定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

定年農業者連盟(定農連)

定年帰農者連絡会ミーティングについて

 昨年暮れから立ち上げている「定年帰農者連絡会」の第0回ミーティングを本日行いました。そもそも連絡会は、私のBLOGをごらんになったNさんが同じことをやっているんだから情報交換しましょう、というメールを送ってくださったことが発端でした。
 初対面でしたが、こちらのことはBLOG経由でかなりご存じでしたし、Nさんの状況も色々聞かせていただき、すっかり永年の知己という感じです。帰りには果樹園N自家製のブルーベリージャムをいただいて帰ってきました。ブルーベリーは果樹園の主力生産物で、今年は1t位の収穫らしいです。
 今回は私のみでお宅にうかがいましたが、奥様からは次回はうちのカミサンの同行を求められました。次回は当方においでいただく可能性もありますが、早くほかのメンバーさんに参加していただく第1回ミーティングにこぎつけたいところです。
 しかし、Nさんとの間で話題となったことの一つに、「定年帰農、やりたい人は多いが、なかなか踏み切る人はいない、常識がブレーキを掛けるんでしょうね」、そうすると、今日は常識のない同士があったのかもしれません。しかし、それもいいんじゃないでしょうかね。それと、「定年帰農、うまく行っている人だけではない」。そうかもしれません、うまく行くために「定年帰農者連絡会」が必要になるんじゃないでしょうか。定年帰農、定年でなくても農業やりたい、農業というほど大げさでなくても農的生活したい、そんなことをお考えのみなさん、連絡会にどうぞ参加してください。ご希望の方、私宛メールかメッセージでどうぞ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

定年帰農者連絡会(Yahoo!グループ)開設について

 「卒サラ農業者同盟結成に向けて」で書いたとおり、私のところに相次いで届いたメールをきっかけに、情報交換などを行っていこうじゃないか、という話が持ち上がっていました。本日、yahoo! グループの「文化・交流」「年齢世代」「シニア」のサブグループとして「定年帰農者連絡会」を設置しました。定年に限定することもなく卒サラなどという単語も考えていたのですが、今後検索してグループを捜すケースもあり得るため、あえて一般的な言葉を使わせてもらいました。しかし、運用としては、もっと若い方で農業に転身されたみなさんにも参加していただくことを考えていきたいと思っています。

 もし、参加をご希望の場合、BLOG右側の「管理者への連絡・ご意見など」を使ってご連絡をください。メールアドレスは必ずご記入ください。登録やご連絡を差し上げます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

卒サラ農業者同盟結成に向けて

 相次いで二人の方からメールをいただいた。(このBLOGの右側から私宛のメール・送れます) お一人(Nさん)は、横浜市栄区在住の方で、定年(5年前)時に成田に農地と建物を購入され、定年後の農業を続けてこられた方で、今後情報交換などをやりましょうという提案、もう一人(Hさん)は茅ヶ崎にすんでおられる方で、長野に古民家を既に購入、定年後の田舎暮らしを計画されており、私のBLOGや考えを応援してくださるというお申し出であった。
 Nさんとは昨日、電話でも話をさせてもらい、来年早々にNさんのお宅に出向いて会おうということになっているので、Hさんにも返信でそのあたりをお伝えしてあり、どこかで合流ということも提案させていただこうと考えている。
 これまで定年農業者連盟(ていのうれん)なんていう暫定名称も考えていたが、別に定年を迎えなくてもサラリーマンから農業者に転向した方も多いだろうし、仮称を少し換えてみた。名前についてはもっといいものがあるだろう。全国の仲間のみなさん、どうでしょう、準備活動に参加しませんか。一応、適当なメーリングリストを使おうと思っています。ぜひコメントやメールでご連絡ください。
 なお、とてもそんなことはできそうにもないが、面白そうだからそばで見てみよう、農業じゃなく漁業がいい、いや林業がいい、自分じゃやらないが無農薬の野菜が欲しいなど、色々なご要望にも応えられるような集団になっていくといいなあ、などと勝手に考えております。

Nさん、Hさん、勝手に題材にさせてもらいました、すみません。今後ともよろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

サラリーマンから百姓へ

 昨日が最終出勤日、今年の最終日ではなくサラリーマン生活最後。1週間ほど前、「あと3日で終わりだ。」とつぶやいたら、それを耳にしたカミサンから「何か感慨はないのか」という問いかけがあった。考えてみたけれど、ふしぎなほどそれがないと思っていたが、いよいよ最後となってもなんだか淡々としていた感じだ。
 身辺整理は終わっているので、空っぽの引き出しをガラガラ開け閉めしていたら、なんだか引っかかる感じがした。しゃがみ込んで一番下の引き出しの奥を覗いたら、なんだか色々なものが向こう側にへばりついている。手を突っ込んで引き出してみると、古い名刺や書類などがグシャグシャになっていた。私の引き出しは、ほとんど一方通行で一度入れると出すことはないといってもいいほどだったから、机の方がこんな逃げ道を作ったようで、上に載せられたものが奥におとされ、年輪のように集積していたと思われる。
 本当は、引き出しの底の更に下、机をドケると露出する床の上にも何か落ちている可能性は高いが、捨てるのが適当というものばかりに違いない。あとは、産業廃棄物として始末してもらおう。会社は半日で終わらせ、南麻布の友人のラーメン屋(どらいち)で昼食、その後人形町の医者の友達のところに行ってくスリを処方してもらい、サラリーマンとしての最後の日は終わった。さあ、こちらは産業廃棄物にはならずに百姓に転身だ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

定年帰農者の立場での社会貢献について

 農業そのものをどうやっていくか、ということについては現在別記事にて検討中で、続きを考えているところだが、それとはちょっと離れて、自然の中で自給自足的・生活をするという観点から、社会というか世の中に何らかの貢献をできないだろうか、という気持ちからいろいろ考えていることがある。。
 一つの目的として、これは以前からこのBLOGの目的にもしていることだが、定年世代のみなさんに実際に農業をやってみたらどんなことが起きるのか、という実例を見せるということをあげておこう。ただ、ちょっと整理すると、同じように定年帰農している人たちとの連携、またそうしたいと考えている人たちの応援、それに相互支援、こんなことをまず最初に挙げておきたい。
 次に、定年世代に限らず、農業を体験してみたい、あるいは興味を持っている人たちに体験の場を提供したいと考えている。そうなると、援農のようにこちらの農業を手伝ってもらうという話にもなりそうだが、今のところは我々2名で何とかやれる状況なので、もっとワリキった考え方の方がいいような気がしている。こちらもあてにしない代わりに、なにもかまわないような考え方。そんな方法をちょっと考えてみたい。
 3つ目には、お子さんの自然体験の場を提供するということだ。このBLOGには何度か書いたことがあるが、農業なんてほとんど興味がなかった私がとびこんだ潜在的理由に、兵庫県の父の郷里に夏休みごとに出かけて楽しんだ田舎の体験がある。私の子供は十分体験できずに大人になってしまったかもしれないが、別にどこの子供でも自然に触れていろいろなものに興味を持つ人に育って欲しいと考えている。BLOGタイトル=「定年後・田舎作って・コメ野菜]の2番目の単語にはそんな意味を込めているのである。
 これからいろいろ具体的に考えていきたいと思う。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

専業農家への脱皮を考える(1)

 一応サラリーマンからは足を洗うのだが、それすなわち専業農家というわけではない。そもそも農業というものは、「農」を「生業」にするということであるから、農業委員会に営農計画書を出して、一応農家として認められただけではだめで、やはりそれで生活ができるような態勢を作ることは必要である。
 そのもっとも大きなポイントは、作ったものをどこにどのようにして販売していくかということにある。現在は、カミサンが横浜の家で週末明けの2日間直売所を開けて売っており、葉物や根菜などは大体その方法で販売している。保存がきくコメやイモは、これもカミサンの人脈で箱単位での販売を行っている。どちらの方法も細々としたもので、今の生産量に見合ったものという感じである。今年豊作だったイモは、ちょっと多いから来年は減らそう、などという意見が販売担当からは出ている状況だ。私としては、農業に専任するからにはいいものをできるだけ多く作って、希望する方に買ってもらいたいとの気持ちもあるけれど、今の延長では売る方のパイプが細いのである。このあたりについては、大昔に学んだことがある「マーケティング」からアプローチしてみたいと思う。
 マーケティングの4つの要素は、(1)製品、(2)価格、(3)販促、(4)販売経路である。20代の頃に習ったことだから、今は多少違っているかもしれないが。原理はそれほど変わるわけもないから、この枠組みで考えてみよう。
 
 うちの農場の売り物は、無農薬有機栽培というところにある。安全で健康な作物を作るということが最優先であり、農場の名前は「会所無農薬実践農場」とつけたし、「生き物と共に作るコメと野菜」という説明までわざわざ付けた。だから、(1)製品自体の特性としてこのことは売り物になると考えている。
 価格については、これ自体を売るための要素にしようとは、今のところあまり考えていない。世の中の値段はリサーチしているが、それよりは安く提供しようというのが基本的な方針である。もっとも、単価は基本的に百円のものがほとんどで、手軽に買ってもらえることに重きを置いている。イモやコメなどの保存ができ、箱で売れるものは配送料や振り込み費用が余分にかかるため、もの自体の価格を多少下げても結局高いものになるようなところがあり、悩ましいところだ。これは前の項とも関連することである。もの(製品)を気に入っていただいてそれに見合う価格をつける、逆に言えば値打ちのあるものを提供すればいいということだろう。実は、4項目のうちの(1)と(2)は、そのときそのときによく考えればいいことで、よく考えなければならないのは(3)販促、(4)販売経路なんだろうと思い始めた。
                    長くなるから一度切ろう、続く。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

会所農場、これからのロードマップ

 3サイクル目が終わろうとしているが、これからいったいどういう方向に向かうのかを考えてみたい。これまでは以前から継続しているサラリーマン稼業があり、週末限定型の農業をやってきた。農業とはいっても収益と費用のバランスもとれるわけもなく、カミサンがやってくれている直売所の売り上げは、種・肥料や資材の費用と往復の交通費を何とかカバーする程度。軽トラとか農業機械などのまとまった出費は別枠である。まあ、これはうちだけでなく日本の農家では例外ではないのだろう。
 たびたび書いているとおり、このBLOGの大きな目的は定年到達者及び予備軍のみなさんに農業をやってみるということの面白さを伝えて、あとに続いてもらおうというところにある。確かにいろいろなハプニングはあるし、やっていてこれ以上面白いものはないんじゃないか、40年以上続けてきた会社勤めをやめても全く違うフィールドで充実した毎日を送れそうだという実感はあるが、これだけやっていることに対し、何らかの対価があるのが当然だという気もしないではない。幸い、40年間も社会の一員として(歯車の一つだったけれど)やってきた経験はあるので、それをバックグラウンドとして、農業がビジネスとして成り立つようなモデルを考えるのは、もっと大きな役目ではないかと思っている。もちろん企業の看板を背負ってではないし、大それたことはできず、身の丈のレベルで考えるのだが。
 もう一つ考えているのは、人の生活を見直すということに関われないかということだ。3年間、農業というものを見て経験してきたが、私の60年の半生の中で考えも想像もしなかったことばかりであった。この歳まで知らずにいたことを恥じる気持ちもあるけれど、一方で知らずに死んでいかなくてよかったと思う気持ちの方が強い。こういうことは、是非とも若い人たち、当然子供たちも含むのだけれど、みなさんに経験する場を提供したいと思い始めている。自然の中で、いろいろな生き物と協調したり戦いながら、イネやそのほかの作物の成長を見守るということ、そうしてできてきたものを食べて我々は生きているということを体験する場を提供したいなあと思う。
 ちょっと抽象的な話で推移したが、具体化は徐々に考えていくつもりだ。もちろん、今までの3サイクルの延長を粛々とやるけれど、週末農業という言い訳でもって今まで行き届かなかった作業もちゃんとやるけれど、先に述べた2つの柱も進めようと思う。


  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

定年到達者、及び予備軍の皆さんに告ぐ(檄文)長い

 定年は一つのチャンスである。特に企業という一つのカルチャーにドップリ浸かっていた人にとって、新しい世界を経験するきっかけになりうる。しかし、転身というそれまでの延長でははかれない事態を自ら作ることは大変な労力のいることであり、おそらくは自分一人の決断ではすまない場合が多い。そのように考えを進めると、この機会を逃すと結局あまたのしがらみに抑え込まれ、転身は夢に終わる可能性が高い。
 私自身は、いろいろな幸運や環境・運に恵まれ、そして自信の脳天気も幸いし、定年を機に農業を始めるという機会に恵まれた。恵まれた状態がずっと続くかどうかは定かではないものの、自分の田畑を耕し、自分で作ったものを食べ、日々歳々自然と対峙・会話する生活を営むこと、これは究極の老後の生活ではないかと考えている。
 ところで、私は62歳。サラリーマンとしてはすでに定年を迎えたが、日本の農業者の平均年齢よりは若い。若手農業者といってもいいかもしれない。しかし、考えてみるとゆゆしき事態である。食糧自給率の危機的低下が叫ばれて久しいが、これを防ぐ対策が何か講じられている様子はない。そのような中で農業を担う人の年齢が高齢化し、ついには耕作することもできなくなってしまう事態も珍しくはなくなっているのである。
 そこには我々定農連(定年農業者連盟)の出番があるんじゃないだろうか。たしかに農業を生業にすることには無理がある。ずっと農業をやってきた人でもそうだから、サラリーマンで定年を迎えた方は無理と考えるのが当然。だけど、十分ではなくても年金を頼れる人は少なくないだろう。それに、田舎で自給自足生活というのはあまりお金も必要にはならないようである。このあたりはまたいろいろ説明する場もあるだろう。
 私はこれまでの人生のほとんどを都会で過ごした。従って、農業などはっきり言って視野にはなかった。わずかに関わっていたことといえば、家内が市民農園を借りていたこと、多少は手伝った。それに屋上に田んぼを作っていたこと、これも手伝ったが、イネの不思議さにはなんだか心牽かれた。カミサンがやっていた市民農園は最盛時で40平米くらい、経験もしれている。それにほとんど初めての私が加わって田んぼを含めて3反の農業を始めるというのだから、周囲からは狂気と映ったかもしれない。でも、やってみるとすべては杞憂に終わった気がする。どうやら、放っておいても作物は育つ。問題があるとすれば、農薬を使わないから虫にやられるということ、イノシシやシカに食われることくらいかな。このあたりは過渡期的に週末農家でやっている今の状況にも関係している。専業になる来年はましだと楽観しているが。ともあれ、挑戦すれば何とかなると大きな声でいってみたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、「定年後の暮らし」「新規就農」「半農生活」ではいずれも1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

将来の農業を考える(V.0.0)

 日々、身の回りのミクロの農業に追われているが、もっと世の中的に視野を広げてみるとこのままでは出口がないのは明らかだ。農業の担い手はいなくなり、耕作放棄地だらけになり、食料はさらに外国からの輸入に依存することになり、食の安全はおろか確保さえ大変になってしまう恐れは十分にある。にもかかわらず、この国の政治家たちは何もできずにうろうろするばかり、官僚たちはカタストロフィでも待っているかのように何も手を出さない。ということで、断片的に浮かぶ色々なキーワードを並べてみた。例によって、frieve editor という優れたフリーソフトのお世話になり。これからも考えをまとめていくつもりである。

64a53bef.jpg


 まず、一番上に関係しそうな社会事象を並べてみた。冒頭に書いたものはここからのピックアップだが、実は今回の震災津波・原子力被害で生活のすべてを失った方に新しい農業生産システムの一端をになってもらうという要素も大きいのではと思う。一番の問題であり出発点は、農業を担う人たちをどのように増やしていくかという課題である。現在の農業人口は、激減している上に高齢化が進んでいる。62歳の私など、きっと若手といっても通用するはずだ。この問題は、農業自体の魅力がない、さらにはこれでは食べていけず、子どもを育てるのも大変だという状況になってしまった構造的な問題に起因するところである。解決策はまだない。これから考えるのだ。
 さて、最初の問題が片付くと、農地供給の問題がボトルネックになってくるはずだ。私も、現在の農場の土地建物を買ったあと、農地については本当に自分自身のものにするのに1年半近くかかった。でも手に入ったからまだいいだろう。耕作放棄地は半端ではないほどあるはずだが、農業をやってみたい人がいても、誰でも気軽に農地を探して借りたり手に入れる仕組みはあるとはいえない状況だ。これも多角的に考えて創出・提供する必要がある。
 それで、担う人がいて使える農地が手に入ったとしよう。それだけでは問題は解決しない。産業としての農業が担い手を集めて永続的に回転していくためには「生業」として成立することが必要条件になる。その場合、生産物を消費者に販売するという事が必要になってくる、しかも生活できる価格で。現在も農協をひとつの柱とし、都市部の市場を中心とする流通機構に載せる手段があるのだが、これが農業者のためになるように機能しているかどうか、生活できる見返りを返せているかは考える必要があり、まだ別のルートも模索したいところである。
 それから、農業生産の活動をサポートする仕組みはどうしても必要になるだろう。「農業はバクチだ」というのは、まだ我々が現農場の購入を決断する前、ご近所の人達に話を聞こうと訪ねたとき、今も大事な先生である隣のおばあちゃんの最初の教えだが、農業生産品はどうしても相場に左右される。その決定要因は気候や作付状況、虫や病害の発生など多岐にわたる。それを結果が出るまで待つだけでは何時まで経っても状況は改善されないだろう。もうひとつ考えたいのは、例えば農業機械などの融通だ。人手だけでできることはしれており、農業機械は画期的な効率向上につながるが、そう簡単に購入することはできない。買えるほど収益を期待できるようになればいいけれど。通常の人力を含め、相互扶助や融通をする仕組みは考えたいところだ。
 
 上に掲げた絵は、一応5つの大分類に分けて整理をし始めたものである。頭の中で作るものではなく、世の中に通じる仕組みを考えていきたいと思う。そのためにキーになるのは、作る人と求める人が商業的につながりを持てるような仕組みの構築にあると思っている。

意見交換会での話題・このBLOG

意見交換会での話題・BLOG
2時間強の意見交換会では、私の基本的な情報をまず伝えた。農場を入手するまでの経緯や実際の農業、カミサンが横浜でやっている直売所のことなどを伝えた。BLOGのことも当然話をした。その中では、私とほぼ同じ年代で田んぼをやっているジャッキーさんのことや、一曜菜園のゴンザレスさんのことなども話をした。ゴンザレスさんがBLOGに書いていた「徴農制」の話や、そこにコメントとして私が書いた定年徴農制のことも話したが、これには大きな反応があった。農業者ではないけれど、いろいろな情報を提供してくれるnakakaneさんのことも話をした。コメントを書くところまでは行っていなくても、多くの方が訪問してくれるBLOGになっていると説明しました。

農業をどこへ、きっかけの意見交換会

 今日の仕事のあと、とある大手広告代理店を訪問した。私の弟が中継ぎをしてくれたのだが、そこの社内で提案コンテストのようなものがあり、農業に着目してビジネス機会を生み出そうというテーマを検討中の若手社員の人たちと会い、意見交換をしてきたのだった。
 このBLOGでも触れたことはあるし、そもそも BLOGをやっている基本コンセプトは、無鉄砲にも農業を始めたとある定年家族の生き様を伝え、あとを追いかけてみようという人を作りたいということだった。このBLOGや私が探し出した全国の皆さんのBLOGを通して仲間は増えているし、実際に出かけていって農業をやってみると、これではいけない何とかしなければ、という思いは募っているし、願ってもない話ということで出かけていったのである。
 現在の農業を囲む環境は、TVなどで喧伝されているように確かに矛盾だらけで構造的に解決を阻む問題が山積みだが、政府や地方自治体には問題を正確に把握して適切な対策を立てる能力も危機感もない。世の中の人たちも、状況には不安を持ったり何とかしたいという思いもあるのだろうけれど、そうした思いを受け止めて具体的に物事を動かしている仕組みはないに等しい。
 そこでの2時間を超える議論の内容は徐々にお伝えするつもりだが、対話をした皆さんにはこのBLOGや併設のBBS(今は使っていないが)経由でやりとりをしましょうという提案をした。幸いにもここに来てコメントでやりとりをしている皆さんも増えてきたし、コメントまではいかなくても読んでくださる皆さんはもっと多くおられます。今日の延長で、いろいろな提案や質問が出てくる状況もあると思うが、そのときには是非ともご意見をほしいと思います。
 私がしゃべりすぎてご要望の話から逸脱したかもしれないが、基本的な着眼点としては、
    都市と農村地域の交流
    野菜などの産品の流通(コスト)の問題
    援農活動の可能性
その他いろいろという感じでした。
 農業自体がいろいろな面でビジネスにはなりにくいことは伝えましたが、違った視点からの名案も期待できるし、第一農業をやっている人だけで、都市で生活をしている人だけで解決できるわけでもないから、こういう活動には力を注いでいく必要があると定年帰農者として思いました。
 
 それでは                続いていきます。
 
 
ところで、ついでに「農業をどこへ」というカテゴリを新設しました。この1年半で、それ以前には考えも気づきもしなかったいろいろなことをみてきました。その中で今感じていること、自分の家族や子孫たちが健康にいきられる世の中であってほしいし、食の基盤を担っている農業従事者(なんと私もそうなんです)が、農業を「業」として永続的に続けられるようになってほしい、実は本日の意見交換でそんな気持ちが増幅しました。皆さんもどうぞ考えてくださいね。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ