定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

定年農業者連盟(定農連)

定農連ミーティングの代わり

72726145.jpg


 本日は定年帰農者連絡会のミーティングの予定だったが、出席者が少なく延期ということにあいなった。これまで会の連絡手段にしてきた yahoo!グループのメーリングリストも来月サービス終了予定だし、そのせいか最近はダウン気味のようで、いくつか書いたつもりのメールが戻ってこないなど、ちょっとガタピシした感じである。しかし、出席できる人だけでも集まろうということになり、長生村のSさん宅に4名が集合した。

bd768467.jpg


 そもそもの目的だったSさんのイチジク畑も見せてもらった。私は比較的最近(1か月ほど前だったかな)お邪魔していたが、その時に比べて誘引用の農業用パイプや防風ネット用の単管パイプなども設置してあり、2年間の見習い(研修)の成果が具体的に見えていたと感じた。今年から農業収入も期待できるそうだ。

019eda61.jpg


 今日は暖かかったので炬燵の部屋ではなく、西側のイチジク畑予定地に向いた部屋でいろいろ雑談をした。Sさんのお宅は文化財といってもいいほどの素晴らしい古民家で、高い天井や立派な柱や鴨居などをみながら座っているとなんだか楽しくなるのである。ただ、行くたびにいろいろ変化しており、お守りをするのはさぞかし大変だと思われる。友達が持っていてたまに遊びに行かせてもらうのが一番良いのかもしれない。

 今回は流れてしまったミーティングをどうするかも話題になり、5月の中ごろくらいだろうか、私のところの田植えの時期にやろうという話になった。大多喜でも南の方の僻地ゆえ申し訳ないと思い、これまでは長生村のSさんや成田のNさん、大多喜のIさんのところにお世話になっていたが、今回は遠いけれど当方に集まっていただくことにした。手で植える田植えも、よろしければ体験してもらうことになる。
 
 これまで、せっかくメーリングリストがあっていろいろなところのメンバーさんもおられるのに、ミーティング(会員密度の高い千葉ばかりとなってしまう)主体となっていたきらいもあるので、新しいメーリングリスト採用・切り替えも行うので、会のすすめ方も何か工夫しようと考えている。ということで、定年帰農者連絡会(定年世代および予備軍の方で、農業あるいは農的生活に興味のある人、実践中の人の情報交換の集まり)に興味のある方を募集します。ご興味のある方は右の管理者への連絡欄からメッセージを送ってください。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

中国中央TVで放送されました

先日取材を受けたCCTVの番組放送が昨日あったようで、記者さんから視聴できるWEBについて連絡がありました。
こちらは温泉から帰るバスの中で、劣悪な通信環境のため途切れ途切れですが、何とか視ることができました。

http://jingji.cntv.cn/2013/12/19/VIDE1387459448160508.shtml
[経済情報ネットワーク]ホット日本の退職者は、農業に戻 :自給の種類の中から音楽販売20131219から
タイトルはchromeの翻訳のままで、変なところもあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日は二回目の取材(CCTV)

 前に書いたように、CCTV(中国中央TV)の取材を受けているが、今日午後から農場に取材班がやってきた。中国人の記者さんと日本人の撮影・音声スタッフ二人という組み合わせだ。相手が変わっても話すことは変わらないので、こちらはもう慣れたもの。日本では放送されないということもあるが、まったく緊張などとは無縁の対応である。

dcc48a9c.jpg


 最初に農場の全景を撮りたいということで、お隣にお願いして向かい側の山から撮らせてもらった。私自身も、結構忙しいということもありなかなか上がる機会がないので一枚撮影。うちの山からの撮影も薦めてみたが、重いカメラを担いで上りたくはないらしく、あっさり却下とあいなった。

5f2409f6.jpg


 彼らが大きく反応したのは井戸ポンプだった。撮影が終わり最後に、土がついた三脚などを洗いたいので井戸を貸してくださいと頼まれたのだが、ポンプを押すところをスマホで撮ったりしていた。あれはどうも取材とは関係がなさそう。若者世代にはかなり面白く映るようだ。冬になってきたが、年間の温度変動が少ない井戸水は、次第に温かく感じるようになってきた。井戸のある生活は四季それぞれ風情があると思う。


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

マスコミ取材の話題2点

649b2ae6.jpg


 以前簡単に書いたことがあったんじゃないかと思うが、正確には覚えていない。「月刊ふるさとネットワーク」という雑誌の取材を受けていたが、本日手元に掲載紙が届いた。実際に取材を受けるまで、宝島社からでている「田舎暮らしの本」と間違えているという失礼なことをしてしまったが、この「月刊ふるさとネットワーク」は大多喜の土地建物を買った際に売主さんについていた仲介業者さんが出している本で、定期購読客向けで書店には出ていないのではないかと思う。毎月、顧客の中から2組を選び2ページの記事を書いているらしい。

37868bc4.jpg


 内容は、BLOG読者さんはご存知のことがコンパクトにまとまったという感じだ。全員ではないが一族が集まった際の写真なども掲載されている。本蓼立ち読みもできないと思うが、予備の本は送ってもらっているので、見たい方は連絡ください。
 
 もう一点、定農連のミーティングの記事にひっそりと書いたが、中国中央TV(CCTV)の取材を受けている。CCTVビジネスチャンネルの東京事務所が担当しているものだが、中国でも定年世代のセカンドライフは興味を持たれているらしく、ニュース番組の中の数分のコーナーを使って日本の定年帰農の状況を紹介するというものらしい。定農連のミーティングの状況はすでに撮影やインタビューを済ませたが、あと大多喜の農場と横浜の直売所を取材し、北関東地域の自治体で、定年帰農受け入れに熱心なところを取材する予定もあり、そういった材料でまとめるようだ。放映は中国全土で日本は当然含まれていないが、放送後WEBではみることができるようになるらしい。れっきとした国営放送だから、国家レベルでも定年世代の取り扱いには注意をしているということの反映ではないかと推測される。中国語は全く分からないけれど、どういうまとめ方をするのかについては大変興味がある。
 
01a68d46.jpg

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

雑誌「人生の達人」で紹介されました

 取材を受けたときなど、確かBLOGにも書いたと思うが、人生の達人(KKベストセラーズ発行)に記事が載りました。テレビの「人生の楽園」は別にして、「現代農業」などの農業に関係する雑誌などには載ったことがあるが、今回はそれらとはちょっと趣が違うものだ。この雑誌は、歴史人の増刊として刊行され、今回が3号目。50代からの企業ゼミというテーマの農業編ということになる。
 そのような内容なので、当初の投資額とか農業関係の収支、家計収支などの金銭関連の情報を求められた。普通はそうした情報は出さないものだが、定年世代に農業を始めてほしいということは私にとっての重要なテーマだから、大体の情報を開示してみた。
 あらためて読んでみると、半自給自足ということと農業以外のことをやっている暇がないということから、生活費はずいぶん少ないということがわかる。また、農業収支は赤字で減価償却分を除いたキャッシュフローベースでようやくトントンになる勘定だ。しかし、そろばん勘定では現れない大きなメリットがあるので、そのあたりはライターさんに強調したので、ちゃんと書いてあた。
 定年後どうもダラダラしていて何とかしたいとか、定年を迎える前にいろいろ検討しているといった方には、参考にしていただけるかもしれない。
 



今だと、「現代農業」にも記事が載っている。これは私が書いたもの。方向は全く違うが、定年世代が農業を始めるというところは共通している。都会でも大きな本屋さんなら置いてあると思うので、立ち読みしてみてください、2冊とも。




 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

大先輩農園を見学

b4437a71.jpg


 今日は、横浜市旭区にお住まいで、近所にちょっと広めの家庭菜園(BLOG名称も同じ)をお持ちのYさんが野菜の注文をしてくれた。もともとはBLOGを介した薄いつながりだったが、6月にYさんが梅干し用梅をたくさん注文してくださり、私としても広めの家庭菜園の主として興味深く感じていたのだった。なにしろ、私が突然農業に跳び込んだきっかけは、以前カミさんが借りていた市民農園だし、それをもうちょっと本格的にやってみようというところからすべてが始まったからである。それと、明日発売になるらしい「人生の達人」の記事取材の過程で大多喜町と接触し、私自身は町の活性化や人口増のきっかけに「広い市民農園」が有効ではないかと思っていたので、ぜひ訪問していろいろお話をうかがいたいと思っていたのだった。
 注文の野菜を取りに来られるということだったが、配達ついでに菜園の様子を見せてほしいと厚かましいお願いをして快諾していただき、数カ所の配達を終わらせてYさんのお宅を目指した。野菜をお渡しした後、車で数分と至近の場所にある菜園に案内していただいた。旭区中白根のあたりは、当然のことだがかなり住宅地化が進行しており、そんな中にもともとの農地が少しだけ残っている。その一角の600平米程度がYさんの菜園だ。周りは地主さんや同様に借地をしている皆さんの畑である。前にも概略は聞いていたが、特区農園という制度により、農地法に縛られずに地主(農家)が利用者に貸すことができるというもののようである。一応賃借料も聞かせていただいたが、公表することの了解はいただいていないけれど、通常とは一ケタ違うくらい安いのであった。

429ab215.jpg


 畑を一回りしていろいろ説明をしていただいたが、何しろこちらは始めてから5年目の新入生、Yさんはその何倍も経験を積まれた大先輩で、いろいろ感心するばかり。ただ、枯れ気味の井戸しかないため、冬野菜の苗づくりが始まる今の時期は大変だということと、広い菜園でとれるものが圧倒的に多いため、作物の行先をどうするかということがご苦労の種ではないかと感じたのである。
 特区農園制度は、利用者と地主間の取り決めでできるとしているが、実際には横浜市のように基本的な条件作りを自治体が行って、触媒のように促進する環境整備が大事だと思う。定年世代が農的生活を始めるためのきっかけとしてぜひとももっと広がってほしいものだ。また、これが定住のきっかけとなることも注目すべきだろう。
 
 参考資料
     関連資料(農水省)
     関連資料(横浜市)
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

現代農業9月号が届きました

9734e046.jpg


 5日発売の現代農業9月号が横浜の家に届いていました。「重いのはイヤだ」という巻頭特集の中で「定年帰農の「重い」をラクにした三つの機械」という6ページの記事を書いています。もともとの依頼は「軽トラで重いものを運ぶといったテーマで書いてくれませんか」というものだったけれど、軽トラはごく普通の使い方しかしていないし、とりあえず運搬車のことを書いた原稿を送ってみました。その中の「運搬車は忠実なロバのようなもの」という表現が気に入られたようで、その勢いでバックホーと軽トラを含めて書いてくれという依頼になりました。
 まあ、農業をやっている人なら珍しくもない機械を3つも並べてしまいましたが、やはり定年帰農者という目線からの使い方などがいいということなのかもしれません。夢中でやってはいますが、60歳の時に農場を手に入れて始めたのですから、それから4年半も歳を重ねました。衰える体力を補うこんな機械はやはり必需品です。

36a31be8.jpg



 しかし、こんなBLOGをやっていると、記事のネタや写真はすぐ揃うものです。ただ、私自身の写真はほとんどありませんから、それは4月号の記事の取材の時のものを流用していました。農業関係者以外の方は、ほとんど読むことのない雑誌ですが、大きい本屋さんならあると思います。立ち読みでもしてみてください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日の雑誌取材の結果

 前に、「雑誌取材の話が舞い込んだ」で概略を書いたが、本日実際の取材があった。事前に質問事項はもらっていたし、それに従って内容なども整理していたので、順調に終了。詳細は記事にまとめてくれるのでここではあまり触れないが、50代の皆さんが開業準備をするためのヒント集(農業編)というような内容だから、果たしてこちらの話がどの程度役に立つのかはわからない。雑誌「人生の達人」は8/20発売予定。
 今日は我々への取材では終わらなかった。その後、大多喜町役場で産業振興課農林係の皆さん(課長補佐・係長・副参事)達との面談が組まれていたので、私も出かけていって加わってきた。そもそも、事業として農業に跳び込むというのはかなり無理があるし、一個人のみの力で開業するのは大変だという実体験から、自治体としてのサポート体制の整備を進めてもらおうということで話をつないだのだった。実際のところ、農業従事者資格取得の条件を1反歩以上と通常よりも敷居を低くしていること(一般は5反歩以上、農地を借りるときも1反歩以上なら農業委員会に申請できる)、空家バンク制度で住居のあっせんを行っていることなど、やっていることはゼロではない。今日の成果は、今回の記事の中で農地取得や賃借などを希望する場合やその他いろいろの問い合わせ先として「大多喜町産業振興課」と明記してよいとの了解が得られたことだ。たくさんの問い合わせが殺到すれば、対応の方法の模索やシステム化なども進めざるを得なくなり、色々な人たちを受け入れる町へと変化していくだろうと期待している。
 
余談だが、新装なった大多喜町役場はなかなか面白い。もともとの建物は隠れた名建築だったが、それを改修して増築建物をつけた構成になっている。増築部分はやはり旧館のような大空間となっている。ずいぶん意識して計画したものだと思う。写真くらいとってくるべきだったな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

雑誌取材の話が舞い込んだ

 先月、BLOG経由で雑誌取材の打診があり、横浜の家で一度面談した。その結果、正式な取材の申し入れがあり、来週農場に記者さんがきてあらためて話をしたり、写真撮影をすることが決定した。今回はちょっと変わった切り口である。出版元はKKベストセラーズで、「人生の達人」という新しい雑誌(先月第1号が出た)。新しい雑誌で、連載シリーズなどもこれから固まっていくのだろうが、私の出番は、50歳台から独立開業をしようという皆さんに先輩から経験などを伝えるというもので、まあ農業編ということになる。
 一応農場取得時のことや、その後の農業資格取得時の営農計画、昨年の青色申告の時などの概要から、開業資金面や実際の収支の実際などを柱にして取材を受けようと思ってはいるが、どう考えても元はとれないし、生業として成立するようなものにはなりにくい。たとえば、地方自治体などの優遇制度や支援などでもないと敷居は高いといわざるを得ない。ということから、農業資格取得の条件を5反歩から1反歩に下げたり、空家バンク制度を進めたりしている大多喜町役場を巻き込もうと思い立った。ちょうど産業振興課農林係に行くついでもあったし。
 記者さんにそれを伝えると乗り気だったので、今日役場に行ってきた。農林係の係員さんもぜひ記者さんと話をしたいということだったので、私に対する取材と並行して役場の出る幕もあるだろう。
 
    大多喜町の公式ホームページ

    大多喜町は自然があふれる森の町である。
    4年半世話になっているが、
    こういう素晴らしいところに目をつける人が
    もっといてしかるべきだと思う。
    そんなことも伝わるといいんだが。

f8ea2cc5.jpg

      掲載予定誌「人生の達人」、店頭にて

8892cf03.jpg

      その目次 

申し訳ないが、私は絶対に買わない範疇の雑誌だ、しかし15万部発行と強気!
これとは別に「現代農業」9月号に私の書いた記事が掲載される予定、時期的には同じころかも。

    
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

定農連第6回ミーティング開催

883b9c52.jpg


 農業者にとってはミーティング日和の雨の中、メンバーNさんの果樹園で第6回ミーティングが行われました。参加者は8名で、うちご夫婦が3組でした。これまでは何らかのテーマ(作業)を決めてやることが多かったのですが、今回はNさんが作ったピザ窯を囲んでフリーに話し合うということにしていた。ピザ窯については、メンバーのそれぞれも作ってみたいという思いがあるようで、別項にまとめることにします。
 今回は数年後の定年をにらみ、農地取得と果樹園の運営を検討中の初参加メンバーがおられたこともあり、例えば農家資格の取得のこととか、ビニールハウスのいろいろな工夫とか、獸害とか、もちろんブルーベリーやイチジク栽培の特徴や紹介など、いろいろな話が飛び交いました。この集まりの特徴ですが、定年到達前は農業と無縁の仕事をしていた方が大半で、発想の原点が様々です。そうした方々があれこれ考えた結果を具体化しているわけで、本当に何回集まっても「へー、なるほどね!」ということがあるのが特徴です。
 しかし残念なこともあります。現在のところ、名簿メンバー(住所連絡の公開可)は16名、その中には首都圏以外にお住まいの方が4名おられます。立ち上げて17ヶ月目ですが、そもそもがメーリングリストを柱にした地域・年代などの枠を超えたコミュニケーションを目指しているわけで、集まれるメンバー以外の方々との連携などをもっと考えたいと思います。
 次回の予定は話題に上りませんでしたが、これまでは大体3ヶ月に一度のペースでしたから、お盆の頃になるかもしれません。しかし、いつも集合写真は撮り忘れます。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ