定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

農業施設

ハウスのメロン棚の様子

0607メロン棚

 ここへ来て、ハウス内の(地植え)メロンが育ってきた。特に最初に植えた苗のメロン2株はすごい勢いだ。しかし、あとから植えたタネから育てたプリンスPFも追いついてきた。どうも過剰に近く撒いているGS酵素が聞いているような気がする。すでに子蔓3~4本は選んで吊っているが、他の蔓もどんどん伸びており、養液の方にまわし始めている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

水中ポンプのその後

 故障した4台の水中ポンプをチェックしたら、やはり水没した結線部の不具合のために動かなくなっていたらしい。そういった部分を切ってつないでみたら全部ちゃんと動く。なんとも情けない結果となった。未使用の1台にアリババに発注済みの2台、それとチェックしたら動いた4台、あっと1号田んぼから上の池に揚げるための臨時用の1台もあるから、全部で8台の小型水中ポンプがあるということになった。死ぬまで足りなくなることはないだろう。
 今日、ホームセンターに行って熱収縮チューブを買ってきた。昔のように線同士をはんだ付けしてチューブでカバーするというやり方で配線し直すことにした。井戸で使っている大型の水中ポンプも水没結線部がある。それもやばいかも。実は大型ポンプもつなぎ直したら動いたというものがかなりあり、こっちももう足りなくなることはない。機械的には結構頑丈なものらしい。

0601ポンプ4台

 最近、ACアダプター側もポンプ側もコネクターをつけるようにしたので、交換はすごく楽になった。写真の左側に写っているもの。駆動側はメス、電源側はオスで統一している。えすかる号で自作LEDランプなどで使い始めたときは逆だったが、どうやら電源側オスが普通らしい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

水のトラブル(復旧)

0530水が停まった田んぼ
         水が停まった田んぼ

 今朝になって、昨夜発見した水関係のトラブルを相次いで修理・回復させた。一つは川から田んぼに水を揚げている配管だが、奇しくも昨日昔の写真をアップしたあたりの継ぎ手が外れていた。ある時期から、継ぎ手の接着には特段の注意を払うことにしていたのだが、この部分はそれ以降のものだったはず。ここは、シーズン中は1日に12回ほどポンプのオン・オフがあるので、そのショックが積み重なったものとみられる。これは単なる継ぎ手接着で、慣れたものだからすぐに復旧した。

0530継ぎ手外れた
  古いパイプが残っているのでわかりにくいが、上の方が現役。縦パイプ下で外れている。

 もう一つの養液栽培の循環ポンプだが、昨日新しいポンプに交換したにもかかわらず、今朝再び停止していた。最近交換した変圧ACアダプターは単なる直流電源だから問題ないはずだが、一応従来型のアダプターに戻すことにした。そのうちアリババでオシレーター買って調べてみることにする。

0530ポンプ4台

 さて、壊れた小型ポンプが4台あり、いろいろ点検したのだが、大きな問題点が見つかった。最近、電線の接続にはリングスリーブを使うのだが、養液栽培槽の場合、その接続部分が水中に入ってしまうので気になっていた。今回、水没部分のテープをめくって中をみたところ、中の銅線が緑青で青くなっており、断線箇所も発見した。ACアダプターではなく電線の接続部のトラブルの可能性がある。ハンダ付けの復活や樹脂でカバーするなど、何らかの対策を考えることにした。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

水のトラブル(2件)

 事務長業務もあって、2日半農場を離れていたのだが、先程戻ると動かしていた養液栽培のポンプが停止していた。すぐにバックアップのポンプに交換したが、停まったものを分解整備しても復活しない。前回はたしか新しいものをつけたと思うし、定格の24∨を大幅に下回る12∨で運用していたので、壊れるとは不思議である。
 もう一つ、田んぼの一部分の土が出ていた。川からの揚水ポンプを動かしたが、水は出てこない。代わりに川に続く竹やぶの方から大きな水音が聞こえる。どうやら配管のトラブルらしい。明日の午前中は配管修理になりそうだ。
 田んぼが稼働中のときは、農場を離れるのは2日くらいにとどめておいたほうが良さそうだ。

0529負圧防止弁

川水揚水配管の一部、真ん中の縦配管は「負圧防止弁」、これがないと30m以上(高低差16m)の塩ビ管(VU65)が、割れたりぺちゃんこになってしまうのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ポンプの寿命

0526養液槽稼働中

 当家では、定格24∨のブラシレスモーター駆動水中ポンプを2種類使用している。大きい方は、24∨3Aで揚程が15M・1200L/hのもので、これは(浅い)井戸から農業用に汲み上げるためのもの。小さいものは、24∨1Aで、揚程は5M・800L/hのものである。

0526ポンプ停止

 養液栽培では小さい方のポンプを使うのだが、今日トラブルで停止していた。すぐ予備のポンプに交換したが、停止した方はいろいろいじっても直らなかった。もともと一度壊れてしまったものを直して使っていたから仕方ないとも思うが、実は24時間・連続稼働させると意外に簡単に壊れることを経験的に感じていた。井戸で使っている大型のポンプがそうだった。大体数ヶ月で壊れていたのだが、55分動かしたら5分休むという間欠動作にしてから2年ほどノートラブルで動いている。
 なので、養液の方もタイマーをつけることにした。1時間50分動かしたら10分休みというスケジュールにしている。

0526タイマー
 
 ところで、アリババで使っているポンプの価格調査をしたんだが、一時期より安くなっていた。コロナの影響で輸出量が減り、だぶつき気味なのではないか。大型1台と小型2台を注文した。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

養液栽培スタート

0517メロン栽培1

 昨日、大多喜のホームセンターでメロン2種3株を買ったので、2系統ある養液栽培槽の片方に植えた。1株はタキイのパンナTF、残り2株は新種らしいが「ムーンライト」というもの。後者は熟すと外皮の色が黄色く変化するというので、期待大。毎年作っているプリンスPFは、このあと追加していくが、熟しているのが素人にはわかりにくいという難点がある。

0517メロン3株


 今日になって水の循環が止まっていた。チェックしたら水中ポンプの故障だった。基本的に丈夫なんだが、酷使しているのでときどき壊れるのだ。ポンプ交換のついでにACアダプターも交換した。これは圧力を24∨までの間で調整できるというもの。実揚程は2m強でポンプの能力(6m)は十分すぎるため、電圧を落として使うようにしてみる。おそらく、ポンプの寿命延長には効くと思う。

0517水中ポンプ小型

0517変圧アダプタ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

コストコの小屋(lifetime shed)

 2013年頃、コストコで手頃な組み立て式の物置小屋(10平米位)を見つけ、いろいろ検討した結果、農業機械の収納用に購入して建てたことがあった。先日、別記事で紹介した人気記事ランキングにも時々関連記事が入ったこともあったが、今月のランキングにもなぜか登場している。今の新型コロナ及び自粛などと関連しているかどうかは不明だが、どうやら複数の方が検索結果を頼りに来られているようなので、関連記事をまとめてみることにした。

0514コストコ小屋近影1

 BLOG記事の中でも紹介しているが、建てるときの動画もあるので、ここで再掲してみる。なお、最近コストコに出向いていないので、現在も扱いがあるかどうかは不明だが、調べている方がいるので販売されているのではないかと思う。また、この規模(10平米未満)だと確認申請なども不要なので、スペースが有れば自由に建てられる。屋根壁ともプラスティック板1枚だから、住む部屋としては勧めないが、収納用であればかなり便利と思われる。どうぞ検討してみてください。
 の、どこかの記事に書いてあると思うが、組み立てにはそれなりの精度が必要だ。特に床については平滑にきれいに仕上げておかないと組み立てが進んだ際に合わせ目が噛み合わないなどの不都合につながる、ご注意を。
 
 






























にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

養液栽培の準備

0501養液槽1

 日替わりで色々やっている。今日はハウスの中の養液栽培の準備だった。東西2列、各4台の溶液槽を洗ったあと、水を張ってポンプを動かしてテストするのだが、片方のポンプは動かなかった。慣れたものだからすぐに交換し、準備完了。

0501養液槽2


 ポンプは、ブラシレス3相モーター駆動の水中ポンプ、たしかアリババで買ったもの。井戸で利用しているものと同タイプだが、大きさと揚程が違う。養液槽用は揚程6m、井戸用は15m、いずれも24∨だ。ただ、溶液槽の場合は2m以下だから、変圧式のACアダプタを使っている。流量を変えられるのは便利だ。

0501ポンプ


 毎年、ミニトマト・キュウリなども作っていたが、できが悪かったので今年はメロンのみにしようと思っている。

0501変圧アダプター


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

メロンの定植

0430メロン棚1

 昨日、2号ハウスの中にメロン用の棚を作った。毎年作っているプリンスPFは、まだ本葉が1枚しか出ておらず、しかも5株しか発芽していないので、昨日別のメロンの苗を買ってきた。テーブルメロン(サカタ)とマルセイユ(サカタ)である。棚は両側3間ずつだが、例年6株ずつにして混み合う状態になっていたので、今年は4株ずつ計8株植えることにした。きちんと仕立てようというところだ。とりあえず2株を定植した。右手前は、カミさんのリクエストでキュウリを1株植える。残りはプリンスPFに空けてある。

0430テーブルメロン

0430メロンマルセイユ


0430メロン棚2


メインのプリンスPFはまだ小さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハウスの中は初夏!

 台風でぼろぼろになったビニールハウスの復旧はちょっと前だったが、それから1ヶ月強が経過して、カミさんは色々育てている。

0411ハウスのイチゴ
 
 イチゴのメインはハウスの外だが、中でも少し育てていて、よく見ると果実ができ始めている。イチゴは、合計で150平米ぐらい作っているので、盛期はたくさん食べられる。

0411ハウスのぶどう
 
 ブドウは、ハウスの中に3本あるが、早生のものは葉を出し始めている。5年ほど経って樹がだんだん太くなっていて、ちゃんとしたブドウがなる。イチゴもブドウも、カミさんは結構大事に育てている。私は食べるだけ。

0411うちのキャベツ
 
 暖冬で安かったキャベツが急に値上がりしているが、うちでもできたとカミさんが抱えている。鬼葉は大きいが、正味は少々小さめだ。まあ、ずっとビニールが破れた環境にいたのだから、立派なものだと言っておこう。
 
 私も対抗して、プリンスメロン養液栽培の準備を始めることにしよう。
 
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

S字フックがなくなった

0302北側境界柵
0302施工中

 3年ぶりにハウスのビニールを張り替えたが、いつも使っていた材料(S字フック)を買おうと思って色々回ったが、見当たらない。コメリ2箇所、カインズ1箇所、ナフコ1箇所、いずれもない。ネットで探してもない。どうやら廃番商品になってしまったらしい。

0302S字フック1

 ハウスでは腰下のビニールを吊るすのに便利に使っている。その他、吊るすのに便利だからものの収納に結構役立つのだ。しかし、一つ残念なことは経年変化でもろくなることだ。特に屋外で使うと、4~5年くらいでポッキリ折れてしまうものが出てくる。よくよく見てみると太いものもあるので、折れやすいというクレームに応えたのかもしれないが、結局製造中止にしたのではないかと思う。 仕方がないので、折れたところから袋打ち紐に交換することにした。外れないからこれのほうがいいかもしれない。

0302クランプと紐


0302ビニール張り終了


当初、間違えてS字フックをS字クランプとしていましたが、あとで修正しました。最近クランプをよく使うため間違えました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハウスのビニール張り(1棟目)

0229ハウス1号の1

 昨夜から作っていた燻炭が昼前(10時過ぎ)に出来上がったので、次はハウスのビニール張りを行なった。前回は隣のおばあちゃんに手伝ってもらって3人で張ったが、今回は2人でやってみることに挑戦した。下部のビニールは簡単に張れるので1時間弱、昼からは厄介な天井のビニール張りだ。私が片方の妻側に上り、ビニールを送り出す、カミさんは両側を均等に引っ張って反対側に送っていく。全身粉まみれになって、なんとか無事終了。そのあとは要所をパッカーで止め、さらにマイカ線を張っていく。トータル作業時間は3時間半と言ったところだろうか。疲れたし、2棟目は明日張ることにした。疲れたけれど、このあと境界柵の倒れ直しもやったのだった、ふ~~。

0229ハウス1号の2


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

カボチャハウス再組み立て(準備中)

0223台風被害9月

 昨年の台風では、房総半島としては被害が軽めだった。一つはビニールハウスのビニールが破れたことで、もう一つがカボチャハウスが潰れたことだった。このカボチャハウスだが、どうやら敷地外からの飛来物が押しつぶしたらしい。その飛来物は道路側境界柵を倒して飛んできて、カボチャハウスの上で暴れたあと、再度敷地外に飛んでいったらしい。

0226カボチャハウス地組み

 先週末、組立準備のためパイプを並べてみたのだが、状態はかなり悪くて柱15本はほとんどが曲がり、桁のパイプも3分の1ほどが曲がっていた。一部、割れているものもあった。これらのパイプを新しいものに替えるつもりだったが、カボチャの収穫はせいぜい50~60個程度で、そのために数万円の投資は割に合いそうにない。ということで、曲がりや割れを直して使うことにした。

0226曲げ是正

 そこで考えたのがキャンパーユニットを載せる架台を利用することだ。えすかる号のかわりに単管パイプを数本取り付け、ここに曲がったパイプを差し込んで逆に曲げることにより直していく。割れについては、ハンマーで叩いて膨らみを均して割れ目を閉じる。これらによりなんとか使える程度になおすことができた。過大な荷重がかかったとき(積雪など)は曲がるかもしれないが。

0226割れ補正1

0226割れ補正2

0226割れ補正後

 予定地はあらかじめ耕耘していたが、組み立てはもう少し先に送り、苗が育った段階でもう一度耕耘してから組み立てることにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハウスのビニールが

0130ハウスのビニール

 今回、横浜に帰ったあいだに雪が降るという可能性もあったことから、ビニールが半分くらい残っていた1号ハウス(奥側)のビニールに大鎌で切れ目を入れておいた。雪が積もったらビニールが破れてフレームを守るという仕組みだ。結局、予報は外れて雪ではなく大雨が降ったらしく、ビニールもフレームもそのまま無事だった。まだ雪が降るかもしれないので、もう少しこのままだな。

0130防獣柵の傾き

 今週は、ご近所さんの物置床設置工事に取り掛かっているが、単管パイプのフレーム解体とか、斜めに傾いた防獣柵(以前私が施工したもの)の修正とか、依頼範囲が増えてきている。この柵の傾きは、どうやら外にあるクリの木が原因で、クリの実やミミズをイノシシが漁ったことが原因のようだ。クリの木を伐ること・外に海苔網を敷くなどの対策を施して傾きをなおすことにしよう。

0130ケモノの痕跡

 この依頼工事が終わったらうちの方の色々、ハウスビニールとか稲架のやり直し工事に取り掛かる予定。

0130正常な柵
  クリの木の下以外は大丈夫



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

養液栽培の現況

 今年は、毎週の直売をやめたので養液栽培の作物も以前からは変化している。去年まではプリンスメロンがメインでミニトマトが少々という感じだったが、たくさん穫れてもさばけないため、作物の種類を増やしている。今日は、毎日のようにケモノにやられているナスを掘り起こして養液槽に入れてみた。この前はモロヘイヤを買ってきて入れてみている。キュウリの脇芽も入れて育ち始めている。まあ、養液栽培の可能性をいろいろ探ってみようというわけだ。何しろ根が傷まないので、ちょっとずつ採っていくものには向いていると思われる。

0714ナスの引っ越し
  最近はナスがひどい被害にあっていた、おそらくハクビシン
  なので、ここに移転させた。

 ちょっと前に、リーフレタスやケロッコ(アレッタ)のタネをスポンジを使って養液槽に入れたが、これは失敗で発芽しなかった。スポンジが硬いということもあるだろうが、水に浸けたタネはだめなのかもしれない。ロックウールを買ってやり直し中。

0714養液プリンスメロン
  プリンスメロンは元気に育っている


 地植えに比べて生育は順調だし草の心配もないので、もっと種類を増やしていこうとカミさんにも勧めているところだ。来年は、2号ハウスにも2系統ほど設置してみよう。

0714養液トマト
  ミニトマト

0714養液キュウリ2
  キュウリ

0714養液モロヘイヤ
  モロヘイヤ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

変圧アダプターの採用

 養液栽培では24∨対応のDCブラシレスモーター駆動の水中ポンプを使っている。ときどき壊れるが、基本的には高能力で役に立つものと考えている。ところが、揚程1mに満たない現在の養液栽培のシステムでは吐出量が多すぎるきらいがあった。このため、12∨のACアダプターに変更し、更に吐出部にパイプを足してわざわざ揚程を増やし、水量を減らして対応していた。しかし、水は跳ね返るし葉などに過大に水がかかるなど、問題解消には至らなかった。

0711変圧アダプタ

 アリババで探したら変圧機能のついたACアダプターが見つかったので、注文しておいたものが見つかったので注文したが、本日それが到着して早速取り付けてみた。いまのところ順調に動いており、嵩上げしたパイプも取り外した。 ハウスの中だから雨は当たらないが、ホコリはひどいし露も降りる。耐久性がどうなるかが少し気になるが、2000円もしないのでもう一台購入することにした。
 
0711水量調節
    吐出位置を嵩上げしている、水中に空気を混入させるメリットはあるけれど
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

もう一つ、水のトラブル(養液槽)

 トラブルは重なるものらしい。もう一つはハウスの中の養液栽培のシステムだ。2セットのうちの片方のポンプが停まっていた。予備のポンプに替えて復旧させたが、ポンプ本体ではなく接続ケーブルの接触不良だったらしい。小型のポンプは予備が2台あったが、1台を使い始めたので予備を注文しておいた。

0705井戸用水中ポンプ


 ついでに、少し大型の井戸で使う揚水用ポンプも在庫確認してみた。24∨3Aで揚程15mのこのポンプは、結構強力でずっと使い続けているが、ときどき壊れるのが困った点だった。ただ、1時間に5分程度止めて休ませるようにしてから壊れる頻度が激減した。このポンプはDCブラシレスモーターで、ポンプ本体とは別に制御回路が入ったボックスが付いており、2パーツセットのものだ。うちの場合はポンプ本体を井戸の水の中に入れ、制御用ボックスは地上のプラ箱のなかに入れて使っているが、今日チェックしてみたら、壊れたと思って交換したポンプ本体は7個あってそれらは全部動くことが判明。コントロールボックスは5個あってうち2個は壊れていた。メカ的には丈夫だが、制御用の半導体回路の方が壊れやすいらしい。
 結局、この大きい方のポンプは新品が3台、古い可動品が3セット、ポンプ本体のみが4セットあることが判明。どうやら当分買い足す必要はなさそうだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

養液栽培の次のテーマ

0703養液新スタイル1

 いつも通りのメロンとミニトマトにキュウリを加えて養液栽培を始めたところだが、次の可能性を探ってみることにした。昨日、スポンジなどを買ってきたが、これにタネ(今日はリーフレタス)を播いて養液槽に浮かべてみた。いろいろ調べてみたところ、発芽までは養液とは切り離している方法がメジャーのようだが、片手間+α(手抜き)なので今回これでトライ。ただ、方法としては台所用のスポンジに切れ目を入れて播いて、それを浮かべたものと、スタイロフォームをくり抜いてサイコロ状のスポンジを詰めてそこに播いたものの2種類作っている。

0703養液新スタイル2

 後者の方法にはある目的がある。養液自体にも日光が当たるので、藻類が発生しがちだ。水面をなるべく覆うことにより、藻類の発生に加えて水温の上昇も防げるはずだ。もちろん、養液槽を更に活用することで、収穫も増やすことができるだろう。
 ちょっと時期的には合わない気もするが、ケロッコ(アレッタ)のタネも注文済みで、届いたらこれも播いてみる。これは一株まるまる収穫するのではなく、葉やツボミを順次穫ればよいため、養液で育てるには都合がいいと考えている。
 2週間前に田んぼ周りの草を刈ったが、もう戻ってしまった。雨がちだから草の勢いは半端ではない。畑も同様で、油断すると作物は雑草に埋もれてしまう。養液栽培の最も大きなメリットは、草から守りやすいということかもしれない。

0703養液のメロン
  先週末に養液に移したメロン、さっそく元気になった


07043
  白い新しい根がどんどん伸びている


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

養液栽培の拡充

0628右側のシステム2
    1号右、今回改装した。色々混在させる予定。

 先日整備した1号ハウス左側のトロ箱4台にはプリンスメロンを植え始めているが、今日は右側を使えるようにした。こちら側にはトロ箱2台とハイポニカのシステムを並べていたのだが、前回書いたようにトロ箱4台の人まとまりのシステムにした。カミさんは早くもトマト脇芽を3株植えたが、その他4株は何かを実験的に作ってみようと思う。今日のところは、ポンプの揚水量が多いためトロ箱の縁から水があふれるくらいなので、明日ACアダプターを電圧の低いものに取り替えてみようと考えている。
 
 今ちょっと考えていたんだが、どうも棚の面積(去年は20㎡くらい)はどうも狭すぎるようだ。今年は2系統とも1号ハウスに設置したが、片側だけでも20㎡くらいに広がってしまう。来年は1号ハウスと2号ハウスに分けることにしようかな。
 養液栽培の場合、根が傷まないのか収穫期間が長いという大きなメリットがある。少しずつでいいから長く穫るというような方向を考えてみようと思う。

0628左側のシステムメロン    1号左、プリンスメロン用システム

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

養液栽培スタート

 例年やっている養液栽培を今年も始めた。BLOGを振り返ると、2014年の7月に試行を始めているから、5年が経過して6年目に入るところである。キュウリやトマト・プリンスメロンなどを作ってきたが、やはり閉じた環境であるから、作物の病気への抵抗性がかなり重要なポイントとなってくる。このところは、プリンスPFという耐病性があるという品種をメインにしており、比較的好結果をみている。もともとミニトマトを作ろうとしていたが、これまでのところでは病気などで行き詰まることが多かった。

0626養液開始

 今年は、プリンPFの苗作りがウリハムシの猛攻で挫折し、装置の準備ができたにもかかわらず悲惨な状態だった。今更だが、タネを再注文して播いたが、間に合わないかもしれないので悲惨な苗を養液水槽に移し替えて様子を見ているところ。毎週の直売をやめたので数は少なくて良いので、ミニトマトに再挑戦しようと思っている。養液栽培では、樹の劣化が抑えられるので、収穫期間がかなり長くなるというメリットが有る。直売をやめたといっても横浜の家にはよく帰るので、棚には並べておく田舎の直売方式で売っていこうと考えている。
 現在、1号ハウスの片側のみ稼働させているが、反対側で使っていたハイポニカのシステムをやめて、こちらもトロ箱連装型にすることにした。管理のしやすさとスペース効率の向上を狙うのである。そちらをミニトマトにする予定。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

うちの畑の準備

0408上のサトイモ畑

 借り畑だけでなく、うちの方の畑も耕している。一ヶ所はサトイモ用で、冬の間キャベツ白菜ブロッコリーなどを植えていたあとである。ブロッコリーの一部は、カミさんよりまだ脇芽が取れるから残せと指示があり、島のように残してある。機械担当としては一気にやりたいんだが。

0408ブロッコリー生き残り
 
 もう一ヶ所はかぼちゃハウスの中で、冬の間はカブやほうれん草・小松菜などを作っていたところ。すっかり薹が立って大きくなっていたやつは引っこ抜き、草は鋤き込んだ。今年はかぼちゃも株数を減らすようなので、網で保護されたハウスの中には枝豆とトウモロコシを植えることにした。かぼちゃは、今回空中栽培をやめて地植えにするようなので、トウモロコシは十分顔を出せるだろう。あと、落花生も植えてみようと思うが、これはかぼちゃと喧嘩になる気もする。

0408かぼちゃハウス

 2号ハウスの中では苗を育てているが、終わり次第棚を作ってプリンスメロンを植える。1号ハウスは、去年のメロン棚のあとはミニトマト、手前の養液栽培(プリンスメロンとミニトマト)のエリアはそろそろ準備に取り掛かろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ハウスの換気扇

 換気扇を取り付けた水曜日はカンカン照りで、ハウス内の温度も40℃以上に上昇したが、その後天気が悪かったり小旅行に行ったりで、テストができない状況が続いていた。本日は快晴で一応テスト日和。朝から計測を始めた。ただ、外の気温が10度位からなかなか上がらず、ハウス内の温度も午前中は30℃以下をウロウロしていた。
 14時に37.2℃に上がったのでファンを回したが、効果は顕著で
   開始時  37.2℃
   5分後  34.1℃
  10分後  31.1℃
  15分後  29.6℃
  20分後  29.2℃
  というペースで低下した。
しかし、そこでファンを止めてもまだ下がり、30分後に28.2℃、40分後に27.6℃と更に下がった。どうやら午後2時以降になると温度上昇はないのかもしれない。
 ソーラーを使うつもりだったが、これであれば30度を越したらスイッチを入れて、2時頃には止めるという運用で大丈夫だろう。手動管理になるけれど。少なくとも苗を作る4月前半くらいはそれでよし。ハウス2棟にソーラーを導入すると、100Wのパネルが4枚で5万円、コントローラー(1.2万円購入済み)、バッテリー(1.5万円)、架台用単管パイプ(1.5万円)、9万円強のコストがかかるが、この状況ではそこまでする必要はないようだ。

0324温度計測


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ハウスの換気扇

0323ファン1

 取り付けていた20日はカンカン照りでハウス内の温度も40℃以上に上昇したが、その翌日はどんよりした天気に終始していて、換気による温度低下の効果テストができなかった。それでも29度ほどに上がった瞬間を捉えてファンを回してみた。10分後に28.1℃、20分後に27.8℃、30分後には26.9度と、少ないながらも低下していたので、40度とか50度ほど上がったら有効であると思いたい。と思いながら2日間も出かけてきたりして。

0323ファン2

 まあ、きっと役に立つという前提でちょっとまとめておこう。使ったものは車用のファン、エアコンの冷媒冷却用のラジエターなどに取り付けるもののようだ。12∨80Wだから7Aほどの電流を必要とするらしい。
 
 

なので、これの駆動用に12∨10AのACアダプターも購入した。ACアダプタはいくつもあるが、10Aというと珍しい部類に入るので手持ちはなかった。



稲の苗の発芽と初期生育期間だけならACアダプターでもいいが、その他の作物(トマトやメロンなど)にも有効ということであれば、ソーラーシステムとして運用することにしよう。ただ、2棟で100Wパネルが4枚(5万円)、コントローラー(1.2万円購入済み)、バッテリー(1.2万円)、架台(1.5万円)、合計9万円というコストはメリットに見合うかどうかは微妙かもしれない。今年はACでやってみて効果を確認することにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ブドウの剪定(勉強)

0307ブドウ温室1

 うちのカミさんはハウスの中でブドウを作っている。2016年にハウス内に植えたのだが、昨年はろくに手も入れないのに大きな房がいくつもできた。もう少しちゃんと作りたいということで、定年帰農者連絡会仲間のNさん(成田)に、前の温泉ミーティングの際に見学を申し込んでいた。
 本日、見学に出かけてきた。こちらとしてはNさんのブドウ(本職はブルーベリー)を見せていただくつもりだったが、お友達のブドウ研究家の方のところに連れて行ってくれ、いろいろな説明を聞かせてくれたのだった。もともとカーネーションをやっていた立派なガラスのハウスの中に、ブドウが植えられている。今年に向けた剪定は済んでいるようで、かなり樹の印象はさっぱりしている。

0307ブドウ温室2

0307ブドウ温室3


 実のところ、ブドウについて私は他人事なんだが、カミさんはいろいろ得るものがあったらしい。コメ係の私としては、昨年の稲の苗を育てているときに、ハウス内の温度が60℃くらいに上昇してブドウの芽が傷んだというところに反応した。ぶどうの木自体もかなり傷んだらしい。その原因になったアルミのシートを、今年の苗作りでは使おうと考えていたからだ。
 ついでに稲作に触れると、今年の浸種は20日頃開始、月末に播種、田植えは5月10日から半ばにかけての予定。
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


今日の雪対策

0211ハウスの雪落とし1

 今日は雪が降るという予報があったけれど、土曜日に予報に反して降らなかったばかりだから油断していた。しかし、今朝起きると前よりも、そしてその前の雪よりもひどい。今回はハイゼットで帰るので、朝一番で荷台に収納BOXを載せたあと、ハウスの雪を降ろした。午前中で止むはずだし、すでに下火なのでこれで大丈夫なはず(当然、予報は信頼していないのでアメダスくらいはみて決めるが)。
 うちでは小さなハウスを2棟使っており(3K×8K+3K×7K)、どちらもそれなりに働いているが、台風と雪という2つの敵がある。台風のときは自分の身も危険になるから、首をすくめて通り過ぎるのを待つしかないのだが、雪は対策が可能である。特に昨年購入した3段延長の雪かき棒(上の写真に写っている)は、ハウスの8合目辺りまで届くので、中から突き上げて落としていたこれまでよりずいぶん楽になった。突き上げていると、首や肩の筋肉は疲れるし、ビニールを破ったこともあった。
 
0211ハウスの雪落とし3

 上の方や勾配が急になったところなどは残っているが、まあこれで大丈夫だろう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ゲート工事一段落

0210ゲート完成

 今日は仮設境界柵を撤去し、もともとのワイヤーメッシュなどと繋ぐなどを行い、ほぼ完了。実はまだ、左側の収納部(合板や長尺木材などを入れる)が残っており、塗装もまだする予定だけれど、川の非常用ポンプ小屋を作らねばならないので(蛇や山蛭が出る前に)、これで一段落にしよう。
 
0210ゲート完成1


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ゲート小屋はあと一息

0130ゲート小屋

 今日は用があって午前中鴨川にでかけたので、午後作業開始。一番やっかいな扉の取り付けを済ませた。残りは、追加の木部への塗装、扉の両脇にポリカ波板の取り付け、扉上部のひさし取り付けといった作業である。ただ、納まり的にはかなりいい加減なので、一応の完成後穴塞ぎの作業が相当量出てきそうだ。

0130ゲート小屋2

 先週も点けたLEDランプを今日も点灯してある。うちのあたりの町道は真っ暗なので、結構存在感がある。不気味といってもいいかも。春までにはここにもACを引いてくるので、ちゃんとした電気もつけられるだろう。また、今回の小屋の反対側(中からみて左側部分)は引き続きボチボチやっていくが、こっちにも6帖くらいのもう少し居住性を確保した部屋を作ることも検討することにした。おそらく来シーズンになると思うが、今回の小屋作りをフィードバックしてみたい。単管パイプを骨格にした小屋はなかなかいいかもしれない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ゲートハウスの作業はかなり進んだ

0125夜景

 昨日は北風が強く、予定していた波板張りを見送った、風に吹かれて暴れるのでどうにもならない。上に乗って作業すればいいが、残念ながらそれほど頑丈には作っていない。なので、3時頃諦めて市原の日帰り温泉にでかけた。先週も行った江戸遊という温泉で、風呂+ご飯+風呂で夜になってから帰宅。
 今日はまだ少し吹いていたが、今の時期そんなこと気にしていたらいつまでたっても進まない。屋根と欄間の明り取りを取り付けた。あとは前面の設えだが、結局扉をつけることにした。えすかる号の出入り口は今のところちゃんと機能しているが、SPF材で作ったため耐久性には難がある。なにか硬い角材を買ってくることにしよう。

0125作業中3


0126夜の小屋


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ゲート小屋木部塗装完了

 屋根と壁のポリカ波板を張る前に塗装を済ませることにした。まあ、当たり前なんだが。えすかる号に塗ったのと同じ、ライトオークの防腐塗料(油性)は用意してあった。いつも塗装のときにはカミさんに応援を頼むことにしており、二人がかりで作業。
 基本的に耐水合板を使っているが、木口から雨が染み込むこともありうるので、全塗装。3L1回塗りで26平米塗ったが、買い足して木口はもう一回塗りたいところだ。明日は屋根を張り、続いて壁上部の明り取り部分の波板を張る予定。

0123塗装完了
    左下の濡れ縁状の部分はサル用ベンチ(予定)

 もともと、この小屋は単管パイプ製の門柱のおまけのようなもので、前面は開放とする予定だったが、このように出来上がってくると、簡単な扉をつけて一応雨風はシャットできるようにしようと思い始めた。
 ところで、今日は通りがかったご近所の人たちから「何作ってるの」という質問が相次いだ。ずっと単管パイプの状態で放置していたが、形が見えてきたし私の姿も見えたので聞いてみようというところだろう。前の門柱が傾いたので絶対に傾かないものを作ろうとした、ということを説明。ついでにその骨格を利用して小屋を作っていると話したが、理解してもらえたろうか。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ゲート小屋の現況

 図面も書かないでやっているので、いろいろ進んだり戻ったりしている。いくつか誤算があった、一つは床で、ほぼ70cm間隔で並べた2✕4材の上に12mmのコンパネを置いたのだが、微妙にたわむ。スパンが1.5mというところにも問題はありそうだが、安直にコンパネをもう一枚張ってごまかした。カミさんからはエセ建築士と言われてしまった。まあ、そんなものだ。

0119ゲート小屋

 もう一つは結構基本的なことだが、骨格となる単管のフレームの外に壁を張ろうとしたが、どうしても細部が納まらず、内側に壁を組むように変更した。床板よりかなり内側に壁を張るため、不思議な犬走り状のスペースが出来上がった。一応西側部分のボード壁の部分まで組み終えた。ただ、壁を大きく変更したので明り取りのポリカーボ波板の取り付けを工夫する必要があ出てきた。明日は、収穫を終えたあとに屋根の取付作業を行う予定。

0119夕空


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ゲートの材料購入(2回め)

 天気は良かったが、ゲートの工事を進めるために材料買い出しにでかけた。骨格用の単管パイプは1回目でほぼ購入済み(約8万円)で、今回は床(塗装コンパネ)壁(ラワン合板5.5mm)、天井材(ポリカーボ波板)、及び下地用のツーバイフォー+垂木クランプだ(約6万円)。
 一応不要資材の価格調査はカインズホームで済ませており、とりあえずちはら台のスーパービバホームに向かう。長尺資材があるので先日モミガラ取りが終了して買い出し仕様に戻ったキャリイを引っ張り出す。ルートはgoogleさんオススメの通ったことない道主体のルートで約1時間で到着。
 ここで2✕4材とクランプ、合板類を購入。プロカードで現金払いだと5%引きなので、大体のものは安いのだが、ポリカーボ波板はカインズに1割以上負けていた。滞在時間は1時間40分、材料のソイまでチェックするので結構長逗留になる。
 次のカインズ市原店に移動したら、ポリカ波板が平常価格からさらに値下げしており、ビバホームより2割くらい安く買えた。この店は大型店で合板類も品揃えは多いが、さすがに疲れてきて買ったものの価格再チェックまではできず帰途についた。出発1時で帰宅は6時。さて明日から仕事が進むはずだ。

0117材料購入


 そういえば、土壇場で壁を合板ではなくシート(#5000位)にすることも考えた。何しろ稲ワラやもみ殻くん炭などを入れるのだから少しでも安くしようと思ったのだった。しかし、農機具なども入れることになりそうだし、立てかけたり壁から下げるような収納方法もやりたくなりそうなので、結局合板の壁にっ戻したのだった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


トラクターゲート骨格(だけ)完成

0105ゲート1

 いろいろ忙しく、ずいぶん時間がかかっているが、ぼちぼち進行している。今日は、昼前から夕方前まで高校時代の友人たちが来ていたが、その時間を挟んで組み立てを進めた。骨格はほぼ完成。それとハウス用のパイプ扉流用の門扉を取り付けた。

0105ゲート扉

0105扉蝶番

 門扉ははφ19mm、これを取り付けるφ22mmパイプを普通の単管パイプに異径クランプで取り付けた。ちょっと複雑だが、今のところしっかりしているし角度や高さの調整も自由度が高く、なかなか良かったと思う。
 あとは、屋根・壁・床を張るが、詳細はこれから検討だ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


またまたゲートの近況

1215ゲート骨格

 色々なことをあちこちやっているので、なかなか進まない。一応8本の柱は建ててあったが、鉛直を出すために手の届くところに桁のパイプを取り付け、今日の午後微調整をやって基本的に縦横はきちんと出せた。1週間ほどこの作業はできないのだが、写真を撮ったので(上)屋根壁を含めて必要部材を再度洗い出して1週間後の再開につなげよう。
 最終的に、真中のゲート部分はえすかる号の高さ(2.5m)以上にする。仮の桁は外す予定。ただ、道路側は現状の桁も活かしたまま上にパイプを架けるつもり。扉は道路側の面に取り付けるので強度確保のため。

1215燻炭袋詰

 先日作った燻炭は燻炭作成プールに置いたままだったが、最近風が強いので周りに飛び散ってしまう。本当はもう少し乾かしたかったが、袋に詰めた。これはゲートの(道路に向かって)右側に作る置き場に収める予定だ。また、左側にはモミガラ運搬時に使う刺し板を入れておく予定。納屋やハウスには入れられないが、雨や陽の光をあてたくないものは結構あるのだ。
 袋の右側の黒い部分はくぼんでおり、火を消す場合にはここに水を溜める。燻炭の火は低いところで燃えるため、消す方法にはこれが有効だと考えている。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


トラクターゲート更新工事

 今日はもう一つの工事、トラクターゲートのやり替えも進めた。午後半日だったので、8本の柱のうち4本のみ建てた。各所のレベルや鉛直はチェックできておらず、とにかく倒れない状態にするだけで精一杯だった。

1207ゲート柱

 計画では、道路を向いて右側の柱の更に右側に、幅2.7m 奥行き1.5mの箱を作り、左側には幅1m弱、奥行き1.5mの箱を作る。これらで門柱の倒れを防ぐつもりだがうまくいくだろうか。
 ゲート部分はえすかる号が通れる高さ2.6mを確保しているが、これは結構高い。軽トラギリギリにして上に床を張って乗れるようにすることも考えたが、やはりえすかる号は入れないとなあ。両側の箱は、一応収納スペースにするつもりなので、屋根壁までできるにはまだ相当の時間が必要だ。
 
1207ゲート足元

 これまでは、単管杭を打ってそれに柱を足す方法が多かったが、今回はコンクリート板の上に単管用ブロックを載せて足元を固める。一応砕石敷にしているがコンクリートで固めるかどうかは迷っている。砂利と土で固める程度でやめておくかもしれない。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


トラクターゲート改修

1205ゲート改修スタート


 上の畑から町道への出入り口は「トラクターゲート」と呼んでいる。トラクターも出入りするが、モミガラを燻炭場に運ぶ軽トラも通るし、作業用には重要な出入り口だ。現在の門扉は2代目で2011年4月に作ったものだった。その前は鉄製のものでボロボロだったので開閉もままならなかったので新設したのである。。

1205ゲート2代目0
    2代目(現在)のゲート

1205前のゲート2
    初代ゲート


 しかしその後、コンクリートで固めたのに柱が次第に傾いてグラグラし始めた。一度再固定したがうまく直らないので、門扉も傷んだことだし更新することにした。ただ、柱を1本にしている限りはどうしてもこうなるため、今回は単管パイプで直方体を作り、それに扉を取り付けるという計画にしている。簡単なスケッチを書いたが、横浜に忘れてきたらしい。
  
 しかし、始めると結構な作業になっている。まず、もともとのワイヤーの網があり、これに海苔網が巻き付き、更に防獣ネットが重なり、これらを縫って蔓が巻き付くという状況で、これをバラすのが最初の作業。次に、新しい単管の柱の足元を掘り始めたのだが、最初の鋼管柱や2代目のコンクリートブロックなどが邪魔をする。結局これらを避けて作らざるを得ず、少々だが変更をすることになった。
 暗くなってからは、鴨川のホームセンターに出かけてコルゲート管を買ってきた。明日は暗渠の工事とゲート工事を並行して行う予定。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


今年のプリンスメロン

 ハウスの中のプリンスメロンは、ほぼ収束しつつある。今日は地植え(棚)の方を撤去した。溶液の方もほぼ終わりに近づいているが、最後の実の熟するのを待って撤去する予定。

0919Pメロン3
                      9月はじめ頃の写真

 今年は、数えてはいないけれど相当数の実ができた。残念なことに、一番のピークがお盆とその翌週の直売所のお休みとぶつかり、売りそびれたものが多かった。しかし、その分自家消費ということになり、イヤというほど食べられたので、まあ良しとしよう。

0919Pメロン1
                      8月中頃

 今年は、イチゴから始まってスイカやプリンスメロン、それにブドウもできて果物には恵まれていた。ブドウは、植えてから3年しか経過していないが、今年は結構実がついた。担当のカミさんは、なかなか摘果摘粒ができないとぼやいていたが、そんなことせずとも立派にできたと我々自身は思っている。

0919ブドウ1

 ということで、来年も果物には期待したいと考えている。まあ、期待だけではだめで、それなりに世話しないとならないんだけれど。

0919ブドウ2


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

プリンスメロン、順調

 1号ハウス内ではプリンスメロンPFの収穫が続いている。先行した地植え・立体栽培の方は今月前半から収穫を始めており直売もしているが、熟すタイミングを掴めておらず、割れて自家用となるものも多い。

0727プリンスメロン1

 先行の地植えから切り取った芽を利用して遅れて始めた養液栽培の方は、急速に成長しており、大きな実も付き始めている。養液栽培の特徴は根の生育が早いことであり、すでにトロ箱の中にはいっぱいの根がある。これが早い成長を引っ張っているわけだ。根が育っていて、しかも効率がいいようなので、樹の方はほとんど選定してこなかった。なので、ちょっと混乱気味だ。実はネットで吊るすようにしているが、なかなか手を入れられない状況。

0727プリンスメロン2

 草刈りをしていないときは、だいたいハウスに入ってメロンの面倒を見ているが、今年は暑くてハウス内は辛い。今日は過ごしやすかったのでちょっとはかどった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

メロンの養液栽培・進行状況

0705メロン養液2
    根は、出たらあっという間に伸び始める

 最初にタネを播いて地植えした棚仕立てのプリンスメロンから脇芽を採って、最初はメネデールに入れていたが、途中から養液層を活かしてここに挿すように変更してきた。このようなウリ科の植物は、わざわざホルモン(?)の助けを借りなくても発根能力はかなりあるようで、養液に入れておいたら根がどんどん出て、そして上のツルも勢いよく伸び始めた。メロン棚の方は、先月前半から実が付き始めているが、養液の方もすぐに追いつくのではないかな。養液栽培の特徴は、なかなか衰えないことだ。地植えのほうが枯れたあとも、結構長い間実がなり続ける。きっと根が傷まないのだろう。

0705メロン養液1

 いいことばかりではない。地植えの方は11株だが、うち1株は枯れ始めた。原因はわからないが、根は腐り始めている。株間はほぼ60cm位だが、1株抜いても両側からカバーしてくれるので、特には何もしないつもりだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

1号ハウスの現況

 2棟あるハウスは、次第に1号が私で2号がカミさんという分担になりつつある。1号のメインであるプリンスメロンが私の担当、2号のメインのトマトがカミさんの担当だから、ハウスの分担もそれに倣っているわけだ。当初は連作障害を気にして入れ替えていたが、大して問題がないので、用途は固定化してきている。

0624メロン

 1号ハウスは、地植えのプリンスメロン(棚で空中栽培)は棚の最上部に届き始め、実も付き始めている。今回、下の方はできる限り絞って整枝したのだが、上の方は早くも混乱をきたし始めている。ああ、今年も自然のままだろうか。

0624プリンスメロン4台連結

0624プリンスメロン3株

06241号のトマト


 養液栽培の方は、3組の装置を溶液を入れて稼働させ、メロン棚からとった脇芽などを挿して発根待ちだが、メネデール+GS酵素溶液よりも培養液に挿した方が根の出具合がいいようだ。最初のうちは脇芽を挿していたのだが、ここへ来て親づるの上を切り始めたので、太い立派な挿し芽の根が出るのを待っているところだ。

0624ハウス1号の棚

 この中に先々週棚を作ったのだが、これがとても具合がいい。実はこの棚、もう使わなくなった田植え定規を置いて、それに棚板を打ち付けた簡易なものだ。しかし、もとの定規がしっかりしていたので十分使えるものになった。陽が当たると暑くなるのでそれでも大丈夫なものに限られるが、納屋や玄関まで取りに行かなくて済むのはありがたい。

0624ハウス2号内部
 
 2号ハウス内の様子だ。さすがにトマトは生育が早く、すでにジャングル化しそうな雰囲気が見える。ここへ来て天候不順となり、なかなか赤くならないけれどすでに結構な数のミニトマトは出来ている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

現在のプリンスメロン棚

0601メロン

 養液栽培を行うハウスの中では、メロンの棚も進行中だ。11粒のプリンスメロンPFのたねを育てた苗を去年のまま立ててある棚の下に植えてある。一応、子蔓を3~5本に絞って伸ばしているが、上から垂らしている海苔網のところに伸びたら孫蔓をとめずに伸ばし、そこに実を作っていく。計算では、11株×4本×4個=88個の実を作れるはずだ。
 
 養液の方だが、今日4連の養液槽の試運転中に、ポンプが停止するというトラブルが発生した。交換しようとさがしたが、井戸用の大型ポンプは3個も予備があるのに、小型の水中ポンプは見当たらない。アマゾンで買おうとさがしたが、かなり値上がりしていたのでアリババで注文した。一応AirMailとなっていたが、間に合わないかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

養液栽培(プリンスメロン)準備中

0530芽と根を出す

 プリンスメロンは、タネを播いて作った苗をハウス内で育てており、それぞれ子ヅルが各3~4本ずつ出揃った段階。そろそろ余分なツルが出始めていて、それを切ってメネデールとGS酵素で作った培養液に浸け、根が出るのを待っている状態。

0530養液槽1

 一方で、養液槽自体の準備も始めている。毎年、ミニトマトとプリンスメロンを作っていたが、ミニトマトの方はどうもパッとしないため、今年はすべてプリンスメロンにする予定。養液槽は昨年と同じ編成だ。メインはトロ箱4台が連結したもの、あとは2台をつなげたものと液肥を作っているハイポニカの家庭用システム、以上の3系統で行う。

0530養液槽2

 毎年再開の時には結構苦労するのだが、たいてい水の量を調整しているボールタップ(トイレのタンク内にあるやつ)の調子が悪い。水道のようにきれいな水なら問題はないが、養液栽培の環境では詰まりやすい。特に透明なホース内には藻が発生するのでそれが原因になるようだ。今度のシーズンオフには対策しよう。ただ、普通のコードを繋げた電気系統はかなりやばいことになっている。これもシーズンオフの改良対象だ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日の作業

0526芋畑準備完了

 梅雨に入る前に片付けておきたいことが山程あり、結構慌ただしい。今日は、朝から借り畑のサツマイモ畑のマルチがけ(残り)を片付けた。先週8本やってあったが、今日は残りの14本。この内半分は来週届く芋苗の分、残りは自作苗用だ。全体では、相当多かった昨年の7割程度の本数になりそうだ。

0526サトイモ中耕

 そのあとはサトイモの畝間を管理機で耕した。芋の根本はかみさんが手作業で除草しており、これで借り畑の方の里芋の除草作業(一回目)が終了である。
 本日の最後は養液栽培の準備だ。トロ箱を並べて配管を行い、通水まで完了した。地植えのプリンスメロンは子づる3本仕立てが進行中で、余分なツルを切ってメネデール溶液に浸け始めたので、それに根が出たら溶液槽に移すことになる。ちょっと疲れたが、充実している。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年のプリンスメロンを振り返る

0901プリンスメロン

 上の写真はちょっと前の1号ハウス内、こちらではミニトマト(地植えと一部養液)とプリンスメロン(地植えと養液)をやっている。プリンスメロンは大体終盤を迎えつつある。植え付けが早かった向こう側の棚(地植え)は完全に終了して撤去し、3代目のきゅうりを植え付けた(下の写真)。最終回のきゅうりはハウスの中で暮らすのだ。手前の養液栽培のメロンはまだ残っているが、液肥は入れず水のみ補充している。
 
0901きゅうり定植

 養液栽培のトマトはあまり調子は良くなかった。地植えに完全に負けた。来年の養液栽培はトマトをやめることとし、プリンスメロン以外に網目のメロンもやってみることにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

初夏の収穫

0729初夏の収穫

 このところは、ハウスの中で栽培しているミニトマトとプリンスメロンがよく穫れている。ミニトマトは毎日バケツ一杯ほど穫れるが、どうも当直売所のマーケットボリュームを超えているようで、元々あまり好きではなかった私の胃袋にも大量に投入する事態になっている。しかし、現代のミニトマトは甘くて味も濃く、嫌ではない。収穫も、カミさん一人では大変なので、何もやることがない場合には手伝っている。割れているやつはそのまま胃袋行きだが、そういうものがうまいのである。

0726メロン棚

 プリンスメロンは、地植えのものが先行して収穫期を迎えている。ただ、木は傷み始めており、いま実をつけている80個ほどで終了の見込み。そのあとは養液栽培の方をとっていくことになるはずだ。養液栽培の方は根の傷みがないぶん木は長持ちするようで、まだもう少しは穫れていくと思っている。プリンスメロンは収穫時期の見極めが難しい。去年はヘタから外れたものを穫っていたが、今年は外れる前に割れてしまう。水のやりすぎかもしれないので、地植えの方の水やりは見送り気味にしている。

0726ミニトマト

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ローリータンクへの給水(小改良)

 今朝みると、一番小さい養液層が空になっており、更に昨日夕方にいっぱいにした500Lローリータンクも空になっていた。点検すると、ローリータンクの取り出し部の継ぎ手が緩んでおり、そこから漏れているようだった。一応ローリーに半分ほど水を入れて借り畑のジャガイモ掘りに出かけ、戻ってみると明らかに水が減っている、これはおかしい。

0623タンク周りの小改良1
       手前が外した古い配管、奥は取付けたVP20の給水栓など

 もう一度詳細にチェックすると、一番小さい養液槽から水が溢れ出ていた。先週、水深を深くしようと調整したことが原因だった。それにしても500Lのタンクに水をいれるのは時間がかかる。今の配管状況だが、田んぼ脇を走るVU40の幹線からVP20の支線を取り出しハウスの中まで持ってきているのだが、手持ちの水栓(プラスチック製)の都合で、タンクの手前からVP13という細い管にしてあったのだ。夕方、この部分を全部VP20に交換して水栓も3/4径の金属製バルブに取り替えた。

0623タンク周りの小改良2  

 効果はめざましく、太い水がタンクに入っていくようになった。これまで、タンクへの補給は時間がかかるので、ついつい忘れてしまうことも多く、ハウス内で作業をするときに行なったりしていたのだが、断面積が2,4倍になった以上に給水量は増えた感じなので、給水が楽になるだろう。統計は取っていないが、盛夏になると養液栽培の水もドンドンなくなるので、給水量や回数は結構なものになるのだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハウスの中では

0622養液トマト

 今年は養液栽培でちょっと苦労をしている。トマトを先行させていたが、しおれて駄目になり取り替えるということを3会やったのだが、どうやらピシウム菌というものが居付いたらしい。一度水を替えて洗ってみたが、再発している。どうやら銀イオンで退治できるというので、先週末にAg+を発生するというもの(あやしい)を買って使い始めているが、まだ効果は不明。

0622養液メロン1

 あとから始めたプリンスメロンの方は立たがり順調で特に問題はない。親づるがあと2節ほど伸びれば詰めて子ヅルを育て始めるという段階だ。プリンスメロンはハウス内の地植えが先行しており、高いツルは背丈ほどになっている。今年は整枝がうまくいっており、孫ヅルを選びながら伸ばすという形になりつつある。果実もいくつかできていているし、楽しみだ。

0621プリンスメロン1

0621プリンスメロン2

 ということで、養液栽培についてはトマトをやめて他に替えてみることも考えたほうがいいかもしれない。あるいは3組の養液槽のうち、病気が出ているものを今年は見送るという策もありそうだ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ブドウの花

0503ブドウ

 ハウスの中ではブドウの花が終わり小さな実が出来始めた。昨年植えたものだから、今年は果実があまり期待できず、というよりは実よりも樹自体を充実させる方が良いのかもしれないが、楽しみではある。実は、農場よりも先に横浜の家でブドウを作っているが、毎年ハクビシンにやられてほとんど食べることは出来ていない。ハウスの方がケモノ対策はしやすいので、来年以降はブドウを食べられそうだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

燻炭BOXの変身

 この前スギの荒板で作った燻炭BOXは、中に入れる燻炭も湿りがちだし、このままではすぐに朽ちそうだったので塗料を買っておいた。昨日塗り始めたら、どうやら計算と見込み違いらしく、全部塗る前になくなってしまった。納屋の中に古いトタン用ペンキがあったのを思い出し、方針転換してこれを塗り始めたのだが、色は銀色。当初は材質感を残すためにクリアを塗っていたが、仕方ない。メタリックな木目の箱が出来上がってしまった。

0414燻炭BOX

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

納屋の道具棚製作の続き・ほぼ終了

0401納屋の棚

 一次避難していた道具を収めながら棚を仕上げてみた。仕上げといってもペンキ塗るわけでもないし、至ってシンプルな棚である。鎌や手鍬の収納、金槌などの収納は専用の場所を設けた。今のところ余裕がかなりあって、納屋の中の他のところからあれこれ持ってこれそうだ。
0401農具棚1

0401農具棚25


 今回のシーズンオフ作業はこれにてほぼ終了。酷使したインパクトドライバーもしばらくお休みで、次の出番はシイタケ菌の打ち込みのときだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

(新)燻炭貯蔵庫完成

0330燻炭箱完成

 今日は予定通り燻炭を入れる箱を作った。これまでは、完成写真の左側にちょっと写っている90cm角の合板製の箱2基を使っていたが、合板が剥がれてメチャクチャになってきたので、今回は杉の板を使って作ることにした。これまでの箱は、2012年4月に作ったものだが(4/5の作業は野菜の準備)、当初は燻炭入れではなく抜いた草を入れるために作ったのだった。合板は普通のコンパネではなく塗装してあるものにしてあったが、木口から水も入るし耐久性には問題があるようだ。ただ、今回のスギの荒材も決して耐久性に富んでいるとはいえないので、何年か経ったらまた作り直すことになるだろう。
 杉板は、何時になるかわからないが作る予定の軽トラキャンパーで使う予定だ。その時は表面処理した相じゃくりの板を使うが、PF材を軸にして杉材を壁にする組み合わせはなかなかいいのではないかと思う。耐久性もチェックするつもりだが、塗装をしないと厳しそうだ。
 
0330短辺完成
短辺パネル完成

0330長辺完成
長辺パネル完成

0330予定地整地前
設置予定地(整地前)

0330土は田んぼへ
掘った土は田んぼに移動



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ