定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

ケモノ対策

じゃがいも畑に電気柵設置

0429じゃがいも畑に電気柵.JPG

 水曜日に借り畑のじゃがいもを見に行ったカミさんから、葉をシカに食べられているという話を聞いたので、天気が回復した今日電気柵を設置した。もう慣れたもので、2人掛りで1時間程度で済む。昨年もシカは入っていたが、どうも侵入場所は違うところのようだ。

0429にんにくの芽も出ている.JPG

 ついでにニンニクの土寄せもやってきた。先々週くらいからニンニクの芽が出始めているので、それも採ってきた。比較的肥料を欲しがるニンニクは、これまでのうちの畑ではあまり大きくなかったけれど、3回ほど肥料をやったので順調に育っている様子。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

カボチャの檻、今年も設置

 昨日の夕方、ちょっと時間が空いたのでカボチャを植える檻の組み立てを一部行っておいた。当BLOGの読者の方なら今年3年目になるのでご存知と思うが、これはサルからカボチャを守るものである。山間部にあるうちの農場の場合、いろいろなケモノに狙われるという宿命を負っているが、イノシシやシカはパレットを並べて作ったフェンスで排除できている。タヌキやハクビシンなどはちょっとした隙間や穴から入ってくるが、今のところは深刻な被害を受けていない。一番始末に困るのがサルなのである。なんでも乗り越えるし、電気柵でも完全には防げなかった。そこで考えたのが檻であった。ハウス用のパイプで骨組みを作り防獣ネットを張るのだが、2年間カボチャを守ってくれた。

0407カボチャ檻予定地.JPG

 結果良好で好評のため、今年は面積を去年までの2倍に広げて作ることにした。4倍にしようとも思ったが、ワラビやフキが自生するエリアまではみ出るということもあり、倍ということで落ち着いた。ハウスの中では、メロンの棚やブドウの棚を作る予定があり、当面この辺りの仕事にとりかかることにしている。

参考:サル対策ケージの作り方

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

次の敵が浮上(一応ケモノ)

0128土手の草刈り.jpg

 今日は燻炭の様子を見ながら、刈払機で田んぼの土手と畦の草を刈ったのだが、その状態がかなり深刻であることを認識した。刈払機で、まず畦の上を刈るのだが、最初に着手した1号田んぼ北側では穴だらけで柔らかい。向こうまで行ってから斜面を刈りながら戻ってくるのだが、土手にも多数の穴やトンネルがみえる。

0128畦の穴.jpg畦の上の穴
0128土手の穴.jpg土手の斜面

 今シーズンは、最初の年に入れて劣化が著しかった畦波を撤去し、畔塗りをやる方法に転換しようと考えているのだが、これだけもぐらの穴が多い状態では畦波を撤去すると相当激しく漏水しそうだ。その方法は春までに考えるとして、もぐらをなんとか追い払うことも考えねばならない。田んぼの水の必要量については、当初1.5立米/時=36立米/日という認識だったが、昨年の実績は9立米/時×7~8時間(ポンプの駆動時間)=60~70立米となっており、ほぼ倍増している。この理由のかなりの部分は畦や土手からの漏水とみるべきだろう。
 もぐらがなぜそこに住み着くかというと、餌のミミズが多いからに他ならない。もぐらとミミズの生態を少し勉強する必要がありそうだ。とりあえず、もぐらの穴の分布などをチェックしてみることにしよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣柵(依頼工事)完了

0106防獣柵メッシュ版2.jpg
 本日はワイヤーメッシュ設置と扉取り付けを行ったが、一応依頼分はこれで終了である。ワイヤーメッシュはPEロープで要所を緊結する形で取り付けたが、パレットに比べるとやはりひ弱な感じがある。ただ、当面ここの柵内は自生するワラビ程度しかできないので、害獣が侵入する懸念は少ないのではないかと考えている。
 今回、柱(杭)及び水平部材はφ31.8mmの鋼管を使用したが、うちの外周柵や今回依頼のあったお宅の別の畑周囲で使ったφ25.4mmに比べると、厚が1.2mmから1.6mmになったこともあって、かなり剛性が上がっている。ただ今回の鋼管購入先では、スエジという片方の端部が絞ってあるタイプは特注となっており、割高となっていると思うので、水平部材は25.4mmを使うことでもいいのではないかと思う。
 前回は、地中障害が多かったこともあり、打ち込んだ杭が曲がりがちだったので、短い杭と2mのパイプ柱を2個の自在クランプで傾き補正を行った。ただ、細径のクランプは割高である。今回は柵の要求高さが1.2m程度で、シカなどを防げる高さ2m程度の確保を求められなかったので、1.8mの杭を60cm程度埋める方法にした。
 というようなことが今回の特徴だが、整理して標準的な防獣柵の作り方としてまとめてみようと思う。(この冬の間に)

今日の写真は1.2mメッシュの部分である。現在パレットの入手は困難になっており、メッキしてあるメッシュが今後の標準になっていくと思われる。
0106防獣柵メッシュ版.jpg
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣柵設置開始

1218防獣柵試験施工.jpg

 前に書いたご近所さんからの依頼の一つ、畑の周りの防獣柵設置工事を本日開始した。今年の3月に同様の防獣柵を設置したお宅の2つ目の畑に設置するというものだ。ただ、今回はケモノだけでなくワラビを狙う人間も防ぐというもので、前回とはちょっと異なる設えにしている。一番の変更事項は、パイプの径を25φから32φに変更したこと、これはパイプの板厚を1.2mmから1.6mmに変えることになる。その結果、前回に比べてかなり剛性は向上した。一応人間が乗り越えるなどの無茶をする可能性を考えたのだ。また、ケモノを最大の敵としていないこともあり、パレットの上に網を張る必要はなくなった。

1218防獣柵設置中.jpg

 この網不要という条件により、もう一つの変更事項も実現できた。前回はL=60cmの鋼管杭に2mのパイプをつないだのだが(自在クランプ2個使用)、今回はL=180cmの杭兼柱で済ませることができた。まあ、前回の杭+柱方式は、地中の障害が多かったためもあるのだが。今のところ、今回の現場では地中の障害はなさそうで、打ち込み60cmで地上に120cmでるという予定の通り進行中である。
 今日のところは、全体100mのうち杭打設40m、そのうちパレット取り付け20mが終了した。まあ、3分の1終了というところだが、一番厄介な山になっているところ20mがそっくり残っているので、4分の1が終わったという感じだな。明日と明後日で1日分しか仕事ができないので、来週完了という目標で進めよう。

1218防獣柵夜間.jpg
 
真っ暗になる夜間は目立たない、反射テープでも貼ることにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣ハウスのネット張り

1213ネットハウス.jpg

 前に書いたご近所さんからの依頼工事「この冬の仕事(番外:防獣対策)」のうち、ハウスの方に張るネットが届いたので、張ってみた。
 やり方は一応考えてあった。「スライドアップ工法」なんていうどこかで聞いたような名前まで付けているが、ハウスの横に金網を並べ、それにガイド用の紐(今回は7間幅に対して9本設置)を結び付け、必要に応じて引っ張り上げるやり方を採った。地面から1.5m程度の高さまでは、最初の組み立て時に亀甲金網を張ってあるが、今回は防鳥ネットで済ましていた上部(幅5.4m程度)に亀甲金網を架ける仕事だ。通常手に入る金網の最大幅は1.8mで、それを3列つなぐことになる。

1213ネットスライドアップ.jpg

 大体見当はつくと思われるが、ハウス片側の空地を作業エリアとし、1枚目を並べたらそれに紐を結び付けて反対側から引っ張る。1.8m程度ほど残して引っ張り上げたら、2枚目の金網を並べて緊結する。再び引っ張り上げて3枚目を結び付ける。その後、所定の位置まで引っ張り上げるのである。
 実際にやってみると結構抵抗が大きい。ハウスの外側はビニールを張る関係から突出物は基本亭にないのだが、金網には凹凸がいろいろあるのでそれが引っ掛かりがちだ。1回目のスライドアップは何とか出来たが、昼食休憩の後はカミさんを引っ張り出して二人で行った。ハウス内で引っかかりを外しながら押し上げて滑らすというようなアシストをするとうまく張ることができた。

1213スライドアップ説明.jpg

 寒くなったので4時ごろ早上がりしたが、妻側も含めて大体張り終わった。あとは扉回りを始末するといった細かい作業が残っているが、半日もあればできるだろうと思う。このように、やり方を考えてそれがうまくいくというのはなかなか痛快で、次の仕事もこのように工夫してやりたいと思うのである。とりあえずはもう一つの依頼工事があるが、他にもたくさんある。
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

この冬の仕事(番外:防獣対策)

1204防獣柵設置済み.jpg    春に依頼されて防獣柵を設置した畑


 先週、ご近所さんから電話がかかってきた。ちょうど1年前に防獣対策としてハウスの骨格作りを頼まれた方だった。その時は、肩までは金網を張ってその上は防鳥ネットを張るという指示で、その通りにしたのだが、電話によると結局サルに網を破られて侵入された模様で、上部にも金網を張ってほしいという依頼だった。電話の向こうにはお友達のこの地区の方がいるようで、もう一つ別の依頼が飛び込んできた。そちらのお宅からは、今年の3月にやはり防獣対策で畑の周りにパレット利用の柵を設置している。その結果が良かったので、別の敷地にも同様の柵を設置してくれというものだった。暇ではないけれど、どちらも前の続きだから引き受けることにした。

1204防獣ハウス.jpg

1204防獣ハウス侵入口.jpg

 防獣ハウスを調査したところ、5か所ほど穴が開いていた。設置時に、これではサルは入りますよと言ってあったのだが、やはりやられていた。張り替える部分は幅5.4m・長さ12.5m、1.8m幅のネットを3本つないで張る感じだ。

1204防獣柵設置予定.jpg

 防獣柵設置場所は600平米くらいのワラビ畑の周囲100mほど。ワラビはケモノの被害を受けないので簡易なものを提案したが、2方向が道路に接する3角形の土地には、ワラビのころになると人が入り込み、犬は吠えるし大騒ぎになるそうで、結局以前と同様のものを設置することになった。ただ、パレット(高さ1.1m)までで、上のネットは不要ということになった。
 サル・イノシシ・シカ・キョン・タヌキ・イタチ・ハクビシン・・・・・・、それに加えて人間対策も必要らしい。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

サルが居た(らしい)

 今朝9時頃、遅めの朝食を食べていたら庭先に隣のおばあちゃんが入ってきた。なんでも、(柴犬の)サブを連れて散歩していたら、目の前の町道を横切ってサルが9匹、大きい順に並んでうちの山に入っていったというのである。今朝は4つあるセンサーのうちの一つが頻繁に反応したため、何度もロケット花火を発射していたし、イネ刈り直前のイネをサルが狙いに来ているんじゃないかと心配して見に来てくれたらしい。
 警報がなった時はその辺りを双眼鏡でチェックするし、続くときは田んぼの向こうまで見に行くのだが、結局サルも他のケモノも発見できなかった。あまりよく鳴るため、その警報機は外してしまったが、あるいは漏水などで調子が悪くなっているのかもしれない。
 サルについては、田んぼのイネを倒してその上に座り込み、周りの穂を食べるという話を聞いたことがある。天日干し中の稲束も抱えて持って行ってしまうとも聞いたことがある。まあ、あと少し警戒を緩めずに頑張ろう。

画像はイメージです。
0909サルのイメージ.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

サルの消息など、最近のケモノ事情

 昨日、借り畑に草取りに行ってきたカミさんが耳寄りな話を持ち帰ってきた。隣の酪農やっているお宅が猟友会に依頼し、サルを3匹駆除してもらったという情報を地主さんから聞いてきたのだ。牛の餌になるとうもろこしを酷くやられたため、頼んだらしい。それがいつだったかははっきり分からないが、そういえば今週は警報が鳴ってもサルの姿は見えない。最後に田んぼの向こう側にいるサルを見たのは先週の木曜のことだった。そのときは3匹いたようだったから、駆除されたのはそのグループだった可能性もある。山には大きな群れを含めたくさんのサルがいるはずなので、このまま無事で済むはずはないが、向こうも少しはおとなしくするのではないかと期待する。
 
0815さつまいもの被害.jpg
 
 ところで今日借り畑に行ったら、地主さんがさつまいも畑でなにかやっていた。聞いたら、昨日一昨日と続けてさつまいも畑にイノシシが侵入し、掘り起こしたらしい。さつまいも(100株程度)の半分ほどやられていた。うちがやっている畑は電気柵で囲っているが、地主さんの畑はその前に海苔網で囲ってあったので、様子を見て被害があったらそっちも電気柵で囲うことにしてあった。今日は草取りに行ったのだが、予定を変更して電気柵を設置した。
 電気柵はいろいろ問題になったけれど、ケモノ対策にはそれなりの効果を発揮する。今回も半分の被害で終わるといいのだが。現在、電気柵は3組使用中。本日他の1台が壊れていることが判明、残りはすぐ使えるものが2台、基板の状態で組み立てれば使えるようになるものが1台ある。サル以外のケモノ対策には十分対応可能である。

0815さつまいも.jpg

地主さんには悪いが、早く植えたうちの方の畑ではサツマイモができている。本格的な収穫は、安納芋ができてくる3週間後以降である。


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネのケモノ対策その2

 前の記事を書いたばかりの昨日、早速サルが来襲した。センサーのチャイムがなるので田んぼの向こうを見たが、特に以上は見つからない。念のために双眼鏡でみてみると、田んぼの中に座っているようなサルの顔が見えた。田んぼ側の庭は木の枝や草が邪魔してよく見えないが、田んぼの向こう側に焦点を合わせた双眼鏡だととてもよく見えるのである。早速ロケット花火で追い払った。

0808サルの痕跡.JPG

 あとで田んぼの奥に行ってみると、何箇所かイネが倒されていた。入り込んで出来具合をチェックしたのだと思われる。カボチャはすべてを囲えたが、田んぼ全体を囲うわけにはいかない。当分、やってきたらロケット花火で追い払うしかないだろう。入ってくるのは屋敷から一番遠い田んぼの向こう側に決まっているので、見張り用の櫓を作るというアイデアも当初からあったが、暑いし蚊にはやられるだろうし、実現には至っていない。
 ところで、かわいい子ザルの写真を手に入れたのでアップしておく。このくらいなら可愛いが、大きくなると手に負えない農家の敵になってしまうのだ。

0808子ザルの画像.JPG
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネのケモノ対策

 カボチャが一段落したので、ケモノ対策の対象を穂がつき始めたイネにシフトしている。最初の2~3年はイノシシが入ってかなりの被害を受けたが、2012年に外周にパレットのフェンスを設置、その年に毎晩侵入を試みるイノシシをロケット花火で追い払ってからは、一応小康状態が続いている。この2年ほどはロケット花火もほとんど使っていない。また、寝ずの番もやらずに済んでいる。
 しかし、今年はサルに注意が必要だ。うちのカボチャは完全に守り切ったけれど、お隣さんはとうもろこしやカボチャを酷くやられたらしく、この辺りは連中の重要な餌場になっていることは疑いのないところだ。それに、カボチャでしてやられたということは当然意識にはあるはずで、うちのイネを攻撃対象にしてくることは十分考えられる。現に、今も田んぼの向こうのグミのあたりにサルが来ていて、ロケット花火で追い払ったところだ。ということで、田んぼの向こう側を広くカバーするようにセンサーを4台設置した。付近にケモノが近寄ると屋敷内の親機に信号を送り、場所に応じた電子音がなるというもので、毎年これには助けられている。イネ刈りまでの1ヶ月強、気を抜くわけにはいかない期間が続く。

0807警報機.JPG

0807警報機.JPG



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

サル対策ケージの作り方

 農業者にとって獣害はやっかなものだが、なかでもサルについては単なる柵(電気柵でも厳しい)程度では簡単に突破されるため、一番対策が困難なものとなっている。当農園では、毎年被害を受けていたカボチャを守るために簡単なケージを作成して、完璧に被害を防ぐことができたので、その製作方法について簡単にまとめ、同様の問題を抱えている皆さんへの水平展開を図ることにした。
 
概要
 栽培期間のみ設置する簡易な仮設構造物で、園芸用ハウスに使われる鋼管を利用する。鋼管については、再利用にかぎらず他の用途への一時転用なども考慮し、購入したままか半分にカットした状態での利用を基本とする。原案では、4mと5.4m(スエジ付き)の直管パイプを使用しているが、購入店の品揃えなどと実際の計画を見比べて仕様見直しをおこなってください。

0529サル対策ケージ.jpg


基本ユニットは上の図のとおりです。防獣ネットのサイズから4m(2m✕2)が基本的な単位となります。4mまたは5.4mを基本として横に増やすことが可能です。

使用資材について
 園芸用鋼管は色々な規格のものがあります。当方はうちのハウスに合わせてΦ22.2mmを使いましたが、1サイズ太い25.4mmの方がしっかりするかもしれません。更に太くすると管厚も増しがっちりするはずですから、使い方によっては選択肢に入れてください。こちらでは、5.4m長のものは専門店から購入したスエジ付きのものです。4mサイズは軽トラで何とか運べるので、ホームセンター(ジョイフル本田)で買いました、こちらはスエジ無しです。スエジというのは、管の片側が細くなったもので、接合金物無しで繋ぐことができます。4mものは700円弱、5.4mものは千円程度だったと思います。
 2サイズとも存在理由があります。4mサイズは、半分の2mが防獣ネットの幅とちょうど合います。5.4mについては、半分の2.7mの材を柱として使うと、0.3~0.4m土に入れても2m程度の天井高さを確保できます。今回のケージでは、中に2mのパイプを柱とした棚を作り(二重天井として)、カボチャの空中栽培を行いました。
 管の組み立てについてはビニールハウス用のパイプクロスという金物を使います。2本のパイプを直角につなぐものです。固定力は劣るフックバンドがあると、仮止め用に便利です。
 防獣ネットには幅も色々ありますが、この場合は2m幅が便利です。2m幅50m長で5000円前後だと思います。

組み立てについて
 全てに先立ち、設置場所を測りながら決めてください。図では4m✕5.4mと書いてありますが、柱の位置は15~20cm程度内側にしてください。

1.パイプ建て方前半
 図の黄色い部分のパイプを建て、横のパイプを取り付けます。地面部分のパイプも必要です、網の下側をこれに固定しないとサルは潜って入ります。上のパイプの高さは稚樹から2m前後としてください。網を張るためです。

2.パイプ建て方後半
 青く塗った部分のパイプを載せて金物で留めます。地面部分は隙間が開かないようにしてください。

3.ネット張り(天井)
 オレンジ色の部分に天井となる網を張ります。周囲4方は紐などでしっかり留めます。屋根にサルが乗っても落ちないようにしなければなりません。

4.ネット張り(壁)
 周囲にネットを張ります、上下のパイプに紐で固定します。作業者が出入りする部分は二重張りにします。二重張り部分下側はプラ杭などで留めたくなりますが、うちにくるサルは2週間ほど通って抜き方を覚えたようです。全て紐でくくるようにした方がいいでしょう。


 カミさんは、サルからかぼちゃを守りきれたことに大満足でした。来年は倍以上に増強することになりそうです。どこにでも設置できるし、他の作物にも適用可能です。
昨年一度試作をして、今年はその結果をフィードバックして作ってみました。まだ改良点は多いと思います。これを元に作られたら、結果や感想・要改良点などをお知らせください。不明な点があれば問い合わせてください。お願いします。


0529サル対策ケージ(2).jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

収穫したカボチャたち

0709カボチャ.jpg

 カボチャ担当のカミさんによれば、サルはカボチャをねらってかなり研究しているらしい。例のカボチャの檻の出入口はネットを二重にしてサルを食い止めているが、これは地面にプラスティックの杭で留めてある。これが毎日抜かれるようになったらしい。さらに、別の場所のネットの地面側が破れているが、これはどうやらサルが引っ張ったためらしい。どちらも、侵入できるほどやられたわけではなく、今のところカボチャは盗られず全てカミさんが収穫しているらしいが、サルの挽回もありうるかもしれない。まあ、このまま何とか食い止めて、来年は面積倍増でカボチャを作ることにしよう。

破られたネット
0709カボチャ3.jpg


プラスティック製杭(抜かれたので数を増やしたあと)
0709カボチャ2.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

狩猟免許を更新(二度目)

 農地取得後、田んぼを作るより前にやったことが狩猟免許を取ることだった。この6年間を振り返ると、簡単な箱罠でタヌキ・イタチ・ハクビシンなどを捕獲する程度で、狩猟免許(罠)を活用するというようなものではなかった。しかし、私の仕事のかなりの部分はケモノ対策である。それは、防獣柵や電気柵の設置であったり、この前書いたカボチャの檻の組み立て撤去であったりするのだが、農夫というよりは獣害対策員といったところだろうか。

0708狩猟免許更新.jpg
平均年齢も高いが、喫煙者比率も相当高いおじいちゃんハンターたち(休憩時間)

 今日は、免許取得後3年毎にやってくる更新講習の日だった。午後からだったが、ヒマな年寄りばかりなので早めに出かけていった。受付の30分前についたけれど、もう駐車場はいっぱい、最後のあいている1台に潜り込む。会場に入ると、66歳の私は最若手という感じ、平均年齢は70歳を上回るんじゃないだろうか。
 簡単な適性検査のあと講習が始まる。狩猟の基本の再確認・鳥獣の区分や猟具の説明など、それに加えてビデオも見せられた。交通違反後に見せられるビデオの狩猟版だ。猟銃の誤射や暴発の危険性の確認などが寸劇で紹介され、自己の悲惨さなどを参加者にあらためて伝えようというものだ。
 狩猟免許を持っていても、本当は狩猟者登録という手続きを行わないと狩猟はできないことになっている。ただ、私の場合はうちの敷地内限定で罠をかける程度、農家が害獣取る場合には本来免許は不要らしいが、まあ一応ケモノのことも知り、道具のことや法律全般もアタマに入れておきたいので、まだ当分更新は続けるつもりだ。しかし、もっと若い人にとってもらわないと、ケモノは減りそうにないね。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

かぼちゃの収穫が始まる

 サルが出没するこの辺りの集落では、カボチャは基本的に奪われるものと思わねばならない。うちでは3年ほど前から被害にあうようになり、昨年は青瓜と間違えたらしいロロンカボチャ以外はほとんど盗まれてしまった。そんな状況なので、今年はカボチャ畑をパイプで囲い、防獣ネットで囲うという手段をとった。

0707カボチャの檻

 これが見事に当たったようで、先週は一番なりの坊ちゃんカボチャを収穫し、直売所に出した。日曜の夜に味見は済ませていて良い出来を確認済みだが、メールでの宣伝がチョットした反響を呼び、一回目収穫分は瞬間的に売れてしまい、予約注文も入ってしまった。
 二日間の直売所を終わらせて農場に帰ってきたが、カボチャは無事だった。昨年まではカボチャの収穫時期になると横浜にいてもなんだか落ち着かなかったのだが、今年は大丈夫。ただ、点検に行ったカミさんの話では、ネットの下を止めているペグが2本抜かれていたそうだから、サルが反撃に出てくる可能性もある、気をつけよう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

カボチャが育ってきた

 カミさん情報によると、サルが毎日やってきてえんどう豆を食べているらしい。ただ、毎日少しずつ食べているようだから、集団ではなく単独行動のオスではないかと思う。

0605カボチャ檻.jpg


以前作った(蚊帳のような)檻の中ではカボチャができ始めており、やはりカミさん情報では7個できているらしい、もちろん収穫はまだまだ先だが。この檻は主としてサル対策で作ったものだが、有効であって欲しい。無事カボチャを収穫できたら、増やしたり常設化することも考えたい。

なお、空中栽培は順調である。昨年までは自由にさせていたから、ワラビやフキの中に割り込んでグチャグチャな状態となっていたが、今年は今のところきっちりと管理もできているらしい。ついている実の数もよくわかるほどだから。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

椎茸をめぐる攻防

0408しいたけ01.jpg

 今年は椎茸が好調だ。あまり出が良くなかった感のあるこの数年に作成したホダ木から、ようやくという感じで出始めている。この前の日曜日、山の上にあるホダ木置き場に見に行ったところ、ほとんど椎茸がついていなかった。カミさんにそう言ったら、「おかしい」といって自分自身で見に行ったのだが、「やられている」という叫び声。いってみると、ナニモノカが食い荒らしたらしくホダ木のしたに欠片がいっぱい落ちていた。私は気づかなかったのだが、「何を見に行ったんだか」と厳しい指摘を受けてしまった。

0408しいたけ15.jpg

 山の上のヒノキ林の中は、木漏れ日があたり湿っているのでホダ木を置くには最高に思えるのだが、残念なことにシカやキョン、それにサルやイノシシなどの出入りは自由である。どうやら連中が椎茸をかじったらしい。さっそく防衛のために柵の中(小屋の周り)に移動させた。サル以外であればこれで護れるはずだ。

0408しいたけ16.jpg
0408しいたけ02.jpg

 例の(コストコ)小屋は、マイクロユンボや農業機械の置き場として働いているが、山の下に建てたせいか湿気が多いらしい。既に北側の壁には青いコケがつき始めている。しかし、そんな環境はホダ木にはいいらしく、格好のホダ木置き場になりつつある。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣柵(依頼工事)終了

0402ネット張り収量.jpg

 本日パレットの上部にネットを張り、ようやく防獣柵が出来上がった。実は昨日行ってみたら扉のあたりが曲がっていた。どうやらご主人がローダーで通るときに積んでいる荷物が引っかかったらしかった。で、昨日の残りは君津のジョイフル本田に修復用資材を買いに出かけたので、ほぼ1日完成が遅れてしまったのだ。

0402ネット張り終了2.jpg

 全長約120m、かかった時間は約60時間、パレットを除いた費用は大体18万円強。これでケモノの侵入が防げればいいのだが。追加工事(2.5×3mの小さなビニールハウスの組み立て)があり、今日の夕方と明日の午前中くらいはそれにかかる。まあこれで一段落で、家の方の田植えの準備などに復帰。

0402ネット張り終了3.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣柵(依頼工事)の進行状況

0321防獣柵3.jpg

 昨日でパイプ関係は完成したが、本日も作業は継続している。うちのコメ作りの支度もやったりしているから、タイムシェアリングである。今日は、残っていた扉の調整を片付け、パレットの取り付けを行った。立ってする仕事はできるというので、カミさんも応援に来た。大体半分が終わったが、明日は収穫などもありあまり時間は取れない。既存のハウスに扉をつけてほしいという追加工事も出てきたので、来週まで引きずりそう。
 扉については、このままではちょっと頼りなく、イノシシが突進してきたらひとたまりもない。カンヌキのような仕掛けを考えたので、これも来週の作業になる。そういえばパレットの足元も埋めなければ、まだやることは結構残っていた。
0321防獣柵1.jpg
0321防獣柵2.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

動物たちの春

 22時頃農場に到着、10度よりは低いがそれでも随分暖かくなった夜の空気を感じながら満天の星空を眺めていると、2箇所からふくろうの鳴き声が聞こえた、繁殖期だな。それに重なるようにキョンの悲鳴のような声、さらにシカの鳴き声も混じってくる。春が近づいて、動物たちも動き出す気配。
 実は来る途中でこんなことがあった。最短の山の中を走る県道経由ではなく、久留里から国道を南下してきたのだが、その途中で道路になにかが転がっていた。ドラム缶よりは細いが人よりは太め、イノシシだった、70〜80Kgはありそうだった。道路に飛び出して車にぶつかったらしい。イノシシはひとたまりもなかったようだが車も無事ではなかろう。以後は慎重に走ってきたが、会所に入ってからシカの群れが道路を横切っていた。やはり春である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

カボチャとソラマメを守る檻

0316カボチャのオリ2.jpg

 よそのお宅の対策ばかりやっているわけにはいかない。昨日は午前中しか時間がなく、材料もまだ揃っていなかったので、依頼工事は先送りにして自宅の方で昨年も作った檻を組み立てた。昨年はカボチャのほとんどがサルにやられたので、試験的に枝豆をこの檻で囲い、ついに守り切った。今年は本命のカボチャをこの中で栽培することにしている。それも空中栽培でやるつもりだ。

0316カボチャのオリ.jpg

 うちでは2.7m・4m・5.4mの3種類のパイプ(数字は長さ、径は22)を揃えて色々な使い方をすることにしているが、今回は4m✕5.4mにしている。柱は2.7mにしているが、今回は天井を1.9mにしたので上にかなり突き出ている。いよいよケモノとの戦いが幕を開ける。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日の作業:杭打ち試験

0314杭のばらつき.jpg

 まだ材料が揃っていないので、依頼元のお宅には来週中頃から本格着工と言ってあったのだが、今日の午前中に材料一番手の杭が届き、予定地には硬いところもあるので試験施工をやってみた。結局予定場所全てに杭を打ってみたのだが、150cmの杭が70cm入るところもあるし、15cmしか入らないところもあるという具合に、地面から下の状況には大きな差があるらしい。ただ、硬いところでは30cmも打ち込めば十分固定できそうなので、その辺りを基準にすることにした。(うちの境界柵の場合、80cm程度打ち込めたが)

0314杭先端.jpg

 使用した杭は、25.4mm径パイプの先端を潰して尖らせたもので、どうやらジョイフル本田のオリジナル商品らしい。もちろんパイプそのものを打ち込むよりずっと入っていくが、それでも当現場は15cm程度に留まるような状態だ。月曜日にはパイプが届くということなので、どうにも潜っていかない場所については、パイプをを敷いてみてそれ沿いに杭の位置をずらしながら障害に当たらない場所を探ることにした。

0314現場全景.jpg

 現場の全景はこうなっている。3方が川だが、大昔に埋め立てをしたらしい。崖の途中に一応金網を張ってあるが、ほとんど効果がなく、ケモノは入り放題。今回は平らなところにパレット利用のフェンスを作る。手前側には家があるので立てないが、3方でだいたい140mくらいの柵になる。明日は収穫作業もあるので続きを出来るかどうかはわからない。水曜以降に本格再開である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日の作業(杭の打ち込み)

0314杭のばらつき.jpg

 まだ材料が揃っていないので、依頼元のお宅には来週中頃から本格着工と言ってあったのだが、今日の午前中に材料一番手の杭が届き、予定地には硬いところもあるので試験施工をやってみた。結局予定場所全てに杭を打ってみたのだが、150cmの杭が70cm入るところもあるし、15cmしか入らないところもあるという具合に、地面から下の状況には大きな差があるらしい。ただ、硬いところでは30cmも打ち込めば十分固定できそうなので、その辺りを基準にすることにした。(うちの境界柵の場合、80cm程度打ち込めたが)

0314杭先端.jpg

 使用した杭は、25.4mm径パイプの先端を潰して尖らせたもので、どうやらジョイフル本田のオリジナル商品らしい。もちろんパイプそのものを打ち込むよりずっと入っていくが、それでも当現場は15cm程度に留まるような状態だ。月曜日にはパイプが届くということなので、どうにも潜っていかない場所については、パイプをを敷いてみてそれ沿いに杭の位置をずらしながら障害に当たらない場所を探ることにした。

0314現場全景.jpg

 現場の全景はこうなっている。3方が川だが、大昔に埋め立てをしたらしい。崖の途中に一応金網を張ってあるが、ほとんど効果がなく、ケモノは入り放題。今回は平らなところにパレット利用のフェンスを作る。手前側には家があるので立てないが、3方でだいたい140mくらいの柵になる。明日は収穫作業もあるので続きを出来るかどうかはわからない。水曜以降に本格再開である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣柵(依頼工事)開始

0312予定地1.jpg
 近所から頼まれているパレット利用の防獣柵工事については、先週プランの煮詰めや資材の発注を終わらせているが、今日は天気もいいし仕事も一段落なのでマイクロユンボを積んで準備工事に出かけていった。

0312予定地2.jpg

 現場は以前谷間を埋め立てたところで、既に畑として利用している。会所エリアでも一番外れであり、ケモノの攻勢は最も厳しい。ハウスは2棟あるが、昨年はサルが入ったらしい。
 一応1反5畝ほどを囲むフェンスを作る計画だが、今日は設置場所をユンボで削ってみた。最終的にはパレットを並べたあと足元を埋めるので少し削っておくのだが、埋め立ての時にはガラやコンクリートも混じっていたらしく、大きな石やコンクリートの塊がゴロゴロ出てくる。杭をうまく打ち込めるかどうかが相当気がかりな状態だった。
 今日のところは180本程度使用するパレットを各所に運んで終了、あとは資材が揃った段階で再開の予定。杭を打ち込むのに苦労しそうな場所は全体140mの4分の1程度、できれば来週いっぱいで終わらせたい。

0312応援部隊.jpg

こちらのお宅は以前牛を飼っていたそうで、こんなローダーが残っている。マイクロユンボでは役不足のところでは、ご主人の操縦で手助けしてくれた

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

境界柵完成

0305境界柵2.jpg


 間に旅行も入ったりして仮の姿だった境界の防獣柵(全長60m)がようやく完成した。パイプとプラスチックパレットの部分は2週間前に完成していたが、遅れていたのはその上のネットだった。パレットだけでは高さが1.1mしかなく、シカの侵入などを防ぐには2m程度の高さは必要になる。これで一安心ということだが、連中は、入ろうと決めたらかなり執念深いため、これから注意深く見守ることにしよう。今年のシーズン中はロケット花火を枕元において警報に備えるというスタイルを復活させる必要があるかもしれない。

0305境界柵1.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

境界柵(防獣柵)第一段階完成

0216防獣境界柵2.jpg

 夜になると猪や鹿がウロウロする隣地との境界柵だから、アメリカに行く前に片付けようと必死にやったので、何とか日曜の出発時間前に完成した。ただ、今回はパレット部分のみで上のネット(1m幅)は帰国後やることにした。今の時期であれば連中が喜ぶものは殆ど無いので、高さ1.1mのパレットのみで平気だろう。
 結局、延長60mの柵を建てるのに3×2人工かかったが、うち2.5人工は既存柵の撤去であり、設置については3.5人工くらい。このうち0,5人工は整地作業だった。歩掛かりは20m/人日ということになる。依頼されている近所のお宅は、延長140m程はあるから整地も考慮して8人日必要ということになる。結構大工事だ。

0216防獣境界柵1.jpg
下の方にはトタン・戸板などを置いてある、こうして目隠しをしないとイノシシ君はやってくる

 今回は25.5mmのパイプを使用したが、押したりするとかなりたわむ。これに1m幅の防獣ネットを上に継ぎ足すから、台風の時などは若干心配である。もう1サイズ太いパイプにすることも選択肢のうちだが、そうすると普通の単管パイプとのコスト差が縮まってくる。パイプ自体の単価はある程度差があるのだが、クランプなどの関連部品の単価は割高になってくるのである。
 それにしても、前にもらったパレットはまことに便利な機材である。いざとなれば片手でも持てるし、平らなところなら作業時に立てて置けるし、寸法は一定だし、こういったものの構築には重宝する。耐久性には不安もあったが、4年ほど経過してももろくなったりはしていない。合計10年ぐらいは使えるだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

境界柵の進行状況

 朝から既存柵撤去にとりかかる。昨日の続きである。全体の3分の2程度が片付いたところで、あとはカミさんにやってもらうこととして私はユンボで整地をし始めた。まあまあ順調に20mほど進んだところで異常に気づいた。油が滴り落ちているのである。エンジンルームを見るとホースが割れているらしく少しだがオイルが噴き出ていた。燃料タンクからつながっているパイプなので軽油である。すぐに農機具店に連絡をとって見に来てもらい、明日部品を用意して直しに来てくれることになった。

0213境界柵1.jpg


 急にユンボを使えなくなったため、整地済みのところで柵の組み立てをやってみることにした。使用するパイプは25mmと通常のハウスよりは太い。一応先が尖った杭(L=1.8M)を80CM程度打ち込み、これに1.33Mのパイプを継ぎ足すことにしていた。組み立てはあまり問題がないが、やはり単管に比べるとグラグラと柔らかい。パレットを組み付けると少しマシになるが、うえに1M程度のネットを張るので風に対してはどうだろうか、ちょっと気になるところである。パイプとパレットの間にスチールパネルを挟んだ、これを入れないとイノシシは絶対に入ってくる。トタンでも可。4スパン(全体は15スパン)やったところで雪が降ってきて本日分終了。

0213境界柵2.jpg


0213境界柵3.jpg
 

 ところで、作業中に電話が入った。ビニールハウス3棟のお施主さんだ。今回はご本人ではなく友達(同じ会所の人)の希望で、ケモノが入り放題の畑の周りにパレット柵を作って欲しいというものだ。こちらのオタクでは以前私の紹介でパレットを手に入れたのだが、まだそのままになっていたようだ。こちらは旅行などで忙しく、やがてコメの準備も始まると話したが、いつでもいいからやってほしいということなので、引き受けることにした。アメリカから帰ってから、ちょうど今やっている方法の応用で対応することにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣ハウスが(一応)完成

1225ハウス完成2.jpg


 ご近所さんから依頼されたサルよけのハウスがようやく完成した。約3週間と予定外の時間がかかったが、私自身の腰痛と雨、それに標準外の金網と防鳥ネットが加わったからである。それに、予定地の地中に石が埋まっており、架構のパイプを簡単には打ち込めなかったことも原因の一つだった。とはいえ、色々と新しい問題にぶつかったので非常に面白い時間を過ごすことができた。

1225ハウス完成.jpg


 備忘録的に今回の経過を書き記しておこう。最初に苦労したのは地中障害だった。はじめのうちは依頼先(工事業者さん)からハンマードリルを借りて進めたが、腰痛で休んでから借り直すタイミングを失い、ナシでやることになった。ただ、組み上げてからの出来栄えに問題があったため、揃っていないパイプを抜いて挿し直したが、その際にはパイプの切れはしを打ち込んで穴を開けることで、ようやく揃えることができた。最初から気づけばよかった。
 次の課題は腰から下に金網を張ることだった。一応、網の下を掘って進入するケモノもいるから地上部から120~135cmの高さに設置したパイプに150cmの網を張って余りを外に出すようにした。まあこの辺りは問題がないが、網の取り付け方法にはいろいろ迷った。まず考えたのはハッカで番線を巻いて止めることだったが、すぐに錆びてしまうだろうということでやめた。次はハウスに使うマイカ線を使ってみたが、まるで仮止めのような感じでこれも中止。最後は、グリーンのビニロンの紐にしてみたが、これがまあまあだったのでこれを採用した。手間を考えると、パッカーでも良かったかもしれない。
 最後は、上部を覆うネットだ。ひと通り終わった昨日の夕方、お施主さんに聞いてみたら「防鳥ネットでいいけれど、それを張るところまでやって欲しい」といわれたので、うちにあった防鳥ネットを張ってみた。それで終了なんだが、どうも防鳥ネットじゃサルが乗っかっただけで破れそうだし、耐久性にも疑問がある。どこかでやり替えることになるんじゃないかな。でもとにかく一仕事が終わった。
  
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣ハウスは何とか見せられるようになった

 地中の石などに邪魔されてパイプの深さがばらついたので棟のパイプがうねっていたハウスだが、本日大幅に状況を改善させた。一応組み上がったハウスのパイプ支柱のうち、所定の深さまで入っていないものを抜き、パイプのきれっぱしを打ち込んで穴をあけて再び差し込んだ。これを何本もやって1本を除いて何とか収まった。その1本だが、両側のアーチ状のパイプを頂部でつなぐパイプにちゃんと奥まで入っていなかったためだと判明し、ようやく多少の波打ち程度になった。

1217ハウス是正


 あまりにも出来が悪かったので写真も撮っていなかったから、是正の前後の比較はできないので、なんだこれでも直したのかと指摘されそうだが、まあ何とか面目を保つことはできそうだ。何しろ、こちらのお宅の家業は土建屋さんだから、お膝元でみっともないものを作るわけにはいかないのである。あとは金網を張れば完了だが、材料はいつ届くのだろうか。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣ハウスの組立が一段落

本日、夕方までかかってハウスの骨組みを終わらせた。あとは高さ1.2mまで金網(来週届くはず)を張ればー応完成だが、一部のパイプが地中の小石などに当たって高止まりしており、かなり波打った状態になってしまった。ハンマードリルを借りてやっているうちはよかったが、腰痛で休んだりしたため後半は借りずにやったらこの始末。もしかすると一部やり直しするかもしれない。このままだと、見るたびに「ああ、失敗した!」と思い出しそうだから。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣ハウス建設はちょっとした障害に邪魔されている

70c42dfe.jpg


 昨日今日は、依頼されている近所のハウスの工事をやっていた。お施主さんは、きわめて元気な奥さんだが我々より歳は上だし手伝わせるわけにはいかない。カミさんに手伝ってもらってパイプを地面に差し込む作業を始めた。
 ところが、片側のパイプが30~40㎝位のところでとまってしまう。本当は60cm位埋めたいのだが、そこまでは入っていかない。どうやら小石などが埋まっているらしい。奥さんに地歴を聞くと、ユンボで均してもらった後土を入れたそうだが、ユンボで均したレベルのところに石ころが多いのだろう。

42e636f1.jpg


 こちらのお宅は土建業だから道具を貸してほしいと一昨日頼んでおいたら、今日は本格的なハンマードリルを貸してもらえた。それを使うと40cmほどの深さまで掘れてパイプはすんなり入っていく。今日のところは片側をその深さまで入れ、反対側に取り掛かろうとしたところで雨天中断。明日以降、道具を借りられる日まで待って続きを進める予定。それにしても、ハンマードリルがなければ相当苦労したに違いない。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

防獣ハウスの建設

 今年の春から初夏にかけて、ご近所さんからビニールハウス2棟を作ってくれと頼まれて、楽しい仕事でもあるので引き受けた。台風がやってきたりするとちょっと心配にはなっていたが、今のところなんの問題もなく使ってくれているらしい。先日、そちらのお宅からもう1棟作ってくれないかと依頼があった。今度はビニールは張らずにネットを張る、つまり防獣対策用の施設である。うちにはもう作るスペースもないし、作らせてもらうのは面白いしありがたい。

8163018e.jpg

  これは頼まれて5月に作ったハウス、今回依頼のハウスもほぼ同サイズ

 そちらのお宅はうちよりも200mほど奥にあり、その分サルなどの被害は多いようだ。毎年、トウモロコシやかぼちゃその他いろいろが被害を受けているらしい。今年作ったビニールハウスがケモノ除けにもなったということで通常なら露地で作るようなものをネットハウスの中で作ろうということらしい。うちで試験的にやってみた簡易型パイプハウスを勧めることも考えたが、常設にするにはちょっと華奢だし、しっかりしたパイプハウスで場合によってはビニールハウスとして使える方がいいと考えて依頼通りで対応することにした。

 材料は発注したが、雪や台風の影響を引きずっているのだろうか、少し時間がかかるらしい。まあ、今から春先までは植えるものもないだろうし、材料が揃ったらぼちぼち始めるつもりで待つことにした。大きさは間口2.5K、奥行き7Kの17.5坪、坪1万近くはかかるのだが作る野菜は実に高いものになる。しかし、収穫間際に盗られる悔しさは半端ではないのがよくわかる。 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ケモノの穴

d379615b.jpg


 カミさんが家の北側の庭を整理していて、隣家との境のフェンス下にケモノの侵入口を見つけた。前に怪しいと思っていたところらしく、木の枝などで塞いでいたそうだが、それを広げて出入りしていたものと思われる。

883eb14a.jpg


 瓦のかけらや角材を並べて侵入できないようにしたつもりだが、きっと別のところに出入り口を作るのだろう。イタチごっこというやつだ。ただ、天井裏で騒いでいた動物のうち、最も大きなヤツ(ハクビシンかアナグマ?)は毒エサが効いたのか最近静かなので、この穴も使われなくなっているかもしれないが。
 天井裏のケモノについては、大ネズミ2匹を退治できたことを確認しており、駆除を頼んでから約2カ月でほぼ終結しつつあるようだ。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

屋根裏の同居人

 1カ月くらい前からだったと思うが、時折屋根裏を走り回る足音が聞こえていた。足音のリズムや大きさなどから、ネズミではなくもう少し大きな動物だろうという想像はついた。まあ、そのまま放置していたのだが出没頻度はどんどん増し、ほとんど毎晩騒いでいる状況になった。そこでカミさんが町役場に電話相談したところ、駆除業者も紹介できるが猟友会に声をかけてワナを仕掛けてもらうとういう方法もある、ということだったので猟友会への連絡をお願いした。

d4dc4a7e.jpg


 しかし全然連絡が来ない。まあ、今の時期は農家が忙しい時期なのだろう。ところが、今日はとうとう台所の天井のボードにカビが生えているのに気が付いた。こうなるとのんびり待ってはいられない。電話番号を聞いていた駆除業者に連絡し、対応を依頼した。昼前にやってきてとりあえず家の周りを1周、天井裏への出入り箇所は簡単にはわからないらしいが、上へのルートは雨どいだと一発で見つけ出した、さすが専門家。そのあとカビの生えているボードを切り、そこから天井の上一帯を確認したあと、天井の一部に箱ワナを仕掛けた。

f64da054.jpg


 箱ワナは私も仕掛けていたのだが、ケモノの通り道を知らなかったものだから、見当違いの場所に仕掛けていたため、取ることができなかったのである。次回は月曜日、その後も、音がしなくなるまで(駆除完了まで)何度でもやってくるらしい。ただ、費用はかなりのものである。外にはいろいろなケモノがいるんだが、家の中まで侵入されるとは困ったものだ。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

サルが出没中

 今日はサルを3回見ることになった。一回目は家の裏の柿の木に登っていたが、これは大声で追い払った。もう一度は向かい側の山の木に登っている姿を見て、家に戻ってロケット花火を取ってこようと思ったら、ちょうどそこに電話がかかり取り逃がした。3度目は、田んぼでイネ刈りをしていたら、20mほど先に現れた。この時はロケット花火を持っていたので追い払った。
 1日に3度もみたのは初めてである。それに、最近よく見かけるはぐれのオスザルではなく、3~4匹の群れであったことが珍しい。どうやら近くに大きな群れがいるんじゃないかな。もしかしたら今日来たのは斥侯かも、明日は田んぼに群れがやってくるような予感。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日のサル番日記

 夕方にはなっていなかったが午後の遅めの時間、このところ静かだったセンサーチャイムが鳴った。「ピンポーン」というのは1号センサーで、4号田んぼの向こう側で北側隣地境界付近、北西隅に設置してある。一応そのあたりをチェックすると、4号のイネの向こうにサルの顔の上半分が見える。どうやら田んぼに座り込んでいるらしい。そのあたりのイネはモミを盗られた穂だけになっているものがあるが、犯人はやはりサルだったと判明。もちろんロケット花火をお見舞いし、すぐに外に出ていってあたりに何発も打ち込んだ。田んぼの向こう側のフェンスのさらに向こうは川に降りる竹藪(崖)で、昼はまさにサルの通り道なのだ。夜はイノシシ。

e63409e6.jpg

    口ですきとり、バリバリ食っているんだろう

 私は、前の前の週末から直売所の仕事を休んで居続けているが、今日はその目的を達成しサルを追い払うことができた。ちょっとうれしい。しかし、今はひどい雨である。明日は田んぼの土手をマイクロユンボで切開し、溜まった水を絞り出す必要がありそうだ。今週後半のイネ刈りも黄色信号点灯である。
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ロケット花火ランチャーの交換

c4cc7596.jpg


 こういうところにいると、ロケット花火を発射する装置(ランチャー)も重要である。以前は8連装なんていうものも作ったが、かなり重量もあるのでこのところは3連装のものをもっぱら使っていた。夜間のイノシシ対応の時は良かったが、昼間にサルを追い払うには、田んぼ側の部屋(廊下)から生垣越しに狙うため、手前の木に当たって落ちるといった失敗も結構多い。それでたくさん作った試作品のうち銃身が70cm程度のものが弾道も安定していたので、それを少し伸ばした90cmのものを作り、使い始めた。枝の間を通して50m先の目標までかなり正確に飛んでいく。

42c2ff8b.jpg

    ロケット花火の下に、3連装、90cm銃身、70cm銃身が並んでいる

 昼過ぎには、ちょうど真正面の田んぼの向こうにサルがやってきたので、ほぼストライクでお見舞いした。カミさんは、家の中から撃っているだけじゃダメだとばかりに、3連ランチャーを持って向こうの柵まで出かけて行って撃っていた。

6724deec.jpg


 今来ているサルは子ザルを連れているようで、耳を澄ませていれば襲来を感知することができる。ギャアギャアという声がして、どこかの枝が大きく揺れているのでわかりやすい。田んぼの向こう側の方には倒れたイネもあり、おそらくサルの仕業である。イネ刈りまで3週間前後、このランチャーは忙しく働くことになりそうだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

いったい誰が、なぜ

 今日、沢水が出ていなかったので水源地に行ったが、水は少ないけれど一応問題はない。パイプが外れたのかと思い、順々に確認すると道路に出るところが割れていた。VU管だが、そう簡単に割れるようなものではない。とにかく家に戻って機材を持ってきて修理をした。しかし、それでも水は出てこない。

1b450658.jpg


 もう一度パイプをずっと確認してみたら、全部で5カ所のパイプが割れていた。これはもう、悪意があっての仕業と思わざるを得ない。これだけやられると補修用のパイプと継ぎ手は間に合わない。ホームセンターまで買いに行き修理は済ませた。
 
 イノシシ・サル以外にも敵がいるのかもしれない。これが繰り返されるのか、一度で終わるのか、様子を見るしかないだろう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

食べられていたマクワウリ

今年のマクワウリは、たくさん穫れるだけでなく甘くてうまい。穫れはじめのころよりも一層うまくなって、我が家のおやつとして重宝している。直売所では、プリンスメロン共々あまり売れていないので、残念ではあるけれどある意味ありがたくたくさん食べている。 

d1394eb0.jpg


ところで今日、ハウスの中で水やりをしていたら、マクワウリの足元に皮だけになった実が転がっていた。我々以外にもそんなにうまいマクワウリを食っていたヤツがいたのである。残っていた皮は一部のみで、きれいに薄く食われていた。食べたあとをみる限りではハクビシンではないかと思われたが、残りのウリがそばには見当たらないから、サルの可能性も考えられた。

c2e1ea76.jpg


 次に、侵入経路を調べることにした。ハウスの出入り口と窓は、ビニールは外していたが代わりにネットを張ってあるので、何ものも侵入はできない。もう一つあやしいのは、天井のビニールをたくし上げ、腰のビニールとの間に隙間を空けているところだ。サルがくぐれるほどの隙間はできているので、マイカ線を渡して間隙を縮めてはいるが、入るのは不可能ではない。また、地面との間も少し掘ったりすれば小動物の侵入は可能である。ということで、1号ハウスの周りを何度か見て回ったのだが、少なくとも天井と腰回りのビニールの隙間に上がった形跡は発見できなかった。地面近くのビニールは、ギリギリのところに架けたパイプに留めているが、2カ所ほどくぐれそうなところは見つかった。サルの可能性2割、ハクビシンなどの小動物は8割といった感じだ。

1929c3c6.jpg

      出入り口の脇、100V電源のケーブルを入れるためにビニールに隙間があった

f6bcb4a0.jpg

      現場のすぐそば、パイプの下をくぐれそう

 一応、現場付近にバナナをセットした箱ワナを仕掛けて今晩様子を見る。今晩もやってくる可能性は高い。かからなければ、明日はサルを想定した対策も講じることにした。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

サルにやられなかったカボチャ

 一週間ほど前に、「生き延びたカボチャ」というタイトルで記事にしたのだが、坊ちゃんカボチャがサルにやられて壊滅状態だったのに、横に並べて植えていたロロンカボチャは無事だったことをお伝えした。木更津の仲間が直売所に出品してくれた青ウリと見比べると、「ああ、なるほどネ」と理解できた。

1fa0b5e5.jpg

    上が青ウリ、 下がロロンカボチャ

 千葉では「ハグラウリ」とも呼ばれポピュラーな存在だが、キュウリに近い柔らかい瓜だ。もちろんカボチャとは全然違うのだが、サルたちはロロンカボチャを青ウリと思いこんでいるのだろう。サルはキュウリも食べるのだが、カボチャに比べると優先順位はかなり低く、何もないとき仕方なくという感じではないかと思われる。ロロンカボチャは、普段カボチャを食べなかった人でも食べる(ご近所の実話)ほどだから、一度食べられたらひとたまりもないんだが。来年はネットケージの中でカボチャを作るので、こんな話題はなくなるはずだ(きっと)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

生き延びたカボチャ

 今年うちの畑では、9割方の栗坊カボチャがサルにやられてしまった。そのあと、隣に植わっていた枝豆を網小屋で囲い防御できたので、来年はカボチャも箱入り息子になる予定だ。

c5c99dbe.jpg


 しかし、並んで植えていたロロンカボチャ(定農連仲間のYさんからタネを貰ったもの)は、サルにやられずに残っている。このカボチャ、とてもホクホクでおいしく、色々なところで評判がいいのだが、何でサルが見向きもしないのだろうということが謎だった。あらためて眺めてみると、どうやら青い瓜だと思っているのではないかということになった。何日も穫らずに放置しておいたキュウリのようでもある。一度でも食べられたら狙われてしまうに違いないが。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

稲穂はどんどん出ている

e39c1bdf.jpg


 10日ほど前に古代米の穂が出始めたが、ミルキークイーンの穂も出てきている。写真で見ると静かで平穏な田んぼだが、穂が出始めるとそろそろケモノが動き出す。これまでカボチャ・枝豆シフトだったセンサーは、田んぼシフトに配置を変えなければならない。イノシシは夜やってくるが、今年は昼に出るサルの襲来も計算に入れておく必要があり、忙しくなりそうな予感。ただ、2週間ほど前に部落内の人がサルを2匹捕まえており、それ以降サルの動きは下火になった感もある。ただ、カミさんの観察ではいまだにカボチャの様子を見に来ているようである。
 そういえば、サルから枝豆を護るために設置した網小屋だが、効果はテキメンで先週無事3分の2程度を収穫した。今週残りを収穫するが、熟しすぎかもしれない。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日一勝一引き分け

 今日は昼過ぎに農場にやってきた。カミさんはさっそく枝豆の部屋をチェックし、食べられていないことを確認したが、ネットの裾がめくれていて何かが入ったようだといっていた。我々はちょっと遅めの昼食を食べ終え、私は「そういえば荷物が届いているんだった」と門の郵便受けに行こうと玄関を出た。そうしたら、枝豆の部屋の中にいるサルと眼が合った。
 こちらは駆け寄ろうとするが、それよりも早く網の裾をまくって脱兎のごとく逃げ出した。気配を察知してカミさんも出てきたが、サルのいたあたりには枝豆の莢が落ちていた。どうやら我々がやってきたときに、枝豆の様子を見に来ていたサルがそばにいたんじゃないかと思われる。まだもう少し先だと思っていたけれど、我々が帰ってきてしまったから、昼飯を食べている間に枝豆食ってしまおう、こんな感じで慌てて食べ始めたところを私が見つけたのではないかと思う。
 いつもそうなんだが、こちらが作った柵などは大抵弱いところがあって、それをケモノに攻められる。そうしたらそこを補強する。このやり取りを繰り返すとやられない仕掛けができるのである。今回もサルに教えてもらったので、網の裾をパイプに絡めてロープで縛りつけた。これまではパッカーで留めていたのだが、どうもサルが相手だとパッカーでは心もとないようで、紐が正解だろう。これでまた様子を見ることにしよう。今日のところは引き分けだ。
 
af8c868a.jpg


 さてもう一つの勝負、勝ったものがある。ちょっと前から、まだ本格的な収穫時期に来ていないナスが時折何者かにとられていた。このため先々週くらいから箱ワナを仕掛けて魚肉ソーセージを入れておいたのだが、まったくかからない日が続いていた。先週末の帰りの前、一番よくかかるというバナナをエサにしておいたのだが、本日これにハクビシンがかかっているのを発見した。これでナスはちょっと安心。ハクビシンはハウス内にも侵入するらしく、プリンスメロンやミニトマトがやられるところだったが、一応先手を打つことができたと思っている。

fd1417d2.jpg

    これはプリンスメロンではなくマクワウリ 

逮捕者はこいつ
c447bf69.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

センサーによる害獣対策について

 先週、いつも面倒を見てくれている農機具店から電話があり、内容はうちで使用しているセンサーチャイムはいくらくらいでどこで買えるかという質問だった。興味があるお客さんから問い合わせがあったらしい。大多喜町・勝浦周辺では、どこでも害獣対策に頭を悩ませているのである。このあたりに限らず山間部であればどこでも状況は似たようなものだろうし、一応メモとして関連情報をまとめておこうと思う。
 
 システムというほど大げさなものでもないが、私のところで使用しているのはELPAというブランドのもの。受信機が1台と人感センサー付送信機を4台持っている。受信機は4台の送信機からの信号を受け取ることができ、どの機械からの信号化をチャイムの種類とランプで教えてくれる。ランプがついていない受信機もあり、それとは間違えない方がいい。
 送信機側は前面を扇形にカバーしており、10m以内位に動物が入った時に信号を受信機に送り、家の中の受信機はチャイムと光で異常を知らせるのである。チャイムの音色は送信機ごとに変えることができるので、異常がどこかも判別できる。信号到達距離は約50m(公称)、さし渡し50m近くあるうちの田んぼを挟んでも届く。カバーエリア内のススキなどが風でそよいでも反応することがあるので、草刈りなどもやった方がいいだろう。それはケモノの隠れ場所をなくす意味でも必要だ。
 これは、一昨年(2012年)のイノシシ対策に効果的だった。うちでは耕地の周りにパレットでフェンスを作っているが、通常であればプラスティックパレットなど連中はものともせず、鼻で押し上げたりこじ開けたりして入るもののようだが、イネ刈りの前の1カ月半程の間毎晩チャイムが鳴ったセンサーめがけてロケット花火を撃ち続けた結果、ついにイノシシは入らなかった。というように、このセンサーチャイムのセットだけではなかなか侵入を防げるものではない。ある程度ちゃんとした柵などがあって、侵入を試みるケモノを発見して邪魔をするというような合わせ技が必要なのである。「ここはどうやら面倒なところらしい」と思わせることが重要だ。一応、家は面倒な家と思われたようで、昨年・今年とイノシシは侵入を試みた様子はない。
 この道具は、これだけでケモノを防げるものではないけれど、夜の闇にまぎれてやってくるイノシシなどを察知できるメリットは大きい。何らかの手を打てるからだ。うちの場合、田んぼの周囲は250m位あり、それを4台ではとてもカバーできないが、彼らの入ろうとする場所は意外に絞りやすく、案外適当な場所に設置することができたと思っている。また、色々試しに設置していれば、それによって絞り込むことも可能だと思う。
 コストは受信機と送信機4台で一万円+αとそれほど高価ではない。私の場合、大型ホームセンターで受信機と送信機1台を購入し、具合が良かったので、あとの送信機3台は価格的にも安かったアマゾンで購入した。1台の受信機と組み合わせられるのは4台の送信機だが、足りなければ受信機を増やせば、受信機ごとに4台の送信機を設置できる。ただ、送信機・受信機の距離が50mというのは大きな制約となる。うちは敷地内に田んぼや畑があるので、家の中に受信機を置いて見張りができるが、離れたところに田畑がある場合には残念ながら対応はできない。月千円以下で常時接続できる通信SIMも売られている時代になったから、離れたところでの管理も意外に早く実現するかもしれない。待たれるところである。
 
 


 



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今度はシカの被害

ebcb7dea.jpg


 昨日、カミさんが借り畑のサトイモサツマイモ畑の草取りに行ったのだが、地主さんからシカが入っているという話を聞いてきた。一応侵入カ所の特定はできていてパレットで塞いだということだったが、実際にサツマイモやサトイモの葉っぱも食べられていたらしい。

9dac199f.jpg


 このため今日は、材料や道具を積み込んで借り畑に出かけ、サツマイモ(安納芋)と大豆を電気柵で囲う作業を行った。本当は別の畑に植えてあるサツマイモ(鳴門金時+ベニアズマ)とサトイモも囲いたかったが、時間切れで明日の作業となった。また、地主さんの畑にも設置する予定だ。
 
 サルに続いてシカ、実は先週ナスが何かにかじられたため、箱ワナも設置してある。作物ができてくるといろいろ騒がしくなるのである。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

枝豆防衛施設進行状況

 パイプや金物はいつもの農機具店が現地に運んでくれてあるので、来る途中に木更津金田のカインズホームに立ち寄り、ネットやロープ類を買った。防獣ネットは欲しかった2mモノがあり、助かった。金田店は、広いせいか品揃えは豊富である。農場到着は13時頃だったが、暑くてとてもやっていられずとりあえず昼寝。15時ごろようやく着手。

9f684bb9.jpg


 今回は枝豆ができるまでの2週間程度の架設であり、手を抜いてオートレベルも使わず、かどの直角や柱の垂直などをキチンと確認していないため見た目はあまりよろしくない。しかし、思ったよりもぐにゃぐにゃではなかった。天井の網の一部が明日の仕事になってしまったが、強度的には最低限のレベルは超えている。ただ、次に利用するときからは柱の数を増やすなどの改良を行いたい。とくに天井は、2m幅のネットを3枚張るため、5mの間に入れる柱を1本から2本に増やすほか、長手方向の柱も1本増やすことにした。
 枝豆は膨らみ始めており、明日はギリギリの完成となる予定。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

サルから枝豆を護る  

今年のカボチャはサルに大敗したらしい。昨日カミさんが、「草の奥からサルにやられなかったカボチャを2個見つけた」と嬉しそうにしていたが、去年はサルにやられたのは3分の1以下だったと思うので、今年は実に不本意な結果である。まだこれからもできるが、一番成りをやられたことでカミさんも戦意喪失といったところらしい。

f66c5896.jpg


 カボチャの脇には大豆(枝豆用)畑がある。すでに莢はできているが実はまだ入っていない。これからは枝豆が奴らの攻撃対象になると思われるので、今日は対策を練っていた。概要を簡単にまとめると、22㎜のハウス用パイプを使い、平面的には5.5m×8.75m、高さ2.0mの枠を作り、これに防獣ネットを張るというもの。とりあえずは大豆畑に張るが、来シーズンはこの中にカボチャを収め、空中栽培で育ててサルから護ろうというもの。今回の大豆で成功したら同じ方法で施設を増やすことも考えようかと思っている。

64a793d4.jpg

    まず、パイプヌキサシ君で柱パイプを建て
    次に横のパイプをパイプクロスで取り付け
    縦方向のパイプを載せて、パイプクロスで固定する
    最後にネットを張る

 ハウス用の直管は5.5mが基本なので、これをそのままか半分に切って使用する。8.75mというのは5.5mとその半分をつないだ長さである。柱は2.75mの端数を打ち込むので、2mが実際の高さとなる。組み立てる金物はパイプクロスという部品を基本にして、用が済んだら畳み次の作物への転用を順次行っていく予定。
 ネットは、1.0m×50mの防獣ネットがあるので、これを2枚つないで幅2mとして壁に使い(延長28.5m)、天井は必要な分つなぎ合わせて張る予定だが、同サイズのネットがもう1本は必要となる。今度の農場入りは水曜なので、明日資材の手配などを行う。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

気配!

0247148a.jpg


 暑さに負けず草を取っている。昨日から今日にかけては自然薯周りの草を取ったが、引き続き隣接する大根(予定)畑の草取りに取り掛かった。ここはちょっと前にポチでうなっておいたところ、8割方の草は土の中に鋤き込めたけれど、根がついて生き残っているものが表面に残っている。

7ea19272.jpg


 ちょっと長めに昼休みを取り15時頃から午後の部を始めたのだが、その前に近所のどこかでロケット花火の音もしていたので、こちらも持参して出る。草取りを始めてしばらくしたところ、脇の山の中で「ゴソッ」という音がした。またもうしばらくしたら再び音が…。ロケット花火を2発ほど山に打ち込んだ。それでももうしばらくすると「ゴソッ」、しかしよく音を聞くとコツッというような地面に何かあたる音も混じっていることに気が付いた。

a76ea49e.jpg


 今度は立ち上がって山の方の様子をうかがう。そうしたらなんだ、山には古い柿の木があるのだが、まだ青い柿の実がときどき落ちており、それが下の草にあたって「ゴソッ」、そして地面に落ちて「コツッ」と音を出しているのだった。
 いつも自然の中で仕事をしているので、自然と気配は気にしている。この羽がすれあう音や、鳴いている鳥や蝉の声、山の中で他とは違う動きの枝など。このあいだ、カボチャを盗られた時だと思うが、山からこちらに侵入しようとするサルをみつけたのはこの気配を感じたからだったが、今日はすっかり柿に騙された。

cb33a360.jpg

 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

何者かが田んぼの横を歩いていた

7d6d5c62.jpg


 何日か前のことだった。上の畑から田んぼの方におりる通路をトラクターで削ったのだが(草を取るため)、翌日朝柔らかくなった土の表面に足跡が残っていた。足跡は小さく間隔もさほど広くないが、よく見るとイノシシやシカのように2本の蹄がある。

9459d45a.jpg


 実はちょっと前に、うちの山でキョンが「ギャー」としつこく鳴いたことがあり、さらに田んぼの向こう側の茂みに小型のケモノが潜んでいたこともあり、それもやはりキョンらしかったので、おそらくはキョンが比較的頻繁に耕地の中に入り込んでるのではないかと思われる。サルやイノシシほどの被害はないはずだが、侵入カ所を探して何らかの手当てをして、人間の場所を護らねばならない。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

結局やられていたうちの栗カボチャ

 月火の直売所を終えてカミさんがこちらにやってきた。さっそくカボチャの点検に取り掛かったが、「なんだ、やられているじゃない!」 昨日も今日も朝一番でやってきたサルを警報機の助けを借りて追い払っていたんだが、いったいなぜ。
 センサーは敏感すぎるほどで、サルがやってきたらすぐになっているんだが、どうやら月曜の昼前に納屋の屋根に上っているサルを見つけたが、その時にはすでに大半のカボチャは盗られていたようである。カボチャにはカミさんが不織布をかけていたんだが、私はその不織布がめくれていないことを確認していたが、その下のカボチャはとっくになくなっていたというわけだ。
 おそらく10個程度はあって、収穫適期に差し掛かっていたカボチャはサルのエサになってしまった。まだ何十個もできるはずなので、対策を講じないと。
 
166dc3e6.jpg

    カボチャは、まるで野生のように勝手に育って蔓を伸ばしている。
    カボチャの実はその奥の方にあったが、奴らはよくも見つけたものだ。
    奥はワラビ畑、これも元気がいい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ