定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

軽トラ(DA63T)

えすかる号に泊まる(2名)

1110予定行程表

 これまで、私だけで泊まるということは何度も繰り返している。どこかに出かけていって泊まるのは製作後の2回だけだったが、以降も擬似車中泊は何度もやっている。その結果、真夏以外はかなり快適に泊まれる状態や装備が整っていると考えていた。しかし、今回はカミさん同行なので今までの延長というわけにはいかない。えすかる号は、基本的に軽トラの荷台サイズ+法律の範囲で30cm延長なので、内法の実寸は2m×1.3mだ。当初から就寝用スペースと考えていたのは高さ40cmほどの台で、下は物入れになっている。進行方向右側半分はこれが占めていて、残りは70cm弱。はじめは台の残りの部分に簡易ベッドをいれて、そこにもう一人と考えていたが、たためるとはいっても狭い中では邪魔になる。床に寝ればいいじゃないかと考えて、最近のテスト宿泊では何度も試していた。なので今回もそうする方向で考えた。カミさんには上を譲るといったが、実は物入れベッドには秘密があって下を開けてあるので、床のレベルでは82cmもあるので、ずいぶん楽なのだ。

1110床は広い

 ということで、いろいろなものを外に出して準備したが、実際に寝る準備をし始めると結構なものが床に残っている。使う必要のないラジオとか、持ち込んだ端末や外部電池や着替えたものなどがあって、マットレスの幅60cmの外にははみだせない状況だった。手荷物などを効率的・立体的に収納する工夫をすればもう少し快適になるが、今のままでも2名の宿泊は十分可能だとわかった。
 昨日一昨日は、この時期にしては気温が高めで、特に最低気温も10度以上だったようで、ことさら防寒の対応は不要だった。とはいっても寝袋は冬用と厳寒用しかないので、それに潜り込んで寝たので暑いくらい。まあ。4立米プラスと狭い室内に2名(300Wくらいか)いるわけだからそれだけでも防寒対策になるだろう。一応、毛布や電気毛布も準備しているから、まだ当分の間はしのげると考えている。
 帰りは、雨雲と競争で帰ってきたのだが、御殿場あたりではかなりひどい雨が降っていた。多少漏水が気になっていたので、帰宅後調べたけれど全く漏れは見られなかった。いろいろな対策の効果があったようだ。宿泊用の設備としてのえすかる号は十分機能しているという印象だ。2人が泊まる場合でも大丈夫。


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

井川湖と川湯温泉(1)思わぬトラブル

1109アクリル窓

 行く途中の新清水PAで休んでいたときにカミさんが異常に気づいた。左前側のマドのアクリル板がない。高速で100Km走行は初めてだったが、内側からとめていた金具が外れていたんだろうか、風圧で開いてそのはずみで割れて吹き飛んだようだ。一応内側から遮光断熱用のパネルをあてて応急手当てをしたが、新静岡で下りてから逆方向に走ってホームセンターでもうちょっとマシな補修材を購入。おかげで1時間ほど井川湖への到着が遅れてしまった。しかし、途中の山道の紅葉はなかなかのものだった。

1109山の紅葉

 思わぬトラブルはあったが、常時満載状態のハイゼットはよく走る。えすかる号という大きな荷物を背負っているから、平常走行では80Km/hと長距離トラック並みに抑えるが、100Kmから110Kmでも普通に走る。ただ、トラック用タイヤの宿命で横風に弱い。大型トラックが抜いていくときの風圧でもふらりと揺れる。350Kgの荷物を常時積むというハンデがなければ乗用車用タイヤも履けるのだろうが、ちょっと困ったところである。今のタイヤは、新車時の装着タイヤをキャリイに譲り、トラック用といえども高グレードのものに換えたのに限界があるようだ。ショックアブソーバーを替えるという方法はあるんだが。
 今回、高速道路以外のほとんどは山道だった。もちろんカーブは多くアップダウンも多いが、それだけでなく舗装が荒れており波打つような起伏も多かった。そこを転ばない範囲で思い切り走り回ったが、ここでもハイゼットは合格だった。後ろの4枚バネは伊達ではないようだ。バネ上が重いから乗り心地も悪くはない。なにしろカミさんが文句言っていないので全く問題なしと言って良さそうだ。
 燃費だが、高速主体で走った前半の281.1Kmを21.06Lだからリッター13.4Km、後半は山道と帰りの高速だが、375.4Kmを33.6Lで、リッター11.17Km/Lだった。山道の走行だけでは10Km/Lをかなり下回ったと思う。
 昨日の朝までの走行距離が660Km、今回の2日の走行はそれよりも多い690Km、ようやくちゃんと走ったという感じだ。感じは悪くない。山道をガンガン走ったせいか、納車直後のブレーキの頼りない感覚はほとんど気にならなくなった。衝突防止装置は、幸いなことにまだ作動はしていないが、車線をはみ出ると大きな警告音を発する。上り坂でブレーキを踏まなくても後ずさりしない。うっかりミスはある程度防いでくれるようだ。4速ATはキャリイの3速ATとは大違い、音が少々大きいが、100Km巡航も無理ではない。いろいろ考えてみると、軽トラといってもハードウエア的にはよく出来ていると思う。ジジイのおもちゃとして合格だ。


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

突然出かけるのもいいもんだ

 なかなか紅葉見物行けないなどといいながら、一昨日の夜突然思い立って昨日からでかけてきた。走行距離は二日間で690.9Km、行ったのは奥大井の井川湖と道の駅川根温泉で車中泊。今回は初めてカミさんも同行、荒れた山道をかなりのスピードで上ったり下りたりして、長さ2m幅1.3mの狭い空間で泊まってきた。車も人間もかなりタフである。前にカミさんは、そんな狭い中で泊まるのはとんでもない、旅館やホテルがあるじゃないかと言っていたが、結構気に入ったらしい。まあ、行きたいところにいつでも自由に行けるのはなかなか面白い。詳報は順次書いていこう。

1109駿河湾沼津SAにて
    帰路:駿河湾沼津SAで休憩昼食

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

試験宿泊

 例年であれば今月上旬くらいには大体の作業が終了し、今頃はえすかる号で東北の紅葉の名所あたりにいるはずなんだが、予定がすっかり狂ってしまった。しかし、そろそろ作業のピークも過ぎそうなので、昨日と一昨日はえすかる号に泊まってみた。

1022断熱材敷き込み

今回は60cm幅とあまり余裕のない収納部の上のベッドではなく、床の上に寝てみようという実験だ。一応銀色の断熱材(30mm厚)をカーペット下に敷き詰めて、断熱とクッションを確保している。この上に50mmのエアマットと40mmの硬めのクッションを敷いて寝た昨夜はなかなか快調だった。ただ、外が明るくなった6時ごろに窓の断熱パネルを外して光を入れたら、真上の窓から冷気が降りてきてちょっと寒かった。まだ当分は電気毛布に頼らなくても宿泊就寝は可能だろう。

1022室内

1022切れ端
    敷き込んだ断熱材の切れ端
 
 
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

たまには動かすえすかる号

 まだまだのんびりできないが、昨日の午後ちょっと記録を見たら最後に動かしたのは9月6日。時々は充電状態を見たりファンを回して空気を入れ替えたりはしているが、なんと1ヶ月以上動かしていない。たまには動かしたほうがいいだろうと走り出した。

1012ちょっと外出

 あてや目的があるわけじゃあないが、一応大原方面を目指し、ヤマダ電機・カインズホーム・ダイソーなどにより、最後に大多喜でガソリンを入れて帰ってきた。前回の給油時から165KM走ってガソリンは16.3L、なんとリッター10KMしか走っていない。もう少しいいかと思ったんだが。まあ、350Kgを載せて空気を切り裂いて走っているから、こんなものだろうか。比較的のんびり走ったが、乗り心地はまあまあいい。バネ上重量も大きいからだろうか。今のところは、ショックアブソーバーが弱いという感じはしない。ブレーキの効きは悪いが、最初のうち強めのブレーキを何度かかけたらちょっとマシになった。
 そろそろ行き先なども考えたいが、コメと芋のことがあって行ける時期がまだ流動的。紅葉などを追いかけたいのだが。


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

軽トラキャンピングカー事例研究

0917軽キャン1

 先週末は変則日程で、土曜日に横浜に帰ってきた。3連休の初日ということもあり、道中では何台ものキャンピングカーに出会った。どうやらブームになりつつあるんじゃないか。そのうちの1台が川崎ナンバーのこのくるま、君津の地元スーパーの駐車場に停まっていたものだ。店に入って出てきたらいなかったから、食材の買い出しでもしていたと思われる。オーナーとは会って話をすることはできなかった。

0917軽キャン2

 この車、ほとんどえすかる号と同じサイズと構成で作られたものだ。自作ではなく商品として作られたもののようである。よって、出来栄えはだいぶ違う。これも軽トラ+積載物というもので、4本の足を生やして降ろすことができるらしい。ディテールは違うがほぼ同じ方法である。ただ、車体と積載物の固定はガッチリとしたものになっており、参考になった。HPによると、骨格はアルミのアングルのようだから、えすかる号に比べると軽そうだ。
 そろそろこちらも、フィールドに打って出る時期が近づいている。こういう仲間と出会って、あれこれ比較したり話をするのも楽しみである。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハイゼットの1ヶ月点検

 ハイゼットがやってきて1ヶ月とちょっとが経過した。今の時期は遠出も困難なので、1ヶ月の走行距離はわずか500Km、前回動かしたのは今月はじめ頃だから、ほぼ3週間位動かなかったことになる。
 1ヶ月点検のメインはエンジンオイル交換なので、40分ほど待っているうちに終わったが、前々から気になっていたブレーキの効きが悪い点について問い合わせてみた。一応、車検の時に使うブレーキテスターに載せて測定してくれたが、数値的には問題がないということだった。さらにダイハツに問い合わせてくれたのだが、キャリイからハイゼットに乗り換えた人に多いクレームらしいことが判明。だが、効き味が違うだけで停まることには問題がないということで特に対策部品はないらしい。なので、社外品で制動力の大きいものを探してもらうように頼んできた。
 そのあと、ブレーキの確認をしながら帰ってきたが、キャリイとハイゼットの違いは、ディスクブレーキとドラムブレーキの感覚の違いに似ているように思えた。もう一つ似ているのは、ブレーキサーボが弱いという感じかな。ディスクブレーキの違和感は乗っているうちに気にならなくなったから、今回のブレーキもなれたら平気になるのかもしれない。

0824車の裏側
   バルブ交換の際、下を覗いてみた。ミッションやデフのあたりはちょっとかっこいい。
 
 ところで、ずっとやりそびれていた軽トラバックランプのバルブ交換(LED化)をやった。フィールダーはとっくに済んでいたが、軽トラも2台とも替えたので、全てバックのときに明るく照らす老人仕様である。バックランプのバルブはたいていT16というもので、それほど明るくない。今回付けたものは1100ルーメンと言っており、それが本当ならば普通の電球の4倍ほど明るいはずだが、どうもそれほどには見えないものの明るくなったことは確かだ。

0824電動ジャッキ1
 
 ついでにもう一つ、ちょっと前に(時間つぶしで)イエローハットに行ったのだが、あってもいいかなと思っていた電動ジャッキが半額処分になっていた(元は1万円ほど)、もちろん即購入。まだ使っていないが、今日出してみた。2~3台分の(夏冬)タイヤ交換をやるので、これでかなり楽になると期待している。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

キャリイは今

0803キャリイの今3

 これまで、農作業のサポートもえすかる号の台車も二刀流でこなしてきたキャリイは、とりあえずえすかる号関連のお役御免となって、庭の隅でのんびりしている。農作業専用だから無駄なものは載せていない。唯一、ハイゼット用に買ったゴムマットを横取りして載せているだけで、もともとのシンプルさが強調される感じで悪くない。実はこのキャリイのデザインはお気に入りだったので、スマアシ(衝突よけ)のせいでハイゼットを選択せざるを得なかったことは残念だった。ただ、キャリイも現行はデザインがかなり変わってしまっているんだけれど。キャリイの今後については、借り畑への農機・農機具・収穫物等運搬、モミガラ運搬、長尺物購入時運搬などが仕事になる。

 キャリイとハイゼットの大きな違い、それはアクセルのレスポンスだ。90Km以下ならキャリイのほうが圧倒的に元気がいい(それ以上は壊れそう)。物理的ではなく電気信号でアクセスをコントロールしているらしいハイゼットは、相当鈍くしつけられている。電気的だからこそスロットルコントローラなどの後付部品も使えそうだが、スマートアシストという衝突防止装置が付いていることで、そうした装置は全部未確認状態だ。まあ、でかい箱を載せている車だから、少々アクセルのツキが悪いことくらい我慢しようとは思うが、対応部品が出てきたらつけてしまいそう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハイゼットの燃費

 納車後最初に満タンにしたあと、横浜への往復と混雑した市内の配達などに使ったのちに木更津金田で給油したときの燃費は11.25Km/L、えすかる号は載せていなかったのだが、フィールダーの倍以上も喰う大食いだった。
 今日は、暑くてとても何もできそうになかったので、茂原まで一走り。ホームセンターや自動車用品店などを一通り見て帰ってきた。大多喜で給油してみたが、135Kmを10Lとやや向上。房総半島山間部特有のゆるい上下は含まれるが、基本的に空いた田舎道を制限速度で淡々と走るとこのくらいにはなるようだ。ただ、気温35度以上でエアコンガンガンだから、それがなければ15~16Km/Lは実現可能だろう。

0801焼肉えすかる号

 ということで、350Kgの空気抵抗の大きい物体を積んだ4速AT(ロックアップなし)の軽トラとしては結構走るじゃないかという印象だ。

0801焼肉号内部
    リアビューカメラは常時点けて後ろを見ている

 少々物入れも追加して、モノの収まり方も決まってきたので、自分の居場所になりつつある。全体を見渡すと、今日の朝一番にブレーキの効き具合が気になった。サーボが弱い感じだった。一度、えすかる号を降ろして、ブレーキパッドに焼きを入れてみよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

昨夜の宿泊試験結果

 昨晩は、上の畑に持っていった焼肉号(ナンバーによる)で宿泊試験を行った。ずっと暑い日が続いていたが、昨夜は涼しくて20度を下回ったと思われ、窓は遮光断熱板で覆い、毛布を被って寝てちょうどだった。農場のある大多喜町会所は海抜200m、それほど高くはないけれど、周囲の森が冷気を作っており夕方以降は避暑地レベルになるのだ。場所を選べば夏でも車中泊は可能だろう。
 タイヤについては、走行中の変化(振動減&滑らか)を報告済みだが、停車時の揺れもかなり減少している。これもタイヤを6プライから8プライに替えたことに因るものだろう。あと、軽トラ自体も変わったのだが、今回はリアのリーフスプリングを1枚増やしたことも奏功していると思われる。一応期待通りだ。
 朝になってから定位置に戻した。今晩から明日にかけてたっぷり雨が降るらしいから、屋根の下で過ごしてもらおう。本体からの雨漏りは一応収まっているが、窓の遮水が今ひとつで、今後の改良点だ。
 
 0727定位置


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ