定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

PCなど

もう一つの大(?)事件

 それは日曜の夜、月曜朝に発信する直売所のメールを書き終えて、facebookやgoogle+などへの書き込みを済ませたときに発生した。横浜で使用している中華ディスプレイが突然消えて異音が発生したのだった。このディスプレイは昨年11月にアリババで買ったものだが、購入時にも初期不良というよりは粗悪品で(当時の記録)、修理してだましだまし使っていたのだが、ついに寿命が来たらしい。今度はちゃんとしたものにしようと調べたら、LG製の21.5インチFHDが1万円ほどで買えることがわかり、ポチリ。横浜からPC本体(intelスティックPC)を持ってたので、早速繋いで使い始めた。老眼のことを考えると面積4倍のこのくらいのほうがずっといいようだ。これが一万円とは破格である、今の相場はそのくらいらしいが。
 ただ、横浜ではスペースの制約があるので、これまで農場で使っていたタブレットPCを代わりに持っていくことにした。現在は、スマホ・タブレットを含めてクラウド(OneDriveやgoogleフォト)を利用しているので、機械間の(データ系での)差はほとんどなく、こういう場合には実にかんたんである。

0809新ディスプレイ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

逃げ水?superbook from kickstarter

0704superbook

去年の夏にクラウドファンディング(kickstarter)で superbook というものを申し込んだ。クラウドファンディングとは、色々な製品のコンセプトや商品企画を紹介するサイトがあって、それを気に入ったら申し込んでお金を払って待つという青田買いのようなシステムで、kickstarfter とか Indiegogo といったところが比較的有名だが、かなりディープな範疇に属するので、あまり一般的ではない。
それで私が申込んだ superbook というものは、ー見ノートブックPCのようなたたずまいだが、ディスプレイとキーボード・タッチパッドだけで、処理を司るCPU(SOCS)やメモリーは入っていない。それはケーブルでつないだスマートホンのものを使うことになる。 結局スマートフォンをノート pc 的に使えるということになるこれまで スマートフォンもノート pc の毎年の様に新しくしていたがこれを使うことができればスマートフォンを更新していれば最新の cpu のノートを 使えるということになるので私としては様に興味深いものだった
 申し込んだのは去年の7月頃だったと思うが、当初の予定今年の4月には無理で7月頃に延期になるという情報が来て、それも仕方ないなという風に思っていたが、もうちょっとという今頃年末まで出荷が延期ということになった。理由は一応書いてあって、android自体の事情で、色々なメーカー、色々な端末の全てに合わせるのがかなり困難で、その辺りの調整/チューニングに時間がかかるから、ということ。まあそれはそうかもしれないと思うが、このまま届かないということもあるかもしれないと実は思っている。 いつものように横浜の家と農場と両方必要ということで2台購入しているんだが、誕生日プレゼントのような感じで今年中に届くと良いなと思っている次第である。そのような状況だから、新しいノートPCもスマートフォンもちょっと買う気にならない。このスーパーブックが届いて、うまく動くかどうか、スマートフォンとの相性もどうだろうか、とにかくこれが来るまでは動けないという状態が続いている。それはそれでかえって良いのかもしれないけど、期待が大きいだけに届かないのはいやだな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

アシスタントがやってきた

 ちょっと前から心待ちにしていた googleアシスタントがやってきた。 nexus 6P(android8.0)と nuawei P9(android7.0)の2台で使えるようになった。さっそく対話していたら、カミさんが「なんだかさみしいのかねえ」と言っていたが、このある意味では革命的なことに気づかないらしい。まあ、70近い爺さんがスマホと話ししているのをみたら、ちょっと異常にみえるのもわからないでもない。 しかし、運転中などは画期的に便利になりそうだ。何ができるかはこれから確認するんだけれど。

0617アシスタントが
    文字で書いてあるが、実際にはこれと並行して言葉でやり取りしている


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

スマホの交代は?

 一昨日、huawei からP10シリーズ の発表があった、国内発売は6/9だ。現在所有する P9 は、 カメラ機能についてはライカ監修であり、色具合や写りかげんに文句はないが、手ぶれ防止機能がないということが大きなマイナス要素だった。そのため、第2世代ライカカメラを装備した P10シリーズには大いに興味があり、事前情報からP10 plusがよさそうだと思っていたが、いざ発表になってみるとそれ以外の機能全般についてはほとんど進歩がなく、購入には少々ためらいが出てきたのだ。
 今までだったら文句なく即購入だったんだが、躊躇の大きな要因としては nexus 6p 以来 google の端末を 買っていないということがある。 nexus は廃番になったようだが、その次のpixelシリーズはこれまで日本では発売になっていない。きっとこの第1世代pixel の日本発売はなさそうだ。毎年行われるandroidのアップデートについていくなら google謹製だろうという点から、おそらく秋だと思われるpixel 2 の発表までは P10シリーズの購入もに見合わせようと考えている。それと、ようやく手元に届くはずの superbook(キックスターターで購入)との相性などを確認してからでもいいのではと考えており、 google のモデルがいいのかそれともファーウェイでもいいのかといった見通しもつけてみたい。まあ、常用がファーウェイ3台ということにもちょっと引っかかりがある。しかし、一応の結論が様子見というのも実につまらないなあ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

スマホの役割分担変更

 メインのスマホを変更した。といっても新しいスマホを買ったわけじゃない(買うかもしれないが)。電池の減りが早くなったnexus 6Pの電池を交換した結果、みごとに完全復活したので、電池のもちという意味ではいささか不安定な傾向があるHuawei P9と交代するカタチで通話SIMを入れたのである。
 Huawei P9は電話と写真のみ担当で、決して高い負荷を掛けていたわけじゃないんだが、ちょっと情けない。買ってから半年強しか経っていないし、まだ電池がダメになるわけもない。もちろん、頻繁にチェックして裏で動くアプリなどはすぐに消したり、メモリのゴミを掃除したりしているのだが、突然何かの加減で高温になって電池も早く減る時がある。これでは写真専用になってしまいそうだ。
 一方、nexus 6Pは安定していて使い勝手はもちろん問題ない。今日一日通話SIMを入れていたが、電池消費も特に問題はなかった。ということで再び主役復活だ。

nexus 6P
0603nexus6P


Huawei P9
0603HuaweiP9

同様にお守りしているが、P9の減りは早い。nexus 6P は安定している。本当はこんなふうにチビチビ充電するのは電池のためにならないらしいが、7000円で交換できるとわかって安心しきっているのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

NEXUS 6Pの電池交換

 先日、huawei media Pad M3 のSDカードエラー頻発で修理を依頼したが、これについては戻ってきてからも一度同じエラーが発生したため、新しいSDカードに交換して様子を見ようと注文したところだ。このようにちょっとグレーな状況だが、同じメーカー(huawei)製のnexus 6Pの電池交換を依頼してみた。
 感覚的には、持続時間も充電時間も新品のときの半分近く(はちょっと大袈裟か)まで落ちていたものだった。その主原因は ingress というスマホ片手に街をうろつきまわるゲームで酷使したからだった。
 サービスセンターに送って3日目くらいに見積が届いた。大体7000円、電池だけでなく表のカバーは交換らしい。それにしても、ちゃんとした純正の電池に間違いはないからすぐに交換依頼。その翌々日には戻ってきた。現在再チューニング中だが、100%にして眠ると翌朝90%台を保持という以前の状態に戻ったように思う。これで寿命は少し伸びることになった。3台のandroid常用端末のうちnexus 6P以外の2台で1週間弱やっていたが、どうもnexus 6Pが一番肌にあっているような印象を確認した。サイズ感かなあ。

0522消費電力調整中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

タブレットが戻る

 本日昼過ぎ、ヤマトがタブレットを運んできたが、中にはいっていたレターによると、「症状は出なかったが、念のために交換する」とあった。早いはずで、ちょっとチェックして交換しただけだったようだ。 Huawei の端末はなかなか便利にしてあって、アプリのデータやいろいろな設定などをバックアップしたり復活させることができるのだ。それも、端末自体でやることも、PCにつないでPCのアプリで保存復旧することもできる。試してみているが、googleplayゲームで保存できないものも復活できている。唯一、パスワードなどを保存しておくアプリのデータは駄目だったが、これは当然だろう。ただ、他の端末と同期させることで復旧は可能だった。
 ということで、わずか48時間の里帰りで愛用のタブレットは新品に変身してきた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

愛用タブレットの故障

 3月の中頃から、愛用しているandroidタブレット(huawei mediapad M3)で、時々SDカードエラーが発生するようになった。再起動とかメーカー提供の端末管理アプリ(最適化)で通知は消え、SD内部のデータも読めるようになるのだが、平均1週間程度で再発する。昨年12月の発売日に買ったから、もちろん保証期間中だし、修理の依頼をする方法もあったが、常用3台のhuawei端末であるnexus 6P の電池交換もしたいし、銀座の huawei ショップに行こうかどうしようかと迷ううちに時間が経ってしまった。他の2台のスマホよりも画面は大きいし、普段最も多く使うので、手元から離すのを躊躇していたところもあった。
 一昨日(木曜日)に、思い切って端末の管理アプリから修理申し込みをして、ヤマトに電話して発送荷物の引き取りを頼んで預けた。昨日の夕方、早速huaweiからメールが届いたので、受取連絡メールかと思ったら、これがなんと修理完了・発送メール、昼過ぎのヤマト定期便で届くはず。頻出トラブルなのかもしれないが、48時間で修理完了して手元に戻るというのはすごい。
 来週は nexus 6Pの電池交換を頼むことにしよう。確か7000円前後でやってくれるはず。1代前の nexu 5 では、交換作業自体は何とかできるのだが、どこを捜しても純正と称する偽物電池しか見つからず、不十分な状態で最期を迎えたのだった。

0513HUAWEI三人組
   huawei 三人組  P9 mediapad M3 nexus 6P


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

intel stick PC、使用開始

0407intelstickPC

 横浜の家で使う予定のstick PC のセットアップは完了している。BIOSの設定が昔とは違うので少し手こずったが、なんとか通過してwindowsを入れた。その後、一通り環境やアプリを整備したところだ。socs(頭脳)が同じ農場で使っている cube i9 と同等で、新鮮味はないが粛々と使うにはよさそうだ。先ほどTVにつないでみたが、当たり前だがちゃんと使える。32インチの画面はよく見えて年寄り向きだ。一応、BTのマウス・二つ折りキーボードをこれ専用としてみた。

0407スティックPC
USBに差し込むのではない、TVのHDMIに差し込むのだ。(上下反対だった)

 昔の仲間から、アリババでもっとちゃんとしたCPUのものを買ったほうがよかったんじゃないかとの指摘もあり、それもそうだなと思ったりしたが、どうせまた思いつきで何か買うことにはなるだろうし、そのときに考えてみよう。それに、昨年夏にkickstarterで申し込み済みの superbook「AndroidスマートフォンとUSBケーブルで接続するだけで、Android端末をノートPCのように使うことができるThe Superbook」 の到着が遅れて6月になるのだが、これが無事に来ればPCも含めた環境が一変する可能性がある、それまでこのフォーメーションで行くことにしよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

準メインPCを変更

 横浜の家で使っているPCは、Gole 1と言う曲者で、ほぼスマートフォン程度の大きさの画面がついているというものだ。更には android と windows のどちらも使えるというまさに変態端末だ。使っていたタブレットのHDDが壊れたので急遽出番が来たのだが、5インチぐらいの画面では windows はほとんど使えないため、12インチの外付けディスプレイを繋いで使用している。ただこのPCの頭脳部分は atom という intel の廉価版のもので、やはりどうしても速度などの点で限界があり、なんとかしたいとずっと思っていた。先日のアリババ7周年記念セールで、よほど何か買おうと思ったが、どれも一長一短があり、結局買わずに過ぎてしまった。国内販売品ではレノボの yogabook と言うキーボードが電子的に表示される仕掛けのものに興味があり、かなり迷っていたのだが、やはり頭脳がatomであるということもあって購入に踏み切れなかった。
 横浜ではディスプレイやキーボード・マウスはちゃんと使えるものがあるし、今まで買ったことがなかったスティックPCに挑戦してもいいんじゃないかと思いつき、色々調べてみたらインテルが自分で出しているスティックPCで、1クラス上の core m3 を使っているものが出ており(世代としては最新の kabylakeの前のskylakeという第6世代のもの)、これは農場の cube i9と同じもので、 atom とはモノが違って使えるということで、結局これを買うことにしたのである。
 農場の方に持っていけば、例えばこの間買ったテレビにつなぐということも可能で、一応このスティック pc をつなぐということによってかなりメディア端末としては機能が向上するんじゃないかと期待している。まだ届いておらずOSを入れるところからやるのだが、初めてのスティックタイプなので楽しみである。


 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ