定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

農業施設

燻炭BOXの変身

 この前スギの荒板で作った燻炭BOXは、中に入れる燻炭も湿りがちだし、このままではすぐに朽ちそうだったので塗料を買っておいた。昨日塗り始めたら、どうやら計算と見込み違いらしく、全部塗る前になくなってしまった。納屋の中に古いトタン用ペンキがあったのを思い出し、方針転換してこれを塗り始めたのだが、色は銀色。当初は材質感を残すためにクリアを塗っていたが、仕方ない。メタリックな木目の箱が出来上がってしまった。

0414燻炭BOX

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

納屋の道具棚製作の続き・ほぼ終了

0401納屋の棚

 一次避難していた道具を収めながら棚を仕上げてみた。仕上げといってもペンキ塗るわけでもないし、至ってシンプルな棚である。鎌や手鍬の収納、金槌などの収納は専用の場所を設けた。今のところ余裕がかなりあって、納屋の中の他のところからあれこれ持ってこれそうだ。
0401農具棚1

0401農具棚25


 今回のシーズンオフ作業はこれにてほぼ終了。酷使したインパクトドライバーもしばらくお休みで、次の出番はシイタケ菌の打ち込みのときだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

(新)燻炭貯蔵庫完成

0330燻炭箱完成

 今日は予定通り燻炭を入れる箱を作った。これまでは、完成写真の左側にちょっと写っている90cm角の合板製の箱2基を使っていたが、合板が剥がれてメチャクチャになってきたので、今回は杉の板を使って作ることにした。これまでの箱は、2012年4月に作ったものだが(4/5の作業は野菜の準備)、当初は燻炭入れではなく抜いた草を入れるために作ったのだった。合板は普通のコンパネではなく塗装してあるものにしてあったが、木口から水も入るし耐久性には問題があるようだ。ただ、今回のスギの荒材も決して耐久性に富んでいるとはいえないので、何年か経ったらまた作り直すことになるだろう。
 杉板は、何時になるかわからないが作る予定の軽トラキャンパーで使う予定だ。その時は表面処理した相じゃくりの板を使うが、PF材を軸にして杉材を壁にする組み合わせはなかなかいいのではないかと思う。耐久性もチェックするつもりだが、塗装をしないと厳しそうだ。
 
0330短辺完成
短辺パネル完成

0330長辺完成
長辺パネル完成

0330予定地整地前
設置予定地(整地前)

0330土は田んぼへ
掘った土は田んぼに移動



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

次の(雨の日の)仕事

 農場内では雪がまだ残っており、屋外作業はやりづらい。カボチャの檻の曲がっているパイプと網は解体したが、そのあとはやることもなくなってきた。このため、納屋の中の棚を作ることにした。今年はお米の乾燥機を処分したが、その分余裕ができたので、更に収容効率を上げようというのである。

1126納屋1
1126納屋2

 ついでにライカスマホで納屋の中の写真も撮ってみた。棚予定地は画面の左側の方で,ほとんど写っていない。まあ、写真を取るのが目的だからな、カラーだけでなくモノクロも。棚は、高さ1.8mで幅が3.2mほど、3段である。スチール棚の購入も検討したが、価格は約4万円ほどということで、材料費が半分以下で済むSPF材(1×4と2×4)で作ることにした。鴨川のカインズに向かう。

1126木材購入

 着いて買おうとしたが、比較用にチェックしておいたジョイフル本田オンラインの単価に比べて高めである。1×4は24本、2×4が8本要るのだが、トータルで4000円位は高い。一応ジョイフル君津店に電話して、オンラインの単価と同じことを確かめて君津に向かった。そこで無事購入し帰宅。

1126木材運搬

 ところで、鴨川からジョイフル本田に向かう途中、観光バスや車でごった返しているスポットを通った。千寿の湯という温泉があるのだが、ここのそばにはインスタグラムで有名になった写真スポットがあるということを思い出した。前はガラガラだったが、ネットの力は恐ろしいものだ。まあ、私も撮ることには力を入れているのだが、この混雑ではどうにも手が出ない。75日待つとしよう。
 ということで、天気が悪い日の仕事の用意が済んだ。天気が良くても燻炭を作っているときには時間があるので取り掛かれるだろう。

これは記事と無関係、内浦山県民の森の桜の木。試験撮影である。
1126桜の木1


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

雪の被害

 前の大雪の際、積もった雪を叩き落として何とか守りきったけれど、雪というとハウスが心配になってしまう。今回も、大した雪ではなかったが途中で一度落としたりしている。

1124カボチャハウス被害1

 ところが盲点があった。雪景色を撮りに一周りしているときに異変を発見した。今年もよく働いてくれたかぼちゃハウスが雪の重みで変形していたのである。去年までは終わると解体していたが、今年からそのままにしようと思ってそのまま使っていたのだ。途中でカミさんが点検していたから、最初のうちは雪もすり抜けていたようだが、ベタ雪がまとまって網を抜けなくなってどんどん溜まり、やがて重みでパイプも曲がってしまったらしい。
 一応網を止める紐を切ったりして雪は落としたが、パイプはかなり損傷していた。その大きな原因は、内部の柱と横架材を止める金物(パイプクロス)が滑り落ちていることにあったらしい。しかし、雪のことを考えていなかったことに最大の問題があった。少なくとも網くらいは外すようにしないと。実際のところはパイプ組み立てより網の取付けのほうが手間なんだが。

1124カボチャハウス被害2

 ということで、雪というものは厄介だと再認識したのである。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハウスの台風被害(考察)

1114ハウス平断

 ハウスのビニールは新しいものに張り替えたが、被害の原因について気づいたことがあったので、ここに記しておくことにした。うちのハウスは南北軸で2棟が東西に並んでいる。(注:写真の見取り図は北が下になっている) 西側が3年前に作ったもので1号ハウスと呼んでいる。東側は2年前に作ったもので2号ハウスである。台風9号による被害は2号ハウスの方がひどく、天井のビニールが破れてほぼ剥がれていた。その原因は、2号ハウス東側の足元にあるマイカ線をくくりつけるパイプが引っ張られて飛び、そのパイプがビニールを破ったことがきっかけになったようだ。これは、1号ハウスを建てた直後の大風で杭が抜けて、マイカ線緊結パイプが飛んだときを思い出させるものだった。ビニールを押さえるマイカ線はそれほど大きな力で引っ張ること、マイカ線を結びつけるパイプのトラブルはビニール破損に直結するのである。

1114マイカ線緊結パイプ

 それで、2号の左側が浮き上がるという状況は、西側つまり1号を越してきた風が2号東側のビニールを浮かせていると思う。だから、1号のビニールが少し破れた程度に比べて、2号が丸裸状態になっているのはおかしな状態と感じた。いろいろ調べたところ、1号と2号の違いが明らかになってきた。それはマイカ線緊結用パイプの固定である。1号は、建ててすぐのビニール破損のあと、パイプを螺旋杭で止めるといった対策を施したが、3本のパイプを差し込んでつなげたあと、ビスで抜けないようにしておいたのだった。1年あとに作った2号は、そのあたりを忘れて、単に差し込んだだけだったから、大風にもまれたときに抜けてしまい、オオゴトになったと思われる。

1114ビス止め

 さっそくドライバーを持ち出し、ビス止めをしておいた。こういう場合のビスは、ワッシャードリビスが便利。2.5mmの下穴を開けて4×13mmを使用した。うちのハウスは、22.2mmのパイプを使っているが、軸方向のパイプは合計7本に加えてマイカ線緊結用の2本、計9本を使っており骨自体の強度はある程度確保できていると思っている。だが、自然相手では何があるかはわからない。今回のような抜け穴を探して潰していく必要はなくならないだろう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします

ハウスのビニール、張替え完了

1112燻炭活用中

 台風で破れたままにしておいたビニールは、一昨日大体のところを張り替えていたが、本日出入り口扉や換気用窓などの残りをやり替えて、ようやくもとに戻った。中は暖かく、セーターと長袖のシャツを脱ぎ、Tシャツでの作業となった。さっそく大根などの種を蒔き、燻炭も撒いた。燻炭は、畑の各所にも撒いたので、先週製作分はほぼなくなった。

1112ハウスの窓

 ハウス周りで厄介だったのは南の道路側(入口の反対側)に取付けた換気窓だ。出入り口の扉の枠を横にして取付けたものだが、当初は構造的に少し無理をしてつけてあったのである。今回、それを是正して取付けてみた。細い鋼管用の自在クランプ(パイプくめーる)を活用してみたのだが、ハウスを作った3年前と2年前はその存在を知らなかった。色々進歩はしているんだな、と自分で納得している。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします


ハウスのビニール復旧

1110ハウスのあいだ

 天気はスッキリしなかったが、昨日強かった風はだいぶ弱まっており、ときおり無風状態になるときもあった。ハウスのビニールは両方共剥がれており、すでに中では作物を作り始めているので、ビニールを張るチャンスを探っていたところだったので、朝から準備を始めた。

1110ハウス2号から

 天井のビニールは、二人だけでは張りづらいので近所のおばあちゃんに手伝いを頼んでいたので、三人がかりで作業開始。私が脚立の上に乗ってビニールを送り出し、両側で二人が引っ張るという分担だ。やり始めると一気に終わる。7間の2号ハウスから始めて午前中で終了。8間の1号は午後から開始してビニール張りはすぐ終わり、あとは夕方までマイカ線の作業。扉や細部の作業はまだ残っているが、概ね終了した。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします

カボチャの檻:結果

 カボチャをサルから護るという目的で設置した檻(防獣ネットの囲い)は、被害3個(数%)というまあまあの結果で終了した。去年は被害ゼロだったが、敵もさるもので色々考えており、ネットの外から蔓を引っ張り、カボチャを取るという戦術で向かってきた。ただ、カボチャ自体は網を通らないので外から齧るくらいしかできなかったようだ。

0924カボチャの檻現在
手前は苺畑、来月苗を取る予定

 構造としては、外側の網をかける枠と内側の棚のパイプに分かれているが、少なくとも外側の枠は、解体しないで常設のものとすることにした。現在は冬野菜の苗などが植わっている。面積は昨年比倍位としたので、カボチャのみならだいたいこのくらいで十分である。連作障害はあまり心配はないと思うが、来年やってみて影響があるようならもう1棟増やすことも考えよう。
 コメ・芋だけでなく、カボチャにも土は合っているようで、今年のカボチャもお客さんには好評でありがたいことである。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします

プリンスメロンの収穫は順調

0727Pメロン2.jpgb

 2週間ほど前からプリンスメロンが収穫時期になってきている。今週の直売所には10個ほど出せたし、来週も同じくらいは出せそうだ。今年はプリンスメロンの改良種であるプリンスメロンPFというものにした。残念ながら養液栽培の1回めはアブラムシにやられたが、ハウス内地植えのものは順調に実をつけて今回の収穫に至った。養液栽培槽には第2弾が育っているので、時期がずれる形でまた収穫できるはずだ。

0727Pメロン棚.jpg

 ただ、今年は整枝を十分にやれず、ツルや葉がゴチャゴチャである。写真は1ヶ月ほど前のもので、今はもっと繁茂している。実の付き方も最善の状態ではなく少なめのようだ。製紙方法を再確認し来年にフィードバックすることにしよう。それから、プリンスメロンPFのほかにパンナメロンというネットメロンも作っており、これもできているけれど収穫時期の判断が難しい。ポロリと外れたら収穫というプリンスメロンのほうがずっと簡単である。ただ、落ちた状態でちょっと放置するとお尻が割れてしまうこともある。しかし、売り物にはならないこれは、自家用で我々が自分で食べることになるからそれはそれでありがたいわけだ。

0727Pメロン1.jpgb

 いまのところ、ハウス内だからサルやハクビシンから守れており、これもありがたいことである。実は横浜の家ではブドウを作っているのだが、おそらくハクビシンにやられて全滅してしまった。昨年は箱ワナで捕まえたが、今年は捕獲出来ていない。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ