定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

くるまのことなど

冬タイヤに交換(フィールダーとハイゼット)

 昨夜からようやく季節が変わった感じだ。冬が好きというわけではないが、冬を越さないと春もやって来ない。こっちは来年の米や芋野菜づくりのことを考えなければならないので、寒くても我慢である。

1209冬タイヤ交換

 それで、今日は冬タイヤへの交換を行った。2台一気にやったので午後の3時間近くはかかったかな。ハイゼットもフィールダーも、ガレージジャッキを使って前後2輪ずつと思ったんだが、そのやり方がはじめてのフィールダーではちょっとしたつまづきがあった。後ろのジャッキアップポイントは後ろバンパーの裏あたりで、これは一見簡単そうだったが、安物のフロアジャッキではリフト高さが足りない。結局2×6の板を2枚(つまり16cmほど)下敷きにしてようやく交換できた。

1209フィールダーのリア

 ハイゼットは、上のキャンパーユニットを降ろそうとも思ったが、たかだか1トン強だから載せたままの交換とした。
 実は、急に寒くなったので腰と手首が痛み始めていた。ポンコツである。かばいながらやったのでそれも時間がかかった一つの原因だった。だがこれで、雪や凍結も平気かな。いや、注意は必要だ。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


最近のスタンドはセルフが当たり前

 3週間ほど前に、フィールダーのタイヤを交換したガソリンスタンドに昨日出かけて行った。ガソリンが空になったためもあるが、ハイゼットに8PRタイヤを付けたときの金額的な見当を聞きに行ったのである。 軽トラ用のLTタイヤは通常の乗用車のタイヤとは構造が少し違うらしい。一応6PR(プライ)という厚さの単位のものが普通だが、今回これではなく8PRをハイゼットにつけようと考えていた。これによってサイドウォールの剛性がアップして横風のハンドル取られや、停車してる時の横揺れを軽減できると期待している。ブランドとしては、ダンロップエナセーブVAN01という省エネタイヤを狙っているが、アマゾンでは4800円位だった。4000円ぐらい希望ということでスタンドと交渉したら、交換手間賃と処分費用含めて一本5500円、4本で22000円という値段で応えてきたので注文した。

0704うちわ2

  フルサービスだとこんなオマケもくれる

 ハイゼットが納車になったら、キャリーのタイヤをホイールごと4本積んでスタンドに持ち込み、ハイゼットにエナセーブを付け、外したタイヤをキャリーのホイールに付け直すという手順になる。 一応ガソリンはタイヤ交換の時のポイントが使えたので、実質135円ほどで入れられた。この宇佐美のスタンドだが、昔から全国の街道筋にあって長距離トラックのオアシスだった名残で、フルサービスである。 車を停めるとガラス拭きますかと聞かれ、さらに室内掃除用の雑巾渡される。ゴミありますかとも聞かれた。そうだったなあ、昔のスタンドは。しかし、窓もいつも拭いているし、ガソリンは自分で入れるのが当たり前になった。ということで久しぶりのフルサービススタンドに行っていろいろ懐かしかった。

0704タイヤ交換2

 ところで、さっきキャリイのタイヤを冬タイヤに替えた。上の交換作業が済むまでの仮付けである。ガレージジャッキだと左右一度に替えられるから作業は早く20分ほど。
0704キャリイのタイヤ

左がフロントで3~4分山、右のリアのほうが減っており、3分山で外側は1分山。ローテーションすればあと5千キロくらいはもちそうだが、安全を選ぶことにしよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フィールダーのタイヤ交換

 前回は、某カー用品店のタイヤ価格が高いので、アマゾンで買って最寄りの提携店で交換しようというような話で終わっていた。その続報である。
 とりあえず Amazon提携店の中から、横浜の家の最寄りウサギ鉱油(仮名、著名チェーン)のガソリンスタンド に電話してみた。そうしたところ Amazon 並みの価格でタイヤを購入できるという話、しかもバルブ交換と窒素注入が無料と言うことで、すぐに予約をした。本日(月曜日)横浜に来ているので、予約したスタンドに行ってきた。 問題なく取り付けは完了したが、勘定のときにちょっと驚いた。半年間の保証がつくというのである。もしパンクしたら、チェーン店のどこかに持ち込むと、修理ではなく新品タイヤと交換してくれるらしい。まあ。めったにパンクはしないけれど。
 自動車用品店が予想以上に高くて暴利を貪っていること、ガソリンスタンドも結構使えるじゃないかと思ったこと、これが今回の収穫だった。うちの場合だと キャリーのタイヤがもう少しで交換時期である。車も3台目を追加したし、スタッドレスも含めてタイヤの交換もなるべく安価にやる必要がこれからもあると思う。前回アルミホイール共で買った大手タイヤ店では、もう少し安かったのだが、タイヤ交換をどこかに頼む必要があるため、ガソリンスタンドで買うのはメリットが有るというわけだ。
 フィールダーハイブリッドの現在の走行距離は7万5千キロ、2年前に3万4千キロで交換しているから、適当なタイミングだと思う。まだスリップサインまでは減っていないが2~3分山で、踏切のレールでスリップするくらいとなっていた。今回購入したのは、横浜ブルーアース(
AE-01F)で、評価はAAA+Cでウエット性能がいまいちのもの、ウエット性能が a ランクのものが欲しいが、175/65R15 というサイズがないというのは2年前と同じだった。ということで、2年に1度のイベント終了。

0611タイヤ交換2年前
これは2年前の写真、ホイール共で買ったので、自分で交換


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

トヨタ品質(再び)

 今週前半は梅雨入り前で結構暑かった。そのせいで、フィールダーの右ドアミラーが動かなくなった。なぜ暑さのせいとすぐに断定できるかというと、去年の夏に左側のミラーが動かなくなり、リコール対象となっていることを知っていたからだ。高温になると内部の一部が動かなくなる不具合があるようなのだ。さすがのトヨタも、左側のミラー交換の際に異常のない右は修理できなかったのだろう。
 前回(昨年10月)は、ドアミラーだけでなくヘッドライトが瞬断するというトラブルもあったので(原因はディスチャージ球の切れかけだった)、水曜まで横浜にとどまり購入したディーラー(大船、月火が休みで不便)に持ち込んだが、今は水曜まではいられない。二度くらい面倒を見てもらったことがある鴨川のカローラ店に電話して対応を依頼した。
 それにしても、昔に比べると車は壊れなくなっている。半世紀前だと、数ヶ月に一度くらいは整備する必要があった、例えばディストリビューターのポイントだ、自分で磨いたけれど。オイル交換の頻度も今よりはずっと多かった。1ヶ月後くらいにはハイゼットトラックがやってきて、久しぶりの3台体制になるが、それほど面倒見る必要はないだろう。それに、今度のダイハツ店はサブディーラーらしく、取扱車種はダイハツに限らず全メーカーだそうだ。コバックという車検チェーンにも加わっているらしいから、3台とも持ち込めば修理はやってくれるだろう。壊れないと言うけれど、いつ何があるかはわからない。

0606ドアミラー
これは、実はドアミラーを撮ったのではない。向こうに見える某キャンプは、どうやらテントに泊まりながら家を作ろうという一家のようだ。今度の週末えすかる号で訪ねてみよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

最近のトヨタ品質

 フィールダーに安全機能が搭載されたということで、セールスマンから「どうですか」という声も聞こえてきているが、1回目の車検を取った直後であり、買い換えようという気にはとてもならない。ただ、ここに来て今のフィールダーに少々問題が出てきた。一つは助手席側のドアミラーが動かなくなるという症状が時々出ることだ。もう一点は、ヘッドライトがまばたきのように瞬断するという症状がしばしば起こることだ。
 3ヶ月ほど前にフィールダーの車検を取ったが、そのときはたまたまEV走行にならない時があるというトラブルが発生していたので、購入したディーラーで車検を取ったのだが、7500円ほど払うと基本3年の保証が2年間(次の車検まで)延長できるということだったので、それを頼んだのだった。ただそれは、購入店(車検実施店)のみの対応となるので、ディーラー(カローラ横浜大船店)に連絡して予定を調整した。
 しかしそれはちょっと面倒だ。まずはなぜ大船ということだが、2台買ったセールスマンが中区の店から大船店に移ってしまったので、勢いで同じセールスマンに頼んだのである。もう一つの問題は、うちが横浜に帰る月火は、どちらも定休日なので点検整備もしてもらえないことだ。まあ、幸か不幸か農閑期なので、水曜まで横浜滞在を延ばして持ち込むことにした。
 一方のドアミラーだが、これについてはサービスフロントとの電話で原因らしきものが浮かび上がってきた。「最近治っていませんか?」というのである。最近のトヨタはリモートで修理できるのか、と思ったがそうではなく、この車種で特に暑いときに同様の障害が出るということで、暑かった今年の夏はクレームが多かったらしい。なるほどそれは当てはまる。もう一つのライトのチラツキについては、バルブが切れかけではないかというが、左右同様に発生するし上向きでも下向きでも発生するからそうとも思えない、持ち込んで様子を見ることになった。ところが、持ち込む直前に寄った地下駐車場で不思議な状況が現れた。ステアリングを回すとチラつくのである。特に据え切りのときにはっきり出る。と言うようなことで持ち込んだ。
 ドアミラーについては対策部品に交換、これは簡単である。もう一方のライトだが、バルブのガラスが白濁しており、切れかけで交換したということだった。交換して検査したところ異常はなくなったということだが、今ひとつ納得はできなかった。特にステアリング操作時に発生するのはなぜだろうということになり、どうやら電動パワーステアリング操作時に電圧変動があり、切れかけのバルブの不安定動作を誘発したのではないかと言う結論になった。
 ということで、一応問題は解消したと思われるが、どうも一時期のトヨタから比べて少々ほころびも見えてきているんじゃないかと感じた。比較の対象は、前の前に乗っていた初代フィールダーだ。10年弱10万キロ前後走って、バルブ切れとパンク以外の故障はなかったように思う。といっても、現在の車は3年間で6万キロを走っているから、このぐらいの不具合はあっても仕方がないとも思う。待っている間にセールスマンがやってきて、PHVの見積を出してもらうことになった。先程FAXが届いたが、金額はともかく、僅かだがサイズ(横幅)が大きくなることが問題だろう。今の車もつまらない接触で2回も傷つけている。ヤッパリ次はハイテク軽自動車かな。

1019最近のディーラー

 ところで、ディーラーで修理待ちのときだが、店内の一角が賑やかだった。そこでは、ベネッセとのコラボで一部を児童の英会話教室に開放しているらしいのだが、ちょうどその日はハロウインのイベントが行われるらしく、子どもとママさんたちが集まっていた。たしかに平日のディーラー店舗などガラガラだろうし、そういう活動は面白い。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

擦り切れたステアリング対策

 塗料などを使った補修を検討していたが、昨日の雨模様の中、鴨川のカインズに買い物に行ったついでにイエローハットに立ち寄った。捜してみたところ、よさそうなステアリングカバーがあったので、これをつけるという極めて安直な方法を選択してしまった。いろいろ考えてみたが、タッチアップ的な補修ではすぐに再発する可能性が高いと判断したからだった。
 それほど大きくはないイエローハットだったが、ステアリングカバーは結構数が多く、20種類以上はあったと思う。ただ、あまりピンとくるようなものはない。唯一これでもいいかと思ったのはSPARCOという既視感のあるブランドのもので、買うならこれだろうという感じだった。ただ、元々太いステアリングホイールが余計に太くなることが懸念されたが、置いてあった商品の中に薄い簡単なものはあったが、合成皮革然としていたので、結局SPARCOを選択せざるを得なかった。

0726SPARCO

 とりあえず着けてみたが、ぴったりすぎて力技も必要で一汗かくくらいの作業となった。取付けた様子はいいがやはり太すぎる感もある。しばらくこれでやってみて違和感が取れないようなら見直すことにしよう。

オリジナルは以下の様なものだった。
0726ORIGINAL


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フィールダーのステアリングが・・・・

0725ステアリングの劣化

 うちのフィールダーは、超実用車ではあるけれど革製のステアリングを装備している。直前のプリウスαはプラスチックだったが、感触などではやはり革製が優れているのは否定できない。ところが、先日から一つ問題が発生してきている。それは革の表面が摩擦で擦り切れ始めたということだ。6万キロ弱だからそれほど走ったという感じではないが、よほど強く握りしめて走っているのかもしれない。
 どうやら皮靴補修用の塗料がよさそうだとわかり、ホームセンター(ホームズ)にいって聞いてみたが、取扱いはないとのことだった。一応塗料売り場を巡回して使えそうなものを捜したが適当なものはなかった。アマゾンで捜して買ってぼちぼち直そうと思うが、おそらくアクリル塗料でいいのではないかと思うので、手持ちのそれも試してみよう。実は剥がれた箇所は数カ所あるので、いろいろな方法で直してみるのもいいのではないかと思っている。
 ただ、塗料を塗るといっても、運転中はずっと握っているため剥がれたりすることも十分に考えられる。あまり好きではないがカバーを付けるか革テープを巻くといったことも要検討だな。昔なら社外品のステアリングに付け替えたところだが、今はタカタ製エアバッグが入っているのでそういうわけにもいかない。純正品の交換も目が飛び出るだろうなあ。中古品を探すという方法もあるが、自力交換は容易ではないだろうな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

帰りは大台で

0625大台で帰宅

 火曜日に農場に出かけたときは26.9KM/L、不具合発生前の水準に戻っていた。帰りはどうだろうと少々気になっていたが、30KM/Lとちょうど大台のせだった。雨がやんだあとでちょっと蒸し暑く、エアコンをつけっぱなしだったので上々の成績だろう。完全復活だ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フィールダーの復帰

 交代から1週間経過した日曜日の夜、うちの車が戻ってきた。代車(旧型フィールダー)に乗ったのは一週間、わずか300キロちょっと走っただけなんだが、超ハイブリッド指向の運転の仕方はそれだけで変化したようで、ハイブリッドに戻って月曜火曜と走ったが、基本市街地走行とはいえ燃費が20Km/Lを割るという以前よりかなり悪い結果になってしまった。ハイブリッドではアクセルを放して慣性走行することで燃費を伸ばす事ができるわけだが、普通のエンジン車ではエンジンブレーキがかかるからわずかでもアクセルを踏んでいる必要があり、1週間でそれに慣れてしまったらしい。

0620メーター

 夕方から農場に向かって走ってきたが、その間で以前のハイブリッド向け感覚を取り戻せたようで27.4Km/Lという下りではなかなかいい数値となった。これにより、トラブルからの復旧も確認できたことになる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ドックに入ったフィールダーハイブリッド

 本日、車検整備とともにハイブリッドシステムのチェックを頼んだディーラーのサービスから連絡があった。原因は、後部シート下にあるハイブリッドバッテリーの冷却ファンのダクトに取付けられたフィルターにホコリが溜まり、冷却不良となってハイブリッドバッテリーに充電する回生ブレーキが働かず、代わりにエンジンブレーキが働いていたということのようで、フィルターを清掃した結果症状は出なくなったというものらしい。えーっ、設計ミスじゃないのかといいたくなるが、とにかく説明内容は症状と整合している。もうちょっと症状が進むと警告も表示されるらしいから、まあそれほどひどいものではなかったようだ(と思いたい)。
 再発防止もかんがえておく必要もあり詳しく聞いたが、後部シートの座面部分は取り外しと取付けが相当面倒らしく、メカニック泣かせだと言っていた。そんなことはやりたくないので色々調べたら、椅子の下にでているダクトの吸気口にかぶせるフィルターも用意されているらしい。
    品名 HVバッテリーフィルター
    品番 G92DH-12040
    価格 1,010円(税別)
これをつけておけば、時々掃除機で清掃することで今回のようなトラブルは防止できるだろう。なお、ハイブリッド用、補機用のバッテリーとも問題はなく交換の必要はないとのことだった。

 今日は、買い物で代車の古いフィールダーで大原のカインズホームに出かけていった。鴨川では売っていないものを探しに行ったのだが、往復で70KMほど走り、18Km/Lと結構よく走った、頑張るじゃあないか。田舎の道を50~60Km/hで走っていると、エンジンはもちろん停まらないけれど1000~1200rpmというアイドリング並みの回転数、CVTがそのように躾けられているのが高燃費の一因だろう。

0616メーター

代車のメーター、ハイブリッドよりはシンプルだが、平均燃費などは表示できる(左)。オドメーター(右)は借りてからの累計。チェックポイントごとに区間燃費を計算している。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ