に行って調べてきた。店員さんは、最初雑誌棚まで探しに行ったが見当たらないといい、私はAmazonなどで電子書籍はすでに出ているが、紙媒体は売られていないので、もう少し調べてほしいと依頼した。かなりの時間調べていたが、ここ何ヶ月も入っていないことがまず判明、その後どうやら電子媒体のみの販売となったらしいと言ってきた。まあ、少々偏った(尖った)内容を扱っているだけに、そういう売り方も生き残るためには仕方がないと思う。パラパラっと読んだが、内容はかなり幅広くて読みがいはありそうだ。電子出版に限ると、いろいろな制約も解決方法が出てくるのかもしれない。
0103蔦屋



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

初冬の小旅行

1206伊豆GW泊

 まだ(帯状疱疹後)神経痛は完治してはいないが、医者に行く隙間の今週はえすかる号旅行のチャンスだ。ということで、火曜の夕方から出発する。その晩を含めて2泊という予定だが、伊豆の温泉巡りと富士山一周のどちらかを天気の具合で選ぼうと、「伊豆ゲートウェイ函南」を目指すことにした。途中、「秦野天然温泉さざんか」という日帰り温泉で温まってご飯を食べる。横浜を出たのは夕方だったから、伊豆の玄関到着は11時半ごろ。薬を飲んでいるのでよく眠れるので翌朝までぐっすりだった。狭いところに二人だから結構暖かく、電気毛布は不要だった。

1206伊豆GWから
  道の駅伊豆ゲートウェイから

 起きて富士を見ると素晴らしい。予報でも晴天が続くようだったので、富士山一周を選ぶことにした。次の目的地は東側「道の駅すばしり」、ここではお昼を食べて一寝入り。全く便利な車だ。

1206北鳴沢
  北・道の駅なるさわから

 次は「道の駅なるさわ」、ここの富士はやはり絶品だった。

1206西白糸の滝
  白糸の滝で

 しかし、この日のハイライトは白糸の滝からの富士だった。車を降りて向かう途中、pixel 3を忘れたのに気づいたが、どうせ大したことないだろうとhuawei mate 10 proで撮ることにしたのだが、大いに公開した。富士をバックに紅葉に彩られた白糸の滝が素晴らしかったのだ。一応、これもライカスマホなのでそれほど見劣りしないはずなんだが。滝から上がってきてpixel 3を取ってきて富士を撮ったのは次の写真。

1206西白糸の滝2
  西・白糸の滝で(2)

 そのあとは、白糸の滝そばの温浴施設でご飯食べて風呂に入って、富士川楽座(SA)にて車中泊。ここはSAだが一般道路からの駐車場も設置されている。ぷらっとパークの前身のようなところだ。

1206富士川楽座泊
  富士川楽座の朝

 翌日も富士は綺麗で、見送られながら早めに帰途についた。

1206東北東御殿場
  帰る途中、東北東・御殿場市から
 
 ところで、富士川楽座に向かう途中にある実験をしてみた。pixel 3は夜間撮影が得意で、星も撮れるほどなんだが、これで夜の富士を撮ってみようと思ったのだった。月も出ていないし、星明りのみ。肉眼でかすかに見える富士を撮ったら意外に写っていた。固定するとか色々工夫をするとさらに画質は向上するだろう。
1206夜間撮影
  夜の富士


写真追加
1206北西富士河口湖町
  北西・富士河口湖町


1206南南東裾野
  南南東・裾野


1206西富士宮市
  西・富士宮市



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

キャリイのサポートフレーム

 車検整備のじゃまになるということで(車両重量を測定するらしい)降ろしていたフレームを再装備した。一応コンパネをはめてモミガラ運搬使用にしたが、まだこちらの体の方の体制が整わない。薫炭量産に取り掛かりたいのだが。

1122補助フレーム

 外している間にゴールドに塗装したが、どうもシルバーのままもよかったと思っている。機会は少ないが、ハイゼットにつけるならばこれのほうがいいはずだが。横浜の方では、えすかる号の置き台の設置を検討する必要があり、当分の間単管パイプの工作は続きそうだ。
 ところで、横浜の置き台は内法2mで考えていたが(農場の置き台は外法2m)、これだとバックで入る際に当たりそうなことが判明した。狭いのでハンドルをいっぱい切ってバックするためだ。といって、幅を広げると娘や息子の大きな車が入りづらくなる。その辺の最適解を考えなければならない。
 



 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

キャリイ車検の代車

1121ミライース

 キャリイが車検ということは書いたが、本日朝持ち込んだら代車はミライースだった。実はこの車にはちょっと興味があった。何しろハイブリッドなどではなく普通のエンジンで35.2Km/Lも走る。ものすごい工夫と努力の成果だと思う。まあ、とにかく家まで乗って帰る。海抜で100m以上のぼるので28.5KM/Lと少ないが、冷静に考えると大した数字だ。ついでに帰りは36.5Km/Lだったから、平均で34Km/Lとなかなか立派な数字になった。
 ただ、アイドリングしているとどんどん下がる。アイドリングストップが効いていなかったのかもしれない。やはりトヨタ流ハイブリッドと比べるとかわいそうなところも出てくる。

1121積載能力


 すごいのは燃費だけでない。後ろのシートを畳んで、バナナ箱が何箱入るか調べたのだが、なんと背もたれ以上は空けた状態でも10箱入った。よほどのことがない限り積みきれないことはないだろう。うちの場合だと、軽トラを使うというワザもあるので、全く問題がない。
 ただ一つ残念だったのは乗り心地。ちょっとした道路の凹凸でも突き上げるように反応した。キャリイほどひどくはないが、重い荷物を常時載せているハイゼットのほうがいいくらいかも。

 今度出たタントは、車の骨格を位置から見直したらしい。トヨタのTNGAならぬDNGA(Daihatsu New Global Architecture)と言っているようだ。これには期待がある。タントは買いたくないが、これをベースにしたミライース・ムーブ・キャンバスには大いに興味があるので発売をまとう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号(焼き肉号)は横浜に移動

1120えすかる横浜

 先の週末にえすかる号を横浜に移動させた。今のところは神経痛が痛むので行動の自由は制約されているが、横浜発のほうがずっと出かけやすいことから拠点を移動させたのである。日曜の夜は混雑しているので、7時半頃にスタートし到着は10時前位になった。
 横浜の家は3台置けるようにしてあるが、置き場は一応決めた。しかし、スペースにはあまり余裕がなっく屋根付き置き台を設置できるかどうかは微妙だ。えすかる号を降ろせるようにできれば、軽トラとしても活用できるのだが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

キャリイの車検

 5回めになるのかなあ、キャリイの車検がやってきた。10年で3万2千キロ走っている。1度見せて異常箇所を確認しておき、1週間後に車検整備をやるというシステムだ。木曜日に持ち込んだら、重量測れないから補助フレームは外してこいというので、えすかる号の置き台に載せ、ついでにゴールドに塗装した。なかなかいい感じ。

1117補助フレーム

1117補助フレーム2


 1箇所異常がある。マフラーのパイプを支えるステーか何かが折れてガラガラ言うのである。あとはほとんど何も問題はないはずだ。エンジンとブレーキのオイル交換はサービスだと言っていた。ワイパーゴムとエアコンのフィルターを交換したほうがいいというので、自分でやることにして部品を注文した。
 正式な車検整備は次の木曜日の朝、ハイゼットを買ったダイハツの店に持ち込む。代車を借りて夕方取りに行くのだ。フィールダーのときはダイハツキャンバスで、なかなか面白かった。変わった車だといいんだが。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号の冬支度

1113フロント交換中
    フロントジャッキアップ中

 今年の冬は、神経痛もあるため温泉巡りが主目的となりそうだ。そうなると行き先は、北関東・甲信越が多くなるので、早めに冬タイヤに交換することにした。これまでは一旦降ろして身軽にした上でタイヤ交換していたが、どうせガレージジャッキ使うのだし、載せたままの交換に挑戦した。
 当て場所はマニュアルに明記してあり、簡単にわかる。ウマの宛場所も出ていたが、ちょっと頼りない場所だったので、今回は無しで作業を進めた。ジャッキの当て場所は、フロントのクロスメンバーとリアはデフケースで、滑ることもなさそうだ。

1113ハイゼットジャッキ位置

 作業は30分ほどで終わったが、時間がかかったのは空気入れ作業とTPMSの取り付けだった。空気入れは、バッテリー上がりの際の補助電源(ポータブルバッテリー)、suaoki製のものだがタイヤの空気を入れることができる。TPMSは、4本のタイヤの空気圧を運転席のモニターで見られるというありがたいもの。たまにしか使わず、荷重が重いため常に高圧にしているえすかる号にはありがたい仕掛けである。アリババで2000円強で買ったが、マニュアルがなく設定できていないので、なにか警告のブザーが時々なるが、スイッチ入れて空気圧を確認したらすぐに消すことでごまかしている。それでも運転席からタイヤの空気が確認できるのは素晴らしい。今ちょうど有名なアリババのセール中なので、もう一台購入してフィールダーにもつけることにした。

1113空気充填中
    ポータブルバッテリーでタイヤの空気充填


1113リモートメーター
    ダッシュボード上に取り付けた集合メーター

1113測定バルブ
    各タイヤにつける測定機能付きバルブ、測定値は無線で
 
 えすかる号は、概ね10月から4月まで稼働する。冬タイヤの装備期間は11月から3月くらいだろうか。ということになると、基本冬タイヤのままで交換無用ということではないか。1年中冬タイヤにして、交換時期を早くすることにしよう。3年位では交換しないとまずいだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号の本拠地を変更しよう

 これまで、えすかる号は製作段階からずっと農場(千葉県大多喜町)に据えていた。しかし、実際に出かける場合にはかなり不便だった。地理的には、南房総は関東の一番奥と言ってよく、例えば横浜初と比べると1時間半は余分に時間がかかる。また、我々は月火あたりに横浜の家にいることが多いが、一度大多喜に戻ってからでかけるというと少なくとも水曜の午後発になってしまう。スタートが一日近く遅くなるわけだ。
 そこで、普段の本拠地を横浜に移すことにした。といっても、駐車スペースが一台分減るわけで、それも不便になるから移すのはイネ刈りから田植えまでの約半年にする。これで、えすかる号ででかけるのが少しやりやすくなるはずだ。農場にいる半年間はえすかる号にとって休養期間になる。
 ところで、農場には置き場と屋根を作っているが、そうしたものがない横浜では雨ざらしになってしまう。スペースに余裕はほとんどないが、工夫して年末年始の横浜にいる期間に設置しようと思う。

1108横浜の置き場


しかし、農場の置き場が半年も空くことになると、2台めを作りたくなってしまうなあ。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

キャンパーフェス2019に行ってきた

1104キャンパーフェス01

 安曇野で開催される、今年で3回目となるキャンパーフェスに行ってきた。faceBookで参加者を募集していたのだが、自作の軽トラキャンパーも多く参加するということで、早めに申し込んでいたのだ。近づくにつれて参加者数はどんどん増えて、最終的には80名近くになったらしい。

1104キャンパーフェス02

 会場となったのはイラムカラプテという施設横の牧草地、ざっとみて4000坪くらいはあるから、80台ほどのキャンピングカーは十分入る。倍くらいは行けそうだから興味ある方は来年どうぞ。

1104キャンパーフェス03

 それにしても集まった人たちもキャンパーも素晴らしい。何が素晴らしいって、多様性そのものだ。そんな人や車をまとめる運営者さんたちも、これまた素晴らしい。そもそもネット(facebook)で人を集めてイベントを進行して、参加した人たちに満足を与えるのは並大抵ではないはずだ。拍手を贈りたい。

1104キャンパーフェス04

 実はまだ半病人(帯状疱疹後遺症)だったが、前日出発して双葉SAで車中泊、会場でもう一泊、最後は諏訪湖SAで温泉&車中泊。最も遠くは善光寺、全行程850Kmと、半病人にはあるまじき行動ではあったが、なかなか楽しい旅行だった。軽トラキャンパーは最高だ。

1104キャンパーフェス05





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

秋の小旅行(2-1)

 メインのキャンパーフェスのことは別に書くが、今日の昼前に横浜の家に戻ってきた。大多喜の農場を10/31に出てから、全行程は858Kmと結構な距離だ。重いえすかる号を積んだ焼き肉号(ダイハツハイゼットトラック)は、ほぼ高速道路の行程を無難にこなし、なかなか信頼に足るところを見せた。ガソリンは68Lを消費したので、燃費は12.58Km/Lで、なんとか及第点というところだろう。

1104帰着
いつもの駐車スペースは、屋上フェンス工事のトラックに占領されており、道路脇の狭いスペースに押し込んだ。倒れそうだけど大丈夫。

 2回の車中泊のあと、昨日中に帰ることになっていたが、大月から相模湖まで20Kmを110分という表示が出たので、諏訪湖SAの温泉に車中泊することになり、今朝の空いている高速を通って帰ってきた。このあたりはキャンピングカーの柔軟性を活かせるところだろう。諏訪湖SA(上り線)にはかなりの数のキャンパーやワゴン車が泊まっていた。

1104諏訪湖SAレストラン
三連休3日目でも、朝早くは空いている。諏訪湖SA のフードコートで朝ごはん食べる人たち。我々も当然食べた。

 このシーズンであれば、紅葉も大きな目的となるはずなんだが、それはほとんど裏切られた。松本では、昔よく行ったスポット(安曇野周辺や長峰山頂)などにも行ってみたが、全くだめ。もう少しあとという感じもあるが、すでに枯れたようになっている葉もあり、急激に寒くならずにダラダラと暖かい日も続くということで、今年はダメそうだ。ただ、カミさんが直前に行ってきた奥入瀬(青森)は素晴らしかったということだから地域差はあるうだろう。そういえば、今月終わり頃に見頃になるはずの農場付近も大したコトなさそうだ。

1104長峰山頂
私の大好きな場所長峰山頂は穴場だったんだが、パラグライダーやる人たちに占領されていた。向こう側は北アルプスだから、それに向かって飛ぶのは気持ちいいだろう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号のソーラーパネル増設

 えすかる号建設当初、100Wソーラーパネルを2枚載せていたのだが、井戸用ソーラー増強のために1枚に減らしたのだった。えすかる号の使い方では、夜以外は動いているので、走行時の軽トラからの充電が有効なため、1枚でいいだろうという理由もあった。
 しかし、先日の台風による停電の際にソーラーパネルでの充電を試みたとき、100Wでは不十分ということが判明した。大きい方のポータブルバッテリーは、充電時に100W必要らしいが、公称100Wのパネル1枚では明らかに不足するのである。なので、次の災害時に備えるため追加の1枚を注文しておいたのだった。
 前の木製枠は取ってしまっていたので、新しく作成。配線は、屋内まで引き込めば逆流防止ダイオードを付けた端子もあるのだが、ケーブルが短かったので並列接続器具を利用して取り付けた。まあ、問題はないと思う。これで、災害時の長期停電時にも最低限の生活は確保できるだろう。

1017ソーラーパネル
    左新設、右既設


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

働く軽トラのアタッチメント

1004働く軽トラ1

 このところ、キャリイはモミガラ運搬や収穫作業に忙しいが、前から考えていた簡単な改造を試みた。単管でフレームを組んだのである。当面はアオリ板とフレームの間にコンパネを挟んでモミガラ運搬用に使うが、使用した単管用のジョイントはかなりしっかりと止まるので、他のいろいろなものと組み合わせると便利につかえそうだ。シートを張れば小屋のようにはなるが、そんなことしたらえすかる号が怒るだろう。

1004単管ジョイント2


1004単管ジョイント1


1004パイプカッター3

 ちょっと前から使い始めたパイプカッターも意外に便利だ。わずか1000円強の道具だが、人力だからちょっと手間と時間はかかるが、結構きれいに切れる。ただ、できるだけカットする回数を減らすように、1mのパイプ4本は定尺のものをそのまま使う。あとは全体の長さを調整して、4m2本と3m2本は途中の1箇所切断とした。残りの1本のみ、1.5mのパイプから1.25mをとったので、若干の端切れが出た。

1004パイプカッター2

 すべて1.8mm厚の単管なので重量は軽く、全部で40Kg程度と思うので、常時載せておくことになるだろう。

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ジャンプスターターの予備機能

 メイン車(フィールダー)の補機バッテリーが心もとなくなってきた夏前にジャンプスターターを購入した。実際にはバッテリー関係のトラブルは発生せず、7月に車検を通したあと補機バッテリーについては新品に交換したのだった。

0825バッテリー1

 ジャンプスターター購入時に、エアポンプ付きを選んだのだが、先日降ろしていたえすかる号をハイゼットに載せ直した際に、そのポンプ機能を試しに使ってみたところ、意外にちゃんと使えた。前に単体のポンプを買ったことがあって、時間がかかったりシガーライターソケットから電源をとるのが面倒だったりして、ポンプは使えないというイメージだったが、今回それは払拭された。

0825バッテリー2

 重めのえすかる号は350Kgという最大積載重量に近いほどあるはずなので、後輪の空気圧は空荷の2.4の5割増しに近い3.5にする必要がある。最寄りのガススタンドといっても20Kmはあるから、降ろしたり載せたりした際にはなんとなく気がかりだったのである。これからはジャンプスターターが活躍しそうだ。ただ、この前えすかる号を載せたときに入れたら、4本目を入れ終わったところでポンプが動かなくなった。どうやら電池の温度が上がって安全装置が働いたようだった。まあ、少し待てば動くので急がなければ問題はないだろう。

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

焼き肉号のオイル交換

 えすかる号の台車(焼き肉号)は、昨年7月の購入して500Km走って最初の点検でオイル交換してから約1年が経過、その間6,900Kmを走行した。ちょっと前から交換しなければと思っていたが、本日ようやく実施。

0825ハイゼットオイル交換1

 これまでキャリイも含めて0Wクラスの全合成油を使っていたが、ハイゼットの取説では5W-30指定なので、昨日ホームセンターで買ってきた。交換については特に変わったことはないが、取説で3.2L(フィルター交換せず)と書いてあったが3Lで上限に届いた。なお、フィールダーの交換の際に買った交換ポンプは今回使用していない。軽トラの場合はどこにも手が届くので通常の方法が簡単でいい。

0825ハイゼットオイル交換2

 次は11月に車検となるキャリイのオイルを車検前に交換する予定。
 

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号用クールボックス

 イネ刈りは迫ってくるし、出かける予定は立っていないが、アリババに注文していた部品が届いたので、とりあえずクールボックスを組み立ててみた。

0824クールボックス完成

 部品は
   水冷のラジエター(36cm×12cm 25mm厚) 2500円
   12cmファン3台 220円/台
   12∨水中ポンプ 440円
   発泡スチロールクーラーボックス 1100円
    送料含む 上3品はaliexpress ボックスはamazon

0824クーラー部品
   
 仕組みは複雑なものではなく、氷が溶けた水がラジエター内を循環し、それにより冷えた空気をファンが吸い出すというものだ。ファンの音は意外に静かだったので、3台同時駆動とした。場合によっては1台駆動とフル駆動の切り替えでもしようと考えていた。


 揚程3m、240L/H の水中ポンプは、能力的にちょうどよかったようで、いい具合に循環している。実際に運転する際には氷を入れて循環用の水をそれに足すという形になるが、空転しないための最低水量は実際に運転しながら確認する予定。200ccくらいでいいのではないかと思う。
 家庭用ウインドウ型クーラーを取り付けるという計画もあったが、百姓やっていると夏は出かけづらいため、これである程度冷えるものであれば、真夏を除けば安眠できるのではないかと期待している。宅内車中泊で一度確認してみることにしよう。
 
0824中身
    蓋に全てつけてある


軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

(追記)
えすかる号に置いてみたが、カミさんの寝るポジションと干渉することが判明。2mが30cm縮まるので、ほとんど余裕がない。40cmほど位置を上げることにした。
0824クールボックス設置


(再追記)
40cmほど上げてみた、これで足はぶつからない。
0824上げてみた


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号の夏対策

0807えすかる号定置

 お盆休み中、軽トラを移動に使う必要が生じたので、えすかる号を降ろしてハイゼットを身軽にした。キャリイを使うことも考えないではなかったが、農場と横浜を3~4回は往復するので、AT3速で燃費も悪く乗り心地も良くないキャリイは避けたのだった。それともう一つ理由がある。

0807キャビン側窓
    キャビン側窓・網でカバー予定

 ハイゼット+えすかる号は、購入してすぐにタイヤ交換をして以来、ほとんど載せたままだった。もろもろの作業が一段落したらどこかに出かけるつもりだったが、出ないうちにこの暑さとなり、先程はえすかるの室内で40度と耐えられないほどの温度になっていた。なので、前後2箇所に虫除けの網を張り、それぞれに内側からファンを取り付けて空気の入れ替えができるようにしようと思ったのだった。これで、高地や森の中であれば真夏でもなんとかしのげるだろう。

0807後部窓
    右側の窓に網戸・ファン取り付け予定

 あともう一つ、クーラーボックスにラジエター+送風ファン+ポンプを仕込んで冷風機を作ることにして、主要な材料をアリババに頼んだ。クーラーボックスは発泡スチロールのものにするつもりだが、製作費は6000円ほどの見込みだ。ボックス内に氷を入れて溶けた水をラジエターに送り、ファンで冷風を吹き出す仕組み。材料到着には2~3週間はかかるから冷風機完成はまだ先だ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

突然、宅内車中泊

 キュウリ畑にサルの食べたスイカの皮が落ちていたりして、敵の行動パターンの推測も進んだ。どうも早朝に来ているんじゃないかと思われるフシもあり、昨夜はえすかる号に泊まることにした。

0725サルに食べられたスイカ
    いつもの歯並びがいいサルらしい

 10時過ぎくらいに入室、温度は26.5度だが、横になると枕やマットなどが相当暖まっている。扇風機を回すが、風が当たる部分は少し冷たい風を感じるが、なかなか温度は下がらない。虫よけを撒いて軽トラキャビン側の窓を開け、そこから風を入れることにしたらちょっとマシになった。しかし寝られずに、2時半頃までは寝付けなかった。

0725監視カメラ

 朝はすぐにやってくる。5時頃、すっかり明るくなって目が覚めた。一応、2台のカメラ(スマホ)の画角を調整したりしてサルの出現を待つ。動態認識はオンにしてあるからやって来れば通知が届くはずだが、山の方や畑を覗きながら待ってみる。結局、7時過ぎまで現れないので家に戻った。
 ジャガイモのときも、えすかる号を畑脇に持っていったら被害はなくなったから、山からあの異様な物体を見て、もう降りて来るのをやめてしまうのだろう。なので、たびたび書いたりしている小型移動番小屋を作るべく、具体的な検討に着手した。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ジャガイモ収穫

 本日、ジャガイモ(正規)を収穫した。少なめの今年は200Kg程度に留まっている。ただ、去年のジャガイモ畑(今年は里芋畑)に野良がかなりできており、ここで100Kgくらいは追加できるだろう。
 途中、サルにやられたが、その影響は2割程度ありそう。結構影響はあった。ただ、その後の対策(電気柵で囲う・リモートセンサーによる監視、監視カメラの設置・えすかる号の出動)で、追加の被害は防げた。結局、えすかる号を畑の横に駐めたことが最も有効であったように感じる。途中、一度えすかる号を移動させたらさっそくサルが来ていたことがその理由だ。

0620えすかる号定位置

 一応の役目は果たしたということで、えすかる号は定位置に戻し中に設置してあったスマホ(監視カメラ)は外した。本当はどこかに出かけたいのだが、ハウス内のトマトなどに水をやったりすることも必要だし(カミさんの仕事)、私にとっては7/20頃にある実技試験の準備が気になるので、もうしばらく休んでいてもらおう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

そして、戦いは続く

0608ジャガイモ畑

 今朝、えすかる号をイモ畑脇から定位置に戻した。幸いにして雨漏りはないようだった。昨晩はかなり降ったが、この調子なら梅雨の間も出かけられそうだ。まあ、仕事が一段落したらではあるが。
 そのあと、カミさんと二人で借り畑の里芋に肥料をやりにでかけた。肥料やったあと草取りをしていたら、ブユの猛攻に会い、適当に切り上げて戻ってきた、でかけていたのは30分ほどだろうか。戻ってくる途中の道からイモ畑を覗き込んだら、なんとサルが一匹電気柵の外にいて、イモ畑に入ろうというところだった。えすかる号がなくなったからか、それともでかけたのを山の上から見ていたのか、きっと両方関係あると思うが、さっそくイモにちょっかいを出しに来たらしい。待っていて電気柵の効果を確かめても良かったが、車を止めたら慌てて逃げていった。

0608監視カメラ

 こうなったらこちらも対抗しないと、ということでえすかる号を再度畑横に持っていった。電波が強くなるように電波強度を測りながら1mほど家に近づけた。結構微妙な塩梅だ。カメラ(スマホ)も、いい加減につけていたものをしっかりつけ直した。後ろの半固定窓に取り付けたので、つけたままで出かけることも可能だ。比較的安定していたnexus 5と、人間を認識する(らしい)iPhoneの2台として撮影範囲も大体同じ方向にした。1台おかしくなっても監視はできるだろう。(と思ったんだが、早くも1台異常終了)3台にするとバッテリーが3日もたないんだが。

 ということで、えすかる号にはもうしばらく移動監視所として働いてもらうことにした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

監視カメラのその後

0607監視中

 対サルジャガイモ防衛対策で、古いスマホやタブレットを監視カメラに仕立てていることは既に書いた。その後、サルの引き抜き被害は回避できているが、監視カメラが奏功しているとは言えない気がする。サルが来たのを発見してロケット花火で追い払うということでもあれば有効といえるんだが。まあ、えすかる号を畑の横に駐めていることが有効なのかもしれない。

0607監視中2

 当初から、wifiアクセスポイントを交換したり中継器追加などでwifiを強化したり、alfredというソフトを課金で強化して使っているので、画面もきれいになり監視機能としてはなかなかのものとなった。しかし、アプリの安定性には少々難点があり、時々異常終了も発生している。なので、ネットワークカメラに替えるか、あるいはラズパイ+カメラを組んでみるということも検討していこうと思う。ワイヤレスセンサーなども使ってきたが、監視画面で実際の様子を見るという方法は、圧倒的に優れていると思えるからだ。
 ところで、えすかる号は屋根をかけた普段の置き場から出て見張り業務をやっている。もともと雨漏りが発生したので屋根をかけたのだが、補修により漏水は姿を消した。前の大雨のときも大丈夫だったけれど、今も結構な雨でちょっと心配しているところだ。大丈夫だといいんだが。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

テレビ局からの電話

 携帯に突然知らない携帯番号から入電、一体なんだろうと出ると某TV局の制作担当の人からだった。田舎暮らしや農的生活がブームだった頃は結構取材の話も多かったが、今回は軽トラハウスの関係。せっかくの企画の詳細をバラすのはやめておくが、なんでも来月に1週間程度で軽トラハウスを作ってくれないかというもの。私としては、ちょっと行き当たりばったり的にえすかる号を作った経緯もあるし、次はどういうものを作ろうというイメージもあるのだが、農閑期でもない時期に時間を割く余裕もない。前に1ヶ月半ほどかかったことを考えると、やっつけ仕事のバラックになりそうだし、丁重にお断りすることにした。そういえば、電気工事士実技試験の時期でもある。それにしても、かなりのブームになっていることは間違いない、軽トラキャンパー。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

臨時移動オフィスで利用

 田植えは終わったが、今頃の季節はやること山積みでえすかる号で出かけるチャンスはなかなかやって来ない。そんな中、まだ収穫時期には間があるジャガイモが引き抜かれるというトラブルが発生した。犯人はほぼサルに間違いない。被害は1割程度で、状況から見て1匹で暮らすはぐれザルと思われる。GW頃までタケノコを狙って毎日のように来ていたサルが居着いて次の獲物を探しているのだろう。

0523さる対策

 これ以上の被害を防ぐため電気柵を設置したが、サルに対しては完全な防御策ではない。センサーの付いた警報装置も仕掛けたが、感度が強すぎて風でそよぐ草まで反応するので、本来の敵が来ても「またか!」と見過ごす可能性もあった。なので、なかなか出番がないえすかる号を畑の脇に移動させた。更に、古いスマホに監視カメラのアプリをインストールし、キャンパーの窓に取り付けた。センサー警報装置が反応しても、監視画像を見ればサルかどうかの確認が可能となった。外出先でも見られるが、そんなところでサル侵入を確認しても為す術はない。

0523監視カメラ画像

 ただ、家のWIFIの範囲からは外れるので、携帯電波経由となる。昨日は0.4G程度だったが、2台にすることも考えているので、WIFI中継器を買ってカバーエリアを広げる予定。

 これであと2週間ほど頑張れば、無事じゃがいもの収穫となるのだがどうだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

昔の知り合いを訪ねた

 今回の目的地(群馬)あたりに、随分前に職場で一緒だったご夫婦がいるはず、と思って出発した夜の車内で調べてみたら、渋川で家具工房「カグオカ」をやっていると判明。facebookでページを探して「いいね」したら二十数年ぶりのコンタクトに対し、さっそくポジティブな反応が戻ってきたので、何しろとにかく訪問することにした。
 このご夫婦は、20数年前に私がいた部署で一緒だった方々なのだが、当時まだ30歳前後だったのに辞めて新しい道を目指したのだった。その後、風の便りで群馬の方で家具を作っていると知り、今回あらためて調べてみて、様子がわかってきたのである。

0516カグオカ1

 渋川から伊香保に上る県道に面した建物が彼らの住まい兼工房兼ショールーム、訪れると昔と変わらぬ顔と雰囲気で出迎えてくれた。作品というか商品のテーブル類は、掲載した写真やHPから御覧いただけるとおり、シンプルながら存在感があるものだ。厳しいうちのカミさんの強度チェックも通過した。

0516カグオカ2

 60歳を過ぎてサラリーマンを卒業した私ですら、自分自身だけで仕事をすることの大変さを感じるのだが、おそらくその比ではなく大変だったと思う。しかし、すっかり軌道に乗っていることが感じられた。長い空白はあったが、これからは再びつながりが復活しそうだ。軽トラキャンパーで出かけると、予定・予約関係なしのため、いろいろな出会いがある。新しい友人だけでなく昔の仲間との再会も視野に入ってきた。
 

カグオカ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

早めの帰宅

0516赤城大沼にて

 私は、フリーパスの48時間を目一杯使って明日帰着のつもりだったが、カミさんは昨夜の車中泊で終わりのつもりだったようで、やること山積みだからのんびりしていられないと言い出し、結局本日帰ってきた。帰ってきたら田んぼの水が減っており、「ほらみなさい」と言われてしまった。百姓は、なかなか田畑を離れにくいのである。

0516水減少

 まあ、私も試験まで2週間ほどになったので、そろそろ追い込みに入る必要もあり、ちょっと楽しみにしていた道の駅+温泉(道の駅中山盆地)は次々回に延期となった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

換気扇を取り付け

 ようやく田植えも終わったので(房総半島最遅?)、思い立ったらすぐ出かけようと、気になっていた換気扇を取り付けた。12∨0.5Aのブラシレスファンで、アリババで800円位で買ったΦ=90mmのもの。えすかる号を作った2017年暮れに買ったのだが、換気カバー買わないとと思いつつ、これまで取り付けていなかった。

0509換気扇

 結局、キャビン上の物入れの底から排出すれば漏水の危険は減るだろうということで、先ほど取り付けてみた。試しにスイッチを入れたら、意外に風量は多いが、かなり音が大きい。取り付けた部分は9mmくらいの合板だが、どうやら共振しているらしい。夏の走行中の廃棄などに使い、夜はこれを使わないでDC扇風機にするということになりそうだ。先程、もっと大きいΦ=120mmのものをアリババでポチったばかりだが、音対策が必須だろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

携行缶の携行

 先日、片道350Km先の三春(滝桜)まで出かけたが、よくて12Km/Lくらいのキャンパーユニット積載ハイゼットトラックでは途中での給油が必要となる。ところがSAのガソリンスタンドはとても高い、普段の15~20円高だ。満タンで400~500円違う。途中で降りて外のガソリンスタンドに行きたくなるけれど、そうすると走行距離に応じて適用される割引がリセットされるため、結局高いものについてしまう。
 今回は、磐越道に入る前に念のために積んでおいた20L携行缶から車に入れたので、現地でも余裕があったし、滝桜を見終わってから郡山市街のスタンドで満タンにすることもできた。帰りは下道で帰ったので、ガソリンは間に合ったし、いつものスタンドで満タンにできた。

0428三春滝桜P

 最近は、田舎のガソリンスタンドがどんどん減っているし、高速SAのスタンドは高いし、携行缶積載をデフォルトにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

軽トラキャンパーは定年後の最強兵器

 前に書いたように、福島県三春町の滝桜を見に行ってきたが、今回も軽トラキャンパー「えすかる号」の強さを発揮することができた。雪まで降る天候不順のため満開の時期は間際まで動いたが、「満開」という情報が出てすぐに、仕事(稲の苗作り)を問題のないように収めて出発した。こちらも自由人みたいなものだから、えすかる号を使えば思ったとおりに行動可能なのである。
 まあ、往復の指定席券や宿泊の予約などとは無関係なのは最もありがたいところだ。また、全く知らないところに行くのだから、口コミなどで下調べしても想定外のことは起きる。でも、そんなときも柔軟に対処ができるのも、小さな家ごと動くようなキャンパーだからだろう。
 今回、車中泊(仮眠)場所は、滝桜大駐車場の予定から何度か変化し、最終的には東北道那須高原SAとなったが、大体の行き先は高速道路の沿線で、いざとなればSA・PAを利用することができ、また食事・買い物・トイレ利用などは全く問題がない。それからいたるところに存在するコンビニも便利だし頼れる存在だ。
 うちの場合、カミさんもどんどん気に入ってきているので、二人での利用がデフォルトになってきているが、狭いながらも2人で寝ることは可能。今日の私は7時起床だったが、昨夜の22時からぐっすり眠れた。まあ。400Km以上運転したからそれも当然かな。ということで、田植えなどの予定を考えながら、次の目的地をこれから探すことになる。
 
  目標・三春滝桜(1)
  目標・三春滝桜(2) 
  目標・三春滝桜(3)

0418滝桜夜2
     
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


目標・三春滝桜(3)

 (1)と(2)では、思わず撮った写真の中から選んでアップしたが、いろいろ下調べで想像していたとおりの立派さだった。立派さ・綺麗さもさることながら、1000年も生きた1本の樹が毎年花を咲かせて人を引き寄せること、これは理屈ではなくこころにひびいいてくるものだった。毎年毎年、一粒のモミが3000粒のモミを作るイネも素晴らしいが、滝桜もまた素晴らしい。タイミングが丁度だったこともあり、行ってよかったなあ、としみじみ思う、カミさんも同意見。
 往きは、磐越道田村のスマートICで降りたのだが、そうするとあちらこちらに枝垂れ桜が見える。その中には滝桜の子孫も混じっていると思われるが、まさに枝垂れ桜の里である。ソメイヨシノや山桜などもあって、それも綺麗だが、ちょっと色の濃い枝垂れ桜は遠目にも鮮やかで、気に入ってしまった。うちにも植えたくなったが、生きている間にどれほど育つかはわからない。まあ、見に行くのがいいのかもしれない。
 滝桜の周りでも、いろいろなところにいろいろな桜が咲いている。見てみると、いずれもがなかなかの個性を発揮していて味わい深いものがある。ということで、滝桜だけでなくいろいろなことで堪能できた。周辺の桜などもアップしておこう。

0418滝桜周辺6

0418滝桜周辺2

0418滝桜周辺1

0418滝桜周辺3

0418滝桜周辺5

0418滝桜周辺4

       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


目標・三春滝桜(2)

 えすかる号で一休みしている間に夕暮れがやってきた。再び滝桜を見に行くが、駐車場に入る車の待ち行列だできていた。駐車場の混雑は予想していたのだが、我々が入場した15時半頃は、昼の客が帰り始め夜の客がまだついていない絶好のタイミングだったらしい。観桜券の待ち行列も昼の3倍位、歩く人も多い。だから滝桜の周りも歩くと人にぶつかるほどだったが、周りを歩いて写真をどんどん撮る。帰ってきて見直してあらためて感じたが、pixel3の写真は素晴らしい。発色などの写り具合も素晴らしいが、夜の写真でも手ブレやピンぼけがまったくない。AIとは恐ろしいものかもしれない。夜の写真は下にアップするが、わたしの腕ではなく、pixel 3の腕前が凄い。
 
0418滝桜夜5

0418滝桜夜1

0418滝桜夜2

0418滝桜夜6

0418滝桜夜4

 

 明るいうちに到着して昼の滝桜もみることができたので、滝桜の駐車場での車中泊はやめて、郡山中心部から30分ほど離れた日帰り温泉に行くことにした。ところが行ってみると本日休業の看板が・・・・・・・・・
 仕方なく温泉は諦めて東北道に入り、那須高原SAまで走ってそこで車中泊。
               つづく
               
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


目標・三春滝桜(1)

 昨日、朝からハウスに入り苗の様子を見たが、簡易プールを微調整してすべての苗箱を水に浸かるように直せたので、高温の悪影響も回避できそうとの見通しが立ち、翌日も曇りで極端な温度上昇はないと見られたので、午後から出かける予定を早めて9時半頃出発した。行き先は福島県三春町の有名な滝桜だ。これまで、桜見物などしたこともなく、行ったとしても車に残って待っていたりしたもんだが、動く小さな家「えすかる号」に後押しされて出かけていったのである。

0418酒々井PAにて

 今回は長距離でもあり、1時間半走ったら30分休むリズムでいったのだが、到着は15時半頃だった。当初の予定ではライトアップの滝桜を見たあと駐車場で車中泊することにしていたので、食料なども買い込んで行った。ただ、友部SAではサンドイッチやおにぎりが売り切れで、滝桜・車中泊が多いんじゃないかと心配になったりした。

0418滝桜昼7

 到着後、さっそく滝桜さんを眺めに行く。マアマアの人出だが、楽にカメラアングルを模索できるほど、駐車場もすんなり入れたし(満車に近かったけれど)、平日効果だろうか。写真はたくさん撮ったが、ほとんどは pixelXL を使用。4年前のコンデジを持っていって少々撮ったが、絵として大きな差があり、不採用。
 
昼間の写真の中からいくつかピックアップした。

0418滝桜昼2

0418滝桜昼4

0418滝桜昼6

0418滝桜昼3


このあとえすかる号に戻り、カミさんは仮眠して私は地図見ながらその後の予定の計画。        つづく
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


キャリイの乗り心地

0417軽トラキャリイ

 今日、千葉市花見川区にお住まいのサラリーマン時代の先輩のお宅に出かけてきた。市民農園で野菜を育てている先輩と先日とある会合で会ったが、その際にくん炭や稲ワラを持っていくことにしていたのだった。市原から館山道京葉道路を使うルートで1時間半、往復で3時間。今日はやることがないというカミさんが同行した。

0417市民農園

 お宅について、昔話や野菜・花の話は尽きなかったが、本題の市民農園へ。車で数分のところにある畑に、軽トラいっぱいのワラとくん炭3袋を降ろしてじっくり見学。カミさんは、横須賀に週末拠点があったときには自身も市民農園を借りていたし、興味津々である。特に、木更津の提携農家さんがうちの直売所に出していたケロッコ(別名アレッタ)が実際に植わっているところは詳細に見ていて、次のシーズンは作ってみると決めていたようだ。

0417けろっこ

 帰りも少々買い物した程度で、同じルートを戻ってきたが、ハイゼットに比べてキャリイの乗り心地の悪さがカミさんには堪えたようで、風呂に入って先程早寝してしまった。ハイゼットには現在えすかる号を載せており、結構遠出をしているのだが、重いものを載せていることもあって、乗り心地はまあまあである。ハイゼットは横風に弱いし、えすかる号の台車をキャリイに戻そうかとも考えていたが、3時間位で音を上げるようではちょっと無理だろう。私は何時間でも平気なんだが。
ところで、ウエザーニュースから届いたメールでは、三春の滝桜がとうとう満開となり、桜吹雪は4/23とのことだ。天気の具合(桜より苗のためだが)を見たところでは、明日の午後出て夜到着、ライトアップの滝桜を見て駐車場で車中泊、翌日朝から明るいところで再び見て、そして帰ってくるという小旅行に行くことにした。片道4時間半だが、現地付近は渋滞している可能性がある。さてどうなることだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


えすかる号はすっかり定着した

 百姓やっていると、結構出かけるタイミングは難しい。横浜の家の玄関先で毎週直売していたこれまでは、コメやイモという保存できるもの以外の葉物野菜なども作っていたので、比較的自由だったのは厳冬期(1~2月)という、えすかる号ではちょっと寒い時期に限られた。今回直売をやめたことで多少は自由度が増すだろう。しかしながら、ハウスで苗を作っている今の時期はなかなか厳しい。春になった今の時期は、桜など魅力的な目的地は多数あるにもかかわらずだ。

0414えすかる

 ということで、水戸へ出かける(1)(2)に書いたように、苗を心配しながら出かけてきた。思いついて30分で出かけるのは、えすかる号のおかげだなあ。前にも書いたことはあるが、当初は否定的だったカミさんも結構気に入って出かけていくようになったし、えすかる号は急速に生活の中に取り込まれてきている。最低限の、二人がなんとか寝られる箱に過ぎないが、食事や休んだりする空間はどこにでもあり、眠る直前に潜り込んで目が覚めると朝で直ぐに移動、というパターンで全く問題はない。車中泊(仮眠)については、高速のSA・PAや道の駅で今のところ問題はない。エアコンを装備したらAC供給のあるRVパークに泊まることも考えると思うけれど。とにかく、宿泊の予約が不要というのは出かけるときの敷居を圧倒的に低くする。

0414えすかる置き場

 これで出かけるようになって、なかなか面白いことがある。駐車場に駐めていると見学者が集まることだ。それも、私と同じような気難しそうなオジイサンが多い。普通ならほとんど接触することがないような人たちだが、目が合うと話しかけてくる。大体、掛かった費用や製作期間を聞かれるのだが、どうやら自分でも作ってみたいという気持ちからのようだ。自分専用の空間がほしいということなのかもしれない。私もそういう人の応援はしたいから、費用は45万円、期間は2ヶ月でこれに専念すると1ヶ月と話している。

0414えすかる室内

 そんな状況だから、作業の予定を考えながら次のタイミングを探している。当分の間、月火は横浜に行くという以前のリズムは続きそうなので、どこでも行きやすい横浜発にしようと思うが、そうなると農場を離れる日数が増えてしまうので、今の時期は具合が悪い。北が続いたので西に行ってみたいのだが。まあ、コメ優先だから、計画することを楽しむのも悪くないと考えることにしよう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


今度は水戸へ出かける(2)

0413チューリップ

 翌朝、友部SAで朝ごはん食べてひたち海浜公園に向かうことにした。ネモフィラは3分咲きという情報だったが、せっかくそばまで来ているし、咲いている他の花も見ようということである。それに、ネモフィラのピークは逆に人や車が多くてゆっくりできないだろう。着いたのは9時半の開場の1時間ほど前、駐車場のゲート前に駐めて待つが、東京からバイクでやってきて同じように待っている若者と話ししながら時間を潰した。えすかる号は、ちょっと特殊な存在で、どこかに駐めておくと見学者も多いし、人との交流は増える感じだ。

0421ひたち海浜公園1

 適当な地図などを探せなかったので、適当に駐めたのはどうやら一番遠い駐車場だったようだ。ネモフィラのみはらしの丘に向かって歩くと、チューリップや水仙が満開となっていた。普段、あまり花など愛でることもないが、ここでは多くの種類や色を集めてあり、なかなか楽しめる。みはらしの丘のネモフィラは、写真のように3分咲きくらいで、丘一面が青に染まるという状況には少し時間は掛かりそう。ネモフィラを見たあとは、シーサイドトレインという乗り物で半周して入ったところまで帰ってきたが、この公園はかなり広い。自然のままとなっているところもあり、ゆっくりみるのも楽しそうだ。

0412ひたち海浜公園2

0413水仙

 あとは、国道51号線で海沿いをのんびり帰ることにした。途中、鉾田の親戚の家を訪ねたり、鹿島神宮に参拝したり、なかなか有意義な小旅行だった。走行距離は、1日目が230Km、2日目が220Km、今週は火水にも400Km位走っているので、800Kmも走ったことになる。給油は2回、1回目は216Km走って19.26L(11.2Km/L)、2回目は233.8Km走って19.41L(12.0Km/L)。重く空気抵抗の大きいキャンパーユニットを積んでいるからこんなものだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


今度は水戸へ出かける(1)

0411稲の苗

 イネの苗は、いろいろな工夫の甲斐があったのか、いつもの年に比べ順調に芽を出している。若干出ていないところもあるが、今週末までが大事な時期だろう。ところが、桜の知らせも来ておりそろそろどこかに行きたくなってきた。いい天気だった昨日の午後2時頃、翌日の天気は曇りで昼頃は雨というので、ハウスの中で苗が煮えることもないだろうとカミさんと相談して、えすかる号で出かけることにした。

0411水戸さくら山

 候補地はいくつかあった。一つは三春の滝桜、ただ最新情報では見頃は4/15、もう一つはひたち海浜公園のネモフィラだが、こちらは4/24が見頃というから、どちらも少し早い。結局、今見ごろは水戸周辺ということでとりあえず北上することにした。水戸到着は18時頃、黄昏時だったが、ライトアップもしている偕楽園の隣のさくら山公園に着いて、早速花見に取り掛かる。花は満開できれいだったが、桜の木の下は夜店と桟敷で占領されている。歩いている客は少々、でも夜店は素通りだった。少々残念に思いながらほかを探すが、偕楽園も夕方で終わっていたし、結局落ち着き場所を探すことにした。

0411水戸さくら山2

 今回、事前調査は殆どできずに出かけたが、水戸市周辺は温泉と道の駅については恵まれていないといっていいだろう。水戸インターのそばのスーパー銭湯でご飯と入浴、一旦常磐道に入り、友部SA上りで仮眠することにした。銭湯でのんびりしたので就寝は11時過ぎ、朝7時頃まで例によって熟睡だ。
                   つづく


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


LED素子2発のランプ

 LED素子を利用したライトについては、引き続きいろいろ試作を続けている。最初のものはLED1発でえすかる号に実装済みだが、今回の試作品は同じ素子を2発にしたものである。ちょっと大きなヒートシンクに貼り付けて、裏側のフィンの部分には冷却ファン(といっても12∨0.6Aと小さいもの)を2基取り付けている。

0406LED2発1

 点灯させて様子を見たが、温度は少し温かい程度。不思議なことに、前のものは12Wくらいだったにもかかわらず今回はLED2発でも10Wしか上がらない。考えられる原因としては、大型のヒートシンクの効果で温度が上がらないからではないか。そのくらいしか貧弱な知識では思いつかない。

0406LED2発2

 一回目の試作品については、あまりいい印象はなかったが、これは良さそうだ。直視するとかなり眩しいので、光を拡散するような仕掛けを考えてみよう。また、他のシチュエーションでも使いみちを考えよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


LEDランプ実装

0328ライト実装外観

 随分前に取り上げて組んでいたLED素子+ファン付きヒートシンクを、実際に取り付けてみたが、かなり明るい。あまり真正面につけると眩しいので、斜め上向きにして天井の反射光を利用することにした。ただ、やはり暗くなるので完全間接照明にはしていない。感覚的には40WのLED電球並みに明るいのだが、消費電力は12Wくらいでかなり大食らい。ファンは0.1Aだから1W強しか使っていないはずなんだが。

0328ライト実装

 1組のコストは400円位じゃないかな。LED素子、ヒートシンク+ファン、ケーブル類、熱伝導テープなど、何セット分も買ったのだが、もっと作ろうという気持ちは少し薄れている。例えばダイソーで売っているUSB電球でもいいし、100∨を取れるならダイソーの40W級電球も100円でなかなかいいような気もする。車以外で使おうと思うと12∨電源がちょっと面倒になる。USBから12∨に昇圧するケーブルもあったが、1A制限だったから微妙だ。ちょっと試してみるかな。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


春の小旅行(2)

0323宇都宮泊2


 就寝は9時前、車中泊は正月以来だったが、今回は羽毛布団を持ち込んだ。暑かった昼間に比べてずいぶん冷え込んだが(最低温度は3度位)、羽毛布団は正解で電気毛布も寝袋も使わずに過ごせた。睡眠中、2度ほど暴走族襲来、3時頃隣がアイドリング開始、6時頃近所でバッテリーあがりの救援始まる、といろいろあったけれど、基本はよく眠れた。

0323大型キャンパー1

0323大型キャンパー2


 今朝は、栃木でもう一つ気になる道の駅、「道の駅はが」に向かうことにした。スタートが早く店が始まる9時より随分前に到着、温泉があくのは10時と更に先。しかし待っている間、前に停まっていた日産シビリアンのオーナーさん夫妻が声をかけてくれた。まあ、こちらの手作りキャンパーユニットに興味を持たれたのだが、先方さんの車はこちらとはすべて正反対、いわゆるマイクロバスベースの広い車体に、就寝スペースとリビングスペースがちゃんと確保されているし、発電機やFFヒーター、電子レンジやTVなど、いろいろなものが装備されている。実は、いつも見学の人は多いのだが、キャンピングカーオーナーさんとのコミュニケーションは初めて、さっそくfacebookの友だちになった。先方のご主人さんは現役のトラックドライバーでお忙しいようだが、またお目にかかることもあるだろう。
 今日は昨日とうってかわって寒い日となった。栃木県東部や茨城県は高速道の恩恵が少なく、下道で立ち寄りながら走るのが面白い。道の駅はがでは、10時のオープンが待てずに出発してしまったが、途中の筑波山の麓で11時頃になったので、看板に誘われてJAが運営している「やさと温泉ゆりの湯」の立ち寄って温泉と昼食。その後所々で買い物などをしながら農場に帰着。二日間の走行距離は530KMほど、1日目が7時間半、2日目は6時間半という軽トラで走るには結構な距離と時間だったが、問題ないのでふたりとも強靭である。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

春の小旅行(1)

 来週の後半から苗作りが始まる。当分の間出かけづらくなるので、昨日からえすかる号で出かけてきた。わずか1泊だが、春分の日と土日に挟まれた隙間だから仕方がない。春休みということもあり、どこも混雑気味ではあった。

0323龍ケ崎般若院


0323石下豊田城


 宿泊は、大きな(最大級?)道の駅であるうつのみやろまんちっく村、残念ながら桜はまだだったが、いろいろ調べて途中の龍ケ崎にある般若院の枝垂れ桜をみるというイベントを一つ入れた。
 22日の朝9時過ぎに出発、市原鶴舞まで出て圏央道を利用、そこから道の駅しょうなんに立ち寄った。ここは近すぎるけれどスーパー銭湯が隣接しており、車中泊もできるようなので下見である。夕方発なら車中泊いいかもしれない。続いて龍ケ崎に向かい、般若寺を探す。ここの桜はネット情報で咲き始めという情報だったが、行ってみると2分咲きくらい、今日は寒くなったから来週後半が見頃だろう。その後、常総市の不思議なお城に上がったりしたあと、道の駅しもつま経由で目的地到着。温泉もあるのだが、いろいろ調べたところ、すぐそばに無加水無加温掛け流しという素晴らしい温泉(ただおみ温泉)を見つけたのでそこに入ってからろまんちっく村で夕食を食べた。

0323宇都宮泊
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


えすかる(9)架台への上げ下げ

0313えすかる前
 
えすかる号(キャンパーユニット)は軽トラの荷物という扱いだ。ゆえに車検の際などには降ろさなければならない。私の場合だと、最初のキャリイに乗せていた際には農作業などに使う際には降ろして空荷状態にする必要があった。このため、降ろした際に置くための架台を作り、上げ下ろしのときの仕掛や方法を考えた。架台については別の記事で説明しているが、上げ下げの仕組みや手順についてははっきり書いていなかったのでここでまとめておく。

0313えすかる前2

0313えすかる後ろ


 えすかる号の場合、前後の柱左右に垂木クランプを取り付けてあり、上げ下げの際のみこれで2mの単管パイプを取り付ける。その横に渡したパイプにジャッキを下に取り付けた1mの単管パイプを取り付け、ジャッキでえすかる号を上げ下げする。

0313ジャッキ

 架台の所定位置にバックで入れるのだが、その前に固定用のラッシングベルト・カラビナハーケンを外し、車載バッテリーとえすかる号をつなぐ12∨ケーブルを外し、アオリ板を下げておく。

0313えすかる支持

 バックしたらジャッキでえすかる号を持ち上げて、床下に3本の単管パイプを差し込んでジャッキを下ろして架台に載せる。これで軽トラを前に出せば作業終了。作業手順をまとめたものを以下に書いておく。
 
 軽トラから架台に
① サブバッテリー取り外し
② 固定ベルト外す
③ 固定金物外す
④ バッテリーケーブル外す
⑤ リアカメラコード外す
⑥ アオリ板降ろす
⑦ バックで架台に入る
⑧ 前後の横パイプを取り付ける
⑨ 4箇所のジャッキを取り付ける
⑩ ジャッキを順次回す(3回転ずつ)
⑪ ハウス下にパイプが入るまで上がったら3本のパイプを下に差し込む
⑫ 両側にクランプを取り付け固定する
⑬ ジャッキを下ろし脇に置く
⑭ 横パイプを外す
⑮ 固定具を外す
⑯ アイドリング前進で出る
⑰ サブバッテリー取り付け接続
⑱ 終了 

架台から軽トラ
① サブバッテリー取り外し
② 前後の横パイプを取り付ける
③ 4箇所のジャッキを横パイプに取り付け
④ 順次少しずつ上げる
⑤ 少し上がったらハウス下パイプの片方のクランプを外し抜き取る
⑥ アオリ板をおろす
⑦ 軽トラをバックで入れる
⑧ 4箇所のジャッキを順次降ろす
⑨ 軽トラ荷台に載ったらジャッキを外す
⑩ 前後横パイプを外す
⑪ 滑落防止チェーンを取り付ける
⑫ アイドリングで出る
⑬ 後部と両側のあおり板を上げる
⑭ 固定ベルトを取り付ける
⑮ 固定金物取付
⑯ リアカメラケーブル接続
⑰ バッテリーケーブル取り付け
⑱ サブバッテリー接続
⑲ 終了

このときは、横パイプ取付用の垂木クランプの固定部が不安だったため、上下の際に重いサブバッテリーを外すことにしていた。当該部分補強後は載せたままでやっている。


0313置き場所


個別項目説明
えすかる0)きっかけから触れておこう

えすかる1)骨格

えすかる2)空間構成と寸法感

えすかる3)外装

えすかる4)内装

えすかる5)電気設備

えすかる6)その他設備と装備品

えすかる7)置き場

えすかる8)コスト情報

えすかる(9)架台への上げ下げ

えすかる号は滑り落ちないか?

総合 軽トラキャンパー「えすかる号」製作記


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


えすかる号準備完了

0309えすかる号復活

 春めいてきたし、荷物運搬用にハイゼットからおろしていたえすかる号を載せることにした。まだ運ぶ荷物はたくさんあるが、キャリイを使うことにした。先日成田まで往復して200Km/日走ったが、カミさんは大丈夫だったというので、横浜片道100Kmは楽勝だろうし、一応思い立ったらどこにでも行けるようにしておくのだ。中の寝袋やマットは天日干ししたし、余計なものを捨てたりして準備オーケー。ただ、夏タイヤにしたので北の山の方はまだやめておこう。

0309えすかる室内
 
 来週も日月は雨のようだから、横浜にはフィールダーで行くが、キャリイには先日作った荷物用刺し板を装着した。一応、トラックシートも掛けたし、運搬用に使いたいのだが、雨が降ると濡れてしまうので明日はお休みだ。

0309貨物キャリイ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


軽トラ用刺し板のその後

0303塗装済み

 先日記事に書いた軽トラ用刺し板だが、キャリイ(DA63T)に載せたところ。ピッタリだった。若干きついくらいかもしれない。キャンパーユニットも少々の当て木くらいで載せ替えることができたので、一応予想通り。今日は移動日だが、雨のためステーションワゴンを使うことにした。ちょっと残念だが、濡れて困るものもあるので仕方ない。

0303キャリイもオーケー

 室内のバックミラーが使えるので、モミガラ運搬などもこれでいいような気がする。積載量は7掛けとなってしまうが、堰板が低い分積み込みは楽になるだろう。あとは、塩ビ管や単管パイプなどの長物をちゃんと運べる工夫をしてみよう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

昨日の続き(LED)

0301熱伝導テープ

 アリババの追跡ではまだ中国のはずだったが、今日突然熱伝導テープが届いた。まあ、早い分には文句はなく、試作品1と試作品2を剥がした。どちらもLED素子にもともとついていた普通の(と思われる)両面テープで留めていた。接着力は一級である。これで熱を通せば文句はないんだが。そのあと、届いたテープで貼り直す。

0301試作品1
 
 試作品1は、単なるヒートシンク(50X50X15)に貼り付けただけだが、これだと熱伝導テープは有効でヒートシンクは熱くなる。しかし、LEDの表面はもっと熱くなる。50℃以上と思われる。

0301試作品2-1

0301試作品2-2
 
 試作品2は、ヒートシンクにファンが組み込まれたもので、この場合はLED表面温度は40℃くらいに落ち着く。これなら安心して使えるレベルだ。ちょっと音は出るが、就寝時には点けないから問題はないだろう。あとは、直視すると眩しいので、工夫して拡散させるようにしたい。

0301コネクター

 なお、これはアマゾンで買ったのだが、「DC 電源コネクタ ジャック」というやつが12∨ベースの接続には良さそうだ。ユニット内に12∨の幹線ケーブルを這わせて、ところどころに枝状の♀を出して、いろいろなものをつなげようと考えている。
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


軽トラをもっと貨物仕様に

0301軽トラ刺し板1

 私は小さいながらも田畑を持っているので、秋から冬にかけてモミガラを運んだりする。その際には3×6のコンパネを刺し板にして山ほど運んでいる。このところの大断捨離でいろいろなものを運んでいるが、古家具などを積んでいると軽トラのアオリ板を超えたり、アオリ板に傷をつけたりする。なので、もう少し低い(今回はH=650mm)板を刺すような仕掛けを作った。明日は天気のはずなので、塗装をして完成。

0301軽トラ刺し板2

 基本はモミガラ運搬用と同じ構造だが、今回はちょっと工夫してロープを掛けたりしなくても板が自立するようにした、運搬時にはロープガケするけれど。モミガラ運搬用の板も半分朽ちており、それにフィードバックするつもりだ。

0301モミガラ運搬
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


照明用LEDの試作

 ちょっと前にLED(SMD&COB)を紹介した。@90円にしては結構明るいから、これはいけそうということで周辺部品を揃えていた。1種類ずつアリババ経由で中国のいろいろなところに頼んでいるから、揃うまでが大変だ。しかし、ヒートシンクやヒートシンク+ファン一体のものなどが届いてきたので、2台目の試作品を作ってみた。ただ、残念なことに熱伝導性両面テープがまだのため、LED素子にもともとついている普通の両面テープで貼り付けた。
0228ヒートシンク

 今回は、ファン一体型のヒートシンクに取り付けている。ファンの駆動電力も加算されるので、前の単なるヒートシンクに取り付けた場合よりも電流は大きい。当初は13.2Wだったものがその後14.7Wに増加している。また、さすがにファンで冷やされているヒートシンクは熱くならないが、LEDの表面が熱くなっている(60℃くらいか)から、やはり熱伝導性テープは必須という気もする。

0228電力量

 1台目の試作品を再度繋いでみたが、これの消費量は7.5Wほど、ヒートシンク付属のファンは12∨0.1Aだから、消費電力が倍半分なのはちょっと不思議である。個体差にしては大きすぎる。明るさもあまり変わらないように感じる。こちらはヒートシンクも熱くなるので、ファンは必要だろう。ということで、両面テープの到着を待って更に調べてみることにした。

0228点灯状況


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


LEDチップのその後

 先日、速報的に書いたLEDチップだが、かなり明るいのですぐにアリババで2度めの注文をしたり、あまりにも熱くなるのでそれを取り消したり、代わりに冷却ファンやヒートシンクを注文したり、と結構バタバタした。

0215LED00
 
 もう一度LEDをよくみてみよう。ヒートシンクは別である。黄色いところにはLEDチップが縦横にぎっちり並べられている。これは6×8個だ。最近のLEDフラッドランプなどではこういうものを使っているのではないかな。

0215袋

 大陸製おなじみの袋に、雑然と詰められて届いた。90円以下/個だから相当安いと思うが、使いこなすのは楽ではないだろう。

0215LED01
 
 中国から送られてくる冷却用の資材は当分届かないだろうと思うので、できる範囲でいろいろ実験を始めている。まず、手持ちのヒートシンクを取り付けた。それからメーターを付けてみている。計測結果だが、12∨かけて7Wほどである。

0215メーター

 正視できないほど明るいのだが、反射鏡やレンズがない状態では拡散気味である。使用に際してはそのへんは工夫しよう。発熱はしているはずだが、ヒートシンクを持っているとさほど熱くはならない。長時間つけっぱなしにしたら熱くなるかもしれない。というのは、LED裏の両面テープは、熱伝導性が高いものじゃない気がするからだ。引き出しを探したらいい両面テープが出てくるかもしれないが、ちゃんとしたヒートシンクなどがきたらそれを使おう。使いこなしてえすかる号の室内灯に使うつもりだ。
0215LED10


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ハイゼットの実力

 昨年7月20日にやってきたハイゼットは、23日に横浜でタイヤ交換をしたあと農場に戻り、えすかる号を背負ったのだった。以後、半年強はずっとえすかる号の台車になっていたが、かなり大量の荷物を運ぶ必要があり、先日ユニットを降ろして身軽になった。

0214素のハイゼット

 実はハイゼットトラックについてはいろいろと不満があったのだが、素の状態ではそれがほとんど気にならなくなっている。まず、ブレーキの頼りなさとアクセルのツキの悪さが気にならなくなった。また、大体11.5Km/Lだった燃費が14Kmくらいに向上した。ただ、横風に対する弱さは、えすかる号搭載時ほどではないが、依然として残っている。
 農作業への軽トラの出番は当分ないし、荷物運搬はまだ当分の間続くので、えすかる号をキャリイに載せようかと考えている。若干の変更点は、
    車載バッテリーの一が左右反対であること、
    鳥居の耳の位置が違うので、
       落下防止金具取付位置の変更が必要なこと、
    荷台のキャビン下部の位置違いの補正
    タイヤの空気圧調整

という具合に、ほぼ同じ荷台の大きさなので、大した問題ではない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


キャンパーユニット室内灯候補

 ほぼ日常的にアリババのサイトはチェックしている。最近、アリババの価格は上昇気味で、アマゾンの中国発送品のほうが安いことも結構多いが、それでも売りに出る速さや珍しさの点でアリババは外せないのである。
 
0213LED1
 
 この写真は、アリババで頼んで最近着いたものだが、黄色い部分には6×8=48のLED素子が並んでいる。価格は89円/個だったのでとりあえず12個ほど頼んであったのだが、今日その試運転をやってみた。電源はROCKPALSの小型ポータブル電源で、12∨出力も装備している。明るさの数値的計測はできないのだが、えすかる号周りを照らしてみたら、なかなか明るい。ただ、2~3分点けていると手で持てなくなるくらいに発熱が著しい。室内灯などにつかえる明るさだが、ヒートシンクは必須である。今度秋葉原に行ったときにジャンク部品を探してみることにしよう。あと、発熱も多いことから電力消費が大きい可能性もある。次のときにはえすかる号内の大型ポータブル電源で消費度合いを調べてみることにしよう。

0213LEDtest

0213室内

0213LED2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


赤外線LEDライトを購入

0207赤外線1
      左がカメラ、右は今回購入のライト、取り付け場所選定中

 今回のリアビューモニターについているカメラは、見た目も立派だし画像もきれいだが、一つ問題があった。それは暗いときにレンズ周りに付いているLEDが有効ではないことだ。手持ちの赤外線カメラで撮ってみたところ、遠くからはリアビューカメラが光っていることが認識できるが、照らしている範囲の方はほとんど光が届いていない。本当に赤外線LEDなの?という感じだ。夜間走行時は後ろの車のライトは見えるので問題はないけれど、暗いところでバックする際にはちゃんと照らされていないと困る。

0207赤外線2

 そこでアマゾンで赤外線LEDライトを買ってみた。今日は上げ下ろし作業などで取り付けできなかったが、明日やってみることにしよう。ただ、このライトについてはバックライトへのラインから分岐させ、バック時のみつくようにしたいので工夫が必要だ。今現在は台車とえすかる号は分離状態だし。まあ、バックライト周辺からの分岐ではなく、車室内(ダッシュボード下)から取って、リアビューモニターケーブルと共に接続や取り外しを行う方がいいと考えている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


えすかる号を降ろす、久しぶり

0207降ろした

 横浜の家から農場にいろいろなものを運ぶことになり(超断捨離)、暫くの間軽トラで往復することにした。多少は燃費がいいハイゼットを使うため、一時的にえすかる号を架台に降ろした。ほぼ半年ぶりである。

0207準備2


 最初は準備作業、えすかる号内のアイソレータに行っている車載バッテリーからのケーブルを外し、リアビューカメラの画像ケーブルを外し、えすかる号本体と車体鳥居の耳をつなぐカラビナハーケン2本を外し、ラッシングベルト2本を外し、後ろのアオリ板を持ち上げてえすかる号の底に固定するフックベルトを外す、といういろいろな作業を行って、最後に左右のアオリ板を下げる。これが準備作業の全て。

0207サポート1

0207サポート2

 次はえすかる号本体の前後にパイプを取り付け、それに4本のジャッキ付きパイプを取り付ける。その後、順番にジャッキを上げていく。一応各4回転/回ずつでやっている。十分上がるまで4回りくらいだったかな。架台のパイプとえすかる号の底の間に単管パイプが入ればOK、3本のパイプを差し込んで次にジャッキを降ろすと作業完了。キャリイの頃は1時間ほどでできたはずだが、作業のコツを忘れたせいか、細部に最適化されていない点が多いからか、今日は2時間以上掛かってしまった。

0207準備3

 その後、大原まで買い物に出かけてみた。空荷は半年ぶりだが、なかなか良く走る。突き上げはキャリイより少なくわりと乗り心地はいい。ただ、ホイールベースが短いためのピッチングは気になる。アクセルやブレーキに感じていた不満は明らかに減っており、やはり前の感覚は重い荷物(300Kg以上)を載せていたからのようだ。もしかすると、キャリイをえすかる号用にするという選択肢もあるかもしれない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


リアビューモニターなど交換

0201リアビュー1

 昨夜の雪の影響で、ゲート小屋の作業が進められないので、えすかる号の改良を行った。もともと取り付けてあったリアビューモニターは、一昨年暮れにカメラ込み4000円ほどでアマゾンで購入したものだが、どうも発色が悪く画像が汚いこともあって、交換機材をアリババで注文してあったのだった。モニターは、前の5インチから7インチに拡大してみた。価格は大して違わず5700円ほどだが、ものはずいぶん立派である。進化して安くなっているという感じだ。

0201リアビュー2

 取り付けは、電源も映像信号もケーブルや端子の規格は同じで簡単に交換できた。まずディスプレイから替えたが、画像の発色不良や不鮮明の原因はカメラだったようで大きさ以外は変わらない。カメラを替えたらかなりきれいに映るようになった。ディスプレイが大きくなった分、納め方には工夫が要ったがなんとかなった。視線をあまり落とさないためにはダッシュボード上がいいのだが、7インチはさすがにじゃまになる。
 えすかる号には後部の窓を作ってあり、バックミラーの視界は確保してあるが、これなら十分バックミラーの代わりになりそうだ。

0201リアビュー3
これは古いリアビューモニターセット

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ