定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

くるまのことなど

擦り切れたステアリング対策

 塗料などを使った補修を検討していたが、昨日の雨模様の中、鴨川のカインズに買い物に行ったついでにイエローハットに立ち寄った。捜してみたところ、よさそうなステアリングカバーがあったので、これをつけるという極めて安直な方法を選択してしまった。いろいろ考えてみたが、タッチアップ的な補修ではすぐに再発する可能性が高いと判断したからだった。
 それほど大きくはないイエローハットだったが、ステアリングカバーは結構数が多く、20種類以上はあったと思う。ただ、あまりピンとくるようなものはない。唯一これでもいいかと思ったのはSPARCOという既視感のあるブランドのもので、買うならこれだろうという感じだった。ただ、元々太いステアリングホイールが余計に太くなることが懸念されたが、置いてあった商品の中に薄い簡単なものはあったが、合成皮革然としていたので、結局SPARCOを選択せざるを得なかった。

0726SPARCO

 とりあえず着けてみたが、ぴったりすぎて力技も必要で一汗かくくらいの作業となった。取付けた様子はいいがやはり太すぎる感もある。しばらくこれでやってみて違和感が取れないようなら見直すことにしよう。

オリジナルは以下の様なものだった。
0726ORIGINAL


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フィールダーのステアリングが・・・・

0725ステアリングの劣化

 うちのフィールダーは、超実用車ではあるけれど革製のステアリングを装備している。直前のプリウスαはプラスチックだったが、感触などではやはり革製が優れているのは否定できない。ところが、先日から一つ問題が発生してきている。それは革の表面が摩擦で擦り切れ始めたということだ。6万キロ弱だからそれほど走ったという感じではないが、よほど強く握りしめて走っているのかもしれない。
 どうやら皮靴補修用の塗料がよさそうだとわかり、ホームセンター(ホームズ)にいって聞いてみたが、取扱いはないとのことだった。一応塗料売り場を巡回して使えそうなものを捜したが適当なものはなかった。アマゾンで捜して買ってぼちぼち直そうと思うが、おそらくアクリル塗料でいいのではないかと思うので、手持ちのそれも試してみよう。実は剥がれた箇所は数カ所あるので、いろいろな方法で直してみるのもいいのではないかと思っている。
 ただ、塗料を塗るといっても、運転中はずっと握っているため剥がれたりすることも十分に考えられる。あまり好きではないがカバーを付けるか革テープを巻くといったことも要検討だな。昔なら社外品のステアリングに付け替えたところだが、今はタカタ製エアバッグが入っているのでそういうわけにもいかない。純正品の交換も目が飛び出るだろうなあ。中古品を探すという方法もあるが、自力交換は容易ではないだろうな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

帰りは大台で

0625大台で帰宅

 火曜日に農場に出かけたときは26.9KM/L、不具合発生前の水準に戻っていた。帰りはどうだろうと少々気になっていたが、30KM/Lとちょうど大台のせだった。雨がやんだあとでちょっと蒸し暑く、エアコンをつけっぱなしだったので上々の成績だろう。完全復活だ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フィールダーの復帰

 交代から1週間経過した日曜日の夜、うちの車が戻ってきた。代車(旧型フィールダー)に乗ったのは一週間、わずか300キロちょっと走っただけなんだが、超ハイブリッド指向の運転の仕方はそれだけで変化したようで、ハイブリッドに戻って月曜火曜と走ったが、基本市街地走行とはいえ燃費が20Km/Lを割るという以前よりかなり悪い結果になってしまった。ハイブリッドではアクセルを放して慣性走行することで燃費を伸ばす事ができるわけだが、普通のエンジン車ではエンジンブレーキがかかるからわずかでもアクセルを踏んでいる必要があり、1週間でそれに慣れてしまったらしい。

0620メーター

 夕方から農場に向かって走ってきたが、その間で以前のハイブリッド向け感覚を取り戻せたようで27.4Km/Lという下りではなかなかいい数値となった。これにより、トラブルからの復旧も確認できたことになる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ドックに入ったフィールダーハイブリッド

 本日、車検整備とともにハイブリッドシステムのチェックを頼んだディーラーのサービスから連絡があった。原因は、後部シート下にあるハイブリッドバッテリーの冷却ファンのダクトに取付けられたフィルターにホコリが溜まり、冷却不良となってハイブリッドバッテリーに充電する回生ブレーキが働かず、代わりにエンジンブレーキが働いていたということのようで、フィルターを清掃した結果症状は出なくなったというものらしい。えーっ、設計ミスじゃないのかといいたくなるが、とにかく説明内容は症状と整合している。もうちょっと症状が進むと警告も表示されるらしいから、まあそれほどひどいものではなかったようだ(と思いたい)。
 再発防止もかんがえておく必要もあり詳しく聞いたが、後部シートの座面部分は取り外しと取付けが相当面倒らしく、メカニック泣かせだと言っていた。そんなことはやりたくないので色々調べたら、椅子の下にでているダクトの吸気口にかぶせるフィルターも用意されているらしい。
    品名 HVバッテリーフィルター
    品番 G92DH-12040
    価格 1,010円(税別)
これをつけておけば、時々掃除機で清掃することで今回のようなトラブルは防止できるだろう。なお、ハイブリッド用、補機用のバッテリーとも問題はなく交換の必要はないとのことだった。

 今日は、買い物で代車の古いフィールダーで大原のカインズホームに出かけていった。鴨川では売っていないものを探しに行ったのだが、往復で70KMほど走り、18Km/Lと結構よく走った、頑張るじゃあないか。田舎の道を50~60Km/hで走っていると、エンジンはもちろん停まらないけれど1000~1200rpmというアイドリング並みの回転数、CVTがそのように躾けられているのが高燃費の一因だろう。

0616メーター

代車のメーター、ハイブリッドよりはシンプルだが、平均燃費などは表示できる(左)。オドメーター(右)は借りてからの累計。チェックポイントごとに区間燃費を計算している。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ピンチヒッターはいまいちだった

0613代車

 フィールダーを車検整備に入れたので、今週1週間は代車を借りることになった 。日曜の夜にセールスマンが持ってきた代車は、一世代前(2代目)のフィールダー、登録は2009年6月。その世代以前はハイブリッドがなく通常の車だが、走行距離7万キロを超えていて若干くたびれ気味。操作系は基本的に同じなのだが、キーがオートではなく、ヘッドライトもオートではない。ドアノブを持つとロックが外れ、ボタンを押すと始動、トンネルに入るとライトが点く、これらにすっかり慣れてしまった。まあ、軽トラよりはマシと思うべきかな。
 しかし、なんといっても燃料消費が大きく違う。信号待ちでもいつでもエンジンは動いているが、ハイブリッドに慣れた身にとっては全く無駄な動きである。月火と使って農場までやってきたが、市街地の道路主体の市内配達では11.6Km/L、横浜から農場までの平均は17.4Km/L、こちらは意外によかった。カタログ燃費を調べてみると18Km/ Lだったらしいから、ほぼそれに近い数字だった。ハイブリッドで修練した結果、カタログ燃費程度では走れるようになったのかもしれない。市街地・郊外の燃費を見比べると、市街地の方の差が大きい。これはアイドリングストップが重要ということだろう。
 今回、毎週大量の野菜を運ぶわれわれの生活パターンを考えてフィールダーを代車にしてくれたんだと思うが、なんだか古さが目立つものがやってきた。どうぞPHVを1週間使ってください、とか安全装置てんこ盛りのこれを体験してください、といったこっちが驚くようなものを代車にしたら、買い替えも考えたかもしれないのに商売が下手だなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

皆さん両足運転やってますか

 前に書いた「両足運転/左足ブレーキ」、私もずっと続けてるんですがなんとなくしっくりこないところがありました。本日その原因らしきものにようやく気づいて微調整したのでお知らせします。
 私の場合、左足ブレーキはかかとをつけないでやっていましたね。いつもではありませんが、少なくとも無意識にそうしていました。というのは、昔クラッチを操作していたときの左足というのは、ちょっと重いし切るときは素早さも必要だし、かかとは床につけないというのが原則だったと思います。どうもその延長でやっていたので、多少疲れたり微妙な操作がやりにくいというような感じがしておりました。  右足の方は、アクセルは結構微妙だしもちろんブレーキも細かい操作が必要ですから、かかとは床につけてつま先でコントロールするようにしていますが、それに左足も合わせてみたわけです。そうしたところなかなかうまい具合なので、昔のクラッチ操作の因縁を断ち切って完全左足ブレーキ右足アクセルにしました。ということで、両足運転は私の中で定着しつつあります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハイブリッドじゃあなくなったカローラフィールダー(長文)

 これまで3年近く、忠実なるロバのように走ってきたフィールダーハイブリッドが、1回目の車検を前にして駄々をこねている。 症状としては、走行中にアクセルを離してもエンジンが停止しないということが一つ、それと関係があると思うがアクセルを離したとたん一瞬回転数が上がるということもある。これまでも時々そんな状況は微かに出ていたのだが、先週火曜日の夜に横浜から大多喜まで走った際に発生したのは見過ごせない状況だった。
 大黒から産業道路経由で浮島からアクアラインに入り金田まではそうでもなかったが、房総半島に入ってからかなり頻繁に発生した。エアコンは不使用、充電の具合は7~8割ほどでも発生した。エコモード、エアコン/ファンは使用していない。走り方はいつも同様だったが、エンジンが停止しない事が多かったため、通常の燃費(25Km/L)が1割以上悪化していた。
 ちょうどいいタイミングで、カローラ店のセールスマンから車検どうします?という電話が入ったので、状況を説明した。これまでディーラーに車検整備を頼んだことはなく、今回はやったことがないユーザー車検に挑戦する考えも持っていたのだが、主なものの保証期間も切れるし、車検の時に7500円余計に出すと保証期間が2年延長になるということも聞き、前の不具合解消とともに車検整備をやってもらうことに決めた。しかし、こういう車の不具合はいつも出るとは限らない。最近のメカニックたちは昔と異なり計器の数値などでトラブルシュートするらしいから、症状が出ないとこれは厄介なことになるのだ。
 ということで先週の或る日、片道約20Kmの安房鴨川まで買い物に出た際に、カメラを用意していった。そうしたところ、症状がはっきり出たので計器盤の様子を解説付きで動画撮影してみた。



 鴨川までの往路は遅い車にブロックされたため、顕著な症状は現れなかった。youtubeにアップした動画は帰路のもの。鴨川から海岸沿いの国道128号線を安房小湊まで走り、そこから山を登って自宅に戻る約20キロ強のルート。症状が顕著になったのは山を登って平坦な部分に入ってからだった。鴨川を出発してから15分約10Km程度走行したあと。ある程度走行してからのほうが症状が強く出る感じがする。気温は20℃くらいで、暑くも寒くもなくエアコンやファンは不使用。動画までのEV走行率は50%前後と思うが、出発後しばらくは平坦だから基本EV走行、動画撮影直前の7~8分は登坂路だったのでエンジンはほぼ稼働していたと思われる。動画では、19時22分52秒あたりから症状が起きている。アクセルを離すと一瞬回転が上昇したあと、エンジンは回転したままの状態となる。この状態が何度か再現されて起きている。エンジンは回転したままだが、エネルギー表示では車輪からバッテリーに流れており、エンジンは積極的に回っているのではなくエンジンブレーキのような状態ではないかと推測できる。

その後(1)
日曜日に大多喜から横浜に帰ったときは、ほとんど異常は発生しなかった。アクアトンネルの故障車渋滞に巻き込まれたが、30Km/Lを超える燃費で帰ることが出来た。
その後(2)
月曜日に横浜市内を100Kmほど走り回ったが、走り出してから15km以上走ると症状が出た。
その後(3)
火曜日の夜に横浜を出て大多喜にやってきたが、約100Kmの走行中の最後の4分の1くらい(信号のない田舎道・緩いアップダウン)は、ほとんどエンジンが止まらない状態だった、ファンつけず&満充電状態。

その後の状況から見て感じた点など
症状の発生にはばらつきがあるが、次第に症状は出やすくなっている感じがある。
また、ある程度の距離を走ってから、それも比較的エンジンを使って活発に走った後に出るように思う。
また、40Km/h以下ではあまり現れず、60Km/h以上で出やすいようだ。

基本的に以上の内容をディーラーにメールで伝えた。動画は、ここで引用したものを含めて4本渡してある。ディーラーは毎週月火が休みである、それ以外の開店日には私は千葉の農場にいる。ということで、何か不具合とか要整備事項が発生するととても面倒だ。一度、鴨川のカローラ店を紹介してもらっていったこともあるが、今回のように保証が絡むようなときは買った店に入れたいものである。さて、この結末は?  6/11の夜にセールス担当者が代車を持って取りに来る予定だ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今更だが、運転方法を少し見直した

 1週間ほど前から運転方法をちょっと変更してみている。それはブレーキを左足で踏むというもので(もちろんAT)、右足がアクセル左足がブレーキという役割分担をさせることになる。高齢になるにつれて判断とか動作が遅くなるのはある程度やむを得ないことだから、少しでもブレーキのタイミングを早くしようということ、それから左右の足の役割分担により踏み間違いがなくなるということも期待している。
 実は、左足ブレーキは以前やっていたことである。前というのはいつ頃だろうなあ、免許を取ったかみさんに左足ブレーキをすすめたくらいだから20代のころだ。カミさんはその方法のせいでマニュアルミッションの車を運転しないので、必然的に私の車とカミさんの車が別になり、一時期は子供たちの車と合わせて何台もの車が家にあった。そのころはAT=左足ブレーキ、マニュアル=右足ブレーキという使いわけをやっていた。いつしか車種構成も単純になり、面倒なこともあって左足ブレーキではなくて通常の右足ブレーキで固定されてしまっていたのである、どうせなら反対にすればよかったのだが。しかし変えるなら今のうちで、もうちょっと歳がいくと変えるのも大変になるかもしれないということで、今回踏み切った。それと、もうクラッチ付きのマニュアルミッションの車に乗ることはないかもしれないという気持ちもなくはない。

0522こんな車にも乗っていた
      こんなときもあったなあ(三浦半島の、とある漁港で)

 実際にこういう風に変更してみると、踏み間違いというのはあまり現実的には考えられないんだけれども、ブレーキを踏むタイミングというのは確かにタイムラグがなくなる。それにいつでもブレーキが踏めるという安心感は出てきている。ただ、乗り始めに右足でブレーキを踏むというような前の習慣が表面に出ることがあり、途中から左足ブレーキに変えることもまだある。体に染み付いた習慣というのはなかなか変えられないかもしれない。とっさの場合にどっちで踏んだらいいかわからないということがないように体が覚えるまでは注意をして運転しようと思う。
 そうそう、これの大前提として車と正対するということがある。右足でアクセルもブレーキもと言うと、どうしても体はちょっと左向き加減、右足中心になりがちだ。ハンドルとまっすぐ向き合い、右にも左にも傾かないことは大事だと思う。しかし、もう一台あるスズキキャリイ(軽トラ)ではこれがなかなか難しい。足元も狭い上に右側にタイヤハウスも張り出している。こちは右ブレーキかなと考えたが、それでは主旨と違うのでこちらも左ブレーキでやることにした。少し体がねじれるかな。 

0522車2台


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

タイヤ交換と燃費

0403夏タイヤの燃費

 昨夜は、先週中頃に夏タイヤに交換してから初めての長距離だった。せっかくだから大台を超えたいとは思ったが、ほぼ最後に近いベイブリッジの上りと自宅直前の山登りもあって届かなかった。さっきスタンドで空気圧を見たら1.9ほどだった(指定は2.4)ので、まあこんなものだろう。スタッドレスは走行抵抗が大きいのか燃費には結構響く。15%くらいは悪化する感じだ。もしもの時に備えた安全費用と割り切ってはいるが、ウエットでは夏タイヤよりは性能は落ちるはずだし、あまり見合っていない気もする。あと1シーズンは使えるようだから、そのあと考えよう。軽トラのタイヤをスタッドレスにすると4駆だし無敵になる。ただ、冬の草津温泉に軽トラで行くのはちょっとなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ