定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

くるまのことなど

今更だが、運転方法を少し見直した

 1週間ほど前から運転方法をちょっと変更してみている。それはブレーキを左足で踏むというもので(もちろんAT)、右足がアクセル左足がブレーキという役割分担をさせることになる。高齢になるにつれて判断とか動作が遅くなるのはある程度やむを得ないことだから、少しでもブレーキのタイミングを早くしようということ、それから左右の足の役割分担により踏み間違いがなくなるということも期待している。
 実は、左足ブレーキは以前やっていたことである。前というのはいつ頃だろうなあ、免許を取ったかみさんに左足ブレーキをすすめたくらいだから20代のころだ。カミさんはその方法のせいでマニュアルミッションの車を運転しないので、必然的に私の車とカミさんの車が別になり、一時期は子供たちの車と合わせて何台もの車が家にあった。そのころはAT=左足ブレーキ、マニュアル=右足ブレーキという使いわけをやっていた。いつしか車種構成も単純になり、面倒なこともあって左足ブレーキではなくて通常の右足ブレーキで固定されてしまっていたのである、どうせなら反対にすればよかったのだが。しかし変えるなら今のうちで、もうちょっと歳がいくと変えるのも大変になるかもしれないということで、今回踏み切った。それと、もうクラッチ付きのマニュアルミッションの車に乗ることはないかもしれないという気持ちもなくはない。

0522こんな車にも乗っていた
      こんなときもあったなあ(三浦半島の、とある漁港で)

 実際にこういう風に変更してみると、踏み間違いというのはあまり現実的には考えられないんだけれども、ブレーキを踏むタイミングというのは確かにタイムラグがなくなる。それにいつでもブレーキが踏めるという安心感は出てきている。ただ、乗り始めに右足でブレーキを踏むというような前の習慣が表面に出ることがあり、途中から左足ブレーキに変えることもまだある。体に染み付いた習慣というのはなかなか変えられないかもしれない。とっさの場合にどっちで踏んだらいいかわからないということがないように体が覚えるまでは注意をして運転しようと思う。
 そうそう、これの大前提として車と正対するということがある。右足でアクセルもブレーキもと言うと、どうしても体はちょっと左向き加減、右足中心になりがちだ。ハンドルとまっすぐ向き合い、右にも左にも傾かないことは大事だと思う。しかし、もう一台あるスズキキャリイ(軽トラ)ではこれがなかなか難しい。足元も狭い上に右側にタイヤハウスも張り出している。こちは右ブレーキかなと考えたが、それでは主旨と違うのでこちらも左ブレーキでやることにした。少し体がねじれるかな。 

0522車2台


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

タイヤ交換と燃費

0403夏タイヤの燃費

 昨夜は、先週中頃に夏タイヤに交換してから初めての長距離だった。せっかくだから大台を超えたいとは思ったが、ほぼ最後に近いベイブリッジの上りと自宅直前の山登りもあって届かなかった。さっきスタンドで空気圧を見たら1.9ほどだった(指定は2.4)ので、まあこんなものだろう。スタッドレスは走行抵抗が大きいのか燃費には結構響く。15%くらいは悪化する感じだ。もしもの時に備えた安全費用と割り切ってはいるが、ウエットでは夏タイヤよりは性能は落ちるはずだし、あまり見合っていない気もする。あと1シーズンは使えるようだから、そのあと考えよう。軽トラのタイヤをスタッドレスにすると4駆だし無敵になる。ただ、冬の草津温泉に軽トラで行くのはちょっとなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

春の定例・タイヤ交換

0329タイヤ交換

 いつもよりは遅くなったが、冬から夏へのタイヤ交換を行なった。今年はなかなか決断しづらかった。昨日も、夜農場にやってきたのだが、一昨日降ったと思われる雪が残っていたし、今度の週末も天気が悪そうで、南岸低気圧までやってくるそうだ。しかしそんなこと言っていると、何時までたってもスタッドレスで走らなければならないから、とにかく交換した。
 手順はいつもどおり、慣れたものだ。年に2回やるので、だんだん早くなっているようだ。今年は、これまで同時に交換していたホイールナットが実質同等のものと判明し、同じナットを使うことにした。去年の5月頃にタイヤを交換したときにアルミホイールにしたから、同じナットで大丈夫となったわけだ。夏タイヤは新品から半年くらい経っているものだが、前後の溝の深さは0.5mm
くらい違っており、減りの少ないもと後ろタイヤを前に取り付けた。昔のルールでは対角線で交換したものだが、最近は回転方向指定タイヤもあるので前後を交換することにしている。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

PHVはどうでしょう

0225PHV1

 農場に、鴨川のカローラ店からDMが届いていた。新発売となったプリウスPHVの展示会の案内だった。うちは今のフィールダーまで3台続けて横浜のディーラーで買ったのだが、困ったことに横浜に帰る月火の2日間はサービスも休みで、点検や修理などを頼めないという不便な状況なのだ。このため、これまで2回ほど鴨川のカローラ店を使ったことがあったので、案内が届いたのだろう。

 ついでもあったので先日行ってみた。しかし、ショールームには小型車が2台だけ、肝心のPHVは置いていない。カミさんだけ降りて聞いてみると、裏の駐車場にひっそりと置かれていた。届いたばかりといってはいたが、アダプターケーブルなどもトランクに置いたままだったし、あまり売れないのか売る気がないのか、どちらかという感じだった。

0225PHV2

 さて車だが、あまり好みではない現プリウスよりはエクステリアの感じはいいが、まあ可もなく不可もなし。インテリアでは極めて大きなディスプレイが目立つ、こちらはそれもあって近未来的で悪くないが、我々にとって最も大きな問題は収納だ。後ろのシートは2人がけ、もちろん別々に倒せるが両方倒しても荷室は限られている。バナナ箱でいうと後部シート部分に6箱、トランク部分はおそらく床下に電池があるため高く、天井までの余裕は限られている。幅も狭いためバナナ箱2個がせいぜいだろうか。合計で最大8箱だが、通常時には何とか野菜類を収納できそうだが、多いときには収納しきれないだろう。

0225PHV3
棒状のものはトノカバーで、取り外し可能

 ということで、直売農家としてはいまいちな感じだ。電池だけで60Kmくらい走るそうだが、横浜農場間は90Kmでガソリンも使うことになる。この数年で電池は更に進歩すると思うから、フィールダーにPHVが出るのを待つことにしよう。ただ、PHVにこだわることもなく、ある程度荷物が積める軽でもいいかもしれないな、新型になったワゴンRとか。まあまあ、夏に1回目の車検を迎えるフィールダーに当分乗るんだが。

0225PHV4


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今日は洗車デー

0218洗車2

 以前、私と車との距離がもう少し近かった頃は、洗車は定例業務といった感じでやっていたものだった。ところがこの頃はほとんど洗車することがない。買ってから2年半ほど経過したフィールダーは、一度通りがかりの木更津で洗車機にかけた記憶が残っているだけだ。手洗いは1回か2回したことはあるかもしれないが、ほとんど覚えていないのは年齢のせいだろう。この車のメタリックではない赤色は意外に汚れが目立たないのだが、最近は下の方にこびりついた黒いゴミが気になるようになっていた。風が強かった昨日は確定申告の作業日にして屋内で働いていたが、一段落して出かけた鴨川への国道では、海からの汐や砂をまともにかぶったので、今日は洗車日にした。

0218洗車3

 それにしてもケルヒャーの威力は大したもので、一度水をかけて洗剤を染ませた布で撫でたあと、もう一度噴射すればほぼ綺麗になる。このところモミガラまみれだった軽トラも、荷台のゴムシートの裏まで洗ってみた。考えてみると軽トラのほうがよごれ方が尋常ではないので洗車する回数もずっと多かった。それでもいつも汚いが。

0218洗車4


 フィールダーをほとんど洗わない理由の一つは色のせいだと書いたが、基本的にトラブルフリーということとも関係はありそうだ。大昔の車のことを振り返ると、ポイントやプラグ磨き・タイアのエアチェックなど、始終あれこれと面倒を見ていたから、自然と車を洗う機会も多かった。トラブルフリーになった車は、ありがたいのだけれど単なる道具という存在になってしまう。昔から乗っている人間にとっては「そうじゃないだろう」という気持ちがなくはないなあ。

0218洗車1


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

再びワイパーゴム交換

 先日、フィールダーのワイパーゴムを交換したが、よく考えたら軽トラのゴムもずっと交換していなかった。キャリイを買ったのは010年2月だったから、距離は少ないけれど7年も使っていたことになる。割れなどは発見できなかったが、ついでにこれも交換することにした。

0216ワイパー1

 今度もアマゾンで買ったが、前回の有名ブランドの(高機能らしい)商品ではなく、ノーブランドのフリーサイズのものを買ってみた。一応、キャリイのゴムは6mm幅であることは確認して、長さが650mmのものを2本、400mmしか使わないがフリーサイズはこれになっている。値段はわずか310円(送料込み)、フィールダー用のもののわずか3分の1くらい。

0216ワイパー15

 この値段ではさすがに宅配便ではない、農場にやってきてポストに入っていたワイパーゴムを早速つけてみた。今度はステンレスの骨を忘れずに埋め込んで取り付ける。フリーサイズだから適当なところで切る。ウォッシャー液を出して何往復か動かしたが、一応問題なく拭けている。耐久性以外は問題がないように思える。

0216ワイパー3

 ところで、フィールダーのリアワイパーをチェックしたら、ゴムが切れていた。連続使用はほとんどせず使用頻度が低いため、異常はないだろうとたかをくくっていたが、意外にストレスフルな仕事をしていたらしい。切れ端が使えないかと当ててみたが残念ながら足りない。仕方なくもう一本注文した。到着は来週だろう。
 
0216ワイパー2


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ワイパーゴム交換(フィールダー)

 10日ほど前から、ワイパーを使うと音がするようになっていた。先週、拭き残しも発生したのでワイパーゴムを交換することにした。とりあえず横浜のホームセンターに行ってチェックしたら、アマゾンに値段で負けているため、アマゾンに発注。今週農場に届いたので交換した。

0210ワイパーゴム交換

 ちょうど雨の中を外出するところだったが、走り出すとなんと拭き残しが発生する。写真に商品名が映っているが、密着してよく吹けるという触れ込みの商品だったが、これは不良品じゃないか。もしかすると使っているうちにゴムが落ち着いて直るんじゃないかと思ったが、10分位走っても直らない。そこで一度停めてチェックしたところ、原因が判明した。ゴムの中にはめ込むステンレスの骨が入っていない、そのためワイパーブレードの取付金具のところに力が集中して変形していたのだった。袋に書いてあったはずの取り付け方法など読まなかったが、古いゴムから骨を外して付け替える必要があったようだ。
 取付け直したら、驚くほどきれいに拭けるようになった。ワイパーゴムは、サーズや形状などがまちまちで選択については慎重にやったのだが、思わぬ落とし穴が落とし穴があることは意識になかった。今回の前はプリウスαのものの交換だったが、そのときもそうだったのかどうかは全く記憶に無い。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ヘッドアップディスプレイ式マルチメーター、その後

0122HUD01

 先週、仮に取り付けたメーターだが、農場で微調整を行ってなんとか見やすくできた。最初はフロントガラスに映すという乱暴なやり方だったが、次にアクリル板に同梱してあった反射シート(片面反射コンバイナフィルムというものらしい)を貼り、適当な金具を見つけてダッシュボード上にセットしてみた。反射シートはよく機能するのだが、今度はそれを透過する映像がフロントグラスの上の方に映り、かなり気になる状態となった。そこで、アマゾンで偏光フィルムを購入してアクリル板の裏側(フロントガラス側)に貼り付けて、ようやく良好な状態となった。

0122HUD00

 前から見ると反射板は結構目立つが、角度を(手前側に)寝かせたので、運転ポジションから見るとあまり気にならない。ただ、一応輝度調整はしているはずだが、結構明るい。もう少し暗くてもいいのではないかと思うが、設定の余地があるかもしれない。水温はちゃんと表示される。次は、本来の目的である過冷却を防ぐようなグリルの蓋をつけてみることにしよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

車のメーターを増やす

 毎年この季節になると考えることがある。ハイブリッド車にしてからはや5年だが、冬の走行では無駄にエンジンが回ることが多いのである。どうやらヒーターを効かせるために水温を上げようとエンジンを回すことがあるらしいのだ。確かに、田舎道を流しているときなど3分の2くらいはエンジンが回っていない。ハイブリッド2台目のフィールダーでは、ヒーターを止めてもいいようにオプションのシートヒーターをつけた。これである程度は無駄なガソリン消費を抑えることは可能だが、もうちょっと工夫の余地はありそうだと考えていた。
 一つの方法として、グリルを塞ぐということがある。これは実際にやっている人も多いが、そのためには水温計をなんとかしたいところである。最近の車は冷却系のトラブルがよほど少ないのか、水温計は消えてしまった感があるけれど、昔から乗っている人間にとってはあってもいいんじゃないかと思う。ましてグリルを塞ぐなどというと、ないと心配だ。そこで、修理や点検用のOBD2というコネクター(世界共通)から信号を取り出す方法を考えていた。これまでやっていたのは、信号をbluetoothで送るアダプターを付けてスマートフォンで受取す方法だが、これが結構怪しいもので、結局2つ買ったけれどどちらも使えずに何処かに行ってしまった。

0119ヘッドアップ

 今年はちょっと方向を変えて、ODB2からケーブルで信号を取り出し、メーター表示する機械を買ってみた。昨日の農場への帰りから使ってみたが、なかなかいい。まあ、速度や回転数は本来のメーターと同じ数値が出るだけなんだが、ちゃんと水温計は表示される、数値表示も可能だ。瞬間燃費なども出て来るが、100Km走るのに何L要るかという馴染みのない表示なので消すことにした。ということで、水温計測以外にメリットはなさそうだが未来的で面白い。

0118HUD01

 昨夜はフロントガラスに投影していたけれど、合わせガラスだから二重に見えて読みづらかった。なので、アクリル板に反射シート(製品同梱)を貼ってそれに映すように改良した。これでちょっと走ってみるが、水温計だけでなく他の情報も表示させる方法を考えるともう少し面白くなりそうだ。まあ、トラブルもないのでメーターもいらないのかもしれないが、昔から車と付き合っている私としてはもう少し情報があってもいいと思う。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

不思議なワーゲン(バス・ピックアップ)

0111不思議なワーゲン1

 月曜日に横浜のホームセンター(シマホ新山下)に出かけていったのだが、そこで珍車を見かけた。ワーゲン2という昔のワーゲンベースのワゴンも殆ど見なくなったけれど、そこで見かけたのはそのピックアップバージョンだった。

0111不思議なワーゲン2

車に興味を持ってから50数年、今までこれは見たことがなかった。ご覧のようにちょっとくたびれてはいるが、ナンバーは新しかった。走り去るところも見送ったけれど、見かけよりももっとくたびれた音がしていた。しかし、こういうクルマに乗るのは素晴らしいことだね。今の私には、残念ながらちょっと無理だけれど。
 
0111不思議なワーゲン3

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ