定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

プリウスα

フィールダー・ハイブリッドの実力

 昨夜は落雷の音が長時間続き、雨も今朝まで降り続いた。ジタバタしても仕方がないので、カミさんの運転手となり蒲田まで手芸材料を買いに行くのにつきあった。借りていた本を川崎の県立図書館に返すという私の用も、ついでに済ませることができるのだった。
 
 fa3104a8.jpg


 図書館に到着した時のメーターはこの通り、公称燃費の33Km/Lには若干及ばないが、なかなかの成績だ。
 
 02f59eb7.jpg


 これは帰宅した時のメーター、30Km/Lには届かせたいと思ったが、若干下回った。往きは30Kmを超えたが、最後に海抜200mまで駆け上がる農場への帰路ではこれを下回り、往復平均でも30未満となった。しかし、ガソリン代のみでは800円強、往復のアクアライン通行料を加えても2,400円と大人二人の往復交通費としてはとても安い。もっとも近い小湊鐡道養老渓谷から蒲田までの片道料金は大体2400円だから、一人分の片道料金で往復できてしまうのである。ガソリン代は決して安くはないが、ハイブリッドには助けられる。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農家のクルマ α

 今日は梅の選別などがあるため、普段より3時間ほど早く帰ってきたんだが、荷物の量はこれまでの最高記録ではないかと思う。梅とジャガイモ合わせて200Kg以上、それに野菜がかなりの量加わる。人間以外の重さは250Kgというところだろうか。普段は後ろのシートでふんぞり返っているカミサンも、今日は助手席に乗っていた。
 途中、アクアラインで7Km程度の渋滞に巻き込まれたが(渋滞では燃費がよくなる)、トータルの燃費は22Km/Lと珍しく悪かったのは、重量のせいに違いない。それにしても、これだけの荷物を積んで軽トラの倍は走るんだから、全く優秀な農民車である。アクアの方が燃費の面でいいんじゃないかとも思ったが、この余裕は必要だろう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
 

久しぶりに東京へ

 歯に被せていたものが取れてしまい、今日の夕方以降に会合があったので、両方合わせて片付けた。昨日、「歩かなくちゃいかん」と書いたばかりだが、結局車で行ってきた。往復で70キロ強だが22Km/Lで走ったし、帰りは第二京浜経由で70分強で帰ってきた。こういう結果を見ると一人でも車で出かけてしまうな。

 このあいだアメリカ(ワシントン)にいった時に宣伝が効いたようで、娘夫婦はマツダのSUVを売ってプリウスV(日本のα)を買ったらしい。まだ、購入経緯のみで乗り始めてからの詳細なレポートはまだだが、日米燃費競争でもしてみるか。ハイウエイや日本の高速よりは空いている一般道をトロトロっと流すのが一番のびるのだが、信号での停止と再発進がマイナス要素。ようやく寒さが遠のいてきており、ヒーターをつけずに走れるようになった。これで24キロ/L以上をターゲットにできそうだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

プリウスで赤坂まで行ってきた

 虫歯ができて被せていたメタルが取れ、行きつけだった歯医者に出かけてきた。もう会社とも縁が切れかかっているので、電車ではなくプリウスαを使ってみた。年末ということで混雑も心配したが、出発前にインターネットで調べたら問題なしで、高速も使わず第2京浜経由で往復した。
 今までも何回となく会社まで行ったことはあるが、下道で行ったことは記憶になく、首都高か第3京浜経由がほとんどだったが、第2京浜経由だと距離は意外に近く、往復で70キロ未満だった。もう関係ないけれど、災害時などに歩く場合は、ちょうど限界となる距離だと思う。この前、私物を取りに行ったときは片道だったが、今回は往復。燃費は21Km/Lだった。電車だと往復1400円かかるのだが、今回のガソリン代は450円、ほぼ3分の1で行けることになる。1.5トンもある図体を、よくもまあこのくらいのガスで運べるものだとあらためて感心した。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

最近のプリウスαの燃費について

a4309adb.jpg


 相変わらず週末の農場往復を淡々とこなしている。本当に黙々と指示に従うという感じで、よく働く車である。気に入っている。
 ただ、燃費については12月に入ってから低下傾向にあった。運転を省燃費意識型から普通に近づけたこともあるが、どうも気温が低くなると燃費が落ちるという因果関係がありそうである。最近では、十分充電された状態でアクセルを緩めてもエンジンが止まらないこともある。日曜に会所から帰るとき、外気温は1度だったが、このときはそういう状態で、なお且つヒーターの利きも悪かったようだ。水温計などついていないが、どうも水温確保のためにエンジンを回すこともあるのでは(ヒーター用)、と考えている。
 この前の週末、これまでで初めてという現象が起きた。行きのほうが帰りよりも燃費がよかったのである。これまでの20週(代車を含む)で初めてだが、この原因も気温にあるのではないかと考えている。金曜日の農場への走行は昼前の時間帯、暖かかったことに加えて道路が混雑していたので、αとしては最良の25.1Km/Lまで伸びた。帰りも先週先々週に比べるとよかったが、これはドライバーの精神的なもの(行きはよかったから帰りも頑張ろう)が作用したのではないだろうか。
 ということで、往復の平均燃費は、最近の中では比較的よい結果(24.59Km/L)となった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

プリウスαで一般道を走る

 昨日の農場からの帰り、アクアラインが若干ながら渋滞していたので、木更津東から圏央道にはいらずに一般道経由でアクアライン木更津金田ICに向かった。平日の仕事を辞め毎日が休みとなれば、時間を金で買うという必然性は薄れる。だが、一応コストと時間の関係を確認したかったのである。ただ、実のところはプリウスαで空いている一般道を普通のスピードで流すというのはなかなか快適なのだ。音が静かで乗り心地がよく滑るように走るのだが、カミサンの車は別として、これまではどちらかというと逆のくるまを選んで乗っていた私にとってはなかなか新鮮なドライブである。おまけに、燃費をよくする走り方の追求などという面白いゲームがついてくる。
 車を換えるまでは最速1時間5分、平均1時間10分というところだったが、省燃費運転で+25分、両側の高速(横浜側湾岸線と房総側圏央道)それぞれを下道にすることで各20分。昨日は2時間10分を要した。湾岸線は、現在は600円だが1/1から800(900かも)円になるのでほぼ下道決定だが、休日300円という料金の房総側は20分の時間セーブと見比べるとちょっと微妙である。房総側の料金は300円の場合と400円の場合があり、一体どんなときに300円になるのか、認識できていない。が、300円なら価値あり、400円なら下道という感じだろうか。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

プリウスαの燃費(燃費指向からちょっと転向)

dfe79a94.jpg


 今回のグラフは途中3週の代車での往復を除いており、すべてプリウスαの実績である。修理から上がってきた10月第3週以降は頭の中の燃費意識を外している。特に先週末はECOモードを外して走ってみた。ただ、注文した3月以降、前のフィールダー時代も含め、省燃費運転を心がけていたので、180度は変化していないと思う。

 その結果だが、往復平均はあまり落ちていないが、当初よかった西行きの値(農場から横浜)が低下し、東行きはほとんど下がっていないので、2割くらいあった差があまり違わなくなってきている。ちょっと興味深い結果である。この原因については、道路の種類(3種)や方向の違いによって分析し、追求してみよう。まあ、こちらの習熟度とも関係があるかもしれない。

 もう一台の車(軽トラ)が月末に車検時期を迎えるので、今月中に横浜に持ち帰って整備をしなければならない。一回は軽トラでの往復になる可能性がある。静かな車に慣れたので、さぞやうるさいことだろう。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

ECOモードを外して走ってみた

[プリウスα] ブログ村キーワード
 今日のプリウスαは、ECOモードを外して元気よく走ってきた。しかし、燃費は23.3Km/Lとまあまあであった。下にこれまでの平均との比較表を貼っておいたが、合計はこれまでの平均よりむしろ高い数字だった。
 朝来るのは久しぶりだったが、浮島までの一般道では信号での停止がかなり多く発進が多かったので、ECOモードを外した影響が大きかったようだ、平均を下回ったのはこの区間のみ。高速道路が高かったのは、出口で1Km程度渋滞しており、そのためだった。淡々と走れる自動車専用道や信号がほとんどない田舎道では、ECOモードを外しても燃費としてのマイナスは大したことがないようで、あまり影響はない感じである。


     市街地一般道  高速道路   田舎道    合計
6回平均   22.9Km/L  23.8Km/L  21.8Km/L  22.8Km/L
今回実績  21.7Km/L  26.4Km/L  23.3Km/L  23.3Km/L
 (注)これまでの実績
     最初の往復は除く、途中3回の代車も除く


  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

プリウスαに乗り始めて思うこと、あれこれ

d19bdad1.jpg


 納車後ほどなくして、まさかの擁壁への接触をしてしまい、修理に3週間もかかるというトラブルがあり、苦手意識すら芽生えかけていたのだが、このごろようや脱却して、大した用でなくても乗って走るという以前のパターンが戻ってきた。あれこれやってみているおかげで、今までの車と同じように身ぢかな存在になってきた、仲間意識。だが、体の一部という感覚にはトラウマがまだじゃましているようだ。
 最初は手間取った走り出すときの儀式、ブレーキを踏んでSWを入れ、ブレーキを踏んだままDレンジにシフトする手順も自然にできるようになったし、違和感はもうない。ほとんどECOモードを常用しているから、走り出すときや加速時のノロノロ感はあるが、踏めば元気になるし、ECOモードを外せばたいていの車以上の元気な挙動を見せる。中は広くて人の居場所、荷物の置き場所とも十分、この点で優等生だったフィールダーにはちょっとかなわないところもあるが、及第点。そして多くの場合静寂である。信号待ちの時は、どんな音でも聞き逃さないという感じだ。
 ただ、中の広さや居住性との引き替えだが、ボディは大きい。前の車よりも10cm大きいことが接触の原因にもなった、やはりトラウマが・・・・。空気抵抗も大きいと思うのだが、燃費は私にとっては満足すべき水準だ。修理期間中に借りた代車はプリウス20型だったが、同じパターンで走った結果の比較で、200キロ軽いその車と燃費は同水準だった。これは大したもんだといってよいだろう。そろそろ燃費指向の運転から離れてみようということで、この前の週末は普通(に近い)運転に切り替えてみたが、燃費の低下は今のところそれほど大きくはない。10~15%というところではないかと思う。ただ、ブレーキかアクセルのどちらかを常に踏んでいるという勇ましい運転ではなく、その逆に近い。速度の変化を最低限に抑えるという表現になろうか、フットブレーキはほとんど使わない。やっぱり電車のような滑走が運転の基本だ。一応60サイズの省燃費タイヤは、そんな運転でも悲鳴は上げないし、意識したラインを外すことはない、今のところ。
 今までの45年間・70万キロ、20台以上の車に乗ったが、そのうちのかなりはスポーツバージョン、どこかでその経歴も振り返るが勇ましいヤツにも乗っていた。そんな車生活の最後がこういうものというのも乙なものじゃないかと感じている。もう、月3000キロなんていう走り方はしないが、私とこの車とどっちが長持ちか、競争が始まる。



  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

プリウスα、走行パターンの違いによる燃費の差

[プリウスα] ブログ村キーワード
 「普通に走ってみた」の続きである。一部、内容的に重複しているがご容赦ください。今回は、できる限り普通の走り方に切り替えて農場往復をしたつもりだ。ただ、スキがあれば前の車を抜くとか、捕まらないように後ろの車を始終チェックしながら走るというパターンではない。基本は制限速度プラスα、しかしプリウスの後ろはイヤだと追い越す車も多い。前の私もそうだったけれど。1車線の道では追い抜かれるような速度では走らなかったが、複数車線の自動車専用道路ではビュンビュン抜かれた。まあ、私はこれを機会に以前のような運転には戻さないようにしようと考えている。

1df299a7.jpg



 さて、グラフにプロットしてみた。今回は3週あった代車(プリウス20型系)の記録を外して「α」の結果のみに絞って表示してみた。往復平均の23.5Km/Lは、納車当日に訳も分からずに走った第1回目と同程度、最高を記録した3週目の26.3Km/Lの12%減で、意外に悪くはない。往復の数字の差はだんだん減少しているが、今回特に西行きの数字の減が顕著だった。おそらく下り坂混じりの方が意識的省燃費の効果が大きいのではないかと思われる。上り坂は我慢するしかないのだろう。(もしかすると、私の得意不得意の話になるが)
 実は、今回ちょっとだけだが、ECOモードをはずしてみた。これだけで明らかに車の性格は変わり活発になる。前の運転パターンに戻すつもりはないが、ECOモードを外して農場往復というパターンも試してみよう。


 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ